DM・ HYBRID療法

Report
DM・ HYBRID療法
(簡単・糖尿病初期寛解療法)
(内科開業医御用達バージョン)
Aパターン
貯蔵インスリン理論に基づく、糖尿病初期治療法を
アレンジしたものである。

A・ノボラピッド30ミックス×2+メトホルミン(グリコラン)療法
《D.M.Hybrid療法》
初診血糖値500㎎以上の場合
Aパターン
一、ノボラピッド30ミックスを20単位投与する。
以後、朝食前10単位・夕食前10単位投与する。
一、
血糖値が正常化してきたら、減量していく。
インスリンは、血行動態から考えると、主として骨格筋・脂肪組織で血糖値を下げる。
肝臓での血糖降下作用は、相対的に低いと考えられる。
一週間後より、メトホルミン(グリコラン)750㎎を投与する。
肝臓での糖新生を抑制する。
アシドーシスに配慮して、一週間後より投与する。
一、間食は絶対にしない。
飲み物は、水・又はお茶とする。
貯蔵インスリンの増加をもたらす。
臨床経過(症例 M.S 58歳 男性)
日付
11/29
12/29
1/28
2/25
3/24
4/21
5/26
HbA1c
13.6
13.1
8.5
7.3
6.3
6.1
6.4
インスリン 朝
投与量
夕
メトホルミン
mg/dl
血
糖
(
)
20 10
8
5 3
3
0
0
0
0
0
0
0
0
0
10 10
8
5
3
0
0
0
0
0
0
0
0
0
3
750mg
1200
1000
800
600
400
200
0
メトホルミン750mg
投与開始(H23 12/6)
インスリン投与中止
(H24 1/18)
臨床経過(症例 T.Y 78歳 男性)
2/21
日付
HbA1c
インスリン
投与量
メトホルミン
mg/dl
血
糖
(
)
3/21
11.4
朝
夕
20
9.1
4/21
5/23
7.0
5.8
10
10
8
8
6
3
3
3
5
3
0
0
0
10
10
8
8
6
3
3
3
5
3
0
0
0
750mg
900
800
700
600
500
400
300
200
100
0
メトホルミン750mg
投与開始(H24 2/25)
インスリン投与中止
(H24 4/18)
Bパターン
B.メトホルミン(グリコラン)による初期寛解療法
初診時血糖が500以下の場合
メトホルミン(グリコラン)750㎎を投与する。
臨床経過(症例 Y.M. 47歳 男性)
9/21
11/12
12/16
HbA1c
10.8
8.1
6.8
メトホルミン
750㎎
500
300
)
200
1/14
3/1
6.0
5.5
メトホルミン750mg
開始 (H23 10/12)
400
mg/dl
血
糖
(
日付
100
0
H23 9/21
11月12日
12月16日
H24 1/14
3月1日
臨床経過(症例 M.H. 52歳 男性)
日付
3/17
HbA1c 8.7
メトホルミン
mg/dl
血
糖
(
)
350
300
250
200
150
100
50
0
4/14
5/12 6/9
7/21
7/19 9/5
7/24 7/23 1/14
7.8
7.0
5.6
5.3
6.0
6.3
750㎎
メトホルミン750mg
開始 (H19 3/17)
5.5
5.8
6.0
Cパターン
C. メトホルミン(グリコラン)
+アマリールによる初期寛解療法
臨床経過(症例 K.T. 42歳 男性)
HbA1c
10.2
メトホルミン
750mg
アマリール
1mg
300
250
mg/dl
血
糖
(
)
200
150
100
50
0
7.2
5.8
5.0
5.0
5/14 中止
4/12 中止
5.0
5.0
臨床経過(症例 T.K. 65歳 男性)
HbA1c 15.0 10.8
メトホルミン
750mg
アマリール
1mg×2
8.1
6.1 5.6
5.5
5.6
6.1
1mg×1
600
(mg/dl)
血 500
糖
400
300
200
100
0
グリコラン+アマリール
1mg×2投与
グリコラン+アマリール
1mg×1投与
グリコランのみ
6.2
6.1
6.0
6.0
〈初期療法の重要性〉

DM・Hybrid療法は、インスリン投与により血糖値をコント
ロールし、間食を絶対しないことにより、貯蔵インスリンを増や
し、メトホルミンの投与により、肝臓での糖新生を抑制すること
で、早期に膵臓を蘇らせ、糖尿病の薬物依存からの離脱を
図るものである。
糖尿病にとって最も重要なのは初期治療です。
初期療法を担うのは、多くは内科開業医です。
数十年来、第二世代のSU剤が第一選択されていたため、糖
尿病を一生治らないものにしてきました。
〈初期療法の重要性〉

インスリン(ノボラピット30ミックス)・メトホルミン(グリコラ
ン750㎎)・アマリール(1㎎)を適切に投与すれば、多く
の症例で寛解可能です。
第一線の内科開業医が、糖尿病初期寛解療法をマス
ターすれば、飛躍的に糖尿病の予後が改善します。
こじれた糖尿病患者を、大学院の糖尿病専門医が腕を
振るってみるようでは、もはや、手遅れの患者をどうする
か、という段階です。意識障害さえ無ければ、いくら血
糖値が高くても、外来で何の心配もなくインスリン導入
は可能です。測定不能(当院では600㎎以上)でも、と
りあえずインスリン20単位投与すればそれ以上悪化す
ることは、ありません。
〈維持療法〉

食事療法・運動療法を継続する。

必要に応じメトホルミン(グリコラン)を投与する。

similar documents