パワーポイント

Report
フレームディアスの使い方
動作解析ソフトウエア
何ができるか?
2次元動作解析(XY軸)と3次元動作解析(XYZ軸)
分析(解析)できる内容
i.
デジタイズポイントの変位(X,Y座標),速度,加速度,
累積移動距離
ii.
相対位置(2点間の距離),相対速度,相対角速度
iii.
角度,角速度,角加速度
iv.
セグメントの変位,速度,加速度,累積移動距離,力,パワー,
運動量,力学的エネルギー
v.
関節トルク:下肢(股,膝,足関節),上肢(肩,肘,手関節)
実験・測定する前に
何を撮影したいのか?
1)撮影する動作は(どのくらいの速度で行われているか)
速度が高い場合は,高速度カメラを使用する.シャッタースピードを
大きくする必要がある.
K5(1000Hz),HSV-500C3(250Hz),デジタルカメラ(60Hz)
2)測定したい領域は?
1台あたりの測定領域が大きくなると,デジタイズの精度が低下する.
大きな測定領域が必要な場合は,カメラの台数を増やす
(同期ランプが必要)
→先行研究などを参考に,測定方法を決定してください.
撮影の流れ
1.カメラのセッティングをする
1)カメラの種類(K5(超高速度カメラ),高速度カメラ,DVカメラ)
2)画角,絞り,ピント
3)シャッタースピード,撮影速度(→第5回目講習会で説明済み)
2.キャリブレーション
※カメラが動いたら,もう一度キャリブレーションする
3.測定する
1)記録用紙をあらかじめ作成して,試行数(番号)を記入
2)同期ランプは映っているか?
3)明るさは十分か?
デジタイズから解析までの流れ
①映像を動画ファイル(.avi)に変換する.
i.
ii.
iii.
Sceneple(付属ソフト)
アナログ-DVコンバータ
ビデオデッキ+モニター
②キャリブレーションをする.
i.
ii.
iii.
Fram-DIAS
ドングル(プロテクトキー)
パソコン
③デジタイズをする.
④デジタイズしたデータを解析する.(Matlab,Excelを使用時は不要)
⑤解析データを出力する.

similar documents