PPTX

Report
2013年3月25日 @日露共同研究ミニワークショップ
Dynamical Lifshitz spacetimes
and aging phenomena
吉田 健太郎 (京大理)
鵜沢報仁 (関西学院大) 氏 との共同研究:
arXiv: 1302.5224 [hep-th]
1
0.
イントロダクション
2
AdS/CFT対応の研究の方向性
・具体的な検証、基礎的な側面の研究 - 可積分性 (日露共同研究の主題)
・現実的な理論への応用 - QCDや物性系への応用
今日はこちらの方向での話
時間が経てば、
話す内容
緩和
非平衡状態
平衡状態
緩和過程のAdS/CFT対応に基づいた重力解による記述
時間に依存する厳密解をtype IIB SUGRAで構成
3
老化現象 (aging phenomena)
非平衡状態から平衡状態へと非常にゆっくりと緩和
(人間の老化に似ている)
例:
ガラス状態
短距離では、結晶格子のような秩序構造がある。
一方、長距離では秩序構造が見られない。
然るべき物質で、急激に融点以下の温度に冷やす (過急冷却) と
ガラス状態を構成できる。
メモ
急激に温度を変える、あるいは結合定数を変えるなどの操作は、
クエンチ(quench) と呼ばれる。
4
老化現象における特徴的な振る舞い
1)
時間並進不変性がない
2)
ダイナミカル スケーリング
: 動的臨界指数 (dynamical critical exponent)
3)
ゆっくりとした緩和
秩序状態の見られる典型的な長さのスケール
時間と共にべき的に大きくなる
(指数関数的ではない)
5
トークのプラン
1.
シュレディンガー時空 とリフシッツ時空 (5分)
2.
時間に依存するリフシッツ時空解の構成法 (5分)
3.
解 の振る舞いと老化現象 (5分)
4.
まとめと今後の展望
6
1.
シュレディンガー時空
と リフシッツ時空
関連文献:
[Son, 0804.3972] [Balasubramanian-McGreevy, 0804.4053]
[Kachru-Liu-Mulligan, 0808.1725] [Donos-Gauntlett, 1008.2062]
7
シュレディンガー時空
(任意の
)
通常のAdS
[Son, 0804.3972]
変形項
[Balasubramanian-McGreevy, 0804.4053]
シュレディンガー対称性
1) 時間並進、 2) 空間並進、 3) 空間回転、
4) スケール不変性
5) ガリレイ変換、 6) 位相変換、 7) 特殊共形変換 (
のときのみ)
8
リフシッツ時空
(任意の
)
[Kachru-Liu-Mulligan, 0808.1725]
通常のAdSからの変形
``リフシッツ対称性’’
NOTE ガリレイ不変性はない
1) 時間並進、 2) 空間並進、 3) 空間回転、
4) スケール不変性
NOTE
リフシッツ代数はシュレディンガー代数の部分代数
9
超弦理論への埋め込み
シュレディンガー時空
[Herzog-Rangamani-Ross, 0807.1099]
[Maldacena-Martelli-Tachikawa, 0807.1100]
[Adams-Balasubramanian-McGreevy, 0807.1111]
[Hartnoll-KY, 0810.0298]
[Donos-Gauntlett, 0905.1098]
リフシッツ時空
[Hartnoll-Polchinski-Silverstein-Tong, 0912.1061]
[Balasubramanian-Narayan, 1005.3291]
[Donos-Gauntlett, 1008.2062]
リフシッツ時空の埋め込みには2年近くかかった。
c.f., No go theorem
[Li-Nishioka-Takayanagi, 0908.0363]
リフシッツ時空の弦理論への埋め込みにはトリックが必要だった!
10
リフシッツ時空の埋め込みのトリック
1)
のシュレディンガー時空 (wrong sign) から出発
これは弦理論に埋め込める
2)
[Donos-Gauntlett, 1008.2062]
[Donos-Gauntlett, 0905.1098]
計量を次のように書きかえる
リフシッツ時空
方向をコンパクト化
ガリレイ不変性がなくなる
NOTE
が時間になる
11
2. 時間に依存するリフシッツ時空解
の構成法
[Uzawa-KY, 1302.5224]
関連文献:
[Chemissany-Hartong, 1105.0612]
[Gibbons-Lu-Pope, hep-th/0501117]
12
時間に依存するD3-ブレイン解 (type IIB SUGRA)
[Uzawa-KY, 1302.5224]
が時間方向
ディラトン (定数)
線形アクシオン
Chemissany-Hartong 解の一般化
[Chemissany-Hartong, 1105.0612]
c.f.,
[Gibbons-Lu-Pope, hep-th/0501117]
1/2 BPS D3-ブレイン解
13
以下、
と置く
Near-horizon limit
NOTE
u の定数シフトに対して不変だが、vについては不変ではない
Double scaling limits
(通常のdouble scaling limit)
14
Donos-Gauntlettのトリックを実行
時間に依存するリフシッツ時空解
[Donos-Gauntlett, 1008.2062]
[Uzawa-KY, 1302.5224]
リフシッツ部分
KK-circle + S5
対称性:
1) 時間並進不変性はない
2)
のスケール不変性
15
3.
解の振る舞いと老化現象
[Uzawa-KY, 1302.5224]
関連文献:
[Horowitz-Way, 1111.1243]
16
解の書き換え:
変数変換
計量
2つの領域:
(時間 τ を一定)
AdS
境界近傍
ホライズン近傍
リフシッツ
として、解の時間発展を見てみよう
17
境界
リフシッツ
ホライズン
境界
AdS
リフシッツ
ホライズン
境界
AdS
ホライズン
老化現象との関係?
非平衡状態 (ガラス状態) :
リフシッツ
平衡状態 (緩和した状態) :
AdS
の物理的解釈
:
典型的な緩和時間
AdSのみ
(直ちに緩和する)
リフシッツのみ
(全く緩和しない)
平衡状態の典型的な長さ
と整合的
Conformal boundaryの計量より
21
Conformal boundary
解を r で書く
共形変換
減速膨張
NOTE
通常のNR 背景と違い、conformal boundaryをきちんと定義できる
22
小さい平衡状態
境界
AdS
短距離
AdS空間に支配される
リフシッツ
ホライズン
長距離では非平衡
境界
AdS
リフシッツ時空
の影響を受ける
リフシッツ
ホライズン
長距離
平衡状態の相関長
境界
AdS
リフシッツ
ホライズン
での解の振る舞いは?
計量
ある時刻で、
となる z が存在し、
KK-circleの半径がゼロに潰れる。
時間に依存する特異点
時間発展の様子を見てみよう。
26
境界
EAdS
特異点
ホライズン
27
境界
EAdS
特異点
リフシッツ
ホライズン
28
量子クエンチ (quantum quench) ?
有効結合定数
で無限大
``Big Bang singularity’’
特異点が境界に到達することにより、リフシッツ時空で埋め尽くされ、
conformal boundaryが定義できるようになる。
非平衡状態の生成
c.f., holographic quantum quench
(pre-Big Bang!?)
[Das-Nishioka-Takayanagi, 1005.3348]
[Basu-Das, 1109.3909]
29
リフシッツ時空に対する考え方
通常のリフシッツ時空には、それ自体で問題点がある
ホライズンで発散する潮汐力
低エネルギー有効理論として、重力解を信頼できない
・ 弦理論の補正は、AdS半径と
以外に影響しない
[Adams-Maloney-Sinha-Vazquez, 0812.0166]
とフローしない限り、問題は解決しない
・ 高次元に拡張しても、解決しない
・ 弦理論への埋め込みを考えると、構成上、不安定
[Horowitz-Way, 1111.1243]
[Donos-Gauntlett, 1008.2062]
時間に依存する解として解釈すると、自然に問題が解決
30
4.
まとめと今後の展望
31
まとめ
時間に依存するリフシッツ解をtype IIB SUGRAの厳密解として構成
老化現象との関係
1)
時間並進不変性がない
2)
ダイナミカル スケーリング
3)
緩やかな緩和
の3つの条件を満たす。
今後の展望
有限温度化、 GKP-Witten 的に応答関数の計算
FRW宇宙をconformal boundaryに持つ模型の構築
対数的老化現象を記述できるか?
32
Aging 代数に基づくホログラフィック老化現象
Aging代数:
空間並進、空間回転、スケール不変性、
ガリレイ、位相変換、特殊共形変換
我々の解の対称性はaging代数よりも小さい
(共にリフシッツ代数の部分代数ではある)
Aging代数に基づく先行研究
[Minic-Pleiming, 0807.3665] [Jottar-Leigh-Minic-Pando Zayas, 1004.3752]
問題点
NOTE
時間並進不変
変数変換で時間依存性が消える
Aging代数をどれぐらい尊重するべきか?
33

similar documents