教育の情報化の推進のための取り組み

Report
平成25年度 千葉県小学校長研究協議会 第10分科会 情報教育
(情報を選択・活用し,自ら発信する子どもの育成を目指す情報教育と校長の役割)
教育の情報化の推進のための取り組み
― 現状と方向性の両面からみた
教育の情報化推進への本校の取り組み-
提案者 柏市立中原小学校
西田
光昭
教育の情報化の推進のための取り組み

中原小学校の概況

柏市教育委員会の環境整備の中で
学習指導要領から見る教育の情報化
 校長としての取り組み




バランスのとれた教育の情報化の推進
情報活用能力の育成
情報モラルの育成
2020年に向けて
 学校CIOとしての校長の役割

柏市立中原小学校
昭和50年創立 39周年
柏市


千葉県の北西部
利根川沿い
柏市
人口 406,395人
小学校 42校
中学校 20校
高等学校 1校
柏市の教育基本構想

H24~9年間
「自他を尊び 支え合い,学び合い,高め合う 教育」
目指す子どもの姿
かけがえのない自分という存在を大切にする、心身ともに健康な子
ども
他者を尊重し、思いやり、社会の一員として協力し合える子ども
課題を乗り越えようとする心を持ち、生涯にわたり学び続ける基礎を
身に付けた子ども
目指す学校・教職
員の姿
子どもたちが学び合う場として、教育活動を組織的に実践し、家庭や
地域から信頼され、支えられる学校
教育者としての愛情と使命感を持ち、相互に力量を高め合い、連携
協力して課題を解決する教職員
すべての教育の出発点として、愛情と自信を持ち、自立に向けた子
期待される家庭、地 どもの心身の発達を支える家庭
域の姿
学校や家庭との協力のもと、積極的に教育に関わり、子どもたちの
健全な成長を支える地域
中原小学校はどんなところ?
新柏駅
中原小
中原小の子どもは



落ち着いた地域環境
上位児が多く,保護者からの望みも高い
体験の重視
全国平均との差
正答
基礎
活用
国
語
2年
3年
全国平均との差
4年
5年
正答
6年
基礎
平均
活用
算
数
2年
3年
4年
5年
6年
平均
中原小の子どもは

体験の重視
中原小の職員は
ミドルリーダー不
在
8
7
6
5
4
3
2
1
0
20~25
25~30
30~35
35~40
40~45
45~50
50~55
55~60
10
8
6
4
2
0
女
男
職員のICT活用指導力の状況
H25年度初 ICT活用指導力実態調査
0%
A
10%
20%
30%
40%
50%
60%
中原小
70%
80%
90%
100%
準備
B 使った
指導
C 活用力
育成
D 情報モ
ラル
E 校務
よく
まあまあ
どちらかというと
全く
柏市立中原小学校
学校教育目標
新しい時代(21世紀)を担う,
知性と特性を備えた
人間性豊かで自律した
子どもの育成をめざす。
○
○
○
思いやりのある子(徳)
がんばり通す子 (体)
進んで 学ぶ子 (知)
平成25年度
平成25年度の重点
熱中する子ども
~教師のやる気が子どもを育てる~
プラスに目を向けさらに伸ばす
学力像を明確にし,迫る方法を検討
する
黙っていてもやることをつくる
上位児の学力
ICT活用の日常化
相手や自分を大切にする子を育てる
ピアサポート 交流,共同学
習
いじめの早期発見・対応
情報の共有と積極的広報
説明することで理解を得る
家庭と情報を共有する
時間 あいさつ 言葉
規律
清潔,整理,整頓
学習
元気な教
教育の情報化の推進のための取り組み

中原小学校の概況

柏市教育委員会の環境整備の中で
学習指導要領から見る教育の情報化
 校長としての取り組み




バランスのとれた教育の情報化の推進
情報活用能力の育成
情報モラルの育成
2020年に向けて
 学校CIOとしての校長の役割

学習指導要領に見る教育の情報化
教育の情報化の3つの柱
児童生徒が身につける力
情報活用能力
情報モラル
わかりやすい授業
校務の効率化
学習内容の定着
指導方法の工夫改善
学習を支え,質の向上
情報活用能力の育成
情報活用能力の育成
情報活用能力の調査

http://www8.cao.go.jp/youth/youth-harm/kentokai/14/pdf/s8-2.pdf
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2012/06/15/1322132_1_1.pdf
指導要領に見る情報活用能力
配布資料
表2-1
柏市の教育ネットワーク
www-i
Proxy
メール
ML 内部
10系
V-LAN 外向け
データセンター
グローバル
スクールメール
web
V-LAN
内部
スクールメール
FW
Internet
外向け グローバル
www-o
ル
blog ACTIVEメー
沼南庁舎FW
メールハブ
10系
学校ルータ 892J
35系
本体
ルータ AR550
V-LAN
33
コンテンツ
事務系
33系 34系
SA@,ネットモラ
ル
DB, Te-compass
ファイルサーバ
研修系
PC室
普通教室
職員室
東部地区中学校
学校ルータ 892J
生徒系
PC室
普通教室
中学校は学習用のみ
ファイルサーバ
職員室
ファイルサーバ
職員系
柏市のITアドバイザーによる支援
教育の情報化の推進のための取り組み

中原小学校の概況

柏市教育委員会の環境整備の中で
学習指導要領から見る教育の情報化
 校長としての取り組み




バランスのとれた教育の情報化の推進
情報活用能力の育成
情報モラルの育成
2020年に向けて
 学校CIOとしての校長の役割

3つの柱のバランス

ICTを活用した学習指導の日常化
•
•
•
•
授業の目標達成のため
必要な時に使う
実物投影機
デジタル教科書
3つの柱のバランス

ICTを活用した学習指導の日常化
課題
• 学力定着のための指導
• フラッシュ型教材
• デジタルドリル・小テスト
3つの柱のバランス

教育の質的向上のための校務の情報化
• 情報の共有
• 情報の一元化
3つの柱のバランス

教育の質的向上のための校務の情報化
•
•
•
•
学校Webの広報
リアルタイム性
スクールメール
評価への活用
課題
教職員の共通理解
誰もが知らせる
情報活用能力を育てる

ICT機器を扱う基本的なスキルの育成
情報活用能力を育てる

ICT機器を扱う基本的なスキルの育成
• ITアドバイザーの支援
• 計画的に毎年重ねていく
• 目標のためのスキルの取得
情報活用能力の育成

情報活用そのものの指導(ICTスキル以外)
情報活用能力の育成

情報活用そのものの指導(ICTスキル以外)
• 各教科の学習の中に位置づけられている
• 総合的な学習の時間で活用する場面がある
情報活用能力の育成
課題
• 意図をしないと落としてしまう。
• 情報活用能力
= ICT活用能力の誤解がある
情報モラルの育成

学年毎の継続的な指導
• ITアドバイザーの支援
• コンテンツの活用
情報モラルの育成

モデルカリキュラムに沿って
情報モラルの育成
「情報社会を生きぬき,健全に発展させていく上で,
すべての国民が身につけておくべき考え方や態度」
(日常)モラルの側面
心を磨く
1情報社会の倫理
2法の理解と遵守
5 公共的なネットワーク社会の構築
安全の側面
知恵を磨く
3 安全への知恵
4 情報セキュリティ
情報モラルの育成

落とすことのないように
情報倫理
道徳
国語
総合
社会
学級活
動
情報安全
情報モラルの育成

落とすことのないように
• モラル検定の活用
チャットいや
メールマナー
140
なこと
責任ある情… 120120
著作権web
友だちへの不
100
100
信憑性
満
8080
フィルタリ…
フィルタリン
グ
60
60
40
40
20
20
0
0
チェーン…
著作権web
ネット依存
携帯メール
個人情報アン
情報信憑性
ケート
携帯マナー
パスワード
著作権許諾
著作権CD
掲示板個人…
チェーンメー
ル
6年
5年
情報モラルの育成

保護者とともに考えていく
平成24年度
教育ミニ集会より
教育の情報化の推進のための取り組み

中原小学校の概況

柏市教育委員会の環境整備の中で
学習指導要領から見る教育の情報化
 校長としての取り組み




バランスのとれた教育の情報化の推進
情報活用能力の育成
情報モラルの育成
2020年に向けて
 学校CIOとしての校長の役割

2020年に向けて


情報を日常的に扱う場面
どう取り組んでいくかの検証
2020年に向けて


情報を日常的に扱う場面
どう取り組んでいくかのトライ
教育の情報化の推進のための取り組み

中原小学校の概況

柏市教育委員会の環境整備の中で
学習指導要領から見る教育の情報化
 校長としての取り組み




バランスのとれた教育の情報化の推進
情報活用能力の育成
情報モラルの育成
2020年に向けて
 学校CIOとしての校長の役割

学校CIOとしての校長の役割


学校CIO(chief information officer)
情報化戦略を立案、実行する責任者
教育委員会との連携,分担
参考

教育の情報化に関する手引き P234
学校CIOとしての取り組みの確認
「『学校の情報化』に向けた管理職のアクション」の自己評価
情報を選択・活用し,自ら発信する子ども
の育成を目指す情報教育と校長の役割

情報活用能力を育てるための教育課程編制の
あり方について



ICTスキルの育成と,非ICTの情報活用能力の
両面からの取り組み
計画的に毎年重ねていく
目標のためのスキルの取得
 各教科の学習の中に位置づけられている
 総合的な学習の時間で活用する場面がある
情報を選択・活用し,自ら発信する子ども
の育成を目指す情報教育と校長の役割

情報モラル・マナーを高めるための体制作り
のあり方について




モデルカリキュラムに沿った学年毎の継続的
な指導
コンテンツの利用と,ITアドバイザーの支援
落とすことがないように,モラル検定の活用
保護者とともに考えていく
平成25年度 千葉県小学校長研究協議会 第10分科会 情報教育
(情報を選択・活用し,自ら発信する子どもの育成を目指す情報教育と校長の役割)
教育の情報化の推進のための取り組み
― 現状と方向性の両面からみた
教育の情報化推進への本校の取り組み-
提案者 柏市立中原小学校
西田
光昭

similar documents