1. - 大阪大学核物理研究センター

Report
H25年度核物理研究センター安全衛生講習会
RCNP Safety-and-Hygiene Course 2013
14:30 ~ 16:00, April 24, 2013,, at 4F Lecture Room
●プログラム Program
1.センター長あいさつ
中野センター長
2.安全で安心な作業環境づくりに向けて
福田
3.安全衛生に係る資格、特別教育・講習について 阿野・木富
4.薬品の安全な取扱いと使用ルールについて
安田
5.電気の安全な取扱いと事故防止について
吉田
★Program
1. Opening address
Director Nakano
2. General information on safety and hygiene Fukuda
3. Qualification, specific education and course for safety Ano
4. Safe chemicals
Yasuda
5. Electrical safety guide
Yoshida
1.“安全で安心な職場(研究)環境”作りに向けて
●不安全な行動により災害が減らない原因
・過去の災害の教訓が生かされていない
・危険感受性が低下
①技術革新による設備等の安全化による油断
②過保護的安全管理による当事者意識の低下
③安全管理のノウハウが伝承されていない
④災害度数率低下による災害の悲惨さや怖さの実感低下
【参考】
労働災害による死傷者数
1, 000, 000(
人  時間)
延べ実労働時間(
人  時間)
延べ労働損失日数
災害強度率=
1, 000(
人  時間)
延べ実労働時間(
人  時間)
災害度数率=
労働損失日数:
死亡の場合
= 7,500日
永久全労働不能 =身体障害等級毎に定められた日数
一時労働不能
=暦日の休業日数に300/365を乗じた日数
産業別労働災害率
度数率
度数率
6.00
5.00
4.00
3.00
2.00
1.00
0.00
1.62
5.18
0
0.56
1.05
0.52
0.42
2.77
1.98
0.00
0.10
査
産
業
計
0.11
農
業
,
林
業
0.11
鉱 業 , 採 石 業 , 砂 利 採 取 業
製
造
情
報
通
信
業
(通信業、新 聞業 及び 出版 業に 限る 。)
運
輸
業
,
郵
便
業
卸
売
業
,
小
売
業
, 飲
0.16
業
電 気 ・ ガ ス ・ 熱 供 給 ・ 水 道 業
食 サ
ー ビ
ス 業
限 る
。 )
0.08
0.01
0.04
0.23
0.13
0.05
生 活 関 連 サ ー ビ ス 業 , 娯 楽 業
0.15
( 一 部 の 業 種 に 限 る 。 )( 注 : 1 ) 参 照 )
医
1.59
療
,
福
祉
( 一 部 の 業 種 に 限 る 。 )( 注 : 2 ) 参 照 )
0.30
0
建 設 業 ( 総 合 工 事 業 を 除 く 。 )
( 旅 館 , ホ テ ル に
4.49
0.20
調
宿 泊 業
2.89
強度率
強度率
0.05
サービス業(他に分 類さ れな いも の)
3.49
0.25
( 一 部 の 業 種 に 限 る 。 )( 注 : 3 ) 参 照 )
0.85
( 参 考 )総 合工 事業 (た だし 、工 事現 場)
0.21
注:1) 「生活関連サービス業,娯楽業」は、洗濯業、旅行業及びゴルフ場に限る。
2) 「医療,福祉」は、病院、一般診療所、保健所、健康相談施設、児童福祉事業、老人福祉・介護事業及び障害者福祉事業に限る。
3) 「サービス業(他に分類されないもの)」は、一般廃棄物処理業、産業廃棄物処理業、自動車整備業、機械修理業及び建物サービス業に限る。
災害要因分析の例
不安全行動要因分析の例
危険予知訓練(KYT)と危険予知活動(KYK)
●危険予知訓練(KYT)とは・・・
・作業を想定したイラストシートを基に作業に伴う危険要因
を見つけ出し、必要な対策を検討
危険感受性の向上
●危険予知活動(KYK)とは・・・
・現場での作業を始める前に危険要因を見つけ出し、特に
重点的に実施する安全対策を決定して、確実に実施
KYT: どんな危険がありますか?
素手で段ボールを取り扱って
いるので、手を負傷する
ヘルメットを着用していないので、
墜落したときに重大なケガを負う
作業者がパレットに足を乗せたとき、フォー
ク上のパレットが傾き、作業者が転落する
地面が傾斜しているため、駐車ブレーキが甘いと
フォークリフトが後退して、作業者が隙間へ墜落する
リスクアセスメントRisk Assessmentのすすめ
●リスクアセスメントとは・・・
危険性や有害性の特定
・駆動部や回転部に手指が挟まれないか?
・尖った危険な場所はないか?
・頭部を打つような箇所はないか?
・滑ったり、つまずいたりする箇所はないか?
・昇降する場所から落下することはないか?
・感電する箇所はないか?
・点検や給油、清掃は容易にできるか?
・危険物による爆発や火災、有害物の被ばくなどによる健康
障害が発生する物質がないか?
・誤作動や不意に作動する機械・設備はないか?
・作業環境は整っているか?
・地震や火事などの災害発生時の対策はできているか?
リスク低減対策の検討と実施
行動の判断を誤らせる要因
・“あせり” : いらいらする気持ち
・“おごり” : 思い上がり
・“いかり” : 憤り、立腹
・“疲れ” : くたびれる、疲労
・“メンツ” : 対面、面目
・“忠実” : 誠実、勤勉
危険感受性を鈍らせる要因
・誰も見ていない
・急いでやらなくては
・よくわからないが、こうだろう
・今までに事故は起きていない
・自分だけは大丈夫
・慣れているから平気
・誰かが守ってくれるはず
・機械が間違うはずはない
・俺でなくてはできない
・皆がやっているからいいだろう
事故やヒヤリ・ハットの事例に学ぶ
●厚生労働省 職場のあんぜんサイト
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/index.html
H24年度の事故報告事例 @RCNP
•
•
•
•
H24年4月 実験中にイスから転倒(RI棟)
H24年6月 チャドクガ(茶毒蛾)大量発生(RCNP周辺)
H24年10月 車の接触事故(RI棟前駐車場)
H24年3月 電気機器(ヒートガン)コード損傷【ヒヤリハット】
H24年度の事故報告事例 @RCNP
•
•
•
•
H24年4月 実験中にイスから転倒(RI棟)
H24年6月 チャドクガ(茶毒蛾)大量発生(RCNP周辺)
H24年10月 車の接触事故(RI棟前駐車場)
H24年3月 電気機器(ヒートガン)コード損傷【ヒヤリハット】
H24年度の事故報告事例 @阪大内
•
•
•
•
H24年4月 実験中にイスから転倒(RI棟)
H24年6月 チャドクガ(茶毒蛾)大量発生(RCNP周辺)
H24年10月 車の接触事故(RI棟前駐車場)
H24年3月 電気機器(ヒートガン)コード損傷【ヒヤリハット】
日頃の安全巡視
●部局での自主的な安全巡視
・輪番で日常の安全衛生点検を実施
→ チェックシートへの記入
●安全衛生管理部巡視員による定期巡視
・一般巡視 【週1回】
通路、階段、ロビー、フロア、玄関ホール、出入口・非常
口、建物周辺等の巡視
・入室巡視 【4週に1回】
実験室、研究室、実習室、工作室など安全衛生管理上
リスクの高いところ(有害物質・危険設備などを扱う等)
・放射線管理区域内、ボンベ庫、神岡実験所、大塔コスモ観
測所など 【年に1回】
●部局長の合同巡視 【年に1回】
・研究本館、サイクロトロン施設、ボンベ庫など
5月の安全衛生テーマ
核物理研究センターにおける安全衛生管理体制
吹田地区事業場
安全衛生委員会
原子力研究・安全委員会
放射線安全管理部会
安全衛生委員会
(毎月1回開催)
放射線安全委員会
RCNPの安全衛生に関するホームページ
Web page will be renewed soon !!
近日中に
更新予定
New version of RCNP Safety
Guidebook 2013 and its English
version will be issued this year.
※近々、改訂予定
お気づきの点、ご
意見・ご要望などが
ありましたら、
安全衛生管理室や
各安全担当者まで
お知らせ下さい
緊急時の連絡先(Ⅰ) Emergency
●事故が発生したら・・・・
Dial
(0-) 090-3051-3770
from an extension
に連絡して下さい。
The accelerator operating manager will
respond to all emergency calls.
・加速器運転責任者(宿・日直者)等の核物理研究センター
職員(上記携帯電話保持者)が、速やかに対応いたしま
す。
運転責任者の方は迅速な対応をお願いいたします。
・必要に応じて、適切な対応(消防署や警察署への連絡、初
期消火等)を行って下さい。
Please refer to the Web-page
of Safety-and-Hygiene division
http://www.rcnp.osakau.ac.jp/Divisions/safety/index_
e.html
緊急時の運転責任者の対応
Fire station
Fire !!
(内線)
Reporter
【センター長】
中野 Nakano : 8900
【防火責任者】
野海 Noumi : 8933
【放射線取扱主任者】
鈴木 Suzuki
鈴木 Suzuki : 8830
8830
Accelerator
operating
manager
Injury !!
Reporter
【事務長】
木富
木富 Kitomi : 8901
Hospital
H25年度安全担当者
作業内容
放射線
担当者
鈴木 智和
(放射線取扱主任者)
味村周平、井手口栄治
福田光宏
(主任者代理)
阿野 真治(全般)
福田光宏(総括)
化学薬品
(毒物劇物管理責任者) 安田 裕介(加速器)
吉田 英智(実験系)
化学薬品購入窓口
ガス
高圧ガス製造保安
技術管理者
安田 裕介
民井 淳
フォークリフト
機械工作
阿野 真治
福田 光宏
阿野 真治
高久 圭二
木林 満
溶接
木林 満
レーザー
嶋 達志
廃棄物・廃液管
高久 圭二
理責任者
阿野 真治
民井 淳
福田 光宏(責任者)
電気
クレーン
依田 哲彦
安田 裕介(加速器)
鈴木 智和(実験系)
国際規制物資
計量管理責任者
福田 光宏
火災・爆発が発生したら・・・
Fire, Explosion
(1)周囲に知らせる Inform someone near there
・発見者は火災報知機をならし、大声で付近の人に知らせる
Dial (0)-090-3051-3770, and report.
(2)通報する
・直ちに火災発生を加速器運転責任者(090-3051-3770)に連
絡する
・消防署(内線118)に直接電話をしても構わない
・通報の際には・・・落ち着いて、以下の情報をお知らせ下さい
①「火事」であること
②発生場所(大阪大学核物理研究センターの○△棟□○
室など)
③状況(何が燃えているかなど)
④連絡先(通報者の名前と電話番号など)を。
(3)初期消火 Try to extinguish a fire if possible.
・可能な限り、近辺にある消火器等を用いて初期消火に努める
・危険を伴う場合や消火が困難と判断される場合には、速やか
にその場を離れて安全な場所へ避難し、消防署の到着を待つ
地震が発生したら・・・
(1)緊急地震速報が流れたら・・・・
・放送が流れてから地震の強い揺れが来るまで数秒から数十秒
・まわりの人に声をかけながら、周囲の状況に応じて、あわてず
に、まず身の安全を確保してください。
(2)地震が発生したときには・・・
・大型地震が発生し、建屋、機器の倒壊等の被害により二次災
害が予想されるときは、ガス、電源、ポンプ、空調等を速やかに
停止・遮断
・ガス、電気については、できるだけ供給源に近いところで遮断
(3)加速器・測定器の停止
・被害が予想されるときには直ちに運転を停止し、安全を確認
・緊急の際は全停止ボタンにより全装置を停止
避難場所 Evacuation
AVFサイクロトロン棟前の駐車場
Please evacuate to the parking area
救急処置が必要になったら・・・
(1)心肺蘇生とAED
・大声で周辺の人に助けを求め、研究
本館玄関に備えてあるAEDを持って
くるよう依頼する
・AEDが届くまで、可能な限り心肺蘇
生法により救命に努める
(2)救急車と医療機関
・緊急を要する場合には、救急車(内
線118)を呼ぶ
・必要に応じて、医療機関へ連絡
AED rescue
近隣の医療施設
① 友絋会総合病院
② 大阪大学保健センター 吹
田分室
③ 大阪府済生会 茨木病院
④ 大阪府済生会 千里病院
⑤ 坂口眼科医院
※救急外来
救急器具等の設置場所
(A)担架
・AVFサイクロトロン棟1階加速器制御計数室前の廊下
・リングサイクロトロン棟地階エレベーター前のスペース
(B)呼吸器
・AVFサイクロトロン棟サイクロトロン調整室
・リングサイクロトロン棟中性子トンネル奥
(C)放送設備
・熱源棟
・AVFサイクロトロン棟1階放射線管理室受付
・リングサイクロトロン棟2階受付
喫煙場所と受動喫煙防止
Allowed smoking area
× ×
※現在、喫煙場所は次の2箇所のみです
・研究本館2F非常階段踊場
・熱源棟入口
×
×
レーザー
Laser
(1) 分類; JIS C6802:2005による7段階のクラス
Class
1
内容
どのような光学系(レンズ、望遠鏡)で集光しても眼に対して安全な
レベル
1M
302.5~4000nm、光学系で覗かなければ安全。
He-Neレーザーで10mW以下
2
可視光。目の嫌悪反応により危険性が回避可能
2M
可視光。目の嫌悪反応により危険性が回避可能
He-Neレーザーで1mW以下
3R
クラス1,2の5倍の強度まで。CWで5mW程度以下
3B
直接見ると危険。CWで0.5W以下、パルスで105 J/m2 以下
4
散乱光でも危険なレベル。皮膚の火傷や物品の火災の恐れがある。
JIS C6802(2005)によるクラスの分類と危険性の目安
(○ 安全、△ 注意、× 危険)
長時間観察
クラス
光学
器具
1
短時間観察
裸眼
光学
器具
裸眼
散乱・
反射
皮膚
露光
○
○
○
○
○
○
1M
×
○
×
○
○
○
2
×
×
○
○
○
○
2M
×
×
×
○
○
○
3R
×
×
△
△
○
○
3B
×
×
×
×
△
△
4
×
×
×
×
×
×
レーザーの取扱に係る内規の改定について
※内規の改正案を12月25日の教授会に提案し、承認を得る
●大阪大学核物理研究センターレーザー障害防止内規 第1条
【従来】
第1条 この規程は、大阪大学核物理研究センター(以下、「セン
ター」という。)が管理する施設において使用する高出力レーザーの
取り扱いに関する事項を定め、レーザーを使用する者とその周囲で
研究その他の作業をする者の障害を防止することを目的とする。
【改定】
第1条 この規程は、大阪大学核物理研究センター(以下、「セン
ター」という。)が管理する施設において使用するレーザーの取り扱
いに関する事項を定め、レーザーを使用する者とその周囲で研究そ
の他の作業をする者の障害を防止することを目的とする。
※クラス1、2も含めるため「高出力」の限定を削除
●大阪大学核物理研究センターレーザー障害防止内規 第2条
この規程において用いる用語の定義は、次の各号に掲げるとおりと
する。
【従来】
(1)レーザー機器とは、レーザー発振器、レーザー光路、制御装置、
電源装置等から構成されたレーザー光を計測、通信、加工等に
利用するための機器をいう。
【改定】
(1)レーザー機器とは、レーザー発振器、レーザー光路、制御装置、
電源装置等から構成されたレーザー光を計測、通信、加工、表示等
に利用するための機器をいう。
※レーザーポインタ等も含めるため
●大阪大学核物理研究センターレーザー障害防止内規 第9条
【従来】
管理者は、レーザー光線による障害の疑いのある者が生じた場合
には、ただちにセンター長及び管理室長に報告しなければならな
い。
2 センター長は、前項の報告を受けたときに、該当者に速やかに
医師による診察または処置を受けさせなければならない。また、当
該レーザー業務従事者のレーザー取り扱い業務を制限するなどの
適切な措置を講じなければならない。
【改定】
レーザー光線による障害の疑いのある者が生じた場合には、高出
力レーザーの場合には管理者、それ以外も場合には使用者等が、
ただちにセンター長及び管理室長に報告しなければならない。
2 センター長は、前項の報告を受けたときに、該当者に速やかに
医師による診察または処置を受けさせなければならない。また、高
出力レーザーの場合は当該レーザー業務従事者のレーザー取り扱
安全ガイドブック: 13.レーザー
【改定】
クラス3B、4のレーザーもしくは波長400nm~700nmの領域外のク
ラス3Rのレーザーの使用にあたっては、あらかじめ「レーザー使
用届」と「レーザー使用届添付資料」(用紙は安全衛生管理室
ホームページよりダウンロード)を安全衛生管理室に提出し、許
可を受けた後に使用を開始して下さい。また、作業に従事する前
に視力検査、前眼部検査、および眼底検査を行う必要があります。
(4) 取扱い
① クラス3R、3B、4のレーザーを用いる作業に従事する者は、従
事を開始する前に視力検査、前眼部(角膜、水晶体)検査、および
眼底検査を行う必要があります。また、レーザー機器のクラスに
関わらず、レーザー光線による障害が疑われる場合には、速や
かに医師による診察・処置を受けて下さい。
(2) 使用に当たって必要な措置
1) 高出力レーザー機器(クラス 3R, 3B, 4) は使用届を安全衛生管理室に提出、
従事前に視力検査、前眼部(角膜、水晶体)検査、眼底検査を受ける
2) クラス 3R, 3B, 4 はレーザーの放出口、および設置場所の出入口で
目に付きやすい所に警戒標識を掲示
3) クラス 3B, 4 および可視光外波長の場合は
① 添付資料を安全衛生管理室に提出
② 管理責任者を選任
③ 使用時に点灯する自動運転表示灯を設置
④ 防護具(保護めがね、露出の少ない作業着)を着用
4) クラス 3B, 4の場合は管理区域を設定し、インターロック、安全キー
による動作制御、ビーム遮断器を設置
(特にクラス 4ではできるだけ遠隔操作とする)
(3) その他の注意事項

光学機器を通してビームを見ない。

周辺の物品等による反射光に注意。

レーザービームを直視したり身体で遮ったりしない。

初心者は使用責任者の指導を受けてから使用。
スライド発表用のレーザーポインターでも海外製の
高輝度の製品の中にクラス3に該当するものがあり、
最近 問題となっていますので注意(=使用を控える)
してください。

similar documents