Macでもサンプル動きました(容積脈波)

Report
指尖容積脈波の測定プログム
Macでの動作報告
草野勉
(東京海洋大学)
サンプルがMacでも動きました
• もし自分と同じ原因でエラーになっているひと
には有効な対策かもしれないので、参考まで
に報告いたします。
大前提
• ArduPV -> PV_Processing_140830フォルダ内
のsettings.txtのポート名を、自分の環境に合
うように編集すること。
この名前が
Arduino IDEで
書き込みをするときに
Tools -> Serial Port
で選択したものと
一致するようにする。
問題の原因
• アプリケーションのデータを一時保存するフォ
ルダの書き込み権限が、デフォルトでオフに
なっている。
– /Users/ben/Library/Saved Application
State/net.java.openjdk.cmd.savedState/
• 一回目にサンプルを実行するときに、指定し
ているにもかかわらず、シリアルポートを認識
しない
解決策
• 一時ファイルの保存先の書き込み権限を、一
時的に有効にする
– 方法は後述
• Processingを起動した後に、Arduinoを接続、
または、サンプルの実行がエラーになったら
Arduinoを挿し直す。
一時データ保存先?の
書き込み権限を許可する
2014-09-11 10:43:34.123
java[244:4207] Persistent UI failed to open file
file://localhost/Users/ben/Library/Saved%20Application%20State/net.java.openjdk.
cmd.savedState/window_1.data: No such file or directory (2)
このようなエラーに有効のようです。
一時データ保存先?の
書き込み権限を許可するには
1. Finder -> 移動 -> フォルダへ移動
2. フォルダの場所として、
~/Library/を選択
3. 「Saved Application State」というフォルダを
右クリック(control+クリック)
4. 「情報を見る」をクリック
5. 「共有とアクセス」(一番下の方)で、ユーザー
名(自分)のところを、「読み/書き」に変更
これでうまくいくはず。
わかる方になら、ターミナルで
chmod u+rwx ~/Library/Saved\ Application\ State/
と打つように伝えればいいと思います。
Arduinoの挿し直し
• 下記のようなエラーが出るときは、Arduinoを
挿し直すか、Processingを立ち上げたあとに
Arduinoを挿すと、(自分は)サンプルを動か
すことができました。
以上です。
お役に立つといいのですが...

similar documents