BSL感染症内科レポート(CRBSI)_をダウンロード

Report
カテーテル関連血流感染症(Catheter-related bloodstream infection:CRBSI)
 CRBSIとは?
CRBSIは、カテーテルが感染源である血流感染である。感染巣は、皮膚の刺入部が感染巣やカテーテルのハブ・接続口
等である。主な起因菌は、CNS(45%) 、S.aureus(20%)、Enterococcus属(3%)、グラム陰性桿菌(25%)、Candida(6%) であり
[1]、入院患者ではCNSの約80%、S.aureusの約60%がメチシリン耐性である [2]。
 どのようなときにCRBSIを疑うか?
・カテーテル刺入部位の発赤、圧痛、膿性分泌物。ただし、感度は約3%との報告もあり[3]、カテーテル刺入部位に感染
所見がないという理由で、CRBSIを否定することはできない。
・カテーテルが刺入されている患者で、感染症を示唆する症状・所見(発熱、悪寒、戦慄、意識レベルの変化、悪心・嘔
吐・下痢といった非特異的消化器症状など)があるにもかかわらず、他の部位に明らかな感染源が見当たらない場合。
・輸液している間に発熱、悪寒、戦慄や血圧低下を突然発症したり、カテーテル抜去後に臨床症状が改善する場合。
・血液培養で上述の微生物が検出され、他の部位に明らかな感染源が見当たらない場合。
 検査・診断
カテーテルを抜去
カテーテルを温存
適応
・カテーテルがすでに不要であるとき。
・カテーテル刺入部局所の感染徴候や血圧低下、
臓器不全のような重篤な所見があるとき。
・カテーテルを温存していたが、CNS以外が検出さ
れたとき。
・カテーテル刺入部局所の感染徴候や血圧低下、臓器
不全のような重篤な所見がないとき。
※感染所見が明らかでないカテーテルを抜去しても、
そのなかの多くは感染がなく、無用なカテーテル抜去
が増える。
検査
・
診断
①末梢血からの血液培養と抜去したカテーテル
先端の培養結果が一致する。
①カテーテルからの血液培養が、末梢血からの血液培
養より2時間早く時間差を有して培養される(DTP:
differential time to positivity)。
②カテーテルから採血した血液培養が、末梢血から採
血した血液培養より3倍以上のコロニー数となる。
※カテーテルが関与している場合、カテーテルを介して
採取した血液の方が末梢血管からのそれよりも多くの
微生物を含むはずである。
※複数の血液培養の採取が等量採血されていること、
抗菌薬が投与されていないことが前提になる。
※短期留置型カテーテル…カテーテル刺入部から外
腔に沿って菌が侵入するため、半定量法(寒天培地
上でカテーテル先を4回転がし、翌日発育してくる集落の
数を数える)と定量法(カテーテル内腔を3回洗浄し、その
洗浄液を定量培養する)で評価する。
長期留置カテーテル…ハブから内腔への感染が重
要なため定量法で評価する。
※CRBSIが疑われない時は、カテーテル培養は提出
しない。
 治療
CRBSIの経験的治療として、バンコマイシンが推奨されている。重篤な場合は、緑膿菌などのグラム陰性菌やカンジダを
同時にカバーする。 カテーテルを抜いただけで解熱して改善したとしても、CRBSIの診断が確定した場合には、抗菌薬を
投与する。カテーテルを温存した場合は、抗菌薬の全身投与に加えて、カテーテル内に高濃度の抗菌薬を満たしてバイ
オフィルム内の細菌感染を治癒させる、抗菌薬ロック療法を併用する方法もある。
 合併症
有効な抗菌薬が投与されているにもかかわらず、72時間以上も発熱や菌血症が持続する場合には、化膿性血栓性静
脈炎、感染性心内膜炎などのCRBSIによる合併症の存在を考慮する。
 予防
感染予防戦略をまとめたバンドルを実施する。カテーテルが必要か否か毎日評価し、不要ならすぐに抜去する。末梢静
脈カテーテルは96時間ごとに新たな部位に差し替えるが、中心静脈カテーテルの定期的な入れ替えは推奨されない。
参考文献
1) Miguel Marcos, Alex Soriano, Amaia Inurrieta, et al. Changing epidemiology of central venous catheter-related bloodstream infections:
increasing prevalence of Gram-negative pathogens. J Antimicrob Chemother 2011; 66:2119-2125.
2) 感染症レジデントマニュアル(藤本卓司著, 医学書院, 2004) p.119~123, 241, 247
3) Safdar N, Maki DG, et al. Inflammation at the insertion site is not predictive of catheter-related bloodstream infection with short-term,
noncuffed central venous catheters. Crit Care Med. 2002;30(12):2632.
4) Leonard A. Mermel,1 Michael Allon,2 Emilio Bouza, et al. Clinical Practice Guidelines for the Diagnosis and Management of Intravascular
Catheter-Related Infection: 2009 Update by the Infectious Diseases Society of America. Clin Infect Dis 2009; 49:1.
5) 感染症診療ガイドライン総まとめ(岩田健太郎編, 総合医学社, 2010) p.130~136
6) レジデントのための感染症マニュアル第2版(青木眞著, 医学書院, 2007) p.629~640

similar documents