プライマリ・サーベイ

Report
外傷初期診療の基本
Priventable Trauma Death を回避するために
プライマリ・サーベイ
今回の目標
外傷のプライマリ・サーベイの目的を理
解する。
 プライマリ・サーベイでの所見から適切
な蘇生処置について説明できる。

受け入れ準備
スタッフ召集
 感染防御:ユニバーサルプレコーション
 モニター
 酸素・吸引
 加温輸液(細胞外液)
 放射線技師に連絡
 エコーの準備

プライマリ・サーベイと蘇生
生理学的徴候から、迅速かつ的確に患者
の生命危機を把握する。
 適切な救急処置で生命危機を回避する。
(蘇生)

プライマリ・サーベイと蘇生の流れ
第一印象 -> 緊急度をおおまかな全体像で把握
酸素、モニター、点滴
 ABCDE(行った蘇生の評価も忘れずに)

A:気道確保と頸椎保護。気道緊急か?
 B:致死的胸部外傷(TAFXXX)の処置。
 C:循環と止血(外出血と内出血の検索)。
 D:中枢神経障害の評価。切迫するDはないか?
 E:脱衣と体温管理。

第一印象 15秒程度で判断
「わかりますか?お名前は?」
(声かけしながらAとD)
前胸部を少なくとも開けて
息づかい(B)を確認し
同時に前腕皮膚と脈拍を触れ(C)
見える範囲での外出血の有無を確認(C)
ABCDEアプローチ
A:気道確保と頸椎保護
会話ができればAはおおむねOK。
 Aの異常:確実な気道確保の適応か?


吸引、下顎挙上で開通するか。
頸椎保護のため頭部後屈は行わない。
 血液・吐物の吸引で開通することが多い。

気管挿管を2回まで試みる。
 外科的気道確保:輪状甲状靭帯切開。

ABCDEアプローチ
B:呼吸と致死的胸部外傷の処置

頸部の視診・触診
変形・膨隆、呼吸補助筋の使用、頸静脈怒張
 皮下気腫、気道偏位


胸部の視診・聴診・触診・打診


変形・フレイルチェスト、呼吸音左右差、皮
下気腫、鼓音
致死的胸部外傷(TAFXXX)

タンポナーデ、気道損傷、フレイルチェス
ト、緊張性気胸、大量血胸、開放性気胸
ABCDEアプローチ
C:循環と止血

ショックの同定

皮膚所見、脈拍、CRT、意識など。
初期輸液の開始
 外出血の圧迫止血
 ショックの鑑別と対応


内出血3大出血部位:血胸、腹腔、骨盤

胸部レントゲン、FAST、骨盤レントゲン
閉塞性ショックの有無は?
 胸腔ドレナージの必要性は?

ABCDEアプローチ
D:中枢神経障害の評価
意識レベルの評価(GCS)、瞳孔径、
対光反射、麻痺の有無
 切迫するD(GCS8点以下)?

切迫するDは確実は気道確保の適応。
 ABC再チェック
 セカンダリ・サーベイの最初に頭部CT

ABCDEアプローチ
E:脱衣と体温管理
衣類をとる・切る
 体温測定と被覆による保温に努める

プライマリ・サーベイのまとめ
ABCDEの再確認
安定していれば
セカンダリ・サーベイ
AMPLEを聴取(救急隊からも確認)
切迫するDがあれば頭部CT
全身の系統的身体所見をとる

similar documents