CPM - Autodesk Buzzsaw

Report
ProjectPoint API概要
AECソリューション CPM
オートデスク株式会社
© 2007 Autodesk
1
ProjectPoint APIとは?

他のアプリケーションから、BuzzsawやStreamlineの機能にアクセスするた
めのAPI
(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)

PP APIは、Buzzsawサーバのリソースや機能に対する
クラスや関数を定義したCOMライブラリで、C++やVisual BasicなどCOMを
サポートした開発言語で利用可能

PP APIにより、以下の操作が可能
–
フォルダやファイルのコピー、移動、削除、名前の変更
–
プロジェクトやフォルダの作成
–
フォルダやファイルのダウンロード
–
フォルダやファイルのアップロード
–
サイトへのログイン/ログアウト

フォーム、ダッシュボード、レポートに対する操作は不可能

メンバーに対する操作は不可能
© 2007 Autodesk
2
ProjectPoint APIとは?

Buzzsawのダウンロードページから、ProjectPoint API Tool
Kit(ProjectPointAPIToolkit.exe)をダウンロードして、インス
トールすることが必要

SSLを使った通信のみがサポートされるため、APIを使ってア
クセスするURLは、<https://webfolders.buzzsaw.com/サイト
名>となる

Buzzsawサイトは、Webフォルダとしてアクセスされる
© 2007 Autodesk
3
ProjectPoint APIの種類
ProjectPoint APIは2種類のAPIを提供


Scripting API
–
基本操作を簡単な処理で利用できるAPI
–
操作の度に、ログイン/ログアウト
Session API
–
より柔軟で強力な操作ができるAPI
–
最初にログインし、様々な処理をした後、ログアウト
© 2007 Autodesk
4
ProjectPoint API Tool Kit
COMライブラリの他、オンラインヘルプとサンプルプロ
グラムを提供

オンラインヘルプ
© 2007 Autodesk
5
ProjectPoint API Tool Kit サンプルプログラム
PPUploadサンプル

ローカルファイルをBuzzsawサイトにアップロードするVisual
Basicプログラム
© 2007 Autodesk
6
ProjectPoint API Tool Kit サンプルプログラム
PPTreeViewサンプル

Buzzsawサイトの内容を表示するC++とMFCを使ったプログラム
© 2007 Autodesk
7
ProjectPoint API Tool Kit サンプルプログラム
PPSynchronizerサンプル

異なるサイト間のフォルダの中身を同期させるVisual Basicプ
ログラム
© 2007 Autodesk
8
制限事項

プロジェクト情報・ディレクトリページのカスタム情報が取得可
能だが、それらのファイルを変更してしまうと問題の起きる場
合がある

APIを使ってダウンロードする場合、パスの長さは228文字ま
でで、それを超えるとダウンロードに失敗する
© 2007 Autodesk
9
© 2007 Autodesk
10

similar documents