スライド

Report
フクダ電子社製セントラルモニタ
の不整脈解析能の改良に関する報告
仙台循環器病センター 臨床工学科
前田寿、中村恵子、鈴木信司、早坂啓
日本臨床工学技士会
CO I 開示
筆頭発表者名: 前田 寿
演題発表に関連し、開示すべきCO I 関係にある
企業などはありません。
緒言
偽重症不整脈
警報が頻発
2011年10月
2013年
ソフト改良
●旧モニタ
電波切れ、誤報多数、警報レベルにかかわらず同じ音量、音域。
スタッフの警報に対する信頼が低く、警報は放置され騒音化
●静寂性と重症不整脈への迅速対応が確保
不整脈解析能が不十分、頻回な偽重症不整脈警報がストレス
●2013年、解析ソフト改良
改良前後の不整脈警報の発生頻度等を比較
対象
●フクダ電子社 DS7700W(集中治療室)16人用 × 1台
ベットサイドモニタ13台、無線テレメータ3台
●フクダ電子社 DS7700(一般病棟)8人用 × 5台
無線テレメータ40台
●全病床数に対するモニタリング率50%(56/110床)
方法
●調査期間: 2012、2013年 7月~11月
●延べ対象人数が同等となる日数分の警報を無作為に抽出
警報の真・偽数をカウント
●対象警報と検出基準
・Vf
・VT ・・・ 140bpm以上が5連以上
・Asystole ・・・ RR間隔5秒以上
結果 偽警報の具体例①
上室性頻脈をVTと誤判定
RS波が小さい波形をAsysと誤判定
結果 偽警報の具体例②
体動によるノイズをvfと誤判定
解析不能と判定しているのに、警報を発生
結果 警報数
対象人数
真警報数
偽警報数
全体
1027 / 1036
115 / 98
587 / 180
集中治療室
138 / 148
28 / 60
26 / 21
一般病棟
889 / 888
87 / 38
561 / 159
※ 2012年 / 2013年
●全体での偽警報数は1/3程度まで減少
●偽警報のほとんどが一般病棟(無線テレメータ)で発生
結果 不整脈別の警報
真警報数
偽警報数
偽警報率
vf
3 / 21
369 / 17
0.99 / 0.45
VT
87 / 47
161 / 128
0.65 / 0.73
Asystole
25 / 30
57 / 35
0.70 / 0.54
※ 2012年 / 2013年
●改良前のvf解析能が非常に悪い
考察 警報数減少の要因
vf
2012
VT
asys
23回
9回
2013
0
10
20 (回)
1日当たりの警報数
解析ソフトの主な改良点 ⇒ ノイズ対策強化
考察 セントラルモニタに求められること
心電図モニタリング = 重要性・簡便性 ⇒ 今後増加
2012
・処置の中断
・遠いところから駆け付ける
1時間に1回
2013
・なんとか許容できる
3時間に1回
0
10
20 (回)
●台数増加 ⇒ 警報数増 ⇒ 解析精度を高めることが必要
●重要なのは不整脈解析能、導入時は精度検証が必要
結論
フクダ電子社製セントラルモニタの不整脈解析能は、改良
により運用上問題の無いレベルに達したが、さらなる精度の
向上が求められる。

similar documents