講義1_PostGIS_QGIS - GeoPacific.org - ジオパシフィック

Report
PostGIS、QGIS、OGR
PostGIS、QGIS、OGR
•
•
•
PostGIS、QGIS、OGRとは
PostGISとは
QGISとは
– QGISの使い方
•
•
•
•
シェープファイルの見方
WMSデータの見方
PostGISデータの見方
GDAL/OGR (OSGeo4W.exe)とは
– メタデータの閲覧
– データフォーマット変換
– SRS変換
•
実習
– QGISを実際に使って見る
– GDAL・OGRを使って見る
•
•
ogrinfo
ogr2ogr
PostGIS、QGIS、OGRとは
GISデータ
の視覚化
QGIS
PostGIS
GISデータの変換、
メタデータの閲覧
GDAL/OGR
PostGISとは?
• 空間情報データベースの一種
– 他にはOracle、MySQL、SQLite、IBM DB2、SQL Server2008、Ingres
等がある
– このうちオープンソースは、 PostgreSQL、MySQL、 SQLite、Ingres
• 空間情報データベースとは?
– データベース上でジオメトリーオブジェクト定義し、ジオメトリー情報を
格納し、空間情報の検索やジオメトリーの操作を可能にしたリレー
ショナルデータベース
• PostgreSQLのオープンソース ライブラリとして提供
– PostGISという単独のGISソフトウェアーではない
– いうなれば、PostgreSQLを機能拡張するアドインのようなもの
他のGISとどこが違うか?
•
•
•
•
•
オープンソース(GNU General Public License)
無料
地理情報を地図として見る機能がない
ローカル、サーバ両環境で使える
さまざまなGISのバックエンドとしても使える
なぜPostGISを使うか
• オープンソースである
• 大きなデータを扱える
• ウェブマッピングなどのバックエンドで使える
– MapServer, GeoServer, GeoDjangoなど
•
•
•
•
•
GISサーバーとして使える
GISを理解する
安定
ジオメトリーへのアクセスが容易
などなど
いつPostGISを使わないか
• 地図作成
– GRASS、QGIS、MapServer、GeoServer、 市販製品、
• GISデータ入力・編集
– GRASS、QGIS、市販製品、
• GISデータ視覚化
– QGIS、GRASS、UDig、 MapServer、GeoServer、市販製品、
• ラスターデータ解析(将来可能)
– GRASS、GDAL、市販製品、
• データフォーマット変換
– GDAL/OGR、
• メタデータ閲覧
– GDAL/OGR、
PostGIS デモ
• PgAdminの紹介
QGISとは
• オープンソースGISの一つで、GISデータの視覚化、管
理、編集、分析、地図の作成などができる。
• ユーザーインターフェースが洗練されていて使い方が
簡単
• 開発速度が速い
• 多様なラスター、ベクターデータを扱える
• アドインを使うことで機能を拡張できる
• 比較的軽い
• PostGISのビュアーとして使える
• GRASSを使える
• 日本語化されている(OSGeo-Japan, 嘉山さん)
QGISによるデータの閲覧
WMSレイヤーを
ベクターレイヤー
を加える
加える
NASAのWMS
サーバにつなぐ
ファイルを選択
する
QGISによるPostGISデータの閲覧
PostGISにつなぐ
データベースを
選択し
テーブルを選択
し
加える
QGISデモ
•
•
•
•
データの表示
データ情報の検索
表示投影系の変換
アドインのインストール
– Ftoolsのデモ
GDAL/OGRとは
• さまざまなラスター(GDAL)、ベクターデータ
(OGR)を読むことを可能にするライブラリ
• データを読むだけでなく、付随するユーティリ
ティープログラムで、データフォーマットの変換、
メタデータの閲覧、座標系の変換、ラスター解析
などができる
• QGISのオンラインインストール(OSGeo4wsetup.exe)からインストールできる
• コマンドラインツール
• オープンソースGISの肥後の守
GDAL/OGRでどんなことができるか
• GDAL
–
–
–
–
–
–
–
–
–
gdalinfo – ファイル・データについての情報
gdal_translate – ラスターデータのデータフォーマット変換
gdalwarp – 座標変換
gdal_contour – 等高線の発生
gdaldem – DEMの様々な解析(陰影図、傾斜、方位など)
gdal_merge.py – モザイクの作成
gdal_rasterize – ベクターのラスター化
gdaltransform – 座標変換
gdal_polygonize.py – ラスターのベクター化
• OGR
– ogrinfo – データについての情報
– ogr2ogr – ファイルフォーマットの変換
GDAL/OGRとは
GDAL/OGRとは
• 例えば、
– ある人からシェープファイル「my_point.shp」をも
らった
– 座標系がわからない
– 自分のいつも使っている座標系(WGS84)に変更し
たい
– とりあえずデータがどんなものか、GoogleEarthで
見たい
GDAL/OGRとは
• 座標系がわからない
– ogrinfoをつかって座標系を確かめる
• 自分のいつも使っている座標系(JGD2000 / Japan
Plane Rectangular CS X, EPSG:2452)に変更したい
– ogr2ogrを使って座標系を変更する
• とりあえずデータがどんなものか、
GoogleEarthで見たい
– ogr2ogrを使ってKMLに変換する
メタデータ閲覧
ogrinfo -al -so 入力.shp
-al: すべてのレイヤーのすべてのフィーチャーをリスト
-so: 参照系、範囲などの要約されたデータのみを表示
ogrinfo -al -where “ID = 1” 入力.shp
-where: 属性値設定による検索条件の指定
座標系変換
ogr2ogr -t_srs EPSG:4326 出力 入力
.prjファイルで参照系が指定されている場合は-t_srsオプションの指定だけで変換可能。
何かしらの理由でうまく変換できない場合に-a_srsや-s_srsなどを使う
-f
: 出力ファイルフォーマットの指定
-select : 取り込む属性値の指定
-where: 取り込み条件の指定
-clipsrc: 切り取り
-nln : 新しく作られるレイヤーに別の名前をつける
-a_srs : 出力の参照系を割り付ける(アサイン)
-t_srs : 目標とする参照系
(ターゲット)
-s_srs : 元の参照系を上書き
(ソース)
ファイルフォーマット変換
ogr2ogr -f “KML” 出力.kml 入力.shp
-f: 出力ファイルフォーマットの指定
-f "ESRI Shapefile"
-f "MapInfo File"
-f "TIGER"
-f "S57"
-f "DGN"
-f "Memory"
-f "BNA"
-f "CSV"
-f "GML"
-f "GPX"
-f "KML"
-f "GeoJSON"
-f "GMT"
-f "SQLite"
-f "ODBC"
-f "PostgreSQL"
-f "MySQL"
-f "Geoconcept"
複数のベクターデータの結合
ogr2ogr -update -append 標的.shp
入力B.shp 入力C.shp
-nln 標的
-append:
既存のレイヤーにくっつける(新しく作る代わりに)
-update:
既存の出力データを開きデータをくっつける
-nln :
新しい名前に別の名前をつける

similar documents