一般会計当初予算

Report
桑名市
市議会定例会[3月]
提出議案の概要について
1
平成27年3月議会の主な議案
一般会計当初予算
・平成26年度当初予算と比べ、5.5%(約26億円)増の総額 502.6億円
⇒過去最大の予算規模(新病院整備
土地開発公社保有土地の整理等)
各会計当初予算の規模
一般会計
特別会計
企業会計
総計
予算額
(前年度比)
502.6億円( + 5.5% )
331.9億円( +15.4% )
118.2億円( + 2.4% )
952.7億円( + 8.3% )
条例の制定等
1 人権センター条例の一部改正について
2 介護保険条例の一部改正について
2
平成27年度当初予算の特徴
「PPP元年」
・次の世代にツケを回さない
公共施設のマネジメントに具体的に取り組む
• 長年の課題の整理
土地開発公社の債務整理に着手
• 財政健全化への取り組み
経常経費の見直し
3
平成27年度当初予算の特徴
「財政健全化への取り組み」
①経常収支比率の改善に向けた経常経費の見直し
・一般財源総額に上限を設定して編成
*増加要因は消費税増税に伴う社会保障関
係経費の増など(財源付の増)
・賃借不動産の見直し
*人権センターの市施設への移転 他
②財政調整基金繰入額を10億円以内
・(15.3億円(26年度)→10億円を達成)
4
7.納税者の視点で次の世代に責任ある財政に
◆新行政改革大綱スタート(総合計画と同時)
◆提案型公共サービス公民連携制度
◆公共施設マネジメントのさらなる推進
◆新定員適正化計画スタート
3.こどもを3人育てられる まち
◆子ども・子育て支援事業計画
スタート
◆ゆたかな人間関係創造事業
◆就学前施設再編整備
◆小中連携・一貫教育研究事業
2.命を守ることが最優先
◆新病院整備事業 ◆地域包括ケアシステム
◆多度健康増進施設事業者の公募
◆防災行政無線整備事業
◆防災拠点施設整備(星見ヶ丘)
◆生活困窮者自立支援事業
1.中央集権型から
全員参加型の市政に
◆どこでも市長室
◆市長カフェ
◆市長とどこでもトーク
5.地理的優位性を活かした元気なまち
◆桑名駅西土地区画整理事業
◆立地適正化計画策定事業
◆道路ストック対策事業、
橋梁長寿命化対策事業
4.世界に向けて開かれたまち
◆国際姉妹都市提携先調査
◆小学校英語教育推進事業
6.桑名をまちごと「ブランド」に
◆全国山・鉾・屋台サミット
◆七里の渡し・伊勢国一の鳥居建て替え
◆堂ヶ峰公園整備事業 ◆総合運動公園整備事業
5
◆桑名駅周辺施設整備事業
①地域消費喚起・生活支援型(国からの交付限度額 1億2,567万4千円)
~地域における消費喚起策やこれに直接効果を有する生活支援策~
◆プレミアム商品券
・プレミアム商品券(一般)
・プレミアム商品券(多子世帯支援)
・家庭の省エネ推進事業(エコプレミアム)
②地方創生先行型(国からの交付限度額 5,697万6千円)
~国と地方で総合戦略の基本目標を共有する~
(平成27年度事業からの前倒しも含む)
◆地方版総合戦略策定事業
新しい総合計画や、H27
◆ブランド推進事業
策定の「地方版総合戦
◆全員参加型プラットホーム推進事業
略」との整合を図り、今
◆情報政策事業
後5年間のラインナップを
◆桑名子ども職業体験事業
検討していく。
◆観光PR等推進事業
◆桑名力発信事業 など
6

similar documents