CSW*** **+20 ****

Report
CSW報告
北京+20 にむけて
ヒューマンライツ・ナウ事務局長
伊藤和子
CSW58会期
主テーマ
 女性及び女児に対するミレニアム開発目標実施
における課題及び成果

ミレニアム開発目標 2000年に策定
 2015年には新しい開発目標 ポスト2015が策
定される。
 そこで、女性のエンパワーメントと地位向上の
観点から、達成状況を検証し、課題を明らかに
した。

2015年はどんな年か

北京+20のレビューが行われる。

Post2015の開発目標が策定される。

ビッグイヤーに向けて、市民社会が声をあげ
ることが必要。
ミレニアム開発目標・
再考
ミレニアム開発目標が策定されて以降、世界では一層
グローバリゼーションの負の側面が拡大し、貧富の格
差が拡大し、多くの女性たちは一層貧困で脆弱な立場
に置かれている。そうした不平等が解消される必要が
ある。
ミレニアム開発目標当時は、「経済的成長」が善とさ
れ、開発目標達成にも資すると無批判にとらえられて
きた傾向がある。しかし、単なる「成長」の促進は貧
富の格差を拡大している。
世銀等が主導してきたマクロ経済政策(民営化促進・公
的支出の削減等による競争の拡大)、多国籍企業による
経済的搾取に対する構造的批判がない。
ミレニアム開発目標・
再考




ミレニアム開発目標には人権の視点が欠けている。多数
が豊かになる、全体を底上げする、という目標設定では、
社会的に脆弱な人々が取り残され、人権保障という点で
は極めて問題があった。
女性・ジェンダーの視点が弱く、女性の権利や暴力の根
絶などが目標とされていない。また、妊産婦の健康等の
指標は最も達成状況の悪い指標となっている。人権の視
点が欠如していることが要因である。
自然災害、温暖化等の新しい課題に対応できていない。
何より、目標を決めても実施しない、アカウンタビリ
ティが確保されていない。また、証拠に基づいて各国が
いかなる取組をしたのか、達成状況が検証できない。
ミレニアム開発目標
今後の課題


MDGsは途上国のみの目標とされてきたため、日本を
含む先進国はドナーとしていくら拠出するかが問わ
れてきた。自らの社会を振り返り、歪みを正し、目
標を達成するということになっていない。
が、先進国・途上国ともに貧富の格差を抱えている
現在、先進国も含めた開発・発展のゆがみを是正し、
すべての人の人権が保障される持続可能な開発モデ
ルを提起し、すべての国が自分の国の状況を改善す
る開発指標を策定していく必要がある。
アジアのNGOのステートメント
HR Nはアジアの女性NGO20団体余と一緒に
ステートメントを公表した。
 アカウンタビリティの確保
 IFI、多国籍企業も含めて拘束力のある、経済
的社会的権利の実現に配慮した開発目標を策
定すること
 ジェンダー平等と女性の権利をPost2015の
スタンドアローンゴールとすること
 人権の配慮・尊重

HRNとしての意見表明
Post 2015のうち、健康・環境・防災・エネ
ルギーに不可欠な問題として、福島原発事故
の教訓を生かすべきである。
 原発は持続可能なエネルギーとは到底いえな
いので、その点を明確にすべき。
 国連事務総長オフィスのスタンス。
 女性Major GroupなどがHRNと同意見を公表
している。

POST2015 WORKING DOCUMENT FOR 5 –9 MAY
SESSION OF OPEN WORKING GROUP
Focus area 1. Poverty eradication, building shared prosperity and promoting equality
 End poverty in all its forms everywhere
Focus area 2. Sustainable agriculture, food security and nutrition
 End hunger and improve nutrition for all through sustainable agriculture and
improved food systems
Focus area 3. Health and population dynamics
 Healthy life at all ages for all
Focus area 4. Education and life-long learning
 Provide quality education and life-long learning for all
Focus area 5. Gender equality and women’s empowerment
 Attain gender equality and women’s empowerment everywhere
Focus area 6. Water and sanitation
 Water and sanitation for a sustainable world
Focus area 7. Energy
 Ensure accessto affordable, sustainable, and reliable modern energy for all
Focus area 8. Economic growth, employment and infrastructure
 Promote sustainable, inclusive and sustained economic growth and decent jobs for
all
Focus area 5. Gender equality and women’s empowerment
 Attain gender equality and women’s empowerment everywhere










a) by 2030 end all forms of discrimination against women of all
ages
b) by 2030 end violence against women and girls in all its forms.
c) by 2030 ensure equal access to education at all levels
d) by 2030 ensure equal employment opportunities for women
and equal pay for equal work
e) by 2030 ensure equal access to, and control of, assets and
resources, including natural resources management
f) ensure equal participation and leadership of women in decisionmaking in public and private institutions
g) by 2030 end child, early and forced marriage
h) by 2030 reduce the burden of unpaid care work
i) by 2030 ensure universal access to sexual and reproductive
health and reproductive rights
j) promote the availability of gender disaggregated data to
improve gender equality policies, including gender sensitive
budgeting
GENDER
POST2015 CONT
Focus area 9. Industrialization and promoting equality among nations
 Promote sustainable industrialization and equality among nations
Focus area 10.Sustainable cities and human settlements
 Build inclusive, safe and sustainable cities and human settlements
Focus area 11. Sustainable Consumption and Production
 Promote sustainable consumption and production patterns
Focus area 12. Climate change
 Take urgent and significant action to mitigate and adapt to climate change
 Build a climate change goal based on the outcome of COP21 of the UNFCCC
Focus area 13. Conservation and sustainable use of marine resources, oceans and seas
 Take urgent and significant actions for the conservation and sustainable use of
marine resources, oceans and seas
Focus area 14. Ecosystems and biodiversity
 Protect and restore terrestrial ecosystems and halt all biodiversity loss
Focus area 15. Means of imGlobal partnership for sustainable development
 Strengthen global partnership for sustainable development

Trade/ Technology transfer, technological capabilities/Financing and debt sustainability/
Capacity building/ Strengthened global partnership for sustainable development
Focus area 16. Peaceful and inclusive societies, rule of law and capable institutions
 Peaceful and inclusive societies, rule of law and capable institutions
 Creating peaceful and inclusive societies: Rule of law, capable institutions:
BEIJING +20 REVIEW EVENTS

Asia-Pacific Civil Society Consultative Forum
(10-11 February 2014)
ESCAP Committee on Social Development (1820 August 2014)
Asia-Pacific Civil Society Consultative Forum
(14 November 2014 - TBC)
Asian and Pacific Conference on Gender
Equality and Women's Empowerment: Beijing
+20 Review (17-20 November 2014)
59th Session of the Commission on the Status
of Women (March 2015)
71st Session of ESCAP (May 2015)
CSW59/BEIJING+20 (2015)
The fifty-ninth session of the Commission on the Status of Women will take place
at United Nations Headquarters in New York, tentatively scheduled for 9-20 March
2015. Representatives of Member States, UN entities, and ECOSOC-accredited
non-governmental organizations (NGOs) from all regions of the world attend the
session.
The Commission will undertake a review of progress made in the implementation
of the Beijing Declaration and Platform for Action, 20 years after its adoption at the
Fourth World Conference on Women in 1995. The review (Beijing+20) will also
include the outcomes of the 23rd special session of the General Assembly, the first
five-year assessment conducted after the adoption of the Platform for Action,
which highlighted further actions and initiatives.
The session will also address current challenges that affect the implementation of
the Platform for Action, as well as opportunities for achieving gender equality and
the empowerment of women in the post-2015 development agenda.
The review will be conducted at national, regional and global levels. States are
urged to undertake comprehensive national-level reviews of the progress made and
challenges encountered in the implementation of the Beijing Declaration and
Platform for Action and the outcomes of the 23rd special session of the General
Assembly. (See guidance note for the preparation of national reviews).
The regional commissions of the United Nations will undertake regional reviews.
Both the national and regional review processes will feed into the global review.
北京行動綱領―重大問題領域と戦略目標
A.
 B.
 C.
 D.
 E.
 F.







G.
H.
I.
J.
K.
L.
女性と貧困
女性の教育と訓練
女性と健康
女性に対する暴力
女性の武力紛争
女性と経済
権力及び意思決定における女性
女性の地位向上のための制度的な仕組み
女性の人権
女性とメディア
女性と環境
女児
国別レビュー
国が提出
 1 北京行動綱領の達成状況(主観的)
 2 9つのエリアの進捗状況
 3 データ、統計
 4 新たな優先課題
 最低限のジェンダー指標
 http://undocs.org/E/CN.3/2013/10
 NGOはこれに意見を言い、反映させるとともに、
自ら報告書を作成することが出来る。

女性に対する暴力指標
1 暴力の深刻度ごとの、直近12ヵ月以内に身体的な暴力にさらされた経験のある
女性の総数及び年齢別の比率、加害者及び頻度の関連性。
2. 暴力の深刻度ごとの、生涯で身体的な暴力にさらされた経験のある女性の総数
及び年齢別の比率、加害者及び頻度の関連性。
3. 暴力の深刻度ごとの、直近12ヵ月以内に性的な暴力にさらされた経験のある女
性の総数及び年齢別の比率、加害者及び頻度の関連性。
4. 暴力の深刻度ごとの、生涯で性的な暴力にさらされた経験のある女性の総数及
び年齢別の比率、加害者及び頻度の関連性。
5. これまでにパートナーのいたことのある女性で、直近12ヵ月以内に、頻繁に現
在または過去の親しいパートナーによる性的及び/または身体的な暴力にさらされ
た経験のある女性の総数及び年齢別の比率
6. これまでにパートナーのいたことのある女性で、生涯で、頻繁に現在または過去
の親しいパートナーによる性的及び/または身体的な暴力にさらされた経験のある
女性の総数及び年齢別の比率
7. これまでにパートナーのいたことのある女性で、直近12ヵ月以内に親しいパート
ナーによる心理的な暴力にさらされた経験のある女性の総数及び年齢別の比率
8. これまでにパートナーのいたことのある女性で、直近12ヵ月以内に親しいパー
トナーによる経済的な暴力にさらされた経験のある女性の総数及び年齢別の比率
9. 女性器の暴力的な切除の被害を被っている女性の総数及び年齢別の比率
NGOの役割

Member States have been invited to undertake national reviews and
complete the regional survey, and to do so with the engagement of civil
society. Civil Society inputs to the national review and regional survey
should as much as possible be integrated into the government
response. However, Independent submissions from civil society entities,
addressing any or all of the matters covered by the global guidance note
and/or the regional survey, are also welcome. Submissions from civil
society may take the form of (a) independent reports, (b) completion of
all or parts of the regional survey, or (c) format of choice. If you do
choose to make a submission, please clearly indicate the coverage national (specifying the country), multi-country (specifying the
countries), sub-regional (specifying the sub-region) or regional.


Civil society submissions pertaining to review of progress in
implementation of the Beijing Platform for Action will be considered,
along with other related documentation, as input to the regional report.

similar documents