Arcserve D2D r16.5 機能のご紹介

Report
簡単イメージバック
アップ
Arcserve D2D
for Windows のご紹介
Arcserve Japan
本資料はArcserve D2D for Windows r16.5を元に作成しています(2013/12 現在) v1.5
超簡単イメージバックアップ: Arcserve D2D
イメージバックアップとは
イメージバックアップとはファイル単位ではなく、ハードディスク全体
やCドライブから丸ごとバックアップを行い、イメージファイルとして
保存するデータ保護手段。OSを含め一気にリカバリできるのでシステム
全体を簡単に復旧できます
サーバ
イメージファイル
復旧
クライアント
PC
2
NAS
内蔵ディスク外付ディスク
(RDXなど)
(共有フォルダ)
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
Arcserve D2D for Windows の特長
「簡単に」 「手間をかけず」 「低
価格」
で使える!
1、圧倒的で驚くほどの簡単さ!
インストールしたらすぐ利用できる!細かな設定は不要!
2、運用に手間をかけない
継続的増分バックアップで、一度設定したら後は製品にお任せ
3、高いコストパフォーマンス!
個別のファイルリストアからベアメタル復旧までできて\80,000~
3
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
I2 テクノロジー: ブロックレベルのバックアップ
• フルバックアップは1回のみ。変更をブロックレベルで保存
• VSSスナップショットを利用し、オープンファイルもバックアップ可
能
1回目のバックアップ (フル バックアップ)
• リストアは復旧ポイントを選んで1回だけでOK!
イ ロ ハ ニ ホ ヘ ト チ
イ ロ ハ ニ ホ ヘ ト チ
1
2回目のバックアップ (増分バックアップ)
ロ ハ
ホ
ト
2
バックアップ
3回目のバックアップ (増分バックアップ)
イ
ハ
ホ
リストア
4
復旧ポイント時点の
最新データ イメージからリスト
©2014 Arcserve(USA),
LLC. All Rights Reserved.
ア
イ ロ ハ ニ ホ ヘ ト チ
3
復
旧
ポ
イ
ン
ト
I2 テクノロジー: 継続的な増分バックアップ
バックアップ データの自動メンテナンス
機能
 バックアップの世代数が設定された数 を超えた場合、最も古い増分
(※)
データと
フル バックアップを合成させ、フル バックアップの世代を更新
 ディスクがいっぱいになってしまう不安から解放!
バックアップを3世代保存する場
合
最大
ディスク
使用量
1
2
3
3
3
世代数
※初期設定では31個を保持(最大1344個まで設定可)
5
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
Arcserve D2Dはディスク消費が少ない
一般的なイメージバックアップ製品(A) と比べて、
Arcserve D2D(B) は定期的なフル バックアップがいらない
ので、バックアップ先のディスクを節約できます。
6
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
Arcserve D2D for Windows
機能紹介
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
7
ベアメタル復旧
ファイル単位のリストア
エクスプローラからのリストア
ファイルの検索リストア
バックアップデータのマウント
クラウドへのファイルコピーバックアップ
復旧ポイントのコピー
復旧セットによるバックアップ方式
アプリケーションのバックアップ: Advanced Edition
仮想環境のバックアップ: Host-Based VM Backup
仮想スタンバイオプション: Virtual Standby
Arcserve シリーズ連携
ベアメタル復旧 (BMR: Bare Metal Recovery)
OSやバックアップソフトの再インストール
をせず、
システム全体を一気に復旧!
異なるサーバへも復旧可能
物理から物理(P2P)、物理から仮想(P2V)、仮想から仮想(V2V)、仮想から物理(V2P)
ドライバの組み込み、ネットワークの設定、コマンド実
ユーティリティで柔軟に対応!
行などを
復旧作業中に行うことができます
8
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
ファイル単位のリストア
システム全体のバックアップデータからも、復旧
したい日時のフォルダやファイルのリストアでき
る
ブラウザを利用してデータの復旧が可能
Arcserve D2D リストア画面
復旧ポイン
ト1
復旧ポイン
ト2
復旧ポイン
ト3
サーバに直接ログオンし
なくてもデータを復旧で
きる
9
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
エクスプローラからのリストア
こんな場合に
おすすめ!
 専任でなくても簡単にリストアできるようにし
たい
 複雑な操作もなくデータを取り出したい
Windows OSのエクスプローラからバックアップ
データを直接開き、ドラッグ&ドロップでリスト
マウス操作だけ
アできる
で
リストア完了
バックアップ
イメージファイル
10
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
ファイルの検索リストア
 リストアしたいファイルがどこにあるかわから
ない
 名前の一部しかわからないファイルをリストア
対象のファイルをバックアップデータ内から検
したい
こんな場合に
おすすめ!
索してリストアできる
アスタリスク(*)
を使った曖昧検
索
同一ファイルも
複数の世代から
選択できる
11
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
バックアップデータのマウント
 ユーザ自身が任意にリストアできる環境を提供
し、
管理工数を削減したい
 OSのファイル検索機能を利用してリストアした
バックアップデータをドライブまたはフォルダ
い
こんな場合に
おすすめ!
配下に
マウントし、必要なデータを参照/リストアでき
バックアップ
る
復旧ポイン
ト1
復旧ポイン
ト2
共有設定をすれば
リモートからも参照可能
12
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
復旧ポイン
ト3
ドライブとしてマウント
クラウドへのファイル コピー バックアップ
イメージバックアップから特定のファイルデータをクラウドへ保護
お客様
バックアップ対象
イメージ
バックアップ
Arcserve D2D
Amazon Web
Service
S3
13
ディスクに一次バックアップし
障害時のリカバリは迅速に対応
富士通
グローバル・クラウド・プラット
フォーム
Microsoft
ニフティ
Windows Azure
ニフティクラウドストレージ
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
NTTコミュニケーショ
ンズ
Biz ホスティング・クラウド・エヌ
Cloudian
復旧ポイントのコピー
 バックアップ先のディスク障害に備えておきた
い
 定期的にフルバックアップデータを生成してお
定期的にバックアップデータを別のディスクに
きたい
こんな場合に
おすすめ!
コピーすることで、二次保管できる
利用例
フルバックアップ
データ
バックアップ
復旧ポイントのコピー
14
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
復旧セットによるバックアップ データの管理
こんな場合に
おすすめ!
 既存のバックアップ運用を大きく変更した
くない
 週末は余裕があるので、平日のバックアッ
プ時間を少しでも短くしたい
フル/増分の組み合わせでバックアップし、マー
ジ処理の代わりに定期的にフルバックアップを
実施できる
フル
1
増分
増分
増分
増分
増分
増分
増分
増分
復旧ポイント方式
(継続的増分バックアップ)
要件や環境に応じて
バックアップ方式を
選択
増分
増分
増分
増分
増分
増分
増分
増分
フル
1
フル
2
復旧セット方式
POINT どちらの方式でも選択したフル/増分バックアップから1回でリスト
©2014アできる
Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
15
<参考> 復旧ポイント方式と復旧セット方式の
違い
復旧ポイント方式
復旧セット方式
初回のみフルバックアップを行い、以降は増分バッ
クアップを行う。指定した復旧ポイント数を超える
とフルバックアップデータと一番古い増分バック
アップをマージする
フルバックアップと増分バックアップの組み合わせ
をセットとして保管する。マージ処理は行わず、指
定した数以上の復旧セットが作成されると古い復旧
セットを削除する
バックアップデータの管理方法
例: 復旧ポイントを「14」とした場合
例: 復旧セットを「1」とした場合
マージ
フル
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
増
15個目の復旧ポイントができた時点で一番
古い増分バックアップデータをフルバック
アップに合成(マージ)する
削除 1
フル
増
増
増
増
増
増
2
フル
増
増
増
増
増
増
フル
確実に1セットが保存できるようになっ
た後のフルバックアップ取得後に一番古
いセットを消す
バックアップのデータ量
普通
最小
(一般的なバックアップ製品と同程度)
処理にかかる時間
バックアップの時間+マージの時間
16
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
バックアップの時間
アプリケーションのオンライン バックアップ
アプリケーションのVSS Writerとスナップショットを連携し
整合性のとれたバックアップを実現
− SQL/Exchange Server のVSS Writerが整合性の取れたデータを準備
− Volume Shadow Copy Serviceがボリューム単位のスナップショット
を取得
Volume Shadow Copy
Service
SQL/Exchange
VSS Writer
1
バックアップ開始
Advanced Edition
4
バックアッ
プ
17
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
Cドライブ、
Dドライブな
ど
3
スナップ
ショット
2
SQL/Exchange
データベース
<参考>
Arcserve D2D非対応アプリケーションの保護
[アクション]機能を使って、バックアップ開始前にアプリケー
ションを自動停止し、オフラインでバックアップ
データベースを停止
Oracle
データベース
3
1
1
Standard Edition
4
バックアッ
プ
18
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
データベースを再開
Volume Shadow Copy
Service
Cドライブ、
Dドライブな
ど
2
スナップ
ショット
3
仮想環境のバックアップ Host-Based VM
Backup
VMwareのバックアップをエージェントレスで実行
効果
 バックアップ中のVMware vSphereの負荷を軽
減
 ゲストOSのバックアップがより簡単・高速
に!
仮想保護の3大要件を同時に実現
 エージェント レス
 仮想マシン単位・ファイル単位での
復旧
 増分バックアップ運用
バックアッ
プ
VMware vSphere 4.0以上
19
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
Host-Based VM Backup
仮想スタンバイ オプション Virtual Standby
バックアップしたら仮想環境に即リカバリ
効果
3
 障害発生時のリストア待ち時間を解消!
 仮想環境を使う事で待機系サーバのコストを低
減
O4
N
5
リカバリ
ARCserve D2D
Virtual Standby
1 バックアッ
プ
2
バックアップ
と
仮想変換を連
動
リカバリ
vSphere/Hyper-V
※Hyper-V環境ではホストにD2Dを
導入し、モニタリングを行います。
20
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
仮想スタンバイ オプション Virtual Standby
一般的な復旧方法
動作確認・運用再開
アプリケーション データの復
旧
バックアップ ソフトのインス
トール
一般的なベアメタル復
旧
簡単!
速い!
アプリケーションのインス
トール
動作確認・運用再開
サービスパックやパッチの適
用
システム・データを丸ごと
復旧
Windows OSのインストール
復旧用CDでサーバを起動
ハードウェアの
修理/調達
Virtual Standby
さらに簡
単!
高速!
仮想マシンの起動は
電源を入れるだけ!
※自動起動の設定も可能
ON
動作確認・運用再開
仮想マシンを起動
ハードウェアの修理を待たずに業務再開!
21
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
テープへのバックアップはArcserve Backupと
連携
こんなニーズに サーバのイメージ バックアップをテープに保管
応えます!
したい
D2Dならではの機能をArcserve Backupでも使い
たい
Arcserve Backupのリストア
マネージャから直接リストア
※
バックアッ
プ
Arcserve Backup
※ リストア マネージャから直接リストアを行う場合はArcserve Backup
バに
インストールしてください。
22
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
バックアッ
Client Agent for WindowsをD2Dと同じサー
プ
データの遠隔保管にはArcserve Replicationと連
携
こんなニーズに 災害時は別拠点でシステムを運用したい
応えます!
WANには増分バックアップデータだけを流したい
使用例: Windows Storage Server 搭載
NASを使ったバックアップデータのレプリ
ケーション
本番サーバ稼動サイト
バックアッ
プ
WSS搭載NAS
災害時稼動サイト(支店な
ど)
自動復旧※
※ Virtual Standby 利用時
r16.5ではHost-Based VM Backup (VMwareのエージェントレスバック
アップ) や Virtual Standby (システムの自動復旧)とも連携できるように
なりました。
23
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
<参考>
Arcserve Backup と Arcserve D2D使い分け
Arcserve Backup
Arcserve D2D
低価格で
「安心」を
対応アプリが
充実
異種OSの
統合管理
簡単復旧
テープ保管が
必要
24
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
ディスクで
充分
Arcserve r16.5 シリーズ
Windows Server 2012の保護は
Arcserve r16.5 シリーズにお任せ!
+
Arcserve r16.5 シリーズ
Windows Server 2012
Windows Server 2012の新機能をサポート
ReFS
25
NTFS重複除
去
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
論理4Kセクタ
記憶域スペー
ス
Hyper-V 3.0
Linuxも簡単バックアップ!
Arcserve D2D for Linux
「簡単に」 「手間をかけず」 「低
価格」に
Linux OSをバックアップ!
独自のスナップ
ショット技術で
オープンファイルも
バックアップ!
一元管理で
簡単運用
詳しくは製品紹介資料をご参照ください:
http://www.arcserve.com/~/media/Files/TechnicalDocuments/asd2d-l-r165-presentation.pdf
26
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
ファイル単位
のリストアも
できる!
セルフ トレーニングのご案内
Arcserve シリーズ 全製品が勢ぞろい!
製品の起動から、バックアップ設定、バックアップ、リストア、そし
てベアメタル復旧やVM丸ごとの復旧を 「いつでも好きな時間
に」 お試し頂けます。
Arcserve Backup
Arcserve Replication/HA
閲覧はこちら! オンラインデモ
27
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
Arcserve D2D
検索
お問い合わせ
カタログセンター (カタログ、技術資
料)
http://www.arcserve.com/jp/products/catalog-center.aspx
Arcserve カタログセンター 検索
ジャパン・ダイレクト (購入前のお問い合
わせ)
例:「この構成で必要なライセンスを教えてください」、「Arcserve D2D
はXXXに対応していますか?」、「XXXはサポートされますか?」
フリーダイヤル: 0120-702-600
(平日 9:00~17:30 ※土曜・日曜・祝日・弊社定休日を除きま
す)
28
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.
本資料の利用にあたって
Copyright © Arcserve (USA) , LLC
本書で参照するその他すべての商標、商号、サービス マーク、およびロゴは、それぞれの会社に属し
ます。
本書は情報提供のみを目的としています。Arcserve は本情報の正確性または完全性に対して一切の責
任を負いません。Arcserve は、該当する法律が許す範囲で、いかなる種類の保証(商品性、特定の目
的に対する適合性または非侵害に関する黙示の保証を含みます(ただし、これに限定されません))も
伴わずに、このドキュメントを「現状有姿で」提供します。Arcserve は、利益損失、投資損失、事業
中断、営業権の喪失、またはデータの喪失など(ただし、これに限定されません)、このドキュメント
に関連する直接損害または間接損害については、Arcserveがその損害の可能性の通知を明示的に受けて
いた場合であっても一切の責任を負いません。
29
©2014 Arcserve(USA), LLC. All Rights Reserved.

similar documents