20110209第一三共社員研修v2

Report
糖尿病患者に求められる血圧管理
一当院の具体的事例を中心に一
Management of Hypertension in Patients with Diabetes
社員研修
埼玉支店川越営業所第一会議室
埼玉県川越市脇田本町15-10 三井生命川越駅前ビル4階
2011年2月9日(水)19:30-21:00
埼玉医科大学 総合医療センター 内分泌・糖尿病内科
Department of Endocrinology and Diabetes,
Saitama Medical Center, Saitama Medical University
松田 昌文
Matsuda, Masafumi
21世紀の生活習慣病のマルチケア
心血管イベント リスク
高脂血症
高血圧
高血糖
内臓脂肪・インスリン抵抗性
過食
+
運動不足
糖尿病 とは?
血糖が上昇する病気です
放置すると合併症
糖尿病の合併症
膵臓β細胞の疲弊
合併症
網膜症
腎症
空腹時血糖≧126mg/dl
随時血糖≧200mg/dl
75g OGTT血糖2時間値≧200mg/dl
診断基準 (1999日本糖尿病学会)
神経障害
糖尿病 とは?
血糖が上昇する病気です
HbA1C(JDS値) 6.5%以上 [併せ技]
空腹時 126mg/dl以上,
随時血糖 200mg/dl以上,
負荷後 200mg/dl以上
放置すると合併症
(糖尿病の診断基準の血糖値は合併症発症で決めている!)
糖尿病42(5):385~404、1999
日本において1999年から2010年6月30日まで
糖尿病 とは?
血糖が上昇する病気です
HbA1C(JDS値) 6.1%以上 [併せ技]
空腹時 126mg/dl以上,
随時血糖 200mg/dl以上,
負荷後 200mg/dl以上
放置すると合併症
(糖尿病の診断基準の血糖値は合併症発症で決めている!)
糖尿病53(6):450-467,2010
日本において2010年7月1日より
糖尿病 とは?
血糖が上昇する病気です
HbA1C(JDS値) 6.1%以上 [併せ技]
空腹時 126mg/dl以上,
随時血糖 200mg/dl以上,
負荷後 200mg/dl以上
放置すると合併症(網膜症)
(糖尿病の診断基準の血糖値は合併症発症で決めている!)
糖尿病53(6):450-467,2010
日本において2010年7月1日より
糖尿病診断基準としてのHbA1C(NGSP値)カットオフポイント
網
膜
症
の
頻
度
(n=~19,000)
 HbA1c(NGSP値) ≧ 6.5% で糖尿病を診断すべき
 IFGやIGTという言い方は止め、HbA1c(NGSP値)が
6.0%以上では効果的な予防介入を行うべき
⇒「メタボ」 として介入
DIABETES CARE 32: 1327-1334, 2009
妊娠糖尿病 とは?
血糖が上昇する病気です
空腹時 100mg/dl以上,
負荷後1時間 180mg/dl以上,
負荷後2時間 150mg/dl以上
放置すると合併症
妊娠糖尿病 とは?
血糖が上昇する病気です
空腹時 100mg/dl以上,
負荷後1時間 180mg/dl以上,
負荷後2時間 150mg/dl以上
(2つ以上)
放置すると合併症(巨大児など)
(糖尿病の診断基準の血糖値は合併症発症で決めている!)
妊娠糖尿病 とは?
血糖が上昇する病気です
空腹時 92mg/dl以上,
負荷後1時間 180mg/dl以上,
負荷後2時間 153mg/dl以上
(どれか1つ)
放置すると合併症
妊娠糖尿病 とは?
血糖が上昇する病気です
空腹時 92mg/dl以上,
負荷後1時間 180mg/dl以上,
負荷後2時間 153mg/dl以上
(どれか1つ)
放置すると合併症(巨大児など)
(糖尿病の診断基準の血糖値は合併症発症で決めている!)
糖尿病 とは?
血糖が上昇する病気です
HbA1C(JDS値) 6.1%以上
空腹時 126mg/dl以上,
随時血糖 200mg/dl以上,
負荷後 200mg/dl以上
放置すると合併症
(糖尿病の診断基準の血糖値は合併症発症で決めている!)
新しい糖尿病診断基準と国際標準化HbA1cの運用の実際
血糖コントロールの指標と評価
「国際標準化変更日」までは,HbA1c(JDS値)で表された現行の指標と評価を用いる.
「国際標準化変更日」以降は,改めて本学会が改訂を告知するまでは,現行の基準を
踏襲し,HbA1cについては国際標準値により表された指標と評価を用いることとする.
「国際標準化変更日」まで
「国際標準化変更日」以降
HbA1c(国際標準値)=HbA1c (JDS値)+0.4%
新しい糖尿病診断基準と国際標準化HbA1cの運用の実際
血糖コントロールの指標と評価
「国際標準化変更日」までは,HbA1c(JDS値)で表された現行の指標と評価を用いる.
「国際標準化変更日」以降は,改めて本学会が改訂を告知するまでは,現行の基準を
踏襲し,HbA1cについては国際標準値により表された指標と評価を用いることとする.
「従来の管理基準」
6.1
「管理基準を診断基準にあわせると」
糖尿病治療の目標
健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持、
健康な人と変わらない寿命の確保
糖尿病細小血管合併症(網膜症、腎症、神経障害)および
動脈硬化性疾患(虚血性心疾患、脳血管障害、閉塞性動脈硬化症)の
発症、進展の阻止
血糖、体重、血圧、血清脂質の
良好なコントロール状態の維持
(日本糖尿病学会編:糖尿病治療ガイド2010)
糖尿病 とは?
血糖が上昇する病気です
HbA1C(JDS) 6.1%以上
空腹時 126mg/dl以上,
随時血糖 200mg/dl以上,
負荷後 200mg/dl以上
放置すると合併症
(糖尿病の診断基準の血糖値は合併症発症で決めている!)
大血管障害?
(7年)
糖尿病者非心筋梗塞発症例の心筋梗塞発症
GISSI-Prevenzione Study
Gruppo Italiano per lo Studio della Sopravvivenza nell’Infarto miocardico Prevenzione
心筋梗塞11323名 → 2139は既に糖尿病
心筋梗塞時非糖尿病者の糖尿病発症
3.2年の観察期間に12% 糖尿病発症
37例/1000例・年
非糖尿病状態
一般集団:8-16例/1000例・年
33% 糖尿病・IFG110発症
123例/1000例・年
62% 糖尿病・IFG100発症
321例/1000例・年
(年)
D.Mozaffarian et al.:
糖尿病大血管障害
• 糖尿病 ⇔ 大血管障害 特に心筋梗塞
糖尿病の大血管合併症に心筋梗塞がある
心筋梗塞の代謝合併症に糖尿病がある
• 血糖と大血管障害の関連
食後高血糖⇔腹腔内脂肪⇔インスリン抵抗性
• メタボ糖尿病(メタボリックシンドローム)
対策(治療介入) ⇒ メタボ健診&保健指導の義務化
糖尿病の1次予防=大血管障害予防
World Diabetes Day
Picture by Kawagoe
City Public
Relations Office
November 14, 2009
糖尿病を治療する
⇒合併症抑制が目標
まず 血糖改善介入
血糖介入による心血管疾患イベント抑制
-15% 有意差あり
Lancet 2009; 373: 1765–72
血糖介入による脳血管疾患イベント抑制
-7% 有意差なし
Lancet 2009; 373: 1765–72
ACCORD
収縮期血圧(mmHg)
拡張期血圧(mmHg)
LDLコレステロール(mg/dl)
ADVANCE
収縮期血圧(mmHg)
拡張期血圧(mmHg)
LDLコレステロール(mg/dl)
VADT
収縮期血圧(mmHg)
拡張期血圧(mmHg)
LDLコレステロール(mg/dl)
Standard群
127±17
68±11
Intensive群
126±17
67±11
91±34
91±34
Standard群
138±18
74±10
Intensive群
136±18
74±10
102±41
102±37
Standard群
125±15
69±10
80±31
Intensive群
127±16
68±10
80±33
P value
0.27
0.20
0.98
LDL-Cholesterol and Coronary event rate
30
25
20
4S - Placebo
Rx - Statin therapy
PRA – pravastatin
ATV - atorvastatin
Secondary Prevention
4S - Rx
LIPID - Placebo
15
CARE - Placebo
LIPID - Rx
CARE - Rx
HPS - Placebo Primary Prevention
HPS - Rx
TNT – ATV10
10
PROVE-IT - PRA
WOSCOPS – Placebo
TNT – ATV80
PROVE-IT – ATV
AFCAPS - Placebo
5
AFCAPS - Rx
ASCOT - Rx
0
40
(1.0)
6
WOSCOPS - Rx
ASCOT - Placebo
60
(1.6)
80
(2.1)
100
(2.6)
120
(3.1)
140
(3.6)
160
(4.1)
180
(4.7)
200
(5.2)
LDL-C achieved mg/dL (mmol/L)
Adapted from Rosensen RS. Exp Opin Emerg Drugs 2004;9(2):269-279
LaRosa JC et al. N Engl J Med 2005;352:1425-1435
27
スタチン介入大規模臨床試験における
LDL-Cと冠動脈疾患イベント発症率の関係
4S DM
(placebo)
Diabetes secondary
Patient with CHD event (mean%)
Secondary prevention
Primary prevention
30
CARE DM
4S DM
(placebo)
(simvastatin)
LIPID DM
(pravastatin)
20
20
CARE DM
(pravastatin)
15
10
CARE
(pravastatin)
5
4S
(simvastatin)
CARE
(placebo)
LIPID
(pravastatin)
LIPID DM
(placebo)
LIPID
(placebo)
1.5
58
2.0
77
2.5
3.0
116
WOSCOPS
(placebo)
WOSCOPS
(pravastatin)
AFCAPS
(lovastatin
)
0
4S
(placebo)
AFCAPS
(placebo)
3.5
4.0
154
4.5
Mean LDL cholesterol ( mmol / l ) (mg/dl)
5.0
193
5.5
Fisher M:Heart,90(3),336-340(2004)
糖尿病患者における合併症予防
を目的とした降圧剤介入の臨床
データ
Evidence
薬物介入臨床研究 (1)
HOT(hypertension Optimal Treatment Study)
フェロジピン 心血管疾患発症 -50%
UKPDS (United Kingdom Prospectie Diabetes Study)
カプトリル vs アテノロール 脳血管障害 -44%
Sys-EUR
ニトレンジピン 糖尿病患者で死亡率 -64%, 脳卒中 -86%
SHEP (Systolic Hypertension in the Elderly Program)
サイアザイド第一選択 冠血管事故 -56%
EUCLID (EURODIAB controlled trial of lisinopril in
insulin-dependent diabetes mellitus)
リシノプリル 網膜症進展 -50%
薬物介入臨床研究 (2)
ABCD (Appropriate Blood pressure Control in Diabetes)
ACEI vs Ca 拮抗薬 心血管事故発生予防にACEI が有利
FACET (Fosinopril versus Amlodipine Cardiovascular Events Randomised Trial)
フォシノプリル vs アムロジン 心血管事故発生予防にフォシ
ノプリルが有利
PRAISE ((Prospective
Prospective Randomized Amlodipine Survival
Evaluation Study)
アムロジン 心不全、急死の減少
INTACT (International Nifedipine Trial on Atherosclerotic Therapy)
ニジェジピン 進行の促進を阻害、新狭窄病変出現の低下
薬物介入臨床研究 (3)
Stop Hypertension-2 (Sweedish Trial in Old Patients
with Hypertension-2)
ACEIやCa拮抗薬は利尿剤やβブロッカーと同等
HOPE (Heart Outcomes Prevention Evaluation study)
ラミプリル 心血管疾患 -20%
RENALL
ロサルタン
腎臓 -25%
J-MIND
ニジェジピン徐放錠 微量アルブミンの変化は
ACEI と同等
Ann Intern Med. 2003;138:593-602
Suppression of RAS
Suppression of renin-angiotensin system is
alternative way to improve insulin sensitivity,
and ARB or ACEI is a choice of medication
in T2DM patients with hypertension.
Intervention
to Overcome Insulin Resistance
DeFronzo RA. From the triumvirate to the
ominous octet: a new paradigm for the
treatment of type 2 diabetes mellitus
[Banting Lecture]. Diabetes. 2009;58:773-795.
Primary Prevention of Type 2 Diabetes Mellitus
● Life style modification
・Malmö feasibility study
・Malmö Prfevention Trial
・DaQing IGT and Diabetes Study
・Finnish Diabetes Prevnetion Study
・Japan Diabetes Prevention Study
・Stockholm Diabetes Prevention Program
● Drug intervention
・Diabetes Prevention Program
・STOP-NIDDM
・TRIPOD
・EDIT
・NAVIGATOR
・DREAM
・ACT NOW
・ONTARGET
(Eriksson, 1991)
(Eriksson, 1998)
(Pan, 1997)
(Tuomilehto, 2001)
(Kuzuya)
(Bjärås)
(DPP Research Group, 2002)
(Chiasson, 2002)
(Buchanan, 2001)
(Holman, 2003)
(Rury R. Holman, 2010) negative
(Boche, 2006)
(DeFronzo,2008)
(ONTARGET group, 2008)
STOP-NIDDM:Study To Prevent NDDM,
TRIPOD:Troglitazone In Prevention of Diabetes
EDIT:Early Diabetes Intervention Trial,
NAVIGATOR:Natglinide and Valsartan in Impaired Glucose Tolerance Outcome Reaserach
DREAM:Diabetes Reduction Assessment with Ramipril and Rosiglitazone Medications
Diagram of AⅡ signaling interactions with the insulin
receptor, IRS-1, and PI 3 kinase in RASMC
AⅡ
PI 3-kinase
P-Ser-
-Tyr-P
-Tyr-P
β
-Tyr-P
-Tyr-P
-Tyr-P
α
P-Ser-
Insulin
Receptor
P85
IRS-1
Folli et al: J. Clin. Invest. 100:2158–2169, 1997
P110
Prevention of Diabetes Mellitus
follow-up,
year
drug
No. of new
on-set of DM
No.(total)
event
per 1000
person-years
control
antihypertensive drug
1999
CAPPP
6.1
ACEI
337
5183
10.7
β blocker
380
5230
11.9
1960
12.4
4.0
ACEI
93
1970
11.8
β blocker
Diuretic
CCB
97
STOP-2
95
1935
12.1
Trial
publication
1999
No. of new
No.(total)
on-set of DM
event
per 1000
person-years
HOPE
2001
4.5
ACEI
102
2837
8.0
Placebo
155
2883
11.9
ALLHAT
2002
4.0
ACE
119
4096
7.3
CCB
Diuretic
154
302
3954
6766
9.7
11.2
PEACE
ANBP-2
2004
4.8
ACEI
335
3432
20.3
Placebo
399
3472
23.9
2005
4.1
ACEI
138
2800
12.0
Diuretic
200
2826
17.3
AASK
2006
3.8
ACEI
45
410
28.9
β blocker
CCB
70
32
405
202
45.5
41.7
*DREAM
LIFE
*ALPINE
CHARM
SCOPE
VALUE
CASE-J
*ProFESS
*ONTARGET
2006
3.0
ACEI
449
2623
57.1
Placebo
489
2646
61.6
2002
4.8
ARB
242
4020
12.5
β blocker
320
3979
16.8
2003
1.0
ARB
1
196
5.1
Diuretic
8
196
40.8
2003
3.1
ARB
163
2715
19.4
Placebo
202
2721
23.9
2003
3.7
ARB
93
2167
11.6
Placebo
115
2175
14.3
2004
4.2
ARB
690
5087
32.3
CCB
845
5074
39.7
2007
3.2
ARB
38
1343
8.8
CCB
59
1342
13.7
2008
2.5
ARB
125
7306
6.8
Placebo
151
7283
8.3
2008
4.7
ARB
399
8542
10.0
ACEI
366
8576
9.2
*ONTARGET
2008
4.7
ARB
+ACEI
323
8502
8.1
ACEI
366
8576
9.2
*TRANSCEND
*HIJ-CREATE
*Kyoto Heart
*NAVIGATOR
2008
4.7
ARB
319
2954
26.4
Placebo
395
2972
28.8
2009
4.2
ARB
7
645
2.6
Placebo
18
624
6.9
2009
3.27
ARB+X
58
1116
51.6
X
86
998
76.7
2010
6.5
ARB
1532
3748
62.9
Placebo
1722
3725
71.1
Matsuda M.; Endocrinology&Diabetology;26,1,35-41,2008.
Insulin sensitivity after administration of ACE-I,
CaCB, and alpha AB
Insulin-medicated
glucose uptake,
glucose oxidation, and
non-oxidative glucose
disposal during the
euglycemic clamp
before (open bars) and
after (solid bars) 3
months of treatment
with doxazossin.
Giordano M, Matsuda M, Sanders L, Canessa ML, DeFronzo RA.: Effects of angiotensin-converting enzyme
inhibitors, Ca2+ channel antagonists, and alpha-adrenergic blockers on glucose and lipid metabolism in
NIDDM patients with hypertension. Diabetes. 1995 Jun;44(6):665-71.
ARBの種類と糖尿病の発症
(2型糖尿病治療におけるARBの意義)
名称
投与薬
糖尿病の発症リスク (%) 比較対照薬
VALUE
ARB
-23
Ca拮抗薬
LIFE
ARB
-25
b遮断薬
ARB
-19
通常薬
(2004)
(2002)
SCOPE
(2002)
SHEP
利尿薬
(2005)
CAPPP
ACE阻害薬
HOPE
ACE阻害薬
(2004)
(2001)
INSIGHT
(2003)
Ca拮抗薬
偽薬
+49
-14
利尿薬/b遮断薬
偽薬
-34
-23
配合利尿薬
VALUE, LIFE, SCOPE, CHARMのメタ解析の発症リスクは-23%
糖尿病を合併する高血圧の治療計画
治療開始血圧 130/80mmHg以上
生活習慣の修正・血糖管理と同時に薬物療法*
第一選択薬:ACE阻害薬、ARB
効果不十分
用量を増加
Ca拮抗薬、利尿薬を併用
効果不十分
3剤併用:ARBあるいはACE阻害薬、Ca拮抗薬、利尿薬
降圧目標 130/80mmHg未満
* 血圧が130-139/80-89mmHgで生活習慣の修正で降圧目標が見込める場合は、
3か月を超えない範囲で生活習慣の修正により降圧を図る
高血圧治療ガイドライン2009.
主要降圧薬の積極的適応
左室肥大
Ca拮抗薬
ARB/ACE阻害薬
●
●
心不全
●*1
心房細動(予防)
●
利尿薬
●
β遮断薬
●*1
頻脈
●*2
●
狭心症
●
●*3
心筋梗塞後
●
蛋白尿
●
腎不全
●
●*4
●
●
脳血管障害慢性期
●
糖尿病/MetS*5
高齢者
●
●
●*6
●
●
*1 少量から開始し、注意深く漸増する *2 非ジヒドロピリジン系Ca拮抗薬 *3 冠攣縮性狭心症には注意
*4 ループ利尿薬 *5 メタボリックシンドローム *6 ジヒドロピリジン系Ca拮抗薬
高血圧治療ガイドライン2009.
第6章 臓器障害を合併する高血圧
POINT 6c
【腎疾患】
1. 慢性腎臓病(CKD)患者は心血管事故のリスクが高く、早期発見がきわめて
重要である。早期発見のため、全高血圧患者で検尿とeGFR(推算GFR)の算
出を行う。
2. アルブミン尿は腎障害の進展と心血管疾患の発症に密接に関連し、アルブミ
ン尿の減少は心腎同時保護に重要である。
3. 降圧療法の3原則は、①降圧目標の達成、②レニン・アンジオテンシン系の抑
制、③尿アルブミン、尿蛋白の減少・正常化である。
4. 生活習慣では禁煙、食塩制限、適正体重の維持、および腎機能に応じた蛋白
制限を行う。運動は腎機能に応じた指導を行う。
5. 降圧目標は130/80mmHg未満、尿蛋白が1g/日以上なら125/75mmHg未満
とする。
高血圧治療ガイドライン2009.
第6章 臓器障害を合併する高血圧
POINT 6c
【腎疾患】
6. ACE阻害薬、または、ARBが第一選択薬となり、尿アルブミン排泄量を指標と
して増量する。血清クレアチニン 2.0mg/dL以上では少量から使用し、血清ク
レアチニン値やK値の上昇に注意する。
7. 多くの場合、利尿薬やCa拮抗薬との多剤併用療法が必要となる。利尿薬の
使用においては、GFRが30mL/分/1.73m2以上ではサイアザイド系利尿薬、
30未満ではループ利尿薬を用いる。
8. 透析患者の降圧薬の選択時には、薬物代謝、排泄経路、透析性に注意する。
高血圧治療ガイドライン2009.
DIABETES CARE, VOLUME 34, SUPPLEMENT 1, JANUARY 2011
Hypertension/blood pressure control
Recommendations
Screening and diagnosis
● Blood pressure should be measured at every routine diabetes visit. Patients
found to have systolic blood pressure ≧130 mmHg or diastolic blood
pressure ≧ 80 mmHg should have blood pressure confirmed on a separate
day. Repeat systolic blood pressure ≧ 130 mmHg or diastolic blood
pressure ≧ 80 mmHg confirms a diagnosis of hypertension. (C)
Goals
● A goal systolic blood pressure <130 mmHg is appropriate for most patients
with diabetes. (C)
● Based on patient characteristics and response to therapy, higher or lower
systolic blood pressure targets may be appropriate. (B)
● Patients with diabetes should be treated to a diastolic blood pressure <80
mmHg. (B)
DIABETES CARE, VOLUME 34, SUPPLEMENT 1, JANUARY 2011
Treatment
● Patients with a systolic blood pressure of 130–139 mmHg or a diastolic blood
pressure of 80–89mmHgmay be given lifestyle therapy alone for a maximum of 3
months and then, if targets are not achieved, be treated with addition of
pharmacological agents. (E)
● Patients with more severe hypertension (systolic blood pressure ≧ 140 or diastolic
blood pressure ≧ 90 mmHg) at diagnosis or follow-up should receive pharmacologic
therapy in addition to lifestyle therapy. (A)
● Lifestyle therapy for hypertension consists of: weight loss, if overweight; Dietary
Approaches to Stop Hypertension (DASH)-style dietary pattern including reducing
sodium and increasing potassium intake; moderation of alcohol intake; and increased
physical activity. (B)
● Pharmacologic therapy for patients with diabetes and hypertension should be with a
regimen that includes either an ACE inhibitor or an ARB. If one class is not tolerated,
the other should be substituted. If needed to achieve blood pressure targets, a
thiazide diuretic should be added to those with an estimated GFR (eGFR) ≧ 30
ml/min/1.73 m2 and a loop diuretic for those with an eGFR <30 ml/min/1.73 m2. (C)
● Multiple drug therapy (two or more agents at maximal doses) is generally required to
achieve blood pressure targets. (B)
● If ACE inhibitors, ARBs, or diuretics are used, kidney function and serum potassium
levels should be monitored. (E)
● In pregnant patients with diabetes and chronic hypertension, blood pressure target
goals of 110–129/65–79 mmHg are suggested in the interest of longterm maternal
health and minimizing impaired fetal growth. ACE inhibitors and ARBs are
contraindicated during pregnancy. (E)
www.thelancet.com/oncology Published online June 14, 2010 DOI:10.1016/S1470-2045(10)70106-6
埼玉医大総合医療センター
内分泌糖尿病内科
~HONEST
studyより~
アクトス(15)1
甲状腺機能低下、ASO
チラーヂンS服用中
既往:心筋梗塞
ラピッド(4-3-3-0)ランタス(0-0-0-010)
脳梗塞
アクトス(15)1,アマリール(1)2、リバロ(1)1
http://www.endo-smc.umin.jp
http://www.endo-smc.umin.jp
J-DOIT3 2型糖尿病患者を対象とした血管合併症抑制
のための強化療法と従来治療とのランダム化比較試験
2型糖尿病(45歳以上70歳未満、 HbA1c≧6.5%)
+
血圧≧140/90(内服なし) or 130/80(1 or 2剤内服)
or
LDL≧120 or TG≧150 or HDL<40(内服なし or 1剤)
ランダム割付
(心血管病変既往の有無、性別、年齢、HbA1cで調整)
強化治療群(目標値)
HbA1c<5.8%
血圧<120/75
LDL<80,HDL≧40,TG<120
(虚血性心疾患の既往例は LDL<70)
(TG≧150の場合はnonHDLで評価,nonHDL<110)
BMI≦22
従来治療群(目標値)
HbA1c<6.5%
血圧<130/80
LDL<120,TG<150
(虚血性心疾患の既往例は LDL<100)
BMI≦24
〔http://www.jdoit3.jp/index.html〕
61
Medical Interventions to Overcome Insulin Resistance
Can Achieve the Goal of Diabetic Treatment
Slowing of Disease
Maintain the same QOL as healthy people,
Progression through:
secure the same duration of life as healthy people
Preservation of b-Cell
Function and Lowering
Blood Pressure
Preventing onset and progression of diabetic microvascular disease
(retinopathy, nephropathy, neuropathy) and macrovascular disease
(ischemic heart disease, cerebrovascular disease, arteriosclerosis obliterans)
Stain
Long-term persistence of tight blood
glucose control and fundamental
treatment of underlying
pathophysiological condition
Suppression of RAS
Not SU [Pio, Met, DPP4I]
(Never use glibenclamide)
糖尿病治療のキーワード
• 血管保護
–Hyperglycemia(早期介入)
–Hypertension
–Dyslipidemia
• 膵β細胞保護
–Glucose toxicity
–β cell rest

similar documents