アグリバイオ用照明による葉菜類の実証栽培

Report
アグリバイオ用照明による
葉菜類の実証栽培
2014年9月29日JPC関西定例講演会
シーシーエス株式会社
光技術研究所
秋間 和広
Copyright© 2014 CCS Inc.
会社紹介
企業理念:光を科学し、社会に貢献する
マシンビジョン(画像処理)分野
アグリ分野
美術館・博物館 メディカル分野 デバイス分野
分野
Copyright© 2014 CCS Inc.
アグリ分野の取り組み
2003年
単波長を中心に植物の基礎的な
光反応に関する研究
2005年
研究機関向けLED照明の販売開始
2006年
植物工場における
実証栽培試験開始(光源はHf蛍光灯)
2011年
LED照明の植物工場における実証栽培試験開始
2012年
フィリップス製品の販売を開始(LED Horti Partner契約)
LED照明に合わせた栽培方法の検証
Copyright© 2014 CCS Inc.
植物工場(栽培)に必要な4つの環境
光環境環 :光強度、光質(波長)、照射時間(日長)、照射時期など
空気環境 : 気温、湿度、CO2濃度、風速など
水環境環 : 肥料濃度(EC)、pH、水温、流速、水深など
栽培環境 : 栽植密度、栽培日数、品種など
各環境が成長に及ぼすイメージ
下限に引っ張られる
生
長
限
界
光環境
水環境 空気環境 栽培環境
成長に影響を与える要因を複合的に考慮することが重要
Copyright© 2014 CCS Inc.
光環境と植物応答
≪植物にとって重要な光反応≫
1光合成
葉緑体において光のエネルギーを利用して、
二酸化炭素と水から有機化合物(炭水化物)を合成する反応
2光形態形成
植物の形態的な変化が、波長、強さ、照射時間などの
違いによって制御される反応
3光周性
植物の代謝活動、生長、開花、塊茎形成などが
1日の昼夜の長さ(光周期)によって影響される反応
Copyright© 2014 CCS Inc.
フィリップス植物栽培用LED照明
GreenPower LED プロダクションモジュール
光量子束:50 mmol s-1
長さ:1.2m
消費電力:28~32W
「植物の光反応」と
「実生産のニーズ」が
良く考慮された製品
防塵防水性能:IP66
平均寿命:50,000 h(光量子維持率70%時点)
Copyright© 2014 CCS Inc.
植物栽培用LED照明栽培
(白色)
(赤+青)
(赤+青+緑) (赤+青+遠赤)
緑色光は成長にとって、
マイナスとはならない
遠赤色光は葉の拡大
(形態形成の変化)を引き起こす
ことで重量が増加する
Copyright© 2014 CCS Inc.
LED照明に合わせた培養液処方
基準処方
チップバーン発生率(%)
100%
■重度チップバーン
■中度チップバーン
80%
■軽度チップバーン
60%
■チップバーンなし
40%
20%
0%
蛍光灯
1/4K通期処方
チップバーン発生率(%)
100%
DR/B
栽培光源
DR/B/FR
1/6K通期処方
1/8K通期処方
80%
60%
40%
20%
0%
蛍光灯
DR/B
栽培光源
DR/B/FR
蛍光灯
DR/B
栽培光源
DR/B/FR
蛍光灯
DR/B
栽培光源
DR/B/FR
図.K低減培養液処方がサンチュのチップバーン発生程度に及ぼす影響(n=30)
K濃度が低い処方ほど、チップバーン抑制効果大
特に、DR/B/FRにおける抑制効果が高い
Copyright© 2014 CCS Inc.

similar documents