幼児におけることばの学習の メカニズム

Report
メンタルレキシコンの学習:
子どもはどのように単語の
意味を学習するか
子どもはことばをどのように
おぼえるか
• 親が教えてそれを模倣する?
• ほめられようとしてことばを覚える?
• 何度も何度も繰り返し教えられてはじめて覚
える?
• 何度も間違いを直されて覚える?
ことばの学習のパラドックス
• ことばの内包をもたず、状況中の手がかりの
みからことばの指示対象を同定し、その外延
範囲を決定することは論理的には不可能に
近い
• それにもかかわらず子供はことばの一事例を
与えられただけで即座ことばに意味付与をし
ている。
カテゴリーの推論
「リンゴ」
「どれがリンゴ?」
ことばの意味の二側面
• 「内包」と「外延」
• 外延:当該のことばの指示対象の集合
内包によって決定される
• 内包:当該のことばが指示する概念
外延と内包の関係
• 内包は外延の成員の共通性から帰納される
• 外延は内包によって決定される
ことばの学習のパラドックス
• ことばの内包をもたず、状況中のてがかりの
みからことばの指示対象を同定し、その外延
範囲を決定することは論理的には不可能
• それにもかかわらず子供はことばの一事例
あるいは少数の限られた事例を与えられただ
けで即座にことばに意味付与をしているよう
にみえる。
こどもはどのように初めて遭遇す
ることばの意味の推論をしている
のだろうか?
子供が語に意味を推論するため
にしなければならないこと
• ことばが発せられた状況下でことばの指示対
象を正しく同定する
• 覚えたことばを他の事物に般用できる。(他
のどの事物にそのことばが適用でき、どの事
物に適用できないかを正しく判断することが
できる。)
指示対象を同定し、般用するため
には…
• まず、当該の語がどのような種類(品詞)の語
であるかどうか決定できなければならない
• 各々の品詞がイベント中のどの要素に対応
するのかがわからなければならない
• 何に基づいて般用がされるのかがわからな
ければならない
これらのことを暗黙の知識として子どもは持っ
ている。ただし意識的にはわからない
名詞、動詞、形容詞の意味
• 名詞と動詞では指示する概念の種類、般用
の基準が大きく異なる
– 名詞→事物
– 動詞→行為や関係
– 形容詞→モノの属性
(事物)名詞の特徴
• 環境から「切り出されている」
• 時空間的に恒常性を持つ
• 階層構造を持つ
動詞の特徴
• 指示対象が環境中で切り出させれていない
• 時間軸に沿ってダイナミックに変化
• モノとモノとの関係を指示する
→モノは変数
形容詞の特徴
• 観察できるのはモノ
• モノには様々な属性があるが、形容詞が指す
のはそのひとつだけ
• 般用はモノに関わりなく、属性の同一性を基
準にして行う
子どもは名詞の意味をどのように
学習しているか
日本語における名詞学習の問題
• 日本語の場合、名詞の中の種類が文法的に
指標されない
→固有名詞対普通名詞、物質名詞対物体名
詞が形態としては区別されない
• 文法的手がかりの欠如は日本人幼児の名詞
の語意推論に影響を与えるのか?(つまり欧
米の子どもに比べ、日本人の子どもは名詞
の学習が困難なのか?)
知らない人工物についた
新しいことば
知らない動物についた
新しいことば
未知の事物につけられた未知の
名詞の般用
• 幼児は対象が動物(つまり固有名詞がつきや
すいもの)でも人工物でも、まず新しい名詞は
普通名詞と想定する。
• 色やサイズ、素材の違いは無視して形の類
似性にしたがって般用する。(形状類似バイ
アス)
物質の名前と物体の名前
• 日本人幼児は物質と物体を区別する文法的
手がかりなしで、物体名と物質名では異なる
般用の基準を適用しなければならないことを
理解しているか?
– 物体→全体の形状の類似性
– 物質→形状は無関係、物質の同一性に注目
Imai & Gentner, 1997
Imai & Gentner, 1997
ただしこのようなモノが命名対象
の場合、モノの見方が言語で違う
• 2歳になったばかりの子どもでも、アメリカ人
幼児と同様に物質名と物体名に対して異なる
(そして正しい)般用の基準を用いることがで
きた。
• しかし、単純な形の物体にラベルが付与され
たときには日本語話者と英語話者で、大きな
違いがあった
日英話者の違いは何を意味する
のか
• 日本人の子どもは結局、存在論的理解をもた
ず、形、素材という知覚できる属性の目立つ
ほうが同じモノを選んでいたに過ぎないのか
• 日本語話者、英語話者のラベル般用の違い
は、「モノの認識の違い」を反映するのか、そ
れとも、「ラベル付与と般用の方略の違い」を
反映するのか
言語課題でなくても日英話者の違
いは見られるのか
• 日本語話者、英語話者4歳児と成人に非言
語カテゴリー形成課題
• 「同じものをとって」
•成人はラベル般
用と非言語カテゴ
リ形成課題での
行動がまったく一
致
•子どもは2つの
課題での行動が
大きく異なる
ラベル般用
非言語カテゴリ形成
英語話者に文法カテゴリ情報つき
でラベルを与えたら
• Ambiguous syntax
“Look at this dax. Can you find the
dax?
• Count syntax
“Look, this is a dax. Can you find
another dax?”
• Mass syntax
“Look, this is some dax. Can you find
some more dax?”
• 文法情報が曖昧な場
合と可算文法条件での
反応がほぼ同じ
• 英語話者の形への注
目度が強いのは、曖昧
なモノを「可算名詞で現
される物体(object)」
と考えるからではない
か
日本人は存在論的制約に従って
名詞の般用をしているのか
• 物質とみなすか物体とみなすかが曖昧なモノ
のときの日本人の反応
→もしかしたら日本人は単により目立つ属性
が同じのほうを選んでいただけかもしれない
名詞語意の存在論的制約
• 名詞は「この種類の物体あるいはこの種類の
物質」という離接的(disjunctive)なカテゴ
リーは指さない
• 形と素材が同時に般用の基準にならない
– ANDはOK 〔この形、かつ、この素材)
– ORはダメ{この形あるいはこの素材)
• この決まりを日本人の子どもが理解している
か
• ラベル般用条件
– ネケをみんなとって
• 非言語カテゴリ形成条
件
– これと同じのをみんな
とって
それぞれのテストアイテムの選択
数
存在論的制約に従った反応(*)
の割合
Complex Simple
Substan Average
ce
across three
trial types
0.91
(0.20)
0.86
(0.31)
0.85
(0.17)
0.87
(0.17)
No-word
0.55
classificatio (0.50)
na
0.57
(0.44)
0.36
(0.42)
0.49
(0.26)
Word
extension
*
形、素材刺激のどちらか一方しか選択しない
今日のまとめ
• 名詞語意の学習にとって、概念的制約の役
割は非常に大きい
• 文法クラスの情報の有無はモノの「みなし方」
に影響を与えるが、文法クラスの情報がなく
ても概念知識を制約に使い、子どもは名詞語
意を苦もなく学習する

similar documents