pptx

Report
有限クォークおよび有限アイソスピン化学ポテンシャル
におけるQCD相図
arXiv:hep-ph/1005.0910
佐々木崇宏
境祐二、河野宏明A、八尋正信
九大理、佐賀大理工A
2010.8.9@パノラマランド木島平
三者若手夏の学校 原子核パート 研究会
目次
・導入
QCD相図、アイソスピン化学ポテンシャル
・定式化
PNJL模型、平均場近似、熱力学ポテンシャル
・計算結果
・まとめ
2/15
QCD相図
温度
T
格子QCD計算に
「符号問題」
クォーク化学ポテンシャル
3/15
八尋正信氏 講演スライド(8月6日)より
4/15
アイソスピン化学ポテンシャル
T
格子QCD計算可能
一般には
5/15
定式化
・PNJL模型
・平均場近似
・熱力学ポテンシャル
6/15
PNJL模型
Polyakov-loop extended Nambu-Jona-Lasinio
模型
クォークの運動
接触相互作用
グルーオン
スカラー型8点相互作用を導入
Y.Sakai et al. Phys. Rev. D79,096001 (2009)
7/15
PNJL模型
パラメーターセット
Polyakov ポテンシャル
実験量
格子計算
S.Roessner, C.Ratti, and W. Weise,Phys.Rev.D 75, 034007 (2007)
8/15
平均場近似
平均場
⇒ カイラル対称性の破れ
⇒ 超流動状態
⇒ 非閉じ込め
9/15
熱力学ポテンシャル
を決定
10/15
計算結果
8点相互作用の「あり」と「なし」を比較。
・
・
の
平面
の3次元相図
11/15
平面
:格子計算が可能
QGP相
通常相
三重臨界点
(TCP)
超流動相
・「8点あり」の結果が、格子計算を再現
・TCPが低
側へ移動
J. B. Kogut and D. K. Sinclair, Phys. Rev. D 70, 094501 (2004)
12/15
3次元相図
の相転移面
TCP
超流動相
13/15
3次元相図
の相転移面 + カイラル・閉じ込め
CEPとTCPが合流
TCP
臨界端点
(CEP)
14/15
まとめ
・ 8点相互作用を加えたPNJL模型で、空白の入
れ方
の3次元空間で相構造を計算した。
・ この模型は、
平面で格子計算を
満足する。
・ 8点の相互作用により、CEPとTCPの動きに
定性的変化が起こる。
15/15

similar documents