Document

Report
討論準備課題(ジャーナリズム編)
- 新聞を著作権(的)政策で救済することの是非 -
課題の性質
・今回は考えを磨くことの他に、事実関係を調
べることにも力を入れて下さい。
・作成するのはメモだけです。
状況
新聞社は購読者の減少、広告出稿量の減少で悩んでいます。
例えば、以下の資料を見て下さい。
日本新聞協会「新聞の発行部数と世帯数の推移」
http://www.pressnet.or.jp/data/circulation/circulation01.php
ADMT 広告図書館 「日本の広告費」
http://www.admt.jp/library/statistics/ad_cost/media.html
http://www.admt.jp/library/statistics/ad_cost/past.html
諸藤絵美, 渡辺洋子「生活時間調査からみたメディア利用の現状と変
化~ 2010 年国民生活時間調査より~」
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/report/2011_06/20
110605.pdf
※他にも資料などを探してみて下さい
背景:報道と資金
お金がかかる報道
・地道な調査を重ねて発見に至るような調査報道
・海外に特派員をおいて現地で取材を重ねるよう
な報道
安くあがる報道
・関係機関のプレスリリースや公式発表に依存す
るニュース記事
・ほかの報道機関が取材した内容に基づく記事
・ネットの噂を伝える記事、それに関係者や識者の
コメントを付け加えた記事
近年では、新聞救済のための政策として、以下の
ような案が議論されています。(米国の議論)
・スクープを最初に報道した報道機関は、その利
用を一定期間独占できる権利を持つことにして
はどうか。
・つまり、そのようなニュースについては、著作権
法上問題がないとされるアイディアや事実の無
断利用も禁じてはどうか。また、著作権法上許さ
れている引用行為 なども制限してはどうか。
・それによって、報道機関はオンラインでニュース
を公開してもアグリゲートサイトや、ブログに事
実だけを借用されるということが防げるのではな
いか。
参考資料の例
検索の際のキーワード:
Hot News Doctrine (hot news misappropriation doctrine, hot news
appropriation doctrine)
例:
John C. McDonnell (2012) "The Continuing Viability of the Hot News
Misappropriation Doctrine in the Age of Internet News
Aggregation" Northwestern Journal of Technology and Intellectual
Property v.10 n.3
http://scholarlycommons.law.northwestern.edu/cgi/viewcontent.cgi?a
rticle=1164&context=njtip
Sanford et al. (2009) "Saving Journalism With Copyright Reform and
the Doctrine of Hot News" Communications Lawyer, v.26 n.4
http://www.americanbar.org/content/dam/aba/publishing/communic
ations_lawyer/sanford.authcheckdam.pdf
制約条件1
・ディベートの時間中は、「少なくとも調査報道
は社会に必要である」という立場を維持してく
ださい。(どういう理由で必要か、ほかに報道
のどういう部分が必要か、は自由に考えてく
ださってOKです。)
・ディベートが終わった後のレビューではこの制
約条件を外して議論します。
課題:この政策を、できるだけ有益な
ものに仕立て上げて下さい。
1)この政策のよいところ
2)この政策の主な欠点や致命的欠陥(最低2
つ)
3)欠点を解決できるような政策の設計案・具体
的特徴
4)結果としてジャーナリズムはどのように保
護・振興されることになるか
メモ作成
前ページの4点を整理したメモを各人作成して
下さい。
授業に持参して下さい。終了後に回収します。
※文章やポジションペーパーは不要。アイディ
アを磨くことに時間を使ってください。
例
・欠点:スクープの定義の仕方によっては、緊急に広めるべき災害の
ニュースが、報道機関に許諾をもらわないと広まらないことになる。
・対処案:不特定多数の人命、身体の安全、財産に関わるニュースは、
除外するような法律にすればよい。
・欠点:医学分野の研究者や研究機関は病気の予防法や栄養や運
動が健康に与える影響など、新しい調査の結果を報道発表として
公表しているが、全ての報道機関は彼らに許諾をもらわないとそ
れについて報道できないことになるのか? 政府機関はどうか?
・対処案:スクープについての独占権を持つのは、定期刊行物に発表
された情報のみで、また権利者は、そのような情報の提供に対す
る対価を主な収入としている事業を営む者、と定義すればよい。
フォーマット
・当日は、攻守交替スタイルで議論します。
ラウンド1
チームAが賛成派 対 チームBが反対派
ラウンド2
チームAが反対派 対 チームBが賛成派
・各ラウンドは [反対派の批判→賛成派の応
答]x2
時間配分(予定)
・本日の目標と活動概要確認(7分)
・チーム分け&ジャッジ選定・先攻・後攻決め(2分)
・グループ内議論(20分:論点共有・選定)
・ ラウンド1(15分)
・グループ内議論(10分:論点選定)
・ラウンド2(15分)
・ジャッジの質問・応答(7分)
・判定・講評(3分)
・レビュー(10分)

similar documents