レジュメ - 日本保険学会

Report
福岡大学商学部 石坂元一
2013年10月27日
1
1.
2.
3.
4.
5.
6.
はじめに(研究の背景・目的)
完全情報下での均衡
情報の非対称性が及ぼす影響と対応策
平均保険料を用いた強制保険
官民の役割分担
おわりに(考察と課題)
2



市場の失敗(自然独占・外部性・公共財・不確実性・情報の
非対称性)→政府による介入
情報の非対称性:(医療)保険市場
→逆選択,モラルハザード
医療保険市場
◦ 医療に対する疾病リスクは誰もが有している(頻度・強度)
◦ 保険者(公法人・私法人),契約者(加入者),医師・医療提供機関
◦ 医療サービスの高度な専門性

官民の役割分担
◦ 公的医療保障制度(公的医療保険)の導入意義
◦ 官と民のカバー範囲
3
保険者
契約者・加入者
被保険者
医師
医療機関
4
情報の非対称性
1.
◦ 逆選択およびモラルハザードの影響を示す
◦ 上記への対応諸策の効果を示す
公的医療保障制度(公的医療保険)の導入意義と
問題点
2.
◦
3.
平均保険料を用いた強制保険
(ある基準の下での)官民の役割分担
5
<仮定>
 契約者
リスクタイプは1種類のみ
行動原理は期待効用最大化
リスク回避的,同じ効用関数 u (u '  0 , u ' '  0 , u ' ' '  0)
初期所得を w ( 0 )
将来は健康と疾病の2状態,事後所得をそれぞれ W 1 , W 2
疾病率 p ( 0  p  1)
疾病時のコスト(治療費) M ( 0 )
6
<仮定の続き>
 保険契約
疾病時の治療費に対して  ( 0    1) 割合のカ
バーを提供する契約
保険料はフルカバーの場合 x として,カバー割合に
比例
よって,保険契約に加入した場合,契約者の事後的
所得は, W 1  w   x , W 2  w  M   x   M
 保険会社は競争的
 保険数理的に公正な保険料, x  pM
7


期待効用( EU  (1  p ) u (W 1 )  pu (W 2 ) )の最大化
一階の条件より   1 ,つまりフルカバーの保険が選
択される
次スライドの図1において,
所得線(fair odds line, (1  p )W 1  pW 2  w  pM )と
無差別曲線が接する点Eが選択される
接点では,(1  p ) u ' (W 1 ) /( pu ' (W 2 ))  (1  p ) / p が成立する
よって,W 1  W 2 ,つまりフルカバーの保険が選択される
8
疾
病
時
所
得
(W2)
無差別曲線
fair odds line
E
N
O
傾き
45°

1 p
p
健康時所得(W1)
図1.完全情報下での均衡
9

モラルハザード
◦ 契約締結後の情報の非対称から生じる現象
◦ 保険者が被保険者の行動を完全に監視できないことから生じる
現象

保険が存在することによる影響(存在しない場合と比較)
◦ 保険事故の頻度および強度を大きくしてしまう誘因
 頻度は疾病率,強度は治療費や医療サービス量
 ここでは,契約者が頻度および強度をある程度コントロール可能と仮
定(=効用減少というコストを払ってコントロール可能と仮定)
◦ 余剰の減少

契約者の自己負担が有効(リスクシェアリング)
10
① 頻度に関するモラルハザードの影響
<仮定>
頻度 p を下げるために払う効用の減少分 c p ( p )
( c '  0, c ' '  0 )
保険料率を設定するための頻度は外生的に pˆ
保険未加入時(保険が存在しない場合)と加入時(存在)の
一階の条件を比較すると, u ( w )  u ( w  M )  0 より,
保険加入時により大きな疾病率が選択される
つまり,疾病率を抑える努力・投資が相対的に行われない
11
② 強度に関するモラルハザードの影響
<仮定>
治療費 M を下げるために払う効用の減少分 c M ( M )
( c '  0, c ' '  0 )
保険未加入時と加入時の一階の条件は,
 pu ' ( w  M )  c ' ( M )  0 ,
 pu ' ( w  pM )  c ' ( M )  0
であり, u ' ( w  M )  u ' ( w  pM ) より,
保険加入時の方がより大きな治療費が選択される
つまり,治療費を抑える努力・投資が相対的に行われない
12
③ 余剰の減少(厚生損失)
D
需要曲線
医療サービス価格=限界費用
医療保険無し:△AED
医療保険あり:△OZD-□OZCA
E
A
O
X
C
Z
供給曲線
医療サービス量
図2. 医療サービスの需給と総余剰
13


ここまでは,保険加入時(フルカバー)と未加入時を比較
ここからは,契約者に定率・定額の一部負担を課すこと
によって改善が見られることを示す
したがって,フルカバー時と一部カバー時を比較する
i. 定額負担
契約者の負担を D ( 0  D  M ) ,保険者の支払 M  D
14
① 頻度
各場合の一階条件と, 0 
pˆ ( M  D )  pˆ ( M  D )  D  M
より,
0  u ( w  pˆ ( M  D ))  u ( w  pˆ ( M  D )  D )  u ( w )  u ( w  M )
が成立
一部カバー時の方がフルカバー時よりも小さな頻度
(⇔疾病率を抑えるための努力・投資がより行われる)
② 強度
同様に一階の条件を比較して,効用関数の仮定から,
(1  p ) u ' ( w  p ( M  D ))  pu ' ( w  p ( M  D )  D )  u ' ( w  pM )
が成立
よって治療費抑制のための努力・投資がより行われる
15
ii. 定率負担(契約者の負担割合  ( 0    1) )
① 頻度
② 強度
いずれも,前スライドの定額負担の場合と同様に,フルカ
バー時と比較することによって,影響が改善されるこ
とを示すことができる(略)※
つまり,一部カバー時の方が,疾病率抑制に,そして治療
費抑制に努力・投資を行う
(※②強度における証明の際に u ' ' '  0 の仮定を利用)
16
③ 余剰の改善(厚生損失の減少)
価
格 D
需要の
価格弾力性
に大きく依存
医療需要の
価格弾力性
の検証
A
A’の水準まで契約者自己負担
フルカバー:△OZD-□OZCA
一部カバー:△A’E’D-□A’E’BA
=△AED-△EBE’
需要曲線
E
A’
O
B
C
Y
Z
供給曲線
E’
X
医療サービス量
図3. 医療サービスの需給と総余剰
17

逆選択
◦ 契約締結前の情報の非対称性から生じる現象
◦ 保険者が被保険者のリスクタイプを識別することができないこ
とから生じる現象

リスクタイプ2種類(タイプLとタイプH)
疾病率:タイプLは p L ,タイプHは p H ( 0  p L  p H  1 )
タイプLとHの存在割合は知られている,  : 1  
(0   1)
18

保険者がタイプLとHを完全に識別できる(完全情報)
→それぞれフルカバーの保険を提供,保険料もそれぞれ
(W2)
タイプLの所得線(fair odds line)
疾
病
時
所
得
EL
EH
傾き
O
タイプLの無差別曲線
1  pL
N
健康時所得(W1)
pL
図4. 完全情報の下での(分離)均衡
19
保険者がリスクタイプを識別できない
例えば,加重平均保険料(プーリング保険料)を設定

p   p L  (1   ) p H
1 p
→各タイプの限界代替率について, MRS H  p  MRS L
→効用を引き上げるべくタイプLはカバー減,Hはカバー増
→平均保険料の引き上げ
・・・
→タイプLが保険に加入する条件を満たさない状態
→市場にはタイプHばかり,市場の崩壊(レモンの原理)
※2種のリスクタイプを同時に満たすプーリング均衡は存在
しないことが知られている
20

スクリーニング(自己選抜)による分離均衡
(W2)
疾
病
時
所
得
EH
O
E’L
N
図5. 分離均衡
健康時所得(W1)
21
Cont.
 タイプHはフルカバーであるが,Lは一部カバー
 分離均衡がいつも存在するわけではない(例えば,タ
イプLの比率が十分に高い場合)
 逆選択への対処としては,スクリーニング以外にもシ
グナリングや強制保険もある(次節)
22
公的医療保障制度の導入意義
 逆選択の解消や社会的厚生の増加を理由として,政
府の介入や公的医療保障制度が正当化される場合
がある
 公的医療保険の第一義的な特徴は強制保険(第二
は公定価格の適用,西村編(2006))
 医療アクセスの公平性に有効
ただし,
強制保険の保険者が政府である根拠は明らかではない
リスクが高いほど低所得者であるとするならば,逆選択とリ
スク選択を根拠とする強制保険の導入意義は異なる
23

前述の平均保険料 p   p L  (1   ) p H を用いた強制保険
(⇔強制加入によってプーリング均衡を安定)
(W2)
平均保険料によるfair odds line,傾きは
疾
病
時
所
得

1 p
p
EC
N
O
図6.平均保険料による強制保険
健康時所得(W1)
24




モラルハザードの問題は依然として残る
タイプLからHへ内部補助が生じている→非効率
「強制」保険でないならば,ECの右下かつ2つの無差
別曲線の間で保険契約を提示すれば,タイプLのみ
引きつけられる(利潤はプラス)
保険者の収支が均衡し,かつタイプLの効用を上げる
には(次スライド図7参照)
25

前述の平均保険料 p   p L  (1   ) p H を用いた強制保険
(W2)
平均保険料によるfair odds line,傾きは
疾
病
時
所
得

1 p
p
E’C
N
O
図7.平均保険料による強制保険(2)
健康時所得(W1)
26



ここまでは,「民」のみor「官」のみの議論
医療保障制度における官民の望ましい役割分担とは?
→何らか基準が必要
キーワードは「効率性」と「公平性」の2つ
◦ 効率性:資源の有効配分
◦ 公平性:経済的な意味での平等(?)
◦ 2つはしばしばトレードオフの関係

ここでは,パレート改善(Pareto improvement)や社会
的厚生関数(Social welfare function)を通じて官民の
役割分担を探る
27
パレート改善の一例(Dahlby(1981),Zweifel(2000))
疾
病
時
所
得
E’H
E’L
EH
N’
O
図8. 官民の役割分担
N
健康時所得
28



例えば,N’までを官が強制保険としてカバー(NN’は
プーリング保険料によるfair odds line)
それ以上を民が提供,したがってここでは民は補完の
役割
官と民の役割分担によってパレート改善
◦ 官だけの平均保険料を用いた強制保険(図7)
◦ 民だけの分離均衡(図5)
いずれよりも(E’H, E’L)の組み合わせは,タイプLとタイプHとも
に効用が増加(あるいは等しい)
◦ どの保険者の収支も均衡
29
<公平性> 医療アクセス
 効率性→公平性
 社会的厚生関数:社会構成員の効用を用いて表現
f
(厚生経済学)
SW  f (U , U ,  , U ),
0
1

2
n
U i
ベンサム型の功利主義的社会的厚生関数:
SW  U 1  U 2    U N

ロールズ型の社会的厚生関数:

その他,バーグソン=サミュエルソン型など
社会的厚生関数の推定に関する研究(Dolan(1998)他)

SW  min{ U 1 , U 2 ,  , U N }
30

社会的厚生関数に官民の医療保険(医療保障制度)
を組み込むには
◦ 期待効用を用いて表現し,リスクタイプの存在比率(λ)で加
重した上で,社会的厚生の最大化を図る
◦ 例えば, SW    EU L  (1   )  EU H
◦ これまでのモデルに沿って,健康時所得と疾病時所得を表し,
社会的厚生を最大にするような公的医療保険のカバー範囲
を求める。しかし…

根本的な問題して,政策決定のために,どのような社
会的厚生関数を選択するか?
◦ 社会構成員の効用の測定
◦ 社会の価値観,公平観,倫理観,政治的要素…etc.
31



モラルハザードの影響の抑制は制度設計に依存
官による民へのクラウド・アウトの懸念
官の介入手段としては,課税や補助金も→所得再分配
◦ 公的医療保険を通じた場合と‘実質’同様の効果を得ることも可能(次スラ
イド図9参照)

医師,医療機関の行動を含めた分析
◦ 医師-患者間の情報の非対称性
◦ 診療報酬体系の設計


医療サービス,医療技術
理論を補強する実証分析・シミュレーションを援用した研究
32
疾
病
時
所
得
課税
補助
E’L
E’H
EH
EL
O
健康時所得
図9. 課税と補助金がある場合の分離均衡(の一例)
33













漆博雄編(1998),『医療経済学』,東京大学出版会。
小塩隆士(2010),『社会保障の経済学 第3版』,日本評論社。
河口洋行(2012),『医療の経済学 第2版』,日本評論社。
諏澤吉彦(2011),「医療保険市場における民間保険のあり方に関する考察-公的保険と民間保険の役割分担
に関する分析モデルの検討を中心に-」,『生命保険論集』,No.174,pp.1-26。
西村周三他編(2006),『医療経済学の基礎理論と論点』,勁草書房。
Arrow,K.J. (1963), ‘Uncertainty and the Welfare Economics of Medical Care,’ American Economic
Review, 53, pp.941-973.
Crocker,K.J.& A.Snow (1985), ‘The Efficiency of Competitive Equilibria in Insurance Markets
with Asymmetric Information,’ Journal of Public Economics, 26, pp.207-219.
Dahlby,D.G.(1981), ‘Adverse Selection and Pareto Improvements through Compulsory
Insurance,’ Public Choice, 37(3), pp.547-568.
Dolan,P.(1998), ‘The Measurement of Individual Utility and Social Welfare,’ Journal of Heath
Economics, 17(1), pp.39-52.
Neudeck,W.& K.Podczeck (1996), ‘Adverse Selection and Regulation in Health Insurance
Markets,’ Journal of Health Economics, 15, pp.387-408.
Pauly,M.V. (1974), ‘Overinsurance and Public Provision of Insurance: The Roles of Moral Hazard
and Adverse Selection,’ Quarterly Journal of Economics, 88, pp.44-62.
Rothschild,M.& J.E.Stiglitz (1976), ‘Equilibrium in Competitive Insurance Markets: An Essay on
the Economics of Imperfect Information,’ Quarterly Journal of Economics, 88, pp.212-222.
Zweifel,P. (2000), ‘The Division of Labor between Private and Social Insurance' in Georges
Dionne eds., Handbook of Insurance, Kluwer Academic Pub., pp.933-966.
34

similar documents