鶴田 啓亮

Report
Sepsisの定義

感染によって発症した全身性炎症反応症候群(systemic inflammatory
response syndrome: SIRS)
=infection-induced SIRS

SIRSの定義(以下の 4 項目のうち 2 項目以上が該当する場合)
1) 体温>38℃または<36℃
2) 心拍数>90 回/分
3) 呼吸数>20 回/分または PaCO2<32Torr
4) 末梢血白血球数>12,000mm3 または<4,000mm3
あるいは未熟型顆粒球(band)>10%
Sepsisの定義

血液培養で病原微生物が検出される(菌血症),あるいは血液中に病原微
生物の毒素が検出される(エンドトキシン血症など)必要はない。

感染の存在は,通常無菌的な組織や体液または体腔に病原性を持つ,ま
たはその可能性のある微生物やその毒素が証明されれば確実であるが,無
菌的部位に病原微生物が証明されなくても,感染に対する全身反応として
の敗血症が強く疑われる場合は感染として扱う。
日本版敗血症診療ガイドライン
敗血症診断のための補助的指標
全身的指標

発熱 (深部温>38℃)

低体温 (深部温<36℃)

心拍数 (>90/分,または年齢の基準値よりも>2SD:標準偏差)

頻呼吸 (>20 回/分)

精神状態の変化

著明な浮腫または体液増加(24 時間で>20mL/kg)

高血糖 (血糖値>120mg/dL,ただし非糖尿病患者)
炎症反応の指標

白血球増多 (WBC>12000/μL)

白血球減少 (WBC<4000/μL)

白血球数正常で未熟型白血球>10%

CRP (>2.0mg/dL)

プロカルシトニン (>0.5ng/mL, 重症敗血症 >2.0ng/mL)

IL-6 (重症敗血症 >1,000pg/mL)
日本版敗血症診療ガイドライン
敗血症診断のための補助的指標
循環動態の指標

低血圧 (成人では収縮期血圧<90mmHg もしくは平均血圧<70mmHg,または収縮期血圧
40mmHg 以上の低下,小児では年齢基準値よりも2SD 以上の低下)
臓器障害の指標

低酸素血症 (PaO2/FIO2<300)

急な尿量減少 (尿量<0.5mL/kg/h)

Cre の上昇 (>0.5mg/dL)

凝固異常 (PT-INR>1.5 または APTT>60 秒)

イレウス (腸蠕動音の消失)

血小板数減少 (<100,000/μL)

高ビリルビン血症(T-Bil>4mg/dL)
臓器灌流の指標

高乳酸血症 (>2mmol/L)

毛細血管再充満時間の延長,またはまだらな皮膚
日本版敗血症診療ガイドライン
Sepsisの定義
Sepsis is defined as the presence (probable or documented)of
infection together with systemic manifestations of infection.

全身状態
・発熱(>38.3℃)
発熱(深部温>38℃)
・低体温(深部温<36℃)
・脈拍数>90/分、もしくは標準偏差の2倍以上の上昇
・頻呼吸
>20回/分
・精神障害
・明らかな浮腫、もしくは24時間以上で水分バランス>20mL/kg
・高血糖(非糖尿病患者で、血糖値>140mg/dL,7.7mmol/L)
>120mg/dL
SSCG 2012
Sepsisの定義

炎症所見
・白血球増加(>12,000/μL)
・白血球減少(<4,000/μL)
・白血球数は正常だが、10%以上の桿状球の増加
>2.0mg/dL
・ 2SD以上のプロカルシトニンの増加
>0.5ng/mL
・ 2SD以上のCRPの増加
SSCG 2012
Sepsisの定義

循環動態
・低血圧(収縮期血圧<90mmHg, 平均血圧<70mmHg, 収縮期血圧が
40mmHg以上低下、または2SD以上の低下)

臓器障害
小児だけ
・低酸素血症(PaO2/FiO2<300)
・急性の乏尿(尿量<0.5ml/kg/hrが適切な輸液下で少なくとも2時間持続)
・クレアチニンの増加(>0.5mg/dl)
・凝固異常(PT-INR>1.5、もしくはAPTT>60秒)
・イレウス:腸蠕動音の消失
・血小板減少<10万/μL
・総ビリルビン上昇>4mg/dl
SSCG 2012
Sepsisの定義

組織灌流所見
・高乳酸血症>1mmol/L >2mmol/L
・毛細血管の再灌流減少,もしくはmottled skin(斑状皮膚)
SSCG 2012
Severe Sepsis
敗血症の中で,臓器障害や臓器灌流低下または低血圧を呈する状態
臓器灌流低下または灌流異常

乳酸アシドーシス,乏尿,意識混濁など
臓器障害

SOFAスコアなどに用いられている臓器障害の指標
補助的指標:プロカルシトニン >2.0ng/mL、IL-6 >1,000pg/mL
SOFA スコア
0
≦100
呼吸器補助下
≦150
1.2-1.9
20-32
≦100
2.0-5.9
33-101
≦50
6.0-11.9
102-204
≦20
>12.0
>204
なし
平均動脈圧
<70mmHg
ドパミン>5γ
ドパミン≦5γ
あるいは
あるいは
エピネフリン≦0.1γ
ドブタミン投与
あるいは
(投与量を問わない) ノルエピネフリン
≦0.1γ
ドパミン>15γ
あるいは
エピネフリン>0.1γ
あるいは
ノルエピネフリン>
0.1γ
15
13-14
10-12
6-9
<6
<1.2
1.2-1.9
2.0-3.4
3.5-4.9
>5.0
<110
110-170
171-299
300-440
あるいは
<500mL/day
>440
あるいは
<200mL/day
血小板数(×103/mm2) >150
ビリルビン値(mg/dL) <1.2
<20
(mmol/L)
あるいは尿量
4
≦200
呼吸器補助下
凝固系
中枢神経系 Glasgow Coma Scale
クレアチニン値
(mg/dL)
腎機能 (mmol/L)
3
≦300
PaO2/FiO2(mmHg)
心血管系 低血圧
2
≦400
呼吸器
肝
1
>400
Severe Sepsis
sepsis-induced tissue hypoperfusion or organ dysfunction
(any of the following thought to be due to the infection)

敗血症に起因する低血圧

乳酸レベル高値

2時間以上の適切な輸液蘇生を行っても尿量が0.5 mL/kg/hr未満

感染巣が肺炎でない場合のPaO2/FiO2<250の急性肺傷害

感染巣が肺炎である場合のPaO2/FiO2<200の急性肺傷害

クレアチニン>2.0 mg/dl

ビリルビン>2 mg/dl

血小板数<100000 /μl

凝固障害(PT INR>1.5)
プロカルシトニン >2.0ng/mL
IL-6 >1,000pg/mL
Sepsis induced hypotension

収縮期血圧<90 mmHg

平均動脈圧<70 mmHg

収縮期血圧の40 mmHgを越える低下

他の低血圧要因がなくその年齢における血圧より2SD以上の低下
Septic Shock

敗血症に起因する低血圧が適切な初期輸液蘇生を行っても持続する状態
まとめ
日本敗血症診療ガイドライン
SSCG2012
発熱
>38.0℃
>38.3℃
頻呼吸
>20回/分
既定なし
高血糖
>120mg/dL
140mg/dL
CRP
>2.0mg/dL
2SD以上の増加
プロカルシトニン
>0.5ng/dl
2SD以上の増加
低血圧
小児では2SD以上の低下
2SD以上の低下
高乳酸血症
>2mmol/L
>1mmol/L
エビデンスとGRADE
エビデンスレベル
研究方法
レベル A
RCT(無作為化比較対象試験)
レベル B
質の低い RCT または質の高い観察研究、コホート研究
レベル C
対象と比較した観察研究、コホート研究
レベル D
症例集積研究または専門家の意見
GRADE A
高いエビデンスのあるもの
複数のレベル A の研究があるもの
GRADE B
中等度のエビデンスのあるもの
一つのレベル A の研究のあるもの
GRADE C
弱いエビデンスのあるもの
レベル B の研究しかないもの
GRADE D
非常に低いエビデンスしかないもの
レベル C 以下の研究しかないもの研究方法
日本版敗血症診療ガイドライン
エビデンスとGRADE
エビデンスレベル
研究方法
GRADE A
高い / RCT
GRADE B
中等度 /質の低い RCT または質の高い観察研究
GRADE C
低い / 十分に検討された観察研究
GRADE D
非常に低い /質の低い症例集積研究またはエビデンスに基づいた専門家の意見
SSCG 2012

similar documents