1 - qwik.jp

Report
ASE 2011 Software Model Checking
• 論文1
– Identifying Future Field Accesses in Exhaustive
State Space Traversal
Pavel Parizek and Ondrej Lhotak
1
概要
• 内容
– モデル検査の効率化
• モデル検査:自動検証手法
– システムの取り得る状態を網羅的に探索
• 研究の対象
– 検証対象
• Java のマルチスレッドプログラム
– モデル検査器
• Java PathFinder (JPF)
2
Java PathFinder
• In-Situ モデルチェッカー
– 実装をそのまま検証
• 独自のVM上でプログラムを制御/実行
• 考慮が必要なスケジューリングを実行
– スレッドで共有しているオブジェクトが更新された場合、可能
なスレッド切り替えをすべて考慮
Thread 1
A, B, C: 命令列
A
sharedObj.set(foo);
sharedObj.set(foo);
C
B
C
C
sharedObj.get();
B
A
Thread 2
C
A
B
B
3
状態削減のアイデア
• 観察
– 共有しているオブジェクトでも、将来、他のスレッドが
実際にアクセスするとは限らない
• 現在のJPFでは、参照をたどってアクセス可能なオブジェクト
は共有されていると判断
– Conservative Approximation
• アプローチ
– 現状態で更新しようとしているオブジェクトのフィール
ドを、他のスレッドが将来アクセスする可能性がある
かどうかを、静的解析をつかって調べる。
– アクセスされないのであれば、ローカルな処理と見な
せるので、コンテキストスイッチを考慮しなくてよい。
4
状態削減のアイデア
Thread 1
A, B, C: 命令列
A
sharedObj.set(foo);
A
Thread 2
C
B
C
C
sharedObj.get();
C
A
B
B
B
sharedObj.set(foo);
Thread 1
A, B, C: 命令列
A
sharedObj.set(foo);
B
sharedObj.set(foo);
Thread 2
C
A
B
C
C
A
C
B
5
静的解析手法
• Field access analysis
– CFGを利用
• Pointer analysis
– 同じインスタンスかどうかを判定
• Immutable fields analysis
– フィールドがimmutableかどうかを判定
6
結果
• 実装
– 様々な静的解析法をJPFに導入
– WALA library を用いて実装
• 実験
– 7つのプログラムへ適用
• 結果
– Field access analysis が有効
– Pointer analysis はだめ
• ほとんど寄与しない
– Immutable fields analysisは効果が少ないが、コストも少ない
• 感想
– JPFはJava Memory Modelを仮定していない。
– Synchronizedでロックを取るような行儀のよいプログラムでも効果が
あるか?
7
ASE 2011 Software Model Checking
• 論文2
– Model Checking Distributed Systems by
Combining Caching and Process Checkpointing
Watcharin Leungwattanakit, Cyrille Artho,
Masami Hagiya Yoshinori Tanabe and
Mitsuharu Yamamoto
8
概要
• 内容
– 外部プロセスと相互作用するプログラムのモデル
検査
– JPFによる実装
• 基本方針
– SUTのみJPF上で実行
• スケーラブル
• Peerがjavaである必要
がない
SUT: System Under Test
Peer 1
SUT
Peer 2
9
提案手法
• Process Checkpointing
– 外部プロセス(peer)の応答が非決定的であった場合の
取り扱い
• 例.鍵交換 (例. Diffie-Hellman)
– 乱数値を送信
• IO Caching (ASE’09)
– SUTの非決定性の扱い
• SUTの状態がバックトラックした際、Peerをリスタートしてキャッシュ
した送信メッセージを再送し、Peerの状態もバックトラックする
JPF Model
Checker
SUT
C
a
c
h
e
Peer 1
Peer 2
Checkpointing Environment
10
Process Checkpointing
• Checkpointing
– プロセスの状態を二次記憶に保存し、その状態
からのリスタートを可能にする
– チェックポイントをとるタイミング (1 or 2)
1. 非決定性の原因となるシステムコール発生時
– time (乱数のシード値となりうる), read (/dev/randomなどを読
む)
– 必要なときだけチェックポイントをとるため、オーバーヘッド小
2. ネットワークIOオペレーション発生時
– Peerのバックトラック時に、リスタート+メッセージ再送の手間
が不要
11
結果
• 実装
– Process CheckpointingはDMTCPを利用
• 実験
– 5種類のアプリケーションの検証を実行
• 実験結果
– Peerが決定的でcheckpointingを使わない場合とくら
べて、実行時間が1分を超えるような例では、実行時
間はそれほど遅くならない
• 多くて10%の増加
– 前頁の2つのチェックポイントのとり方による差はほと
んどない
12
ASE 2011 Software Model Checking
• 論文3
– Supporting Domain-Specific State Space
Reductions through Local Partial-Order
Reduction
Peter Bokor, Johannes Kinder, Marco Serafini and
Neeraj Suri
13
概要
• 半順序簡約(Partial Order Reduction)の新しい手法
の提案
– POR
• モデル検査における主要な状態削減手法
– SPIN、LTSAなどのモデルチェッカーで実装
• 互いに依存していない並行トランジションがある場合に、検証に
必要なものだけを考慮
a
1
b
[c = 1] t1
2
c
1
t2
[a = 1 & b = 2] t3 2,1,1
t2
2
t1
1
1,1,1
2
1,2,1
t1
t2
2,2,1
t3
1,2,2
14
Partial Order Reduction
• 各状態で検証に必要なトランジションだけを
考慮
• どのトランジションを選ぶかが重要
正しい簡約
t1
t2
全体の遷移系
t1
1,1,1
t2
t2
2,1,1
t1
2,2,1
t3
誤った簡約
1,2,1
t2
t1
t3
1,2,2
t1
t2
t2
t1
t3
15
提案手法LPOR (Local POR)
• 単純な遷移選択方法
– トランジションのローカルな情報だけで選択
– 言語、フォーマリズムに容易に適用可能
• 論文では分散システムのモデルへ適用
• 保存される性質
– デッドロック
– インバリアント (詳細はテクニカルレポート)
– 時相論理CTL*_x (詳細はテクニカルレポート)
16
実験と結果
• MP-Basset モデルチェッカーに適用
– 著者らによるJPFベースのモデルチェッカー
• 3種類のフォールトトレラント分散アルゴリズムに
適用
– プロセス数 5~7
• 結果
– 何もしない場合に比べて大幅に状態数・時間を削減
(90%に達する場合も)
– Dynamic POR(別手法)よりも、モデルにエラーがない
場合(全探索が必要な場合)は高速
17

similar documents