N市 高度生物処理法(BBS)実証実験結果報告書概要版

Report
高度生物処理法(BBS)実証実験
結果報告書概要版
1
1.菌体数試験結果
2.悪臭調査結果及び抑制対応策
3.水質の状況について
・ SVI 固液分離性について
・ 窒素と水温の関係について
・ 窒素除去率等
4.脱水ケーキ発生量等
大成企業株式会社
東京都府中市八幡町2丁目7番2号
TEL:042-352-6868
FAX:042-352-6872
1.菌体数試験結果
※バチルス菌の優占化:108~109/ml
2
2.悪臭調査結果及び抑制対応策
悪臭調査結果 硫化水素計による
調査場所:重力濃縮槽----生汚泥引抜時 単位:PPM
1.水処理系における反応槽及び返送汚泥の臭気は改善さ
れています。(バチルス菌の優占化による効果:包括委託業
者様から聴取)また、悪臭発生カ所の洗い出しを行い、
平成23年8月に施設改善を図っております。
2.汚泥処理系における悪臭発生工程
①最初沈殿池(バチルス菌の優占化した活性汚泥を混合)
②重力濃縮槽(施設改善等により改善:左記データ参照)
③汚泥混合槽
④汚泥貯留槽
⑤脱水ケーキ
(バチルス菌の優占化した活性汚泥が①~⑤の汚泥処理工
程に沿って巡ることにより徐々に改善されていきます。
-----平成23年9月1日のバチルス菌菌体数試験結果
で菌体数は2.0*109個/mlとなっており、バチルス菌
の能力が向上しています。
3.悪臭発生を抑制するための対応策
①MLSSを2500mg/lまで上昇させる必要があります。
②汚泥をフレッシュな状況のまま処理することが悪臭発
生の抑制につながることから、汚泥を滞留させない管理
をする必要があります。
3
3.水質の状況について
水処理系 A系及びB系の比較
(1)SVI 固液分離性について
B-2系のMLSS濃度及び返送率について
1.H22.12-H23.5月平均
MLSS:2443mg/l
返送率:44.0%
2.H23.6-H23.9月平均
MLSS:2015mg/l
8月 :1870 mg/l
9月 :1850 mg/l
返送率:32.0%
返送率:34.0%
返送率:34.0%
※6月23日、B-1系の使用を開始
※8月 大潮による海水の流入
バチルス菌の優占化の機能を発揮するためには施
設整備の実施を含めMLSS濃度及び返送率を当初の
2500 mg/l、40%に近づけた運転管理が望まれます。
(現状の諸状況から2200~2300 mg/l とします。)
※MLSSの濃度が上昇することにより、活性汚泥中の
悪臭抑制機能の高いバチルス菌の量が増加し、悪臭抑
制対応力が増します。
4
3.水質の状況について
(2)窒素と水温の関係
窒素については、水温が低下するととも
に活性汚泥の能力も低下することにより、放
流窒素濃度が上昇することが一般的であり
ますが、実証実験後半に入りますと、水温
が低下し始めているにもかかわらず、窒素
除去は進んでおり、10mg/l以下となり始め
ております。今後も活性剤を投入することに
より、窒素が安定して処理できることになり
ます。
5
3.水質の状況について
(3)窒素除去率等
右上図 A系と比較して、バチルス菌
の優占化による汚水処理法を採用し
ている右下図 B系の水質安定が見て
取れます。また、上図のように、通常で
ありますと水温の低下とともに、窒素の
除去率も低下しますが、水温の低下に
もかかわらず、除去率は安定化してお
ります。
6
4.脱水ケーキ発生量等
給泥濃度の安定化が見て取れ、それとともに脱水ケーキ発生量の安定化しておりま
す。汚泥処理も容易になっていくものと考えております。
※バチルス菌には汚泥凝集効果及び腐敗抑制効果があります。
7

similar documents