パワーポイント

Report
キックフォース,パワーマックス,
ジャンプメーターの使い方
キックフォースの利用方法
下肢の筋力,パワー測定
下肢の筋力・パワートレーニング
2種類の運動様式
・アイソキネティック(等速性運動)
・アイソトニック(等張性運動)
使用される筋群
大臀筋,大腿四頭筋,下腿三頭筋,
(ハムストリングス)
測定時の姿勢
開始位置を設定して,膝の角度が90度に設定.
9段階(3mm)ごと,調整できる.
測定モード
1. パワーテスト
(3速度条件から最大パワーを求める.)
2. マニュアルトレーニング
アイソキネティック:速度設定する
アイソトニック:負荷設定する
3. オートトレーニング(パワーテストでえられた
結果を用いてトレーニング)
パワーテストの流れ
1.
2.
3.
4.
5.
性別,年齢,開始位置の設定
中速測定(80cm/s) 計6回
低速測定(40cm/s) 計6回
高速測定(120/s) 計6回
測定結果表示
評価,最大パワー,最大速度,最大挙上重
量(1RM)
※分析を各自で行いたいときには紙に記載
マニュアルトレーニング
A:アイソキネティック
トレーニング時の速度を設定(20~120cm/s)
トレーニング回数を設定(1~99回)
B:アイソトニック
トレーニング時の負荷を設定(200~2500N)
トレーニング回数を設定(1~99回)
トレーニング後に,最大パワー,平均パワー,消費カロリー
が表示される.
オートトレーニング
パワーテストで求めた最大速度,最大筋力(1RM)
が必要
1. アイソキネティック
ハイスピード(最大速度の100%)
ミドルスピード(最大速度の60%)
ロースピード(最大速度の20%)
2. アイソトニック
ハイパワー(最大筋力の85%)
ミドルパワー(最大筋力の75%)
ローパワー(最大筋力の55%)
キックフォースの出力項目
100N=9.81kg
i. 平均パワー:単位時間あたり平均パワー
ii. 最大パワー:3種類の速度条件ごとに平均パ
ワーの最大値を求める.そして,3点を回帰曲
線で結び,推定した最大パワー
iii. 最大速度:最大パワーが出たときの速度
※マニュアル40pに記載してある
パワーマックス
運動選手の体力強化用として,最大無酸素パワーの
向上とその維持能力の向上させるために,インターバ
ルトレーニングを目的とした,
コンピューター制御の自転車エルゴメーター.
 最大無酸素パワーのトレーニング
 最大無酸素パワーの測定
パワーマックスの機能
1.
2.
3.
4.
5.
無酸素パワーテスト
ウインゲートテスト:体重の7.5%×30秒(初期設定)
インターミッテントテスト:ウインゲートテストを10回繰り返す
ハイパワートレーニング:7秒×40秒×5回
ミドルパワートレーニング:30秒×120秒×3回
6. マニュアルトレーニング:負荷,反復回数,休息時間を設定
して繰り返す(単一プロトコル).
7. オリジナルトレーニング:20ステップまで設定
パワーマックスのセッティング
移動の際には,大きな衝撃を加えないようにしてください.
USBメモリーを使用する
使用できるUSBメモリー
対応ファイル容量 128MB以上4GBまで
対応ファイルシステム FAT16およびFAT32
何ができるか?
個人データを登録しておくと,年齢,性別,体重を
入力しなくてもよい.
テストやトレーニング結果が保存される.
カスタムデータをパワーマックスに入力できる.
ファイル構造
USERPMV3.CSV 個人データ
DATPMV3/CUSTOMに入っている
1. PWRTEST.CSV 無酸素パワーテスト
2. WINGATE.CSV ウインゲートテスト
3. INTERMIT.CSV インターミッテントテスト
MANUAL.CSV マニュアルトレーニング
4. ORIGPTNA.CSV,ORIGPTNB.CSV,ORIGTNC.CSV,
ORIGPTND.CSV オリジナルトレーニング
5. データはDATPMV/CSVに保存される
ジャンプメーター
5~99cm (1cm単位)で測定できる(ベルトの高さが
110cmの場合)
本体:137(W)×35(D)×80(H)mm ,0.2kg
ゴム板:直径380mm,厚さ3mm,0.4㎏
測定の注意点
腰にベルトを固定する.
ロープを巻き付けてから測定する

similar documents