Qgisの概要 へのリンク

Report
Qgisの概要
竹内@KERNEL
第1章 第2章 QGISの基本構成
*ライセンス:基本はGRASS GNUライセンス ソース無償提供、
作成したソフトの公開が前提か?
*機能:豊富で、通常のGIS処理対応。shape対応、GPS対応
*インストール:WIN7可能、基本はLinux Ubantu、Mac10対応
*インストールパッケージ:作成可能
*サポート:MailingListで相互扶助
機能実現:基本処理部分ーGRASSパッケージ 6.4rc4
グラフィックスーFastCGI各パッケージで無償DB
属性データーーPostgre各パッケージで無償DB
言語処理ーーーOSの言語対応を利用
GPS処理ーーーExpat1.95のプラグイン
幾何学処理ーーGEOS
地理座標処理ーGSL1.8以上
Raster処理ーーMrSid Visioなど
処理ウインドウーPython、Msysなど
第3章 Unbantuへのインストールと起動
Unbantu無償インストール版あり
ECW:ウイブレット圧縮を使った画像用フォーマット(航空写真などに利用される) 要
事
前
MrSID:画像圧縮フォーマット(衛星画像や航空写真などに利用される)
イ
ン
GRASS:RasterGISの全機能 GRASS-6.4rc4等
ス
ト
apt:アドバンスドパッケージングツール
ー
ル
ccache:メモリーディスクか?スピードアップの為
Qgis 1.1.0のソースコードを探してダウンロードする(チェックアウト)
http://download.osgeo.org/qgis/src/qgis¥1.1.0.tar.gz
Ccmakeの実行:但し qgis_1.1.0 へ移って行う
Ccmake実行中に”GRASS_PREFIX"現れたら /user/local/grass-6.4RC4 とする
makeの実行:パッケージ生成
sudo make install実行:インストール終了(時間がかかる)
qgisの実行:起動操作
第4章 Windowsへのインストールと起動1
但しトランクをすべてインストールする
vcsetup.exe:VisialC++エクスプレス版のインストール
PSDK-x86.exe:Win Core SDKであるx86 32-bitのみをインストール
その他のツールや依存性インストール
cmake:Win版のcmake
SVN:Win版のSVN
flex:Win版のflex
bison:Win版のbison
OSGeo4W:win版のOSGeo4W
但しOSGeo4W についてはトランクをすべてインストールする
含まれるものexpat,fcgi,gdal17,grass,gsl-devel,iconv,pyqt4,qt4-devel
qt5-devel-qt4,sip unistd.hをも必要である
svn co https://svn.osgeo.org/qgis/trunk/qgis qgistrunk :ソースコード入手コマンド
cmake-gui:インストールパッケージをGUIで作成する
configure:ヒットして設定するが、WINのもともとのコンパイラーとVisual
Studio 9 2008とを使う(現在は10)
vcexpress:を起動してINSTALL project をビルドする インストール先変更可
mswindows/osgeo4w/package.cmd:パッケージング
第4章 Windowsへのインストールと起動2
Visual Studioをcmakeを使ってビルドインストール
Qgisのチェックアウト:svn co https://svn.osgeo.org/qgis/trunk/qgis qgis-trunk
configure:設定を行う、終了後generate コマンドをチェック
パッケージング: ms-windows/osgeo4w/package.cmd
MinGWをつかったビルド(若干古い今はVisualC++を使う):
http://www.webalice.it/marco.pasetti/qgis+grass/BuildFromSource.html
Msys:Unix環境の構築
Qtの構築、Pythonの構築 sipの構築 PyQt4の構築
Qgis サブバージョン:
Cmake の構築 configulation 構成する
QGISのコンパイルとインストール (Win2Kは若干注意)
インストールパッケージの作成(オプション) NSISから
QgisをコンパイルするMSYS環境、初期設定から
第4章 Windowsへのインストールと起動3
開発環境 Qgisをコンパイルするなどができる
MSYS環境(ユニックス風)
初期設定から(ちなみにwindowsにパッケージを標準でインストールするとそのま
まMSYSが実行できる)
http://puzzle.dll.sourceforge.net/mingw/MSYS-1.0.11-2004.04.30-1.exe
MinGW環境
http://puzzle.dll.sourceforge.net/mingw/MinGW-5.1.3.exe
FlexとBison環境(ぱーさー生成ツール)
http://gnuwin32.sourceforge.net/downlinks/flex-bin-zip.php
http://gnuwin32.sourceforge.net/downlinks/bison-bin-zip.php
http://gnuwin32.sourceforge.net/downlinks/bison-dep-zip.php
依存性インストール(GRASSライブラリーのインストールに必要)
Zlib-1.2.3,libpng-1.2.16noconfig,xdr-4.0-mingw2,freetype-2.3.4,fftw-2.1.5,
PDCusers-3.1,proj-4.5.0,gdal-1.4.1
http://www.stjohnspoint.co.uk/grass/wingrass-extralibs.tar.gz
http://www.stjohnspoint.co.uk/grass/README.extralibs (作者のノート)
GRASS:http://grass.itc.it/devel/cvs.php
GEOS:http://geos.refractions.net/geos-2.2.3.tar.bz2
SQLITE:http://www.sqlite.org/sqlitedll-3_3_17.zip
http://www.sqlite.org/sqlite-source-3_3_17.zip
第4章 Windowsへのインストールと起動 4
GSL:ftp://ftp.gnu.org/gnu/gsl/gsl-1.9.tar.gz
EXPAT:http://dfn.dl.sourceforge.net/sourceforge/expat/expat-2.0.0.tar.gz
POSTGRES:http://wwwmaster.postgresql.org/download/mirrorsftp?file=%2Fbinary%2Fv8.2.4%2Fwin32%2Fpostgresql-8.2.4-1-binaries-noinstaller.zip
第5章 MacXへのインストール 1
frameworks とCmakeを使ってビルド
.dmgからQt4をインストールする 32bitcarbon,64bitcocoa
http://qt.nokia.com/downloads carbon推奨
デバッグ版もある。
QGIS 依存性(dependencies)に関するframeworksをインストールする。
http://www.kyngchaos.com/wiki/software/frameworks
PROJ,GEOS,GDAL,SQLite3,GSL frameworks を含む
Postgresql:http://www.kyngchaos.com/wiki/software/postgres
GRASS:http://www.kyngchaos.com/wiki/software/grass
EXPADT:http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=10127
第5章 MacXへのインストール 2
追加的な依存性: Python(パイソン言語)Mac開発用言語
http://www.python.org/download/
追加 依存性:PyQt:http://www.riverbankcomputing.com/software/pyqt/download
追加の依存性: Qwt/PyQwt:http://pyqwt.sourceforge.net/ (GPSデータに使える)
OSX にCMake をインストール:http://www.cmake.org/cmake/resources/software.html
OSXサブバージョンをインストールする:ttp://sourceforge.net/projects/macsvn/MacSVN
http://sourceforge.net/projects/macsvn/ (BerkleyDB)
svn co https://svn.osgeo.org/qgis/trunk/qgis qgis 一般コマンド
svn co https://svn.qgis.org/qgis/branches/Release-x_y_z qgis-x.y.z 枝番付コマンド
CMake:がソースからのビルドをサポートしている
sudo make install:インストールコマンド
第6章 原著者と謝辞

similar documents