検査データはこちら

Report
あらゆる生活空間における
空気環境改善について
森林浴成分 フィトンチッド 「Phytoncide」による空気の改善
室内を森林空間に改善する
開発提案
研究指導
日本フィトン・チッド株式会社
近畿大学工学部生物化学工学科
島根大学 医学部
1
天然素材「森林成分」 フィトンチッドエキス PT-60の特徴と効果
「森林成分」フィトンチッドエキス PT-60は、室内環境を森林環境
に改善し、人に優しく健康に貢献する天然素材です。
強力な除菌力と消臭効果があります
フィトンチッドエキス PT-60は、100種類以上の植物から、水溶性成分を直接抽出した、純天然素材です。
化学薬品を一切使用していないので、植物が持っている除菌力を充分に発揮することができます。 又 腐敗物が堆積している
はずの森林が臭いもなくすがすがしいのは、フィトンチッドの消臭力によるものですが、PT-60は、その力を十二分に備えています。
強力な除菌力でも人体には優しく、健康に良い
フィトンチッドエキス PT-60は、強力な除菌力がありながら、人や動物に無害であるばかりでなく、活性酸素の除去能・・や 癒し
の効果 リラクゼーション 安眠 免疫効果等 森林浴効果が認められています。化学品は、無害でも、人の健康に寄与する効果は
ありません。 無害の化学品でも、人が吸入し続ける事は危険です。 フィトンチッドエキスは、吸入し続けることで健康に寄与します。
噴霧による工場・倉庫全体の除菌消臭ができます
混合有害ガスが発生しないため、ドライ噴霧(0,000?ミクロン粒子・・測定不能の超微粒子)により使用する事で、工場全体の空間
除菌消臭ができます。(空中の浮遊菌・落下菌・悪臭が対象) 細菌類の移動は人の動線によるものが多いことから、
食品加工工場・害虫駆除・リフォーム・病院・老人ホーム・産業廃棄物処理工場・ホテル・会館etcでの活用で威力を発揮しています。
2
フィトンチッドエキス
総合殺菌テスト
PT-60
の
性
能
大阪市立工業研究所
試験菌株
接種前
接種1分後
サルモネラ菌
6,6×105
検出されず
MRSA
2,6×105
検出されず
9,0×105
検出されず
セラチア菌
1,5×105
1分後 4,1×104
セラチア菌
1,5×105
5分後 検出されず
大腸菌
O-157
ホルマリン濃度減少試験
島根大学医学部 動物実験支援センター
ホルマリン濃度減少試験
噴霧前濃度
噴霧後濃度
解剖学実習室 307m2 拡散器数量 必要数の1/3使用時
解剖死体数 25体 拡散器 3台
5,0ppm
4,0ppm
標本室
1,0ppm
0,55ppm
2,2ppm
1,2ppm
14m2 拡散器 1台
保存室前 3,4m2 拡散器 1台
島根大まとめ・・・ホルマリン消臭効果あり・・・軽減対策に有効
3
3J17a13
フィトンチッドの化学成分と
その抗菌効果
研究資料:フィトンチッド素材「F118」各種原液
○阿部 智1) , 増本 幸一1) , 川上 浩平2)
大谷 浩3) , 三原 安経4) , 野村 正人1)
1)
近大院・システム工 , 2) 島根大・実験動物 , 3) 島根大医・医 , 4) (有)フィトン・タオ118
フィトンチッド( Phytoncide )とは・・・
Phyton + Cide
( 植物 )
・・・・
植物が自分の身を守るために発する香りの成分
( 殺す )
1930年; 旧ソ連生態学者B.P.Tohnh(トーキン)教授により命名
《 最近の概念 》
● 抗菌・抗カビ成分
● 昆虫の誘引
● 植物成長阻害成分
● 薬用成分
● 殺虫・忌避成分
● 人に安らぎをもたらすにおい成分
動・植物の生理活性物質
フィトンチッドの主な効果
主な成分
a-Pinene ※1)
森林浴の爽快感―自律神経の安定。
リフレッシュ効果
肝機能を改善。快適な睡眠。
食品への防腐・殺菌。カビ・ダニへの防虫。
抗菌・防虫効果
病原菌に有効で副作用の心配がない。
d-Limonene ※2)
a-Terpineol
Eugenol
消臭・脱臭効果 空気の浄化。悪臭を消す効果。
※1)
※2)
5
実験に使用したフィトンチッド液
A - type :樹木系の植物から調合
AB - type :殺菌力の強い植物から調合
CY - type :アレルギー反応を起こしにくい
A
AB
CY
D
G
植物から調合
D - type :草花系の植物から調合
G - type :ヒバ系・ヒノキ系の植物から調合
フィトンチッド液を構成する主な植物の種類
アオノリ
アロエ
イチジク
ウーロンチャ
ウド
エキナセア
オオバコ
オレガノ
カリン
カンピョウ
キクラゲ
キュウリ
クス
クマザサ
クワ
コゴミ
コンブ
サルビア
シイタケ
シナモン
シュンギク
シラカバ
セリ
ダイコン
チンピ
テンチャ
ドクダミ
トチュウ
ナノハナ
ナンテン
ニンニク
バジル
ハマチャ
ピーマン
ヒノキ
ヒバ
ヒマワリ
プーアル
フキ
ブドウ
マジョラム
マッシュルーム
ミツバ
モロヘイヤ
ユーカリ
ヨモギ
リョクチャ
レタス
カエデ
ゴボウ
タケ
パセリ
ローズマリー
カボチャ
コマツナ
タンポポ
ハトムギ
ブルーベ
リー
ホップ
ワケギ
6
実験に使用したフィトンチッド液 PT-150
A - type :樹木系の植物から調合
AB - type :殺菌力の強い植物から調合
CY - type :アレルギー反応を起こしにくい
A
AB
CY
D
G
植物から調合
D - type :草花系の植物から調合
G - type :ヒバ系・ヒノキ系の植物から調合
フィトンチッド液を構成する主な植物の種類
アンズ
アロエ
イチジク
ウーロンチャ
ウド
オリーブ
キク
キュウリ
クス
クマザサ
クワ
ゴボウ
ショウガ
シラカバ
セリ
セロリ
タイム
ナツメ
チンピ
キズタ
ドクダミ
ツバキ
ダイズ
マツ
バラ
クチナシ
ヒノキ
ヒバ
アシタバ
シコン
ヘチマ
ユキノシタ
アシタバ
コンフリー
ユーカリ
ヨモギ
オオバコ
カキ
サフラン
サンショウ
ニンジン
パイン
レモン
オウゴン
シャクヤク
ブドウ
リョクチャ
レタス
カミツレ
カンゾウ
サルビア
シソ
ハトムギ
ビワ
グレープ
リンゴ
ブルーベリー
ローズマリー
ワカメ
ホップ
7
抗菌活性試験
大腸菌
Escherichia coli (NBRC
3972)
黄色ブドウ球菌
Staphylococcus aureus subsp.
Aureus (NBRC 13276)
黒麹カビ
Aspergillus niger (NBRC 6341)
枯草菌
Bacillus subtilis subsp.
Subitilis (NBRC 3134)
カンジダ菌
Candida albicans (NBRC 1594)
緑膿菌
Pseudomonas aeruginosa
(NBRC 13275)
細菌
カビ・酵母
抗菌活性試験方法
各菌を菌濃度(108 cfu / mL)に調製
(ただし枯草菌は107 cfu / mL)
コントロール
サンプルの代わりにリン酸緩衝食塩水(pH7.2)30gに菌を添加
細菌 : 103,105倍希釈し,4日後にコロニー数カウント
カビ : 104,105倍希釈し,5日後にコロニー数カウント
酵母 : 103,104倍希釈し,5日後にコロニー数カウント
調製した各菌(等量)を混和
ABtype
200mL添加
インキュベート
Dtype
培養
1mL添加
希釈( 0.1,0.5,1.0% )
フィトンチッド液 30g
培養期間
コロニー数をカウン
ト
培養温度
細菌 : 4日間
カビ・酵母 : 5日間
培地条件
細菌
3日間および7日間
30℃
Tryptone Soya Agar
カビ・酵母
1週間および2週間
25℃
Sabouraud Dextrose Agar( 抗生物質
クロラムフェニコール:50mg / L 含有 )
9
カビ
細菌
Conc. (%)
AB - type
D - type
菌数 (cfu/g)
0.5
3日間
0
0
0
1.5×101
0
7日間
0
0
0
1.5×103
0
1.0
0
0
0.1
0.5
1.0
0.1
0.1
菌数 (cfu/g)
1週間
2週間
1.0×103 1.5×103
0.5
1.0
0.1
0.5
1.0×101
3.0×101
6.0×103
1.6×102
2.0×101
0
4.0×103
1.3×102
1.0
1.2×102
4.5×101
Conc.
(%)
AB - type
D - type
酵母
Conc. (%)
2週間
0
0.5
1週間
2.5×101
0
1.0
0
0
0.1
0
0.5
3.0×101
0
1.0
0
0
0.1
AB - type
D - type
菌数 (cfu/g)
0
0
10
まとめ
細菌について
● フィトンチッドAB-typeおよびD-type液は,いずれも0.5%濃度に
おいて, 3日後には今回使用した菌( 大腸菌,緑膿菌,黄色ブドウ
球菌および枯草菌 )に対してはすべて消滅することが確認できた。
カビについて
● 0.1%濃度のフィトンチッドAB-type液では,カビの増殖が認め
られたが,0.5%濃度においては,今回使用したカビ( 黒麹カビ )の
生育は急激に減少する傾向が認められた。
酵母について
● フィトンチッドAB-typeおよびD-type液は,いずれも0.5%濃度に
おいて,1週間後には今回使用した菌( カンジダ菌 )に対しては
すべて消滅することが確認できた。
フィトンチッドAB-typeおよびD-typeの両抽出液について,香粧品に
0.5%配合することにより十分な防腐力が得られると考えられる。
11
フィトンチッドの抗酸化能について
研究資料:フィトンチッド素材「PT-60」各種原液
○阿部 智1) , 増本 幸一1) , 川上 浩平2)
大谷 浩3) , 三原 安経4) , 野村 正人1)
1)
近大院・システム工 , 2) 島根大・実験動物 , 3) 島根大医・医 , 4) (有)フィトン・タオ118
12
DPPH radical scavenging Test
希釈系列 ・・・
A液
A
・ ・ ・ ・ ・ ・
・
色対称 ・・・ C
(測定試料に色が
付いている際に行う)
AB液
攪拌後,30分後静置
吸光度測定(517nm)
CY液
D液
ブランク ・・・
B
DPPHラジカル消去率(%)=(1- A-C
B )×100
DPPH : 1,1-Diphenyl-2-picrylhydrazyl
13
Superoxide dismutase Test
反応停止液20μL添加後
5分間攪拌
・・・・・・ ・
1分間
・・・・・・ ・
・・・・・・ ・
28分間加温
37℃
攪拌
吸光度測定(560nm)
本試験
サンプル 10μL
発色試薬 100μL
酵素液 100μL
a
ブランク
DMSO液 10μL
発色試薬 100μL
酵素液 100μL
b
色対称
サンプル 10μL
発色試薬 100μL
ブランク液 100μL
c
色対称の
ブランク
DMSO液 10μL
発色試薬 100μL
ブランク液 100μL
d
(b-d)-(a-c)
SOD活性値
=
×100
(阻害率%)
b-d
14
フィトンチッドの抗酸化能について
Type of
Phytoncide
DPPH radical
scavenging effect
Superoxide dismutase
activities effect
Scavenging effect (%) a)
SC50
Scavenging effect (%) d)
A - type
197.1
123 b)
49.9
AB - type
197.1
124 b)
60.7
CY - type
198.7
124 b)
51.2
D - type
100.0
6 b)
30.1
195.0
116 c)
a-Tocopherol
-
a) Corrected concentration 0.2mg / mL
b) 50% Scavenging concentration (mg / mL)
c) 50% Scavenging concentration (mM / mL) d) SOD active value (%)
OH
OH
OCH3
OH
OCH3
OH
OH
OCH3
OCH3
OCH3
H3CO
H3C
CH3
CH2CH=CH2
CH2CH=CH2
AROMA RESEARCH No.25(第7巻 第1号)p.56-62(2006) 掲載
15
PT-60・150の各種試験データ表 1
近畿大学
日本食品分析センター
富山薬科大学
神戸イオン測定商会
16
PT-60Aの各種試験データ表 2
殺菌力試験
試験菌株
サルモネラ菌
MRSA
大腸菌O-157
セラチア菌
殺菌力試験
測
定
生菌数(個/ml)
試験1分後
検出されず
試験3分後
検出されず
希釈倍率
生菌数(個/ml)
10
検出されず
30
4.0×104
100
3.3×106
5
対照(摂取直後)
6.6×10
試験1分後
検出されず
試験3分後
検出されず
対照(摂取直後)
2.6×105
試験1分後
検出されず
試験3分後
検出されず
対照(摂取直後)
9.0×105
4
試験1分後
4.1×10
試験5分後
検出されず
対照(摂取直後)
1.5×106
100点方式
21ポイント方式
疫
+72点
+15P
ストレス
+37点
+7P
抑うつ
+63点
+13P
呼吸器
+45点
+9P
喘
息
+38点
+7P
鼻
炎
+41点
+8P
免
試験菌株
※100点方式ではマイナス100~プラス100、
21点方式ではマイナス21~プラス21の範囲です。
MRSA(A3菌)
対
照
3.7×106
3
検出されず
10
検出されず
30
3.6×103
大腸菌O-157
対
照
3.7×106
波動測定
①免疫系に対する波動的影響
②ストレスに対する波動的影響
③精神的抑うつ状態に対する 波動的影響
④呼吸器系に対する波動的影響
⑤喘息に対する波動的影響
⑥鼻炎に対する波動的影響
殺菌力試験
波動測定
大阪市立工業研究所
鹿児島ハーモニーリング社
17
PT-60の原料は、15年に及ぶ研究・体験から各植物の持つ成分及びそ
の含有量、また入手性を考慮して下記の植物を原料と定め、各々の
持つ特性にあった抽出法で精製しています。
アカマツ
ポプラ
シラカバ
クマザサ
ヤマモモ
モミ
ユズ
アオモリヒバ
ヘチマ
ラベンダー
ユキノシタ
コンフリー
カッコン
アシタバ
ヤグルマソウ
アセロラ
ベニバナ
イラクサ
オドリコソウ
コボタンズル
カイズカイブキ
その他含め 全118 種類
フィトンチッドの持つ作用は、抗菌力、中でもメチシリン耐性黄色ブドウ球菌-MRSAに対する
殺菌作用、大腸菌O-157の殺菌作用(いずれもH9.8.5証明済)、防カビ、防ダニ、分解消臭
(多くの複合悪臭に対処)、花粉症やアレルギーなどの免疫効果です。特に注目されるのは、
院内感染対策、ホルムアルデヒド対策、活性酸素の消去、リラクゼーションなどに有効であるこ
とが大学の研究で明らかになったことです。
※ 研究文献 島根大学医学部 近畿大学工学部生物化学課 富山薬科大学 大阪市立工業研究所
18

similar documents