PPTX版 - 国立大学協会

Report
見つけよう!一人ひとりの「強み」と「役割」
ぶっとBグループ
平成25年12月10日
平成25年度国立大学法人等若手職員勉強会
分科会3&全体会
役割分担





司会
(1日目)
(2日目)
(1日目)
(2日目)
幸脇 裕輔
好田 知子
書記
渡邊 伊保
長谷川 寛
杉本 美和
発表者 (1日目) 奈良 雅樹
(2日目) 藤川 栄太郎
PPTデザイン総括 金尾 和
メンバー
山口 友里子
上條 泰
中田 里子
石本 康介
(岐阜大学)
(北海道大学)
(人間文化研究機構)
(滋賀医科大学)
(和歌山大学)
(弘前大学)
(九州大学)
(東京学芸大学)
(一橋大学)
(信州大学)
(広島大学)
(大分大学)
企画テーマ
「ちさんちしょう」を
使って地域ブランド
を売り込め!
学生・教職員も参加!
現状:
・若手大学近辺地域が衰退している。
・若手大学にはさまざまな強みがあるが
活かされていない。
追加設定:
・新学長は大手旅行会社元役員
・すでに地域交流講義があるが効果はあまり
でていない。
・地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)に
採択された。
企画の目的
地域産業振興・地域のニーズにあった人材育成で
「地域中核機能」を強化し、
地域の活性化・持続
的発展に寄与する!
大学の強み
・医学(運動学、栄養学)
・農学
×
地域の強み
・温泉
・食
・観光産業(自然公園、有形・無形文化財)
= 美養ツーリズム
美と身体を養う、魅力的で新しい滞在型観光のあり方
期待される効果
教育
地域貢献
学生が主体的に
考える力を育てる
学生参加により
地元を元気にする
地元への
愛着育成
学生の
企画力アップ
地域と大学の
連携強化
観光客増加
による地元産業
活性化
大学のブランド力アップ!!
「美養ツーリズム」実施に向けての
タイムスケジュール
「地域マイスター
プログラム推進室」
による準備期間
1年目(前期)
<推進室による活動>
・環境基盤整備
→大学と旅行会社・地方
自治体との連携を可能と
する窓口を開設
・教職員参加体制整備
→SD・FD研修の実施
・「地域マイスタープログ
ラム」の骨子作成、既存
授業の見直し
地域マイスター
プログラム開始
1年目(後期)
地域・旅行会社の
講師を招いた講
義、フィールドワー
クの実施
学生による
美養ツーリズム
企画コンペ
美養ツーリズム
実施
2年目
3年目
・大学と地域の資
源を活用して人を
呼ぶ企画を立案
・旅行会社による
ツアー実施
・大学祭(秋)でコ
ンペティションを開
催、美養ツーリズ
ムで実施する企画
を選考
・学生、教職員も
ボランティアで参
加
美養
ツーリズム
により実現
されること…
大学の知を活用して地域に人を招く
知産地招
ちさんちしょう
知産地翔
学生を地域へ羽ばたかせる
ちさんちしょうで
大学も地域も
Win-Winに

similar documents