術後の消毒は?

Report
創傷管理
2012年4月 徳島大学病院
褥瘡対策室
皮膚・排泄ケア認定看護師 三谷 和江
一般的な手術創



手術創は目的を持って作られた「切創」
皮膚や組織が鋭的に切断されている「一次縫合創」
縫合糸やステイプラー(医療用のホッチキス)テープ
などによって一時的に閉鎖された傷
新人研修理解度チェックリスト
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
清潔/不潔の区別ができる
滅菌物の取り扱いができる
清潔操作ができる
使用物品の処理ができる
包帯を巻くことができる
ドレーンを固定するためのテープを切ることができ
る
ドレーンを抜けないように固定することができる
術後の創部の処置
創傷治癒の基本形
溝上祐子著 カラーとイラストで見て分かる創傷管理より
創傷治癒過程
炎症期
増殖期
成熟期

「炎症期」 手術後24時間後には上皮細胞が創面を
覆い始め、48時間で完了する

「増殖期」 線維芽細胞によるコラーゲンの生成や
毛細血管の増殖が盛ん 3週間程度持続
「成熟期」 肉芽の強化 瘢痕形成 1年以上

術後の創部の状態について

術後創部のような一次縫合創では適切な創
傷処置が行われた場合は、術後48時間で上
皮細胞が創面を覆いバリア機能を持つため、
外界からの細菌が創内に侵入することはな
いと考えられる
術後の消毒は?

術後創部の感染は手術中の汚染が主な原因

閉鎖した創に外から消毒薬を塗布しても感染
位には到達しない

消毒薬はタンパク質を変性させることで細菌
を死滅させる作用がある

創傷治癒過程に必要な線維芽細胞や上皮細
胞も死滅させる可能性
術後感染を防止するためには?

フィルムドレッシングを
用いて外界からの細菌
の侵入を防ぐ

術後の創部の血液や
皮脂を除去するには大
量の水(生理食塩水)で
洗い流すことが効果的
術後ドレッシングで被覆する理由
低酸素の方が血
管や肉芽が早く
増殖する
創の保護
湿潤環境を保ち
創を治す細胞を
乾燥させない
そのため傷を創傷被覆材で保
護し湿潤環境を作る
ドレッシングの実際
テガダーム
カラヤヘッシブ
ドレッシングの交換の頻度は?

48時間まではドレッシングの交換は不要

浸出液が多い場合にはガーゼや吸収パッド付きフィ
ルムドレッシングを使用する

いずれも創をよく見て毎日浸出液の量、感染の兆候
を観察する
ドレッシング
オプサイトポストオペビジブル
IV3000
オプサイト
メディポアパッド
IVHの消毒



内側から外側に向かっ
て消毒する
消毒薬→ヘキザック
AL®液1%、ネグミン使
用
週1回交換
【鑷子の正しい使い方】
消毒薬を浸した綿球を取り扱うときは,液が垂れてこないように
鑷子は下向きにする。
ガーゼ交換の方法
看護師
医師
医師
消毒液は
しぼってね
看護師
医師
不潔にしない
看護師
ガーゼの種類
さばけるのは
これ!
4つ折ガーゼ
眼科用
ガーゼ
ツッペル
ガーゼ
5枚4つ折ガーゼ
長折ガーゼ
さばきガーゼの作り方



ガーゼはさばきやすい
ようにはじめからずらし
て折られている
5枚4つおりガーゼの1
と3の角をつかむと
ガーゼの対角線上の角
をつかんだことになる
それを左右に広げぐる
りと丸める
創部の感染が疑われたら?

発赤・腫脹・熱感・疼痛
の観察

ガーゼ汚染の観察(浸
出液の量・性状)
分泌液(浸出液)の細
菌培養検査で起炎菌
を同定
創感染に対する対策は?
創感染の原因:壊死組織(手術による血流不
全)、血腫、体液の貯留(リンパ液・漿液)、脂
肪壊死、異物(縫合糸膿瘍)など

感染縫合糸の抜糸

創の開放(膿のドレナージ):ペンローズドレ
ーンの挿入

壊死組織のデブリートメン:攝子やハサミを用
いて施行
感染創処置時の注意事項


感染創の患者の処置は最後に行う
創が2つ以上ある場合、非感染創の創から処置を行
う

創処置の場合はディスポーザブルの手袋を着用し、
浸出液、汚物が多い場合にはガウンを着用する

汚染されたガーゼ類は速やかにビニール袋に入れ
て感染性医療廃棄物容器に廃棄する

創処置時にベッドサイドに回診車を持ち込まず、患
者専用のセットを使用する
感染予防
浸出液の臭いや
量などを観察
処置前後に
速乾性手指消毒剤
で消毒を
必要時
感染性
ガウン・エプロン
廃棄物
手袋着用
患者毎に交換
交換車
滅菌物の取り扱いにつ
いて
消毒・滅菌方法と滅菌物の
取り扱い
消毒
(Disinfection)
人畜に対し有害な微生物
て、または目的とする対象微
生物だけを殺滅すること
●低水準消毒
●中水準消毒
●高水準消毒
滅菌
(Sterilization)
物質中の全ての微生物を
殺滅または除去すること
(日本薬局方第14改訂)
●オートクレーブ
●化学的滅菌
【Spauldingの分類】
分類
対象
器具
処理
Critical
クリティカル器具
通常、無菌の組織
や血管に挿入さ
れ
るもの
手術器具
心臓カテーテル
尿路カテーテル
インプラント
●滅菌処理
Semicritical
人工呼吸回路
●高水準消毒
損傷のない粘膜
●中水準消毒
セミクリティカル器 および創のある皮 麻酔関連器材
具
膚に接触するもの ペッサリーリング
軟性内視鏡、膀胱
鏡など
Noncritical
ノンクリティカル器
具
損傷のない皮膚
に接触する器具
(粘膜とは接触し
ない)
モニター類、血圧
計のマンシェット
聴診器、ベッドバ
ン、ベッド柵・床頭
台、食器・家具類
松葉杖など
●低水準消毒、ま
たは洗浄、清拭
消毒(Disinfection)
高水準
消毒
・化学的殺菌剤を使った
高度消毒
グルタール30 分~1 時間
過酢酸5 分以上
・ウオッシャーディスイン
フェクターを使った熱水消
毒(80℃,10 分)
中水準
消毒
・ポピドンヨード
・次亜塩素酸ナトリウム
・アルコール
低水準
消毒
グルタラール(サイデックス
®)
過酢酸(アセサイド®)
フタラール(ディスオーバー
®)
ネグミン®液
ミルトン®
ピューラックス®
消毒エタノール®
・塩化ベンザルコニウム
塩化ベンザルコニウム®液
・グルコン酸クロルヘキシ ステリクロン® 液
ジン
テゴー51 ®
・両面界面活性剤
滅菌
(Sterilization)
高圧蒸気:オートクレーブ(AC)滅菌
滅菌有効期限:3ヶ月間
 エチレンオキサイドガス(EOG)滅菌
滅菌有効期間:3ヶ月間
 過酸化水素ガスプラズマ(PZ)滅菌
滅菌有効期間:6ヶ月間

一般的な滅菌法と特徴
滅菌法
滅菌時間 滅菌温度
適応
適応外
高圧蒸気
AC
:auto clave
●短い
●121~
135℃
●金属製小物
●リネン類
●シリコン製品
●ガラス製品
●耐熱性のな
いもの
●耐水性のな
いもの
エチレンオ
キサイド
(酸化エチ
レン)ガス
EOG
●長い
●滅菌後
のエアレー
ションの時
間が必要
● 55 ~60℃ ●プラスチック製
品
●カテーテル
●ゴム製品
●内視鏡
●55~60℃に
耐えられない
もの
●緊急に使用
するもの
●45℃
●植物繊維
(セルロース)
●長い狭腔を
持つもの
過酸化水 ●短い
素ガスプラ
ズマ PZ
●医療器具から
プラスチック製品
まで広範囲
【滅菌済みサインの例①:AC】
オートクレーブ前
オートクレーブ後
オートクレーブ滅菌工程を終了すると、オレンジ色
の「AC」の表示がグリーンに変化する
【滅菌済みサインの例②:EO】
EOG 滅菌前
EOG 滅菌後
EOG 滅菌の際に使用するパックのインジケータ
赤がブルーに変化する
【滅菌済みサインの例③:PZ】
プラズマ滅菌の際のインジケータ ピンク→黄色に変化
滅菌パックの開け方
① 滅菌パックの端をしっかり持
ち,内側(清潔部分)にパックの
端が入らないように気をつける
 ② 滅菌パックは外側に折り返し
,内側には触れないように気を
つける
* 開封途中で,万が一,清潔
部分を手で触ってしまったりし た
場合は,すみやかに新しいものと
交換する。

清潔・不潔の区別

滅菌物の保管は,高温・多湿を避け,塵埃で汚染されないよ
うな場所で行う

滅菌パックを開ける前に,汚染(汚れ,浸水など)や破損(破
れている)がないか確認する
滅菌有効期限内であることを必ず確認する


開封途中で,万が一清潔部分を手で触ってしまったりした場
合は,すみやかに新しいものと交換する。
テープの貼り方
剥がし方ついて
院内にあるテープ
エラテックス
メディポアドレッシング
キノプレス
シルキーテックス
トランスポア
優肌絆
テープの貼り方
テープは巻きのまま貼らない!切って中央を貼り、押さえ
えてから端を貼る
月刊ナーシング2007Vol.27.No7 P50 より抜粋
ガーゼの固定方法
テープを引っ張って固定すると皮膚も引っ張られズレ・
摩擦をおこします→緊張性水泡の原因
絆創膏皮膚炎

症状
浸軟
ガーゼ
 角質・表皮剥離
 緊張性水疱
 一時刺激性接触性皮膚炎
 アレルギー性接触性皮膚炎

絆創膏
皮膚
伸縮テープの使用方法
テープの剥がし方
・角度は180度
・押さえながら剥
がす
半透過性ドレッシングの剥がし方
月刊ナーシング2007Vol.27.No7 P30 より抜粋
ドレーンの挿入部位と
固定について
ドレナージの目的による分類

情報的ドレナージ
術後出血や胆汁漏出などの不慮の事態に備えて念のため
腹腔内の状態を把握する目的で短時間だけ挿入する

予防的ドレナージ

治療的ドレナージ
手
術後の細菌感染や浸出液貯留などを防止する目的で行わ
れる
腹
膜炎などによる腹腔内腫瘍や貯留した浸出液の排除に対し
て行われる
ドレーン挿入部位(腹腔内)
腹腔内で浸出液がたまりやすい場所に挿入される
瘻孔・ドレーンのケアガイダンス 日本看護協会出版会より抜粋
ドレーン挿入部位(胸腔内)
排液ドレーン
排気ドレーン
胸腔ドレーン


気胸等の空気漏れが
ある場合→肺上部に
挿入
胸腔の炎症などによ
り漿液が多量に浸出
した場合、肺下部に
挿入する。
ドレーン固定に使用するテープ
(テープの伸びる方向)
エラテックス、マルチポアは、
巻きだし方向
シルキーポアは横方向
ドレーンの固定は伸びる方向と垂
直にテープを貼る

伸びる方向に力がかかる場合は、固定性
が弱まる!
チューブ固定方法の一例
瘻孔・ドレーンのケアガイダ
ンス 日本看護協会出版会
より抜粋
ドレーンの全
周にわたっ
てテープを密
着させる
チューブ固定方法の一例
テープにスリットを
入れ補強
ドレッシング
ドレッシング・ドレーンの固定
3
1
テガダーム
エラテックス
2
メディポア
(シルキーポア)
3
包帯法
弾性ストッキングの装着方法
について
弾性ストッキングの効果

四肢の静脈血、リンパ液のうっ滞を軽減又は
予防する等、静脈還流の促進を目的に使用
される医療用の弾性ストッキング(腕用の弾
性スリーブも含む)である。末梢から中枢に向
かい漸減的に圧迫を加える機能を有する
DVT(深部静脈血栓症)
予防
弾性ストッキングの具体的な効果

弾性ストッキングは足の静脈の血流を改善し
血管の中で血が固まる病気が起こるのを防
ぐ働きがある

手術を受ける患者さんと飛行機に乗っておこ
る静脈の血栓症(いわゆるエコノミークラス症
候群)で予防が明らかにされている
弾性ストッキングのはき方
ストッキングを裏返しし、踵から入れる
しわのないように持ち上げてはかせる
このような履き方にならないように
つま先をモニタリングホールか
ら出すと指先の血行障害(血の
めぐりがわるくなる)や皮膚炎,
かぶれを起こすことがある
ストッキングの上端部が丸まる
と2~3倍の圧力がかかり,皮
膚炎やかぶれ,むくみなどをお
こしやすい
ストッキングによる圧迫




ストッキングによる圧迫→皮膚障害がある場合は一時的にスト
ッキングを主治医と相談の上中止する
毎日履き替えて観察
足背に皮膚障害→フットポンプは下肢をしめるものに変更する
弾力包帯の使用→巻く圧が一定しない、段差で皮膚障害の可
能性があり
御苦労さまでした
実際にやってみましょう!

similar documents