ダウンロード - 山形大学第二外科

Report
山形大学 第二外科
臨床実習 2013年
学生実習担当 前川慶之
概要
 第二外科は心臓血管外科,呼吸器外科,小児外科グループより構成される.
 各診療班の一員として診療に参加する.
 学生用のiPadを医局に用意している.
使用は 9:00-17:00,医局図書室,カンファレンスに限る.
実習の合間に秘書に申し出,自己学習すること.
 医局,スタッフについては
当科HP (http://www.yamagata-dainigeka.jp/)を参照のこと.
 実習最終日教授総括を行う.
2週間で学習できたことをポートフォリオのファイルにまとめ,持参する.
週間予定
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
8:00CF※(術前)@7F
8:00CF @7F
8:00CF(術前後)@7F
8:00CF @7F
9:00外来・病棟
9:00病棟・手術
8:00CF(術後) @7F
抄読会
9:00外来,病棟
13:00iPad使用法
SGT (結紮or吻合法)
@医局
15:00
呼吸器総回診
[email protected]
17:00
医局会・抄読会
17:00Cancer Treatment
Board @MRI-CF
9:00病棟,手術
14:00循環器・小児総回診
貞弘教授 @7E
17:3017:30呼吸器CF
循環器CF @7E
@放射線科CF
CF※ : カンファレンス
13:00
病棟
(On call 小手術)
教授総括 @医局
※朝夕病棟回診の時刻は日々指導医に確認すること
一般病棟
 朝夕指導医と回診を行う.
 時間は各診療班の指導医に確認する.
 回診以外でも担当患者の状態が許せば積極的に問診,診察
を行ってもよい.
 総回診では,担当患者について簡潔にプレゼンテーションできる
ようにしておく.
 問診,診察時患者のプライバシーが守られるよう十分に注意を
払うこと.
 診察後速やかに電子カルテを記載し,指導医の承認を受け
る.
 診察前後,アルコール 3mLによる手指衛生を必ず行うこと.
集中治療室,ハイケアユニット
 当科で手術を受ける多くの症例が集中治療室,ハイケアユニットで術後管
理される.
 当院で集中治療を受ける患者のほとんどが当科患者である.
 生体情報監視システム,経過表などにより患者の経過を十分に把握す
る.
 スワン・ガンツカテーテルなどから得られるパラメータを十分に理解する.
 循環作動薬の作用機序,補助循環装置の原理などへの理解を深め
る.
 循環,呼吸,水電解質,栄養,神経系,感染など多岐にわたる項目
において病態を理解し,重症ケアを習得する.
 命を救うべき重症な患者に背を向ける医師になってはならない.
手術
 担当症例で手洗い,ガウンテクニックを行い手術に参加す
る.
 手術に参加した症例でレポートを作成する.
 手術室では清潔,不潔の境界を十分に理解し,術野,
清潔器械,メイヨー台を汚染しないよう十分に注意を払う.
 手術室にメモ帳以外の不要なものを持ち込んではならない.
 人数が多く手術室が狭い場合は,ラウンジのモニターで見
学する.
外来
 診療班によっては外来見学を行う.
抄読会
 抄読会は第2週月曜日17時,第2週金曜日朝に行う.
 指導医より与えられた論文を熟読し,内容を5分以内でプレゼンテーションする.
 要約(abstract)はじめ,表(table)や図(figure)を中心に説明する.
 考察(discussion)を精読し,論文の問題点について論述する.
 内容について理解が不十分な場合は早めに指導医に相談する.
 以下の項目を必須とする.
*発表者(学生)の氏名,学生番号,日付
*雑誌名(Journal:年,巻,号,頁まで分かるように)
*題名(title)*著者(author)*施設(institution)*要約(abstract)
*表(table)や図(figure)
抄読会資料の1例
発表者氏名,学籍番号
Journal
Title
A uthor
Table.1
Table.2
A bstract
Figure.1
Institution
Table.3
 論文資料はB4版で作成する.
 部数は(学生人数+医局員)
注意事項
 附属病院内は実際に患者が医療行為を受けるHospitalであって,学生のためのCampusではない.
 治療を受ける患者さん,多忙な医師のみならず,看護師はじめコメディカルの診療行為の妨げとならないよ
う注意する.
 朝CF後速やかに指導医に一日の予定を確認すること.
 指導医と連絡が取れない場合は医局もしくはPHSをcallする.
 清潔な服装を厳守する.内履きは靴音が小さいものとする.
 遅刻,無断欠席は追加履修の対象とする.
 体調不良の場合は医療機関を受診し,医局秘書を通じ指導医へ連絡すること.
 レポートは実習終了後2週間以内に提出する.提出が遅れた場合は単位不履行となる.
 診察前後に必ずアルコール 3mLで手指衛生を行う.医学生が院内感染の伝播の原因となってはならない.
 出席状況,レポート提出,実習態度を総合的に評価し,卒業試験の受験資格を附与する.
クリニカルクラークシップ
 BSLの学生(下の学年)への積極的な指導を求める.
 担当症例において,最終日スライドプレゼンテーションを行う.(10分)
 プレゼン内容は,研修医になった後の地方会発表レベルを目標とする.
 Pubmed, 医中誌による文献検索を習得し,臨床医としての情報収集能力を高める.
 実習期間,強い希望がなければ診療班は変更しないものとする.
 『次は自分がやるつもりで』
☞研修医となった時を常に意識し,創処置,ライン確保,カテーテルやドレーンの管理などを習得すること.
指導医,医局の連絡先
 医局 023 (628) 5342 構内 5342, 5343
 学生PHS 6973, 6974
心臓血管外科
貞弘教授
吉村医局長
内田
金
前川
神部
黒田
水本
渡會
6090
6099
6098
6097
6441
6364
6056
6061
6058
呼吸器外科
小児外科
大泉准教授
加藤
井上
安本
6093 中村講師
6094 太田
6893
6913
6384
6092

similar documents