PRRS・オーエスキー病

Report
豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)
対象家畜: 豚、いのしし
原因: PRRSウイルスはプラス一本鎖RNAをゲノムとし、北米型と
欧州型の二つの遺伝子型に大別され、前者がより強毒である。
疫学: 1987年に米国で確認された新興感染症であり、世界中に
拡散し、日本でも北米型および欧州型の分布が確認されている。鼻
汁、唾液、尿、糞便、精液などの体液に多量のウイルスが排泄され、
接触、飛沫および交配による水平感染や垂直感染、そして隣接する
農場等では風による伝播が成立する。
臨床: 妊娠豚の死流産や虚弱子分娩などの繁殖障害と,育成豚
の呼吸障害を主徴とする。一過性の発熱、食欲減退、繁殖障害全般、
無乳症、子豚~肥育豚の発育不良、激しい腹式呼吸、呼吸器症状
(へこへこ)、死亡等が現れる。
PRRSウイルスはマクロファージで増殖して破壊するので、免疫力
が低下し、他の疾病との複合感染を起こしやすい。
抗体依存性感染増強(ADE)のメカニズム
弱い抗体があるために、感染が憎悪する特異な現象
①ウイルスに抗体が結合しているが,中和抗体濃度が低いある
いは中和活性のない抗体で あるためウイルス中和が不十分
②結合した抗体のFc 領域が単球系細胞や樹
状細胞表面に存在するFc レセプターに結合
③抗体に介在されて細胞と結合し
たウイルスが細胞内に侵入
④ウイルスが細胞内で
増殖,感染拡大
免疫細胞
早産、流産、死産(一部ミイラ胎児)、虚弱子
感染豚において皮膚の赤から青の変
色と斑点が、耳(PRRSを「青耳病
(Blue ear disease)」と呼ぶことがあ
る)および外陰部に最も顕著に表れる
が、体幹の皮膚にも見られることがある。
脚背面、新生豚ではさらに眼瞼と眼窩
周囲、頭蓋および鼻の皮下水腫も見ら
れることがある。
妊娠豚: 妊娠6週間以上のものが早産、流産、死産(一部ミイラ胎児
の娩出)を起こす。
種雄豚: 精液性状に異常(精液量の減少など)を認めることがある。
新生子豚: 活力減退、股開き、下痢等が認められ、二次感染も起こ
りやすい。
哺乳豚: 食欲不振、持続型の発熱、腹式呼吸(呼吸困難、ヘコヘコ)、
一部では器官端のチアノーゼ。
離乳豚: 肺炎症状は典型的で、生後6~19週令に発症が集中する。
発育不良でヒネ豚になる。
感染豚は10日程度で抗体が陽転し、
少なくとも8週間感染源となりうるとさ
れており、数か月から1年以上抗体が
持続する。成獣では一般に不顕性。
憎悪要因:ストレス(密飼など飼養条
件が悪い)
対策: 被害を確実に防止する方法は確立されておらず、最良の予防法は農場
へのウイルスの侵入を防止することである。
(1) ワクチンプログラムによる予防
母豚:分娩3週間前 、 繁殖候補豚:馴致後 、 子豚:4~8週齢
⇒農場の症状等により、実行するプログラムに違いがる。
(2) 飼養管理、飼養環境等の改善 ⇒オールイン・オールアウトによる消毒徹底
⇒ストレス、他の疾病感染、飼育密度の増加、環境悪化等により疾病が誘発され、
症状が悪化する。豚舎の温度、湿度、飼養密度、換気量の管理、給餌・給水機の
チェック、清掃、消毒の徹底など日頃の管理衛生対策を強化する。導入豚の隔離
視察、異常産が見られた母豚の隔離。
(3) 種豚群の能力(免疫等)の安定化
(4) PRRS以外の疾病群の対応
Pasteurella multocida(出血性敗血症)、Porcine Circovirus Type 2(PCV2)
(サーコウイルス関連疾病)、Mycoplasma hyopneumonia(豚マイコプラズマ病)、
Streptococcus suis(レンサ球菌症)、Salmonella cholerasuis(サルモネラ症)、
Haemophilus parasuis(グレーサー病)および豚インフルエンザウイルスの同時
感染が一般的であり、予防接種を済ませる・
高病原性PRRS
(非定型PRRS、強毒性PRRS)
2006年の夏、PRRSウイルスの新たな変に株が中国から報告され、
約2,120,000頭の豚が罹患し、400,000頭が死亡した。従来のPRRS
とは大きく異なり、高熱(40~42℃)、点状出血、紅斑性分枝状発疹、
ならびに、一生産単位では育成豚と肥育豚を含む全年齢層における
100%に達する極めて高い死亡率によって特徴づけられる。
オーエスキー病(仮性狂犬病)
対象家畜: 豚、いのしし
原因: DNA型ウイルスのヘルペスウイルス科。線状二本鎖DNA
疫学: 豚が宿主であるが、牛や山羊等反芻家畜の他、犬や猫等
にも感染する。豚では潜伏感染が成立し、ウイルスは容易に検出され
なくなるものの感染豚から生涯消失することはない。潜伏感染豚に妊
娠や輸送等でストレスが加わるとウイルスの再活性化が起こり、感染
源となる。
臨床: 妊娠豚に感染すると母豚はほとんど無症状に経過するが、
胎児は死流産する。また、生後1週間までの新生豚に感染すると神経
症状を呈してほぼ100%死亡する。豚の加齢に伴い死亡率は減少し、
2週齢では50%、3週齢では25%と1週間毎に半減していく。しかし、初
感染の場合は週齢・月齢にかかわらず発熱や食欲不振など元気消
失の兆候がみられる。 豚以外の動物では感染しにくいものの、感染
すると掻痒を呈して100%死亡する。
横に寝て旋回
運動をする発
症子豚
目と鼻の周囲の粘膜に痂疲ができ、
眼窩周囲の浸出物が著しい。
死亡した哺乳豚
牛、羊、山羊
接触 ±
胎盤感染
接触
咬傷
エアゾル ±
汚染資材
エアゾル
感染
接触
乳
汚染臓器の
盗食
汚染肉の
給餌
胚移植
人工授精
自由に移動する動物
囲い飼い動物
犬、猫、ネズミ、アライグマ
動物園動物、毛皮動物、ペット
日本におけるオーエスキー病発生の推移
日本では1981年に山形県
で初めて発生し、高豚価・高
収益性を背景とした飼養規模
拡大と相俟って全国に広がり、
1988年には、約1万頭の発生
が報告された。
1991年に野外ウイルスと識別
可能な生ワクチンの使用が認めら
れ、「オーエスキー病の防疫対策
要領」が定められた。
農水省: オーエスキー病防疫対策要領
本病の清浄化を推進するためには、臨床症状を呈している豚(発
症豚)の摘発・とう汰のみならず、潜伏感染をしている野外ウイルス抗
体陽性豚(野外抗体陽性豚)の早期更新を実施する必要がある。
本病の浸潤状況が地域により著しい差異がみられることにかんが
み、モニタリング検査及び清浄化の段階に応じた抗体検査により浸潤
状況を把握しつつ、地域の状況に応じた対策を講ずる。
清浄県: 清浄段階の地域から抗体陰性豚の導入の推進
浸潤県: ワクチンを活用しつつ、モニタリング検査及び定期的な
抗体検査の実施並びに野外抗体陽性豚の早期更新の実施
ワクチンは、接種により発症の抑制、野外抗体陽性豚からのウイ
ルス排泄量を低減させる効果が期待されるものの、感染及びウイルス
の排泄を防ぐ効果はない。ワクチン抗体と野外ウイルス抗体の識別の
ため、全国で同一種類のものを使用する。
と畜場、家畜市場、養豚関係団体、都道府県獣医師会、家畜共済
組合、都道府県家畜畜産物衛生指導協会等からなるオーエスキー病
防疫協議会を都道府県単位および地域毎にに設置する。
清浄化推進のための清浄化段階(ステータス)
農林水産省
農水省: オーエスキー病地域区分及びステータス
地域オーエスキー病
防疫協議会名
鹿児島中央地域
地域区分名
含まれる地域
(市町村等)
ステータス
鹿児島中
旧喜入町
Ⅳ
央地域
旧松元町
Ⅳ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
南薩地域
南九州市知覧町一部地域
知覧B
Ⅱ・前期
知覧A 南九州市知覧町(知覧Bを除く)
Ⅱ・後期
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
北薩地域
旧入来町浦之名の一部の地域
入来A
Ⅲ
入来町A地区を除く旧入来町
入来B
Ⅳ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
姶良・伊佐地域
大口A 旧大口市宮人,田代,針持の一部 Ⅱ・後期
大口B
旧大口市山野の一部
Ⅲ
大口C
伊佐市大口A,Bを除く地域
Ⅳ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家畜防疫対策要綱: 家畜飼養者と家畜保健衛生所等が一体
となった地域ぐるみの自衛防疫体制のより一層の充実・強化を
各種動物の感受性
1985年3月 埼玉県で牛での本邦
初発例。牛と豚を同時に肥育して
感受性
帰結
いる1農家の牛2頭が, 著しい流延 動物種
と掻痒症が認められ死亡。
豚
高
様々
1998 年 三重県の野生猪の生肉
牛
中
通常致命的
を摂食した猟犬が死亡。
羊
中
致命的
2002年 奈良県で死亡していた猪
アライグマ
中
通常致命的
を猟犬が食べ、24頭が死亡。猪の
犬
低
致命的
抗体検査で171検体中18検体が
猫
低
致命的
陽性。
ラット
低
通常致命的
これらは学会誌発表分だけであり、
マウス
低
致命的
氷山の一角に過ぎない。
犬や猫がオーエスキー病に罹ることは、野生豚と接触する狩猟犬
や畜産施設の飼育動物を除いて稀である。ただし、感染した場合には
致命率が高く、特徴的徴候を示すことなく急性死することが多い。典型
例では、高度の搔痒による異常行動が見られる。感染は、罹患動物と
の接触、肉や内臓および汚染物の摂取による。

similar documents