詳しくはこちらへ - 国立病院機構大牟田病院

Report
国立病院機構大牟田病院
神経内科の臨床と剖検
国立病院機構 筑後病院・大牟田病院
2001年4月~2004年11月
2004年12月(統廃合)~現在
筑後病院
大牟田病院
大牟田病院の現在の病床数
神経難病 ・・・・・・・・・・・・・100床
筋ジストロフィー ・・・・・・・ 80床
呼吸器科・呼吸器外科 ・・120床
結核 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20床
重症心身障害児(者) ・・・ 80床
計
400床
神経内科が担当
疾患別入院患者数内訳 (全172名)
国立病院機構大牟田病院(某月某日)
ALS・・・25名 (人工呼吸器装着18)
多発性硬化症・・・4
パーキンソン病・・・24 (1)
スモン・・・3
脊髄小脳変性症・・・6 (1)
HAM・・・2
多系統萎縮症・・・8 (2)
ADEM・・・1
進行性核上性麻痺・・・7 (1)
多発筋炎・・・2
大脳皮質基底核変性症・・・3
プリオン病・・・1
レビー小体型痴呆・・・6
CIDP・・・1
遺伝性痙性対麻痺・・・5
ウイルソン病・・・1
歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症・・・1
その他・・・6
ハンチントン病・・・2
脊髄性筋萎縮症・・・2
筋ジストロフィー ・・・62 (21)
筑後病院・大牟田病院(神経内科)における剖検数
2001年~2011年
筑後病院
年
剖検数
死亡退院
患者数
2001 2002 2003
2
3
6
大牟田病院
2004 2005
7
2006 2007 2008 2009 2010 2011
6
7
8
7
7
13
10
20
34
31
18
29
32
36
剖検率 : 29.0%
計
76
病理診断別症例数 (全76例)
症例数
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
26
多系統萎縮症(MSA)
11
進行性核上性麻痺(PSP)
8
パーキンソン病(PD)
5
脊髄性進行性筋萎縮症(SPMA)
4
脊髄小脳変性症(SCD)
3
(SCA3:2,CCA:1)
レビー小体型認知症(DLB)
2
アルツハイマー病(AD)
2
大脳皮質基底核変性症(CBD)
1
ハンチントン病(HD)
1
PD + PSP
1
PSP + CBD
1
その他
17
疾患別、死亡退院患者数と病理診断症例数
(2005年~2011年)
死亡退院 病理診断
患者数
患者数
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
44
21
パーキンソン病(PD)
21
5
多系統萎縮症(MSA)
21
8
進行性核上性麻痺(PSP)
12
5
脊髄小脳変性症(SCD)
8
1
レビー小体型認知症(DLB)
4
2
アルツハイマー病(AD)
3
2
大脳皮質基底核変性症(CBD)
3
1
SPMA
3
2
PSP + CBD
2
1
PD + PSP
1
1
Creutzfeldt-Jakob病(CJD)
8
1
筋ジストロフィー
37
1
その他
33
7
200
58
計

similar documents