こちら

Report
社会システムデザイン総論
小川一仁
[email protected]
※今回スライド全体の事前配布をしま
せん。終わり次第webにupします。
1
実験します
• 最初に以下の状況を思い浮かべて下さい。
• AさんとBさんがいます。
• Aさんはウサギを狩りに行くか、鹿を狩りに行
くかを選べます。
• Bさんも同様です。
2
実験します
• ウサギは一人でも狩ることができますが、鹿は2
人で協力しないと狩ることができません。
• 今、ウサギを狩ると一人あたり2点もらえるとしま
す。
• 鹿を狩ると、一人では狩ることができませんので、
その場合は0点(もう一人はウサギを狩りに行っ
てるので、2点)、2人で狩る場合にはそれぞれ3
点もらえるとします。
3
実験します
• 選択は同時にするので、事前の相談はでき
ないとします。
– 後で設定を変更します。
• 誰と一緒に狩りに行くかもわからないとします。
– 合コンみたいなもの?だと思って下さい。
4
実験します
• 以上のお話を表にします。
Aさんの選択↓\ ウサギ狩り
Bさんの選択→
鹿狩り
ウサギ狩り
2(Aさんの得点), 2(Bさんの得点)
2, 0
鹿狩り
0, 2
3, 3
5
実験します
• 今から記入用紙を配ります。
• Aさんになったつもりで、ウサギ狩りに行くか
鹿狩りに行くかを決めて、○をして下さい。
• 書けたタイミングでこちらから合図しますので、
記入用紙を前に送って下さい。
6
実験結果
• ウサギ狩りに行く人:163人
– 理由(一部抜粋)
• 相手に影響されずに確実に2点もらえるから。
• 必ず点がもらえる方がうれしい。
– 囚人のジレンマみたいな事ですか?
• 奈良県民なので鹿を殺せない。
• 鹿が4点なら鹿にしたのですが・・・。
• 一緒に鹿を狩った場合にけんかになりそうなので。
7
実験結果
• 鹿狩りに行く人:75名
– 理由(一部抜粋)
•
•
•
•
リスクがあっても、より高いポイントを取りたい。
二人でウサギ狩りに行くよりポイントが高い。
二人でわいわい楽しめる(??)
協力して狩りをすることに意味がある。
• 相手も同じように鹿狩りに行くと予想して、私も鹿狩り
♡
8
実験結果からわかること
• 社シス総論受講生全員で狩りに行くと何が起き
るか?
– あなたがウサギ狩りを選んだ場合、162/(162+75)=
68.4%の確率でペアになった人と一緒にウサギ狩り
に行くことになる。(当然だが)31.6%の確率でペアに
なった人と一緒に鹿狩りに行くことになる。
– あなたが鹿狩りを選んだ場合、163/(163 +74)=
68.7%の確率でペアになった人と一緒にウサギ狩り
に行くことになる。(当然だが)31.3%の確率でペアに
なった人と一緒に鹿狩りに行くことになる。
9
実験結果からわかること
• あなたがウサギ狩りに行く場合に得られるポ
イント=2
• あなたが鹿狩りに行く場合に得られるポイント
=0×0.68+3×0.32=0.96
10
実験します
• 2回目も同じように行います。
– ただし一回目の結果を参考に、さらに自分のポイ
ントを最も大きくするように行動することを心がけ
て下さい。
• 記入用紙に記入できたら、こちらの合図で前
に送って下さい。
11
実験結果
• ウサギ狩り: 177人
• 鹿狩り: 57人
12
リスク支配と利得支配
• ウサギ狩り:他人が何をしようとも2の利益を
獲得できる。
– リスクに対して強い
– ※正確な定義はより専門の講義で出てくるかも
知れない。
– リスクを考慮して行動する結果得られるのは、2
人ともウサギ狩りに行く=リスク支配均衡
13
リスク支配と利得支配
• 一方、利益が最も高くなるのは、2人とも鹿狩
りに行くこと=利得支配均衡
• 利得支配均衡では、補完性が観察される。
– 2人で力を合わせると、1人ではできなかったこと
が可能になる。
• 1人で鹿は狩れないが、2人だと狩れる。
14
現実の例
• 一人ずつでは持ち上げられない荷物を二人
同時に持ち上げる。
• 一人では終わらない仕事を二人で片付ける。
• 1社では完成されられないプロジェクトを2社
協同で実施する。
15
一言言っておくと・・・
• 社会科学では現実をありのまま見ることは殆
どありません。
• 殆どの場合、モデルを作って、説明したい事
柄を抽象的に表現します。
– そうしないと、説明したい事柄の背後にあるメカニ
ズムが見えてこないからです。
• 特に経済学はその傾向が強く、さらに世の中
の一見関係のなさそうな事柄同士をつないで
共通性を議論します。
16
一応言っておくと・・・(2)
• 例えば・・・どこが一緒?
– 大相撲の八百長と企業間の長期取引。
– 昇進とゴルフトーナメント。
– パラサイトシングル(古っ!)とマフィアのお兄さん
の生活パターン。
– AKBと宝塚歌劇
17
リスク支配と利得支配
• 実験結果から見るに、皆さんはリスク支配均
衡に引っ張られました。
– というのは、理論的にはリスク支配均衡の方が選
ばれやすいため。
• 進化ゲーム理論の予想による。
• 進化ゲーム理論については、学部生の時に学ぶこと
はほとんどないので「へーそんなもんなんや」と思って
おいて下さい。
18
リスク支配と利得支配と制度設計
• 基礎的な制度設計をしてみよう。
• 目的=利得支配均衡が実現するためには、
どのような制度を作ったらいいか?
19
リスク支配と利得支配と制度設計
• 選択前に話し合い?
– 話し合いの結果を忠実に実行させることができる
か?
• 話し合いの結果の忠実に履行させる制度設計を考え
ないといけない=もう一段上の制度を考えなければな
らない。
– 同じ相手と繰り返し意思決定するなら可能かも知
れない。
– 今回はやりません。
20
リスク支配と利得支配と制度設計
• 意思決定に順序を付ける?
– 最初の人が鹿狩りを選ぶと、二人目の人も鹿狩
りを選ぶだろう。
– 最初の人がウサギ狩りを選ぶと、二人目の人も
ウサギ狩りを選ぶだろう。
– 最初の人の行動は何で決まるだろうか?
21
リスク支配と利得支配と制度設計
• ともあれ、実際にやってみましょう。
• 教卓から見て左半分の人が先手。先手の人
の結果を見て、残り半分の人が選択。
22
リスク支配と利得支配と制度設計
• 1回目結果
• 先手:ウサギ狩り
• 後手:ウサギ狩り
• 2回目結果
• 先手:ウサギ狩り
• 後手:ウサギ狩り
29
29
鹿狩り 56
鹿狩り 68
鹿狩り
鹿狩り
23
リスク支配と利得支配と制度設計
• 最初の人の行動はリスク回避的かどうか。
• Q1:必ず10000円もらえる
• Q2:確率50%で20000円もらえるが、確率
50%で0円もらえる
• 皆さんならどっち?
24
リスク支配と利得支配と制度設計
• 最初の人の行動はリスク回避的かどうか(そ
の2)。
• Q1:必ず10000円もらえる
• Q2:確率25%で40000円もらえるが、確率
75%で0円もらえる
• 皆さんならどっち?
25
リスク支配と利得支配と制度設計
• リスク回避的な人は、先手になったときにウ
サギを選択する可能性がある。
• どうですか?
26
制度設計の仕方
• (結果を見ずに書いていますが)、順序をつけ
るだけで、鹿狩りに行く人が増えたはず・・・。
• 順序をつけるって、簡単な変更ですよね?
27
制度設計の仕方
• 現状を少し入れ替えるだけでうまくいく例。
• 臓器提供意思表明
– 意思表明カードのみ・・・なかなか記入してくれな
い。
– 運転免許証の裏、健康保険証の裏に記載スペー
ス記入しやすい
28
制度設計の仕方
• 貯蓄させるための方法:貯蓄って難しい!
– アメリカで実施されているSMarT
• あらかじめ毎月の預入額を設定
• 給与が上がった場合、手取額を変更しないように預入
額が自動的に増加
• 入社後に推奨プランとして提示され、特に意思表明が
ない場合、このプランが選択される。
– 脱退、再加入は任意。
29
制度設計の仕方
• 少しの制度変更で、人や企業の行動を変え、
社会をよりよい方向に導く。
• Nudgeという。
– Nudge:他人をツンツンつついて、注意を促す、の
意。
• Nudgeに基づいた発想で制度設計がなされる
傾向が多くなっている。
– 発展途上国での貯蓄推進方策とか。
30
参考資料:一部
• セイラー&サンスティーン,『実践行動経済学』,
日経BP, 2008
• 中島隆信, 『大相撲の経済学』, 東洋経済新報社,
2003
• レヴィット&ダウナー, 『ヤバイ経済学』, 東洋経済
新報社, 2007
• 依田高典, 『行動経済学』, 中公新書2009
31

similar documents