Step.6 スタティックルーティング (280kByte)

Report
Step.6 スタティック(静的)ルーティング
宛先の分からないネットワーク宛
のパケットはPC2へ送れ!
192.168.0.0/24宛
のパケットはPC2へ送れ!
PC 1
10.0.0.0/16宛も、192.168.0.0/24宛も
どちらも知っている
10.0.0.2
10.0.0.1
ホスト
PC 2
192.168.0.1
192.168.0.2
PC 3
ホスト
宛先の分からないネットワーク宛
のパケットはPC2へ送れ!
ルータ
192.168.0.3
PC 4
ホスト
ネットワーク1
ネットワーク: 10.0.0.0/16
ネットマスク: 255.255.0.0
ネットワーク2
ネットワーク: 192.168.0.0/24
ネットマスク: 255.255.255.0
目的地への行き方のたとえ
バケツリレー式に転送
JRへ行きたければ
Bバス停へ行け!
A港
C駅に行きたければ
JR C駅へ行け
JR C駅
B駅
Aバス停
Bバス停
バスネットワーク
JR B駅
電車ネットワーク
C駅
物理的なネットワーク構成
ルータ
PC 2
PC 1
10.0.0.2
PC 3
10.0.0.1
192.168.0.1
eth0
192.168.0.2
Linux
Linux
eth1
eth0
PC 4
Linux
eth0
192.168.0.3
Windows
(ノートPC)
ローカルエリア接続
LANケーブル
ネットワーク1
ネットワーク: 10.0.0.0/16
ネットマスク: 255.255.0.0
ハブ1
ネットワーク2
ネットワーク: 192.168.0.0/24
ネットマスク: 255.255.255.0
ハブ2
ルーティングテーブルの例
route –n コマンド
$ route -n
Uのみは直接接続されているネットワークを表す(同一セグメント)
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト
ゲートウェイ
ネットマスク
フラグ Metric Ref 使用数 インタフェース
192.168.0.0
0.0.0.0
255.255.255.0
U
0
0
0 eth0
10.0.0.0
192.168.0.1
255.255.0.0
UG
0
0
0 eth0
0.0.0.0
192.168.0.9
0.0.0.0
UG
0
0
0 eth0
127.0.0.0
0.0.0.0
255.0.0.0
U
0
0
0 lo
10.0.0.0/16 という宛先の送り先は 192.168.0.1
宛先が 0.0.0.0/0 はデフォルトゲートウェイを表す
ループバック(自分自身)
3つのネットワークセグメントからなる例
PC 4の経路表
PC 1の経路表
宛先ネットワーク ゲートウェイ
宛先ネットワーク ゲートウェイ
192.168.0.0/24 direct
10.0.0.0/16
direct
10.0.0.0/16
192.168.0.1
192.168.0.0/24 10.0.0.1
192.168.7.0/24 192.168.0.2
PC 2の経路表
192.168.7.0/24 10.0.0.1
宛先ネットワーク ゲートウェイ
10.0.0.0/16
direct
PC 3の経路表
192.168.0.0/24 direct
宛先ネットワーク ゲートウェイ
192.168.7.0/24 192.168.0.2 192.168.0.3
192.168.0.0/24 direct
192.168.7.0/24
ホストdirect
10.0.0.0/16
192.168.0.1
PC4
PC1
10.0.0.2
ホスト
PC2
PC3
192.168.0.1
192.168.0.2
PC5
ルータ
192.168.7.1
ルータ
192.168.7.2
10.0.0.1
ホスト
ネットワーク1
10.0.0.0/16
ネットワーク2
192.168.0.0/24
ネットワーク3
192.168.7.0/24

similar documents