パーキンソン病とは…

Report
20.パーキンソン病
Parkinson Disease
16.伊藤慶人
40.阪口愛祐
64.中川大佑
88.前田光毅
パーキンソン病とは…
• 中高年を中心に発症する錐体外路性疾患
• 黒質線状体路のドパミン含有ニューロン
の喪失によって起こる
パーキンソン病の症状
• 安静時振戦・筋固縮・無動・姿勢保持障害
• 自律神経障害・仮面様顔貌・小字症など
パーキンソン病の治療原理
• GABAニューロンを
ドパミンは抑制的に
アセチルコリンは興奮的に
調節することで、運動をコントロールしている
→パーキンソン病患者はドパミンの減少とそれにと
もなうアセチルコリンの増加が起きている
パーキンソン病の治療原理
したがって
• ドパミンの作用の増強
• アセチルコリンの作用の抑制
この二つが薬剤治療の基本となる
①比較的初期に振戦が目立つ場
合
1) アーテン錠(2)0.5錠 分1
2) 処方例1)に加えてセルシン錠(2)3錠
分3を追加
アーテン錠
• 一般名:塩酸トリヘキシフェニルジル
• 作用機序:中枢性抗コリン作用によって、線条体
アセチルコリン神経の機能を抑制し、その結果、
振戦・筋硬直などの初期症状に効果がある。
• 用途:特発性パーキンソニズム、その他のパーキ
ンソニズム、向精神薬投与によるパーキンソニズ
ム、ジスキネジア、アカシジア
アーテン錠(塩酸トリヘキシフェニ
ルジル)
• 禁忌:本剤の成分に過敏症の既往歴のある患者、緑内
障の患者、重症筋無力症の患者
• 相互作用:抗コリン作用を有する薬剤、中枢神経抑制
剤、他の抗パーキンソン病治療薬
• 副作用:抗コリン作用による諸症状、悪性症候群など
セルシン錠
• 一般名:ジアゼパム
• 作用機序:GABA受容体の一部に結合し、GABAの
持つ抑制作用を増強し、鎮静作用をもたらす。
• 用途:不安障害、痙攣薬、筋弛緩、アルコール離
脱。
セルシン錠(ジアゼパム)
• 禁忌:急性狭隅角緑内障、重症筋無力症、リトナ
ビルとの併用は禁忌。
• 相互作用:飲酒により作用が増強する。
• 副作用:眠気、注意力・集中力・反射運動能力の
低下、薬物依存、呼吸抑制
②比較的初期で無動が目立つ場合
無動とは・・・
動作の開始が困難となる・動作がゆっくりとし、小さくなる症状。
寝返りを打てない
小字症
動くまでに時間が
かかる・動きが
ゆっくりになる
仮面様顔貌
(瞬きが少なく
大きく見開いた
目・表情に乏し
い顔貌)
細かい動作
が困難にな
る
すくみ足・
小刻み歩行
小声症
②比較的初期で無動が目立つ場合
→ドパミン作用を補強する
処方例
1) パーロデル錠(2.5)
6錠 分3
必要に応じて、ナウゼリン錠(2.5) 3錠 分3
を追加
2) シンメトレル錠(50mg)
1錠 分1
②-1) ブロモクリプチン(パーロ
ドパミン受容体刺激薬
デル錠)
麦角アルカロイドから発展した、選択的D2受容体アゴニス
ト
作用機序
黒質線条体のD2受容体に結合し、直接受容体を刺激する
ことで症状を改善する。
禁忌
麦角アルカロイド過敏症、妊娠中毒症、産褥期高血圧、
心エコーにより、心臓弁膜の病変が確認された患者
②-1) ブロモクリプチン(パーロデ
ル錠)
副作用
•
消化器系症状(悪心・嘔吐・食欲不振など)
•
精神神経系症状(幻覚・妄想など)
•
その他―起立性低血圧、悪性症候群、心臓弁膜症など
最も一般的な副作用は、悪心・嘔吐などの消化器系症状
(CTZのD2受容体に結合して、嘔吐中枢を刺激するため)
→ナウゼリン錠を服用することで改善されることが多い。
②-1) ドンペリドン(ナウゼリ
ン錠)
ドパミンD2受容体拮抗薬
作用機序
CTZのD2受容体を遮断し、嘔吐中枢に刺激が伝わらないように
することで制吐作用を示す。
禁忌
過敏症、妊婦、消化管出血・消化管穿孔・機械的イレウス、
プロラクチン分泌性下垂体腫瘍の患者
副作用
•
•
消化器系症状(下痢など)、内分泌系症状(女性化乳房など)
その他―稀に、錐体外路症状など
②-1) ドンペリドン(ナウゼリ
なぜD2受容体拮抗薬であるドンペリドンを用いてもよい
ン錠)
か?
→ドンペリドンは、BBBを通過しないため
ブロモクリプチン
ドンペリドン
CTZ のD2 受容体に結合
BBB
黒質線条体の D2 受容
体に結合・刺激
嘔吐中枢の刺激
パーキンソン病症状の軽減
嘔吐
②-2) アマンタジン(シンメト
作用機序
レル錠)
黒質線条体のドパミン作動性ニューロン神経終末において
ドパミン放出促進・再取り込み抑制・合成促進
→ドパミン濃度が上昇し、症状が改善
※個人差が著明
また、ジスキネジア(不随意運動)を軽減するとの報告もある。
禁忌
透析を必要とするような重篤な腎障害患者、妊婦、授乳婦、過
敏症
副作用 (比較的少ない)
精神神経系症状(幻覚・妄想など)、消化器症状、悪性症候
群など
ケースⅢ 中等度以上の場合
①ネオドパストン錠(100mg)を半錠から始めて3-4
日ごとに半錠ずつ、3-4錠/日まで適宜増量する。
②効果不十分な場合には、パロテール錠(2.5mg)
3-6錠/日またはペルマックス錠(50mg)3-6錠/日
をゆっくり漸増しながら追加する。さらに必要な
場合は、アーテン錠、シンメトレル錠を追加する。
ネオドパストン錠
一般名:レボドパ・カルビドパ水和物
レボドパはドパミンの前駆物質であり、脳血液
関門を通過するので、脳内のドパミン濃度を直
接増加させることができる。
カルビドパは末梢性ドーパ脱炭酸酵素阻害(DCI)
であり、脳血管関門を通過する前のレボドパが
ドパミンに変換され、通過できなくなることを防ぐ。
以上よりドパミン不足を補い効果を発揮する。
ネオドパストン錠
・副作用
吐き気・嘔吐・食欲不振などの消火器系症状
幻覚・錯乱・抑うつなどの精神系症状
wearing-off現象、on-off現象、updown現象、悪性症状など
・禁忌
閉塞隅角緑内障、過敏症の既往歴、非選択的モノ
アミ
ン酸化酵素阻害薬投与中の患者。
ベルマックス錠
一般名:ペルコリド
パーロテル錠と同様、麦角系のドパミンアゴニ
ストであり、主にドパミンD2受容体に結合する
ことで直接受容体を刺激し、ドパミン神経作用
を促進することにより症状を改善する。
ペルマックス錠
・副作用
吐き気・食欲不振などの消火器系症状
幻覚・妄想などの精神系症状
悪性症候群・心膜炎・胸膜炎・間質性肺炎
・禁忌
心膜弁膜に異常がある患者
過敏症を有する患者

similar documents