QTEM

Report
QTEM Masters Network
Quantitative Techniques for Economics and
Management
QTEMプロジェクト 経研・商研合同説明会
2014年10月24日
1
Outline
1.
Who?
参加資格
2.
What?
QTEMから得られるもの
3.
How?
応募要領
2
1. WHO?
参加資格
3
1. Which students can access QTEM?
QTEM Masters network に参加できるのは
A. 2015年4月の時点で
1. 早稲田大学経済学研究科修士課程
2. 早稲田大学商学研究科修士課程・専門職学位課程
のどちらかに在籍している大学院生
B. GMATの点数が650点以上
C. 学内選考を通過した者 (経研、商研から10名ずつ)
4
2. WHAT IS QTEM?
QTEMから得られるもの
5
QTEM から得られるもの
高度な分析技術
の修得
多様な国際経験
ビジネスや政策立
案での実務経験
6
I. 高度な分析技術の修得
• QTEM は各国トップレベルのビジネススクール・大
学院の国際ネットワークです。
• すべての参加校は、世界的にも高く評価されてい
る教育プログラムを有しています。
• 幅広い分野の講義を通じて、即戦力となる分析技
術を身につけることができます。
7
I. 高度な分析技術の修得
QTEM Modules
1. Business Intelligence
9. Marketing and Sales
2. Controlling & Accounting
10. Microeconomics, Contract & Auction Theory
3. Entrepreneurship
11. Policy-Making, Regulation and Pricing
4. Finance - Actuarial Sciences
12. Quantitative Techniques & Tools
5. Finance - Banking and Management of
Financial Institutions
13. Risk Management
6. Finance - Corporate Finance
14. Strategy ; Industrial Organization; Applied
Game Theory
7. Finance - Financial Markets and Derivatives
15. Supply Chain, Operations and Logistics
Management
8. Macroeconomic Models and Forecasting,
Computational Economics
16. Tax Management and International
Optimization Strategies
17. Organization, Society & Culture
8
II. 多様な国際経験
• QTEM参加校から2校を選んで、半年(×2回)の
留学を経験できます。
• 参加校はヨーロッパ・ロシア・中国およびオースト
ラリアに所在します。
9
II. 多様な国際経験
•
Amsterdam
•
Brussels
•
Frankfurt
•
Lausanne
•
Oslo
•
Roma
•
Porto
•
Lille, Paris
•
Zhejiang
•
Moscow
•
Melbourne
10
III. 国際的な実務経験
• QTEM には、教育機関だけでなく多くの企業も参
加しています。
• QTEM参加企業とのインタラクションや、海外企業
でのインターンシップも可能です。
11
III. 国際的な実務経験
12
QTEM のタイムテーブル
M1 春
各種必修科目の履修
数量分析科目
M1 秋
M2 春
M2 秋
早稲田大学
早稲田大学
経研・商研
経研・商研
QTEM 1
QTEM 2
 参加校の1つ目
に留学
 参加校の2つ目
に留学
早稲田大学
修士論文
経研・商研
企業インターン
学位と修了証
 300時間以上
修士学位
QTEM 修了証
13
3.HOW?
応募要領・選考方法
14
選考日程
1. 経研・商研の入試日程
※ 各研究科事務所HPを参照のこと
2. QTEM プログラム応募締め切り:2015年1月
※ それまでにGMATを受験しておくこと!
15
GMATって?
部門
内容
試験時間
Quantitative
Verbal
Analytical Writing
Assessment (AWA)
Integrated
Reasoning (IR)
選択形式の 3タイプの
計算問題
選択問題:
 読解
 推論
 文法
与えられた  グラフ解釈
論題につい  数表分析
て分析的小  資料推論
論文を書く
75 min
30 min
75 min
30 min
16
GMAT準備講座
2014年度新規開講
• 受講無料
•
•
•
•
•
2014年11月7日~12月19日 計8回
金曜 18:15~19:45(6限)
経済学研究科/商学研究科事務所にて申し込み
定員:24名(先着順)
応募締切:2014年10月27日(月)
17
3. Further information
QTEM website (www.qtem.org) :
– General information
– Course lists at each Academic Partner
("QTEM course database")
18

similar documents