獣医学概論(2012年)

Report
獣医学概論B: 世界の獣医学、日本の獣医学
鹿児島大学附属越境性動物疾病制御研究ンター 岡本嘉六
■概要: 大学教育、検疫、感染症対策などにおける世界の
獣医学とわが国の獣医学の比較の中から、今後のわが国の
獣医学の進むべき方向を展望する。
日本学術会議議長であった越智勇一先生の名言として
「全ての学問はその歴史の上に建つ」がある。
我々の学んでいる獣医学(古くは馬医術)は長い歴史の中で、多くの先人の経
験や科学の積み重ねの成果の上に成り立っている学問である。日本の獣医職名
(馬医師)は大宝律令(701)には記載され、さらに実施された治療内容は平 仲国
が中国より帰朝(804)後から記録「仲国百問答」がはっきりするなど古い歴史があ
りながら、現代に至るまでの古文書(獣医学書・絵など)は僅かに国立図書館、一
部の大学図書館、個人所有であり我々が調査に行っても見せて貰うことすら出来
ない、記録にはあるが滅失した古文書もある。
多くの獣医職(馬医・伯楽あるいは軍獣医官など)が長い年月を掛けて創意、工
夫、改良して作り上げた治療用具にいたっては地方の民俗博物館、郷土博物館、
JRA「馬の博物館」、個人収集品として僅かづつほとんど全国に・・・・
今我々が立っている所はどこか、そしてどこに向かうべきか?
野生牛の家畜化
原牛: オーロックスはユーラシア大陸とアフリカ大陸に
生息していたが、絶滅した。
ボスタラウス
約8000年前、西アジアで家畜化
ボスインディカス
ラスコーの洞窟壁画: 紀元前
2万年の人類最初の絵画
ア
フ
リ
カ
各
砂
漠
周
辺
の
岩
面
画
印章: インダス文字と牛
アルタミラの洞窟壁画:
クロマニョン人が描いた
アバディーン・アンガス (英)
ヘレフォード(英)
ショートホーン(英)
シャロレー(仏)
シンメンタール(スイス)
ホルスタイン(オランダ)
エアシャー(英)
ジャージー(英)
ガンジー(英)
狩猟・採取時代は専ら食べる目的で捕獲していた。
草原型:アジア大陸中央部、体高130 ~140cm
高原型:ウクライナ地方を中心、体高は~150cm
森林型:欧州、体高が180cm
気象変動による狩猟動物の減少
フランス・ラスコー洞窟:15,000
年前の旧石器時代後期のクロ
マニョン人によって描かれた
紀元前3000 年頃、ヨーロッパ南東部、黒海の北西
部で最初の家畜化:狩猟を通して動物の習性を理
解し、追いつめ、一定の方向に誘導し、管理するこ
とを学んだ。
農耕を基盤にした定着民が労働エネルギーとし
て利用する技術を産出した。
戦車の発明と騎馬戦の技術は馬を強力な生物兵器に変え、国
家の形成や興亡の歴史に極めて大きな影響を及ぼすことになった。
馬肉を食べることへの禁忌の傾向
は8 世紀頃からヨーロッパで強くなり、
その後キリスト教徒を中心に定着して
いるが、この思想の背景には労働とし
ての有用性や馬は軍隊の基幹兵器で
あるという社会的認識がある。
馬車鉄道
万馬終
頭だ戦
にけ直
、で後
昭百の
和万昭
50 頭 和
年 を 25
に超年
はすに
僅が飼
か、育
4昭さ
万和
2 40 れ
千年て
頭代い
ま初た
で頭ウ
減 マ
は
っに
たは、
農
。三用
十
古来、人力に負えない作業をこなすために、馬や牛は様々な方面で使われてきた。農業、輸送、山の木
の切り出し、土木作業、建築、・・・・・
一馬力: ジェームズ・ワットが蒸気機関の能力を示すのに、標準的な荷役馬1頭のする仕事を基準としたことに始まる。
馬頭観音(ばとうかんのん/めづかんのん)
仏教における信仰対象であ
る菩薩の一尊。観音菩薩の変
化身の一つであり、六観音の
一尊にも数えられている。
牛
頭
天
王
(
ご
ず
て
ん
の
馬頭観音: 頭上に馬頭を戴き、胸前で馬 う
の口を模した「馬頭印」という印相を示す。 )
インドの神で祇園精舎
の守護神である。後に日
本の神素盞鳴尊(スサノ
オノミコト)と習合した。京
都祇園の八坂神社など
に祀られ除疫神として尊
崇されている。
狂犬病流行の仕組みと現状
野生保有動物
キツネ、アライ
グマ、スカンク、
コウモリ
●
●
伴侶動物
イヌ、ネコ
犬の予防注射でヒトは防げる
発症したら100%死亡、治療法なし
世界で年間 5万人以上が死亡
● 全ての哺乳動物が感染
● 唾液中のウイルスが咬
ヒト
傷や粘膜・傷口から侵入
清浄国
アジアでは野
生保有動物問
題まで辿り着
いていない
日本、台湾、
オーストラリ
ア、ニュー
ジーランド、
英国、アイル
ランド、ス
ウェーデン、
ノルウェー、
アイスランド、
ハワイ、グア
ム、フィジー
狂犬病の脅威
患者写真はウィキペディアより
咬傷から侵入した狂犬病ウイルスは神経を通って脳に達
し、嚥下障害による恐水症状など興奮、麻痺、精神錯乱
などの神経症状が現れる。脳神経や全身の筋肉が麻痺
を起こし、昏睡期に至り、呼吸障害によって死亡する。
咬まれて直ぐに暴露後治療を受ければ発症しない。
暴露後処置:
世界保健機関(WHO)によれば、年間5万5000名が狂犬
病で死亡しており、その多く(30–50%)が子供たちである。主な感染は、狂犬病に
罹った犬に咬まれることで起きている。狂犬病で死んだ子供たちのほとんどは、咬
まれた後でワクチン接種を受けていない。 狂犬病の動物に咬まれ、ワクチンを接
種された人数は数百万人に達している。現在のワクチンは、発症を防ぐ効果が極
めて高いが、発生国の多くはアジアの貧しい国々であり、ワクチンを買う金がない。
予判現
防ら在
接なの
種い日
をが本
で
受、
恐は
け怖
よ 狂
うを犬
!味病
わの
う恐
前怖
には
報告した国の割合
10000
1922年 家畜伝染病予防法
ワクチン接種の義務化
1950年 狂犬病予防法
登録とワクチン接種の義務化
1000
イヌ
ヒト
100
10
1
0
第
一
次
世
界
大
戦
関
東
大
震
災
敗
戦
1956年の6頭の犬の
発生を最後に国内で
の発生は止まった。
しかし、1970年には
ネパールで1名、
2006年にはフィリピ
ンで2名が感染し、帰
国後に死亡した。
日本における狂犬病発生の経過
九州におけるアライグマの捕獲数
350
300
250
200
150
100
50
米国ではニューヨーク州など
東部でアライグマの狂犬病が
広がっている。アライグマは都
会でも繁殖する。
北海道や関東・関西の山に
は外来種のアライグマが陣取っ
ている(ブラックバスと同じ)。
飼い犬の登録と狂犬病予防
接種が必ずしも徹底されておら
ず()、日本に狂犬病が侵入し
た場合には深刻な事態になり
かねない。
長
崎
県
佐
賀
県
0
1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
ワクチン接種率と狂犬病の広がり方
狂犬病に罹った1頭の犬が3頭に咬み付くと仮定
ペットフード協会が
:ワクチン接種済み
:ワクチン未接種
:狂犬病
調べた犬の飼育頭
接種率40%
接種率80%
数は 1,300万頭余り
で、それらの登録頭
数は 52%、予防注
射頭数は 39%に過
ぎない。
不法入国者の持
込み等によって狂犬
病が侵入したら、犬
で蔓延し、アライグ
マの中にも定着する
ここで感染は止ま
だろう。
る。WHOは70%以
法律で定められた
上の接種率を勧告
登録と予防接種を遵
している。
守しよう。
動物の感染症と微生物に関する主な事跡 (動物の感染症、近代出版)
BC2300頃: バビロンのエシュナ法典に狂犬病の記載
BC1190頃: トロイ戦争終期に腺ペストの流行で多数の兵士が死亡
BC1100頃: メソポタミアの法律に狂犬病と関連して飼い主の義務が記載
AD791: フランク王国カール大帝(在位:768年~814年)の軍隊が馬の流行病で撤退
801: カール大帝統治下で牛疫大発生 ローマ帝国衰退の引き金になった
1710~15: ヨーロッパで牛疫の大流行
助手とともにウサギで実験
1744: 牛疫罹患牛の鼻汁や涙を予め健康牛に接種する予防法 するパスツール(1822-1885)
1776: 口蹄疫の計画感染による免疫
1796: 種痘法の発見(Jenner)
1833: オハイオ州で豚コレラ流行
1835: フランス軍馬の5%強が鼻疽に感染
1858: 人畜共通感染症zoonosisの提唱(Virchow)
1863: 炭疽の病因解明と再現:炭疽菌の発見(Davaine)
1876: 「Kochの三条件」発表
科学には国境はないが、
1880: 家禽コレラの弱毒株ワクチン(Pasteur)
科学者には祖国がある
1881: 炭疽の加熱死菌ワクチン(Pasteur)
長い人類史の中で、病原体
1885: 狂犬病ワクチン(Pasteur)
ーーーーーーーーー-------
1638:
1664:
1736:
1847:
1889:
西日本における牛疫の大流行(十三朝紀聞)
馬の腺疫の記録(足利義持の口述筆記)
日本各地で狂犬病流行(狂犬病咬傷治法)
鶏痘の記載(遊相医話)
破傷風菌の培養(北里柴三郎)
が発見されてから未だ150年余
りしか経っていない。それまで
の伝染病との闘いにおいて培
われてきた英知を汲み取ること
が大切である。
牛疫 (Rinderpest; Cattle Plague)
「疫病(ペスト)」は中世の暗黒時代の伝染病であり、欧州人
口の1/3から1/2が死亡した。「口蹄疫」と並ぶ家畜伝染病。
出血を伴う下痢
舌背側表面の軽度の潰瘍
過度の流涙.
非汚染地域の
感受性の高い
家畜集団では、
罹病率と死亡
率は 100 %に
近い。
牛疫: 欧州では1709–1720年、1742–1760年、1768–1786年の
大流行で約2億頭の牛が死亡し、畜産業は壊滅的打撃を蒙った。これ
に対処するため、1762年にフランスに世界最初の獣医大学が
創設され、昨年は250周年記念を迎えた。
新聞で見る明治の日本の大流行
1932年を最後に発生がない。
牛疫に関する最初の記事は、1876年(明治9年)2月29日付読売新聞に掲載され
た「東京府知事楠本正隆」名の官令が最初である。
○ 一軒に伝染の牛疫が有ると思ったら夫(それ)を撲(うち)ころし、斃(しがい)は
一丈二尺下の地へうめるか焼捨てよ。又牛が病気に成ったら伝染病で無くとも区戸
長に届けろ。区戸長は医師に見て貰って府庁へ届けろ。
○ 伝染病で無くとも牛が病気に成ったら直(じき)に近所へ知らせて健康の牛と一
所にするな(中略)。
○ 伝染病で死んだ牛の部屋へは六ヶ月たたないうちは健康な牛を繋(つな)ぐな。
◆牛疫の恐ろしさ 欧州では輸入2頭の病原か
ら損害数十万頭の例も(1876年3月14日)
◆牛肉と牛乳 牛疫の流行で肉は先月下旬の
半分、乳は3~4割の売れ行き/東京(1892年
11月9日)
◆東京府下の牛疫 発病乳牛の隔離、厳重な
消毒法など実施/警視庁(1900年12月4日)
◆牛疫続発 大阪、徳島、兵庫、香川の各県で
感染、撲殺(1908年7月29日)
◆牛疫損害は1府6県で2420頭撲殺、65頭斃
死、山羊2頭撲殺/農商務省調査(1910年5月
20日)
明治以前の日本における獣医療
595 高句麗の僧恵慈来朝、厩戸皇子(聖徳太子)これを師とする。皇子は、侍臣
橘猪弼をして恵慈について療馬の法を学ばせこれを後世に伝えた。
701 大宝律令官位令中に「馬医師」なる字句が見える。同職員令中に左右馬療
に馬医各2人をおくと定められる。
804 硯山左近将監平仲国勅を奉し唐に入り、大延なる者につき馬医の業を学び
多年留学ののち帰朝する。
905 延喜式官制中「馬医寮」なる字句が見える.馬療の官員に年酒を賜る白馬
の節会なるものがある。又馬の薬の条に毎季の馬薬の名および量が記さ
れている。
1267 西阿なる馬医、七郎兵衛忠泰に「馬医絵巻」を伝う。
1557 奥州伊達門士桑島新右衛門尉藤原仲綱(桑島家中興の開山)、弟子赤塚
雅楽助に「療馬図説」なる馬療伝書を与えた。本書には、馬体各部の名称
および灸治の諸法が記されている。
1620 桑島信実が「伯楽病理論」を桑島采女正に伝授した。当時の治療法は、鍼
理、灸治、薬治、呪理および術理の5つの方法を以て行うものとされた。
1680 5代将軍綱吉、四ツ谷に病理厩を設け府内の病馬を悉くここに収容した。
1688 「要馬秘極集」発刊。
1717 大坪本流「武馬必要」巻之五医馬の中に獣医の2字が初めて出る。
1725 幕府は和蘭より馬を輸入し、この際蘭人も来朝した。ケイズル(ケイスリノ
グ)は騎乗,療馬の法をよくし、これを伝授し、日本に11年留る。
近代的獣医学の始まり
明治4年(1871) 牛疫予防布告
明治7年(1874) 陸軍獣医養成のためフランス陸軍獣医師を招く
明治10年(1877) 陸軍馬医学会を設立
明治11年(1878) 駒場農学校獣医学教育を開始
明治13年(1880) 札幌農学校獣医学教育を開始
明治14年(1881) この頃までに30道府県に獣医学校、獣医講習所、
獣医伝習所、獣医養成所が開設
明治18年(1885) 獣医免許規則により獣医師免許取得資格制定
明治19年(1886) 獣類伝染病予防規則制定
明治24年(1891) 西ヶ原農事試験場に畜産部(後の家畜衛生試験
場、現在の動物衛生研究所)
明治26年(1893) 陸軍獣医学校設立、牛疫予防令
明治27年(1894) 日清戦争勃発、軍馬生産のため獣医学校乱立
明治29年(1896) 獣疫予防法制定➜家畜伝染病予防法(1922)
昭和12年(1937) 日中戦争勃発。「獣医手制度」発足
昭和14年(1939) 鹿児島高等農林学校に獣医学科設置
山口農学校獣医畜産科が獣医科となる
アジアでの牛疫撲滅:韓国、台湾、中国、カンボジア、タイ、ベトナム
1873年(明治6年) 朝鮮半島からの輸入牛で発生
植民地化や戦
1902年 牛疫ウイルス発見(パスツール研究所のM. 争という忌まわ
Nicolle)
しいこともあっ
1911年 釜山・牛疫血清製造所を設置➜耐過牛の
たが、牛疫撲
血清
滅の功績は残
1918年 蠣崎(かきざき)千晴博士が世界初のワク
されている。
チン開発(不活化)
1922年 日本で撲滅➜韓国・中国国境、台湾での
免疫地帯構築
1941年 中村稕治博士がにウサギ順化生ワクチン
(300代継代)開発
1953年 ニワトリ胎児順化生ワクチン(中村稕治)
➜中国、カンボジア、タイ、ベトナムでの免疫地帯
1962年 牛腎臓細胞培養生ワクチン(W. Plowright)
1990年代 山内一也博士が耐熱性組み換えワクチ
ン開発。弱毒天然痘ワクチン株に牛疫ウイルス 牛瘟(牛疫)撲滅記念碑
台湾家畜衛生研究所
H遺伝子を導入
FAO世界的牛疫根絶計画(1994)
:発生国
牛疫撲滅作戦
アフリカ(1987~)
西アジア(1989~)
インド(1990~)
南アジア(1992~)
欧州では1920年に、ブラジル経由でベルギーに輸入され
たインドのzebu牛が原因となって牛疫が全域に広がり、そ
の制御における国際協力の必要性が獣医学国際会議にお
いて決議され、1924年の国際獣疫事務局(OIE)設立を導く
契機となった。日本は1930年に加盟。
1945年に国際連合が設立されて以降、OIEは国際連合食
糧農業機関 (FAO)と連携して家畜伝染病の制御と根絶に
関する国際的枠組みを作ってきた。アフリカやアジアを中心
に猛威を振るっていた牛疫を制御するための国際協力が行
われてきたが、1994年に「牛疫根絶世界計画(GREP)」が
スタートした。
2011年6月28日 牛疫根絶宣言
FAO: Faces behind rinderpest eradication
「1980年代に、FAO動物衛生課長を務めていた
小澤義博博士は、牛疫根絶の社会経済的利益は
発生時対策の費用を遥かに上回ると主張し続けた」
1930年代の世界不況
自国の産業保護
1944年 ブレトン・ウッズ会議(米国)
世界戦争の回避策
関税引き上げ
貿易数量制限
第二次世界大戦
為替制限
国際復興開発銀行( IBRD ;1945)
国際通貨基金( IMF ;1947)
ガット体制(GATT; 1948 )
「関税及び貿易に関する一般協定」
1947年 第1回関税交渉妥結 → ガット採択
経済紛争の元となる貿易障壁をなくし、自由貿易を確保する基本原則
(i)貿易制限措置の削減
(ii)貿易の無差別待遇(最恵国待遇、内国民待遇)
GATT 第20条 一般的例外: 動植物防疫に係る検疫等の措置
「衛生植物検疫措置の適用に関する(SPS)協定」
ケネディ・ラウンド(1967) 、東京ラウンド(1979 )妥結
ウルグアイ・ラウンド(1986 ~1994)妥結: 農産物貿易の原則自由化
1995年 世界貿易機関( WTO ) ← ガット体制
「世界貿易機関を設立するマラケシュ協定(通称:WTO設立協定)」
「農業に関する協定」
食料の輸出入における安全性確保と関わる国際的枠組み
◆ 食料の国際取引における衛生基準
WTO体制とSPS協定
世界貿易機関(WTO)
ヒトの入国、動物、植物および食品の
輸入時に、「検疫」が実施されるが、
その基準は?
WTO組織図
閣僚会議
貿易政策検討機関
一般理事会
紛争解決機関
様々な物資が国際流通しており、そ
れらの国際取引上のトラブルを解消
するための組織
上級委員会
小委員会[パネル]
B国
危
害
因
子
に
つ
い
て
の
国
の
衛
生
基
準
A国
非関税障壁
(WTO訴訟)
国
際
基
準
E国
コーデックス委員会
国際獣疫事務局(OIE)
C国
D国
自由貿易の枠組み(WTO)と衛生基準の関係概念図
衛生および食物検疫措置の適用に関する協定(SPS協定)
貿易の技術的障壁に関する協定(TBT協定)
コーデックス委員会
( FAO/WHO 合同食品規格委員会)
( ):部会数、 〔 〕:休会中
事務局
執行委員会
一般問題部会(9)
個別食品部会(11)
一般原則
食品衛生
食品表示
分析・サンプリング
食品輸出入検査証明制度
食品添加物・汚染物質
栄養・特殊用途食品
残留農薬部会
残留動物用医薬品
専門家会議
食品添加物(JECFA)
残留農薬(JMPR)
乳及び乳製品
食肉・食鳥肉衛生
魚類・水産製品
生鮮果実・野菜
加工果実・野菜
油脂
〔ココア製品・チョコレート〕
〔糖類〕
〔穀物・豆類〕
〔植物タンパク質〕
〔ナチュラル・ミネラル・ウォーター〕
特別部会(2)
果実・野菜ジュース
動物用飼料
地域調整部会(6)
アジア
アフリカ
ヨーロッパ
ラテンアメリカ・カリブ海
近東
北アメリカ・南西太平洋
コーデックス委員会の組織図
危害(Hazard)とリスク(Risk)
「危害とは、ヒトに障害を起す可能性のある食品の、生物
学的、化学的、あるいは物理学的因子、もしくは状態をいう。
他方、リスクとは、食品中の危害の結果として起こる、暴
露集団の健康に対する悪影響の発生確率と重篤度の推
定値である。」
「危害を減らすこととリスクを減らすことの関係を理解す
ることは、適切な食品の安全性制御を発展させる上でとく
に重要である。 不幸なことに、食品について『ゼロ・リス
ク』のような事態はありえない(その他の何についても言え
ることだが)。」
「食品の品質と安全性システム」
FAO: Food Quality and Safety Systems - A Training Manual on Food Hygiene
and the Hazard Analysis and Critical Control Point (HACCP) System. 1998
閾値がない
化学物質
▲
栄養素
閾値がある
化学物質
▲
健
康
へ
の
悪
影
響
▲
●
全てのものは毒である。毒でないもの
● 致死量
はない。適正な用量が毒と薬を分ける。
●
●
中毒量
NOAEL
無有害作用
濃度
●
●
●
●
●
●
●
薬効
化学物質の用量・反応関係
WHO 2000:人間と環境の衛生に係る化学的危害物質
(Hazardous chemicals in human and environmental health)
LOAEL
最小有害作用
濃度
用量(摂取量)
分かりやすい
安全性の考え方
表12. 死亡の機会を0.000001増やすリスク
1.4本のタバコ
喫煙者と2ヶ月生活
ピーナッツバターをスプーン40杯
マイアミの飲料水を1年間飲用
木炭で焼いたステーキ100枚の摂取
500mlのワイン
ニューヨークやボストンでの2日間滞在
5分間のカヌー乗船
自転車で10マイル(16km)走行
自動車で300マイル(483km)走行
ジェット機で6000マイル(9654km)飛行
良心的病院で1枚の胸部X線写真撮影
癌、心疾患
癌、心疾患
アフラトキシンBによる肝癌
クロロホルムによる癌
ベンゾピレンによる癌
肝硬変
大気汚染
偶発事故
偶発事故
偶発事故
宇宙線による癌
照射による癌
「表12は、Wilsonが死亡の機会が100万に1人の割合で増えると推
定したリスクの一覧であり、多くの場合それらは許容できるリスクと
考えられ、非常に低い確率で起きる事項についての事実認識を
人々が習得する手助けとして有用であろう。しかし、健康と福祉に対
する様々な脅威を確率事象として単純に受け止めない多くの人々
がいることも示唆されている。」 国際化学物質安全性計画( ICPS )
国際獣疫事務局(OIE)
総会
(1) 陸生動物衛生規約委員会
(2) 水生動物衛生規約委員会
(3) 動物疾病科学委員会
(4) 生物基準委員会
理事会
事務局長
最低年一回開催(例年5月、パリ)
総会議長、副議長、前議長、地域6名
フランスのDr. Bernard Vallat
事務所
6名の専門家で構成
される4つの委員会
専門委員会
地域委員会
特定分野の専門的
支援
連携センター
標準研究所
特別委員会
作業部会
診断方法・基準の助言、
標準株・試薬の維持
2年に一度地域総会を
開催
(1) 野生動物
(2) 動物福祉
(3) 食品安全
地域代表事務所 アフリカ、アメリカ、アジア・太平洋、
東ヨーロッパ、中東
2012年5月総会で、アジア・太平洋地域委員会議長、日本の首席獣
医官(CVO: Chief Veterinary Officer)である川島農林水産省動物衛
生課長が理事に選出された。
衛生植物検疫措置の適用に関する協定(SPS協定)
第五条 リスク査定および衛生植物検疫上の適切な保護水準の決定
1. 加盟国は、関連国際機関が作成したリスク査定の方法を考慮しつ
つ、自国の衛生植物検疫措置が、人、動物又は植物の生命又は健康
に対するリスクに関し、状況に適切なものとして、査定に基づくことを
確保しなければならない。
2. リスク査定において、加盟国は、入手可能な科学的証拠、関連す
る生産工程と生産方法、関連する法的検査、試料採取と検査方法、特
定の疾病または有害動植物の発生状況、有害動植物や疾病の清浄
地域の存在、関連する生態学的または環境の状況、ならびに、検疫や
その他の措置を考慮しなければならない。
5. 人の生命または健康、動物および植物の生命または健康へのリ
スクに対する衛生植物検疫の適切な保護水準の概念の適用における
整合性を図るため、各加盟国は、様々な状況において適切と認められ
る水準について恣意的または不当な区別となることを避けなければな
らず、そのような区別が国際貿易における差別または偽装した制限と
なってはならない。
陸生動物衛生規約(Terrestrial Animal Health Code()
第1巻: 総則
第1部 動物疾病の診断、発生動向調査および通知
1.1章 疾病と疫学情報の通知
1.2章 疾病の侵入、感染および蔓延の基準 とOIEリスト
1.3章 OIEリスト疾病の公定および代替の診断試験
1.4章 動物衛生の発生動向調査
1.5章 動物疾病媒介性昆虫の発生動向調査
1.6章 清浄化宣言の手順とOIEによる公式認定
第2部 リスク解析
第3部 獣医療組織の品質
第4部 総括的勧告: 疾病の予防と制御
第5部 貿易施策、輸入/輸出手順および獣医療証明書
第6部 獣医公衆衛生
第7部 動物福祉
リき国
スい際
トか的
疾、流
病人行
と畜の
定共危
め通険
てで性
い社が
る会
。的高
影く
、
響経
が済
大的
き被
い害
疾が
病大
を
第2巻: OIEリスト疾病および国際貿易において重要な疾病
に適用可能な勧告
第8部 多種動物
:16章16疾病
2007年改定までは
炭疽、オーエスキー病 、ブルータング 、
エキノコッカス症/包虫症 、口蹄疫 、心水
病 、日本脳炎、新世界ラセンウジバエ、
ヨーネ病 、狂犬病、リフトバレー熱、牛疫、
旋毛虫症、野兎病、水疱性口内炎、西ナイ
ル熱
OIEリストA: 伝播が速く、国境を越えて
流行し、社会的・経済的及び公衆衛生上
特に深刻な事態を招くと同時に、家畜・畜
産物の国際防疫にとっても重要な疾病。
発生の都度OIEへ報告。
第9部 蜜蜂
OIEリストB: 国内的に社会的・経済的及
び公衆衛生上重要で、かつ家畜・畜産物
の国際防疫にとって重要な疾病。
年
1回OIEへ報告。
: 6疾病
第10部 家禽
: 9疾病
第11部 牛
: 14疾病
第12部 馬
: 11疾病
第13部 兎
: 2疾病
第14部 綿山羊
第15部 豚
: 10疾病
: 5疾病
OIEリストA: 牛疫、牛肺疫、口蹄疫、ブルータ
ング、ランピースキン病、リフトバレー熱、水胞
性口炎、豚コレラ、豚水胞病、アフリカ豚コレラ、
アフリカ馬疫、羊痘・山羊痘、小反芻獣疫、
ニューカッスル病、家きんペスト、
第5.5章 口蹄疫
8.5.1条 緒言
国際陸生動物衛生規約において、口蹄疫(FMD)の潜伏期間は14
日とする。
本章において、反芻動物にはラクダ科の動物(ヒトコブラクダを除く)
を含む。
国際貿易のため、本章はFMDVによる臨床徴候の発現のみならず、
臨床徴候が発現していないFMDV感染についても取り上げる。
8.5.2条 ワクチン接種が行われていない口蹄疫清浄国
1. 定期的および迅速な動物疾病報告の記録を保持する。
2. 次の事項を明言した宣言書をOIEに送付する。
a. 過去12ヶ月間に口蹄疫の発生がなかった。
b. 過去12ヶ月間にFMDV感染の証拠が全く見つからなかった。
c. 過去12ヶ月間に口蹄疫ワクチン接種を行っていない。
d. ワクチン接種を中止して以降、ワクチン接種動物を全く入れて
いない。
3. 以下の事項について文書化された証拠を提出する。
陸棲動物の診断検査とワクチンの手引書
Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals
第1部 概要 第 1.1章 序章
第1項 診断用材料の収集と輸送
第2項 獣医微生物試験室および動物施設の生物学的安全性と生物学的防犯
第3項 獣医療試験室における品質管理
第4項 感染症診断検査の検証の原則
第5項 感染症診断のためのPCR法の検証と品質管理
第6項 細菌の感受性試験の方法
第7項 感染症診断とワクチン開発におけるバイオテクノロジー(2009年3月に採択されたナ
ノテクノロジーを含む)
第8項 動物用ワクチン生産の原則
第9項 生物材料の無菌性と清浄性のための検査
第10項 ワクチン貯蔵所のための国際基準の指針
第11項 動物用生物製剤の国際規則に関する公的機関の役割
第2部は、OIEリスト疾病のそれぞれについての検査法
家畜伝染病予防法
家畜の監視伝染病
OIE基準に準拠し、国内の衛生状態を考慮して定められている。
家畜伝染病
24種類:伝播力が強く、治療・予防が難しく、被害がとくに大きい
届出伝染病
71種類:家畜伝染病よりも被害が軽く、殺処分はされない
新疾病
既存の疾病と病状又は治療の結果が明らかに異なる
病性鑑定指針
診断・検査技術を全国的に統一し、検査精度を管理する
家畜防疫対策要綱
2 防疫対策の基本的な推進方向
(1) 事前対応型の防疫体制の構築
(2) 危機管理の観点に立った迅速かつ的確な対応
(3) 国及び都道府県の果たすべき役割
(4) 家畜の飼養者等の果たすべき役割
(5) 家畜の伝染性疾病対策における国際協力
3 防疫推進体制の整備
(1) 情報伝達体制の強化
(2) 病性鑑定実施体制の強化
多染最畜のあ獣
く病も産タる医
の」期のンだ学
だ待振パろを
「
平け
クう学
興
さ
病で
質がぶ
を
れ
な
」
がくて図を、動
あ、いる供安機
るさるこ給全は
。ら。とすで様
「
に伝がる良々
質
牛流行熱の検査チャート
病性鑑定指針 農水省消費安全局
(2) 臨床検査
(1) 疫学調査
家
畜
保
健
衛
生
所
動
物
衛
生
研
究
所
判
定
(3) 血液検査
(
発
熱
時
血
液
)
(4) 剖検
(6) ウイルス学的検査
(ウイルス分離試験)
(+)
(ー)
(+)
(ー)
(5) 病理組織学的検査
確定診断:類似疾病
との鑑別を行う。
スクリーニング:見落
(
血
とすことなく疑わしい
清
症例を拾い上げる。
)
偽陽性が多くなる。
(7) 血清学的検査
(中和試験)
(+)
(ー)
(+)
(ー)
判定は、ウイルス分離、血清学的検査の総合による。
動物検疫所: 海外病の侵入防止
成田支所
中部空港支所
関西空港支所
神戸支所
門司支所
鹿児島空港出張所
沖縄支所
● 家畜伝染病予防法
● 狂犬病予防法
● 感染症の予防及び感染症の患者
に対する医療に関する法律 (感染症
法)
輸出入の家畜衛生条件
各国における伝染病の発生(OIEへの
通知)に対応するため、国別、動物種
別に輸入のための衛生条件が公示さ
れている。
世界は一つ、健康は一つ(One World, One Health)
「FAO、OIE、WHO、インフルエンザ連携国連機構、UNICEF、
世界銀行」が2008年に合同で打ち出した、動物・人間・生
態系の接点における感染症のリスクを低減するための戦
略的枠組み。
人間の生活圏
越境性疾病: 国境を越え
て蔓延する人、家畜、動物
の伝染病。
新興感染症: これまで知ら
れていない新疾病。人、家
畜、動物の接点で発生。
開発
野生動物
が暮らす
森
原人て野
体にい生
に感た動
進染病物
化し原の
、体間
新がに
た家存
な畜在
病やし
土地と水の使用に関する
決定が健康に対して実質的で
密接な関係を持っており、生態系の回復力の変化および病気の出現
と拡大の様相の変化が現われる。 地球規模での病気の予防、広域
調査、定期検査、制御、および緩和を図るべきである。
新たに確認または大陸を超えたウイルス性疾病
疾病名
1957
1959
1967
1969
1976
1977
1981
1991
1993
1994
1994
1997
1998
1999
2003
2003
2003
2009
アルゼンチン出血熱
ボリビア出血熱
マールブルグ病
ラッサ熱
エボラ出血熱
リフトバレー熱
エイズ
ベネズエラ出血熱
ハンタウイルス肺症候群
ブラジル出血熱
ヘンドラウイルス病
高病原性鳥インフルエンザH5N1
ニパウイルス病
西ナイル熱(大陸移動)
重症急性呼吸器症候群(SARS)
サル痘(大陸移動)
高病原性鳥インフルエンザH5N1
新型インフルエンザH1N1
自然宿主
ネズミ
ネズミ
?
マストミス
オオコウモリ?
ヒツジ、ウシなど
チンパンジー
ネズミ
ネズミ
ネズミ?
オオコウモリ
カモ
オオコウモリ
野鳥
キクガシラコウモリ
齧歯類
カモ
人・豚・鳥
初発国
アルゼンチン
ブラジル
ドイツ
ナイジェリア
ザイール
アフリカ
アフリカ
ベネズエラ
米国
ブラジル
オーストラリア
香港
マレーシア
米国
中国
米国
全世界
メキシコ
エボラ出血熱: 現時点で、致命率が最も高い病気
年
2011
2008
2007
2007
2005
2004
2003
2001-2
2001-2
2000
1996
1996
1996
1994
1994
1979
1977
1976
1976
国
ウガンダ
コンゴ
ウガンダ
コンゴ
コンゴ
スーダン
コンゴ
コンゴ
ガボン
ウガンダ
南アフリカ
ガボン
コンゴ
コートジボワール
ガボン
スーダン
コンゴ
スーダン
コンゴ
計
ウイルス型
Sudan
Zaire
Bundibugyo
Zaire
Zaire
Sudan
Zaire
Zaire
Zaire
Sudan
Zaire
Zaire
Zaire
Ivory Coast
Zaire
Sudan
Zaire
Sudan
Zaire
症例数
1
32
149
264
12
17
178
59
65
425
1
91
315
1
52
34
1
284
318
死亡数
1
14
37
137
10
7
157
44
53
224
1
66
254
0
31
22
1
151
280
致命率(%)
100
44
25
71
83
41
88
75
82
53
100
72
81
0
60
65
100
53
88
2,299 1,490
現在も原因ウイルスが潜む野生動物種は特定されていない。
65
ウガンダにおける発生 2012年
ウガンダ保健省は、エボラ出血熱
による16名の死亡を含め53名の疑い
症例に達すると報告。 協力組織:
WHO、米国疾病制御予防センター
(CDC)、国境なき医師団(MSF)
国境なき医師団(MSF)
コンゴ民主共和国での発生
自分が生きることは、他の人
の役に立つことで支えられる
8月28日現在、全部で24名
(濃厚6名、確認6名、疑い12
名)の患者と11名の死亡が
Orientale地区から報告された。
死亡例には3名の医療従事者
が含まれている。この発生はウ
ガンダの事例とは関連していな
い。
インフルエンザ流行史
1890
H2N8
1900 スペイン風邪( 1918~19年):世界の約
1910 50%(6億人)が感染し、 2,000万人以上が
H3N8
H1N1
ス
ペ
イ
ン
風
邪
1920
1930
1940
1950
1860
H2N2
1970
H3N2
1980
H1N1
香
港
風
邪
ソ
連
風
邪
1990
死亡した。日本でも半数(2,400万人)が感染
し、30万人以上の死亡者が出た。
ウイルス分離:豚で1930年、ヒトで1933年
アジア風邪(1957年):船が主な輸送機関
だった時代に、わずか7ヶ月間で世界に広
がった。
季節性インフルエンザ:香港風邪(1968年)
とソ連風邪(1977年)を指す。
高病原性鳥インフルエンザHPAI H5N1:香
港で1997年に発生し、2003から世界各地の
家禽と野鳥に広がっている。
2000 H5N7
HPAI
2010
新型インフルエンザH1N1 2009:
H1N1 豚・鳥・ヒトのウイルス遺伝子
の融合体、メキシコで発生
2009
ウイルスの構造と受容体
ウイルス表面にあるヘマグルチニ
ン(赤血球凝集素、16種類)とノイ
ラミニダーゼ(9種類)の組合せで
型別する。これらの糖蛋白は変異
が大きく、インフルエンザの種類
が多い要因となっている。
ウイルス粒子成分を規定している
RNA遺伝子は8文節からなる。
100nm
トリ ウイルス
ヒト ウイルス 受容体(レセプター)は鍵と鍵穴の
関係で、一致したウイルスだけが
細胞内に侵入し、増殖できる。不
一致であれば感染しない。
Α2-6 レセプター
Α2-3 レセプター
ヒト細胞
トリ細胞
水禽類(カモなど)
α2-3
H1~H16
(α2-3)
「種の壁」を越え
ることは、頻繁
に起きるもので
はないが・・・・
ブタ
α2-3、α2-6
ニワトリ
α2-3
ウマ
α2-3
H1、H3
(α2-3、α2-6)
H5、H7
(α2-3)
H3、H7
(α2-3)
H5N1
ヒト
α2-6
α2-6、α2-3
肺にはα2-3
が存在する
H1、H2、H3
(α2-6)
通常は同一動物種内での流行
動物細胞
αレセプター
ウイルスのH型
(αレセプター対応)
矢印の形と太さは、感染の頻度を示す
インフルエンザ・ウイルスの流行模式
スペイン風邪
2000万人以上の
死亡は、戦争によ
る死亡数をはるか
に上回る。単年当
りの死亡数は中世
のペスト以上であ
り、史上最悪の伝
染病であった。
中外製薬
年少者と高齢者の死亡率が高かった従来とは異なり、ス
ペイン風邪では20~40歳の健康成人が死亡者の半数を占
めた。働き手を失った家族は、その後も苦しい生活を強いら
れた。死亡者の多くは、細菌性肺炎を併発し、1週間以内に
死亡したとされる。
この時ウイルスは未だ
発見されていなかったの
でワクチンはなく、細菌に
有効な抗生物質も発見さ
れていなかった。これらの
ことが、社会活動を止め
られない青壮年の被害を
高めた側面がある。後年
の研究でトリウイルスに
由来することが判った。
世界流行インフルエンザ H1N1 2009の誕生
季節性
ヒトH3N2
古典的
ブタH1N1
97-98
×
98
×
⇒
北アメリカ地域で ヒト⇔ブタ 軽症
ユーラシア
3種混合
3種混合
H1N1
H1N2
ブタH1N1
新型
H1N1 2009
2000 -
09
⇒
PB2
PB1
PA
HA
NP
NA
MP
NS
⇒
3種混合
H3N2
×
⇒
PB2
PB1
PA
HA
NP
NA
MP
NS
トリ
H?N?
2種混合
H3N2
×
古典的
ブタH1N1
米国とメキシコで新型インフルエンザA/H1N1感が発生していることが4月24日に
発表された。 当初伝えられた致命率は10%と高く、大きな衝撃を与えた。WHOは4
月28日に 新型インフルエンザ警戒レベルを「3」から「4」に引き上げ、 翌日には
「5」へ、6月12日には「6」へと引き上げた。
その後、致命率は0.01%以下と判明したが、南半球が冬を迎えウイルスが強毒
化する懸念が表明された。しかし、週間死亡数は、12月21日の1176名をピークに減
少した。
2010年4月末までに1万8000名が亡くなったが、これまでの季節性イ
ンフルエンザによる死亡数より遥かに少なかった。
1400
新型インフルエンザ 2009 による週間死亡数の推移(全世界)
1200
1000
800
600
400
200
0
2009
~5/2
2009
~12/21
2010
~5/2
世界流行インフルエンザウイルス誕生を防ぐために
1997年香港 高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)H5N1の人への感染
5月に3歳男児が原因不明で死亡したのを皮切りに、年末までに18人が感染し、6
人が死亡した(致命率 33%)。 8月にトリウイルスだと判明したが、ヒト型に変異す
ることなく直接感染したことの謎が残った。それまでは、養鶏場などでヒトが稀に直
接感染することがあっても軽症で済んでいた。
2003年 HPAI H5N1の再発
11月に、中国の北京で24歳男性の死亡例
が発生した。同時期に韓国で家禽にH5N1
が初めて確認され、 発生は2004年9月まで
続いた。さらに、発生は東南アジアに広がっ
た。
現時点で、ヒト・ヒト感染は起きていない!
ヒト型H5N1ウイルスは未発生!
渡りのルート
2005年4月 HPAI H5N1の世界流行
何十万羽もの渡り鳥が集まる中国中央の青海湖で野鳥が死に始めた。その後の
数週間で様々な種の6,345羽の鳥が死亡した。これは、高病原性鳥インフルエンザ
が野鳥の大量死を引起した最初の報告事例である。水禽類はH1~H16の全ての
型に感染するが、軽症でほとんど死なないとされてきた。コブハクチョウなどの大型
水禽類が世界各地に渡り、H5N1を広げ、家禽での流行を引起すことになった。
水禽類とは、「水掻き」のある鳥類
カモ等の水禽類のインフルエンザは、一般的に消化器系感染であり、ウイルスは糞
便中に排出される。すなわち、池や湖はH5N1ウイルスで汚染されている。
マガモ
アヒル
家畜化
雁(ガン、カリ)
ガチョウ
家畜化
アジアの伝統的稲作では、水田にアヒルを放して除草作業などを手伝わせている。
アヒルが放たれている水田
地帯でHPAIが発生してい
る。これが野鳥の鴨や雁など
と自然交配を含めた濃厚接
触を重ねて、春には北方の
繁殖地へ渡っていく。シベリ
アの繁殖地で別の集団に感
染が広がり、それらのカモ類
が秋になると日本や韓国に
渡ってきてニワトリへの感染
源となる。こうした生態系の
FAO: 鳥インフルエンザの理解
営みを変えられるか?
家禽におけるH5N1の発生
死亡して見つかった数は平均で
約1割であり、全群が殺処分され
るのでこの8年間で6,300万羽が
犠牲になった。平均すると毎年
770万羽となる。命あるものを殺処
分する心の痛み・・・
20,000,000
18,000,000
16,000,000
14,000,000
12,000,000
10,000,000
8,000,000
6,000,000
4,000,000
2,000,000
0
2012年1~8月の発生状況
:継続中(家畜)
:終息(家畜)
:終息(野生動物)
:情報なし
淘汰数
死亡数
2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
高病原性鳥インフルエンザH5N1
のヒト感染状況 (2012年8月10日現在)
患者数: 608名
死者数: 359名
致命率: 59%
120
100
80
死亡数
生存数
あなたは、鶏と
心中できますか?
患者数 死者数
191
159
インドネシア
168
60
エジプト
123
61
ベトナム
43
28
中国
21
19
カンボジア
25
17
タイ
8
5
アゼルバイジャン
12
4
トルコ
17
6
その他
イラク、ラオス、パキスタン、ナイジェリア、
バングラディッシュ、ミャンマー、ジブチ
60
40
20
0
2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
世界保健機関(WHO)の勧告
生鳥市場(wet market)
病気になったか死亡した動物
を調理したり、喫食してはいけな
い。それは非常に危険である。
● 流行地においては、自宅で食
用と殺してはならない。
冷蔵庫が普及しておらず、傷み
やすい鶏肉は市場でと殺処理
●
鼻や喉からH1N1は感染
せず、ホコリとともに大量の
ウイルスを吸込んで肺に達
した場合にのみ感染する。
アジアにおけるH5N1発生の8割以上
が庭先養鶏で起きている。国内発生
が起きても、市販の鶏肉や卵を食べ
ることによって感染することはない。
発イ日
生ン本
状フに
お
況ル
エけ
ン
ザる
の鳥
2004年2月
京都府京丹波町
2007年2月
岡山県高梁市
2004年1月
山口県阿東町
2010年10月
北海道稚内市大沼
カモの糞
2008年5月
北海道佐呂間町
オオハクチョウ
2008年4月
秋田県小坂町
オオハクチョウ
2008年5月
北海道別海町
オオハクチョウ
2004年3月
京都府・大阪府
ハシブトガラス
2008年5月
青森県十和田市
オオハクチョウ
2005~2006年 H5N2
茨城県(2ヶ所)
2005~2006年 H5N2
埼玉県(1ヶ所)
2009年 H7N6
愛知県豊橋市(ウズラ)
2007年3月
20110-11年には10月の北海道に始まり
熊本県相良村
2004年2月
全国で野鳥や公園の白鳥が感染し、家
クマタカ
大分県九重町 禽では 9県 24農場(宮崎 13件、千葉、
愛知、三重で各 2件、島根、奈良、和歌
2007年1月
宮崎県(清武町・新富町・日向市) 山、大分、鹿児島で 各1件)。
伝染病発生のリスク査定、探知、および
対処の方法論: リスク解析
通常の感染症と違って、伝染病は家畜生産に
壊滅的打撃を与え、さらに、人畜共通感染症の場
合には家畜生産の問題よりも公衆衛生上の問題
が遥かに大きい。
家畜伝染病の脅威に対して、獣医療は何を為
すべきか、何ができるのか・・・。それ以前に、伝染
病の「脅威」の大きさと、その家畜生産ならびに公
衆衛生上の影響の大きさを見定める必要がある
が、その方法論は?
FDA/APHIS: Risk Analysis Overview
動植物検疫局(APHIS )のリスク解析は、貿易上の安全性を確保するための動植
物検疫局の意思決定者に対して勧告を行う。リスク解析の手順は、動植物検疫局
の貿易上の協力者に対して公開されている。このことは、 SPS協定に基づいて、全
ての情報がリスク解析の過程を通して動植物検疫局の貿易上の協力者に共有さ
れていることを意味する。
リスク解析は、次の三つの手順を含んでいる。
1. リスク査定: 生物学的リスクおよびその潜在的帰結についての科学的評価
2. リスク管理: リスクを減らすための適切な措置を決定する手順
3. リスクコミュニケーション: リスク情報の共有
査定
危害の特定
危害の特性解明
暴露査定
リスクの特性解明
コミュニケーション
リスクの特性に基づいて、数種の
管理措置選択肢を提示する
透明性
の確保
管理
リスクの評価
管理措置選択肢の査定
措置選択肢の実行
モニタリングと再吟味
管理措置選択肢を評価し
て決定・実行する
リスク査定では、何を行い、何を行ってはならないか
リスク査定の概念をより良く理解するために、何を行い、何を行って
はならないかについて考えることが役に立つ。
<リスク査定で行うこと>
● 有害動物や疾病が侵入、定着、拡大する可能性の推定
● 生物学的および経済的帰結の推定
● 有害動物や疾病による被害の可能性の推定
● 不確実性の表明: 病原体、人為的過失、使用した方法
● 様々な緩和策と係わるリスクの推定
● 危害とその帰結に関する組織的、系統的な情報提供
● 政策決定者に対して作成される勧告の根拠の明示
<リスク査定で行ってはならないこと>
● 許容できるリスク水準の設定
● 有害動物が侵入した場合、それが定着した場合、被害の内容を
確定的に記載する
● 政策の決定。それは政策決定者の仕事である。
● 政策決定に情報提供するのみ
誰しも生活費等の収入を得るために働いている。それは、個人、地域社会、国においても
同じであり、ボランティアで社会が回れば費用対効果の問題は発生しない。
で
き
ま
す
か
?
拠
と
し
ま
す
か
?
を
い
や
が
る
農
家
を
説
得
ワ
ク
チ
ン
等
の
衛
生
対
策
す
る
際
に
、
何
を
判
断
根
小
動
物
病
院
に
設
備
投
資
利益: 0.8x(300-50)=200
損益: 0.2x(50+20)=14
利益ー損益=186
利益: 0.4x300=120
損益: 0.6x20=12
利益ー損益=108
通
常
の
疾
判病
断に
基対
準し
はて
、ど
農の
家選
の択
利肢
益を
選
ぶ
か
?
EU食品衛生規則を統合する提案に対する全面的な法令影響査定
費用: HACCPを導入するための経費。設備投資、管理システム構
築、重要管理点のモニタリング、記録、人員の教育・訓練
便益: 食中毒事故発生時の医療費、休業費、死亡補償や生産活
動停止費用が節減される
表4. 食品衛生規則: 費用と便益に関する証拠の要約
年
費用
便益(年3%)
1
13,200万ポンド(264億円)
4,500万ポンド(90億円)
2
9,600万ポンド(192億円)
9,000万ポンド(180億円)
3
9,600万ポンド(192億円)
13,600万ポンド(272億円)
4
9,600万ポンド(192億円)
18,100万ポンド(352億円)
5
9,600万ポンド(192億円)
22,600万ポンド(456億円)
6~10
9,600万ポンド(192億円)
22,600万ポンド(456億円)
註1: 初年度の費用は食品安全管理手順を実施する立ち上げ資金のため高額とな
るが、その費用は1度限りで次年度以降は少なくなる。
註2: 便益は、国内の食品媒介性疾患が5年目までは年3%減少し、その後は一定
であるという仮定で計算した。
日本では「安全安心」という呪文を唱えれば、全てが解
決するかのような風潮にあるが、「不安」を叫ぶ多くの人
は、バーゲン製品に群がり、購買行動においては「安全性」
を全く無視する。「台所のHACCP」など言おうものなら、
「生産者の回し者」と冷たい目で糾弾される。
生産、処理、加工、流通業者(これが一番悪徳)があっ
て、一般消費者は食料を購入できるのであり、自分の子供
達もそこで働いていることもあろう。自分の「利益?」だけを
主張する「無知からくる不安」を適切な教育で正していかな
ければならない。
高病原性鳥インフルエンザが発生すると、「鶏肉や卵か
ら感染することはありません」というキャンペーンを繰り返し
ているが、100回繰り返せば終わるのか? 1万回繰り返さ
なければならないのか?
世界保健機関(WHO)憲章 前文(抜粋)
健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉
体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たさされた状
態にあることをいいます。
人種、宗教、政治信条や経済的・社会的条件によって差別される
ことなく、最高水準の健康に恵まれることは、 あらゆる人々にとって
の基本的人権のひとつです。
世界中すべての人々が健康であることは、平和と安全を達成する
ための基礎であり、その成否は、個人と国家の 全面的な協力が得ら
れるかどうかにかかっています。
健康増進や感染症対策の進み具合が国によって異なると、すべて
の国に共通して危険が及ぶことになります。
健康を完全に達成するためには、医学、心理学や関連する学問の
恩恵をすべての人々に広げることが不可欠です。 勉強する目的は?
一般の市民が確かな見解をもって積極的に協力することは、人々
の健康を向上させていくうえで最も重要なことです。
陸生動物衛生規約(Terrestrial Animal Health Code)
第7部 動物福祉
第7.1.1章 動物福祉とは、生活している状態に動物がどのように対
処しているかを意味する。動物が(科学的証拠によって示される)健
康、快適、栄養良好、安全で、固有の行動をとれ、さらに、痛み、恐
怖、苦痛などの不快な状態に苦しんでいない場合に良好な福祉状態
にある。
適切な動物福祉には、病気の予防と適切な獣医師の治療、保護施
設、管理と栄養、人道的な取扱いとと殺または殺処分が求められる。
動物福祉は、動物の世話、動物の取扱い、人道的処置などのその他
の用語によって表される動物の状態を指す。
第7.1.2章 動物福祉の指針
第7.1.3章 勧告の科学的根拠
第7.1.4章 家畜生産システムにおける動物福祉の一般的
原則
伴侶動物のみならず、家畜、実験動物、
野生動物を含めて適用される。
地球の誕生: 約46億年前
原始大気と原始海洋の誕生
最初の生命体(原核生物)
35億年前の最古の化石
緑藻類などの真核生物
10億年前
1991年5月普賢岳の噴火
二酸化炭素
CO2
酸素
O2
アオミドロ
原始大気
起源
その後
現在
大量
原始地球から
脱ガス
石灰岩CaCO3
地下有機物(化石燃料)
0.03%
ただし増加中
生物の光合成
縞状鉄鉱などの酸化物
その後は大気中に蓄積
成層圏のオゾンO3層
21%
なし
大気と水に恵まれた地球で生命が誕生し進化してきた
大
気
中
ガ
ス
濃
度
炭酸ガス
CO2
酸素
O2
46
35
地
球
誕
生
原
始
生
物
27
10
5.1
3.7
4.4
2.1
500万年前
人類の出現
ほ乳類の出現
脊椎動物の上陸
陸上植物の出現
脊椎動物の出現
緑藻類などの真核生物
光合成を行うラン藻類(シアノバクテリア)
ミラーの実験 「化学進化」
原始大気と放電でアミノ酸ができる
地球にも寿命があ
り、地殻活動などの
環境変化により絶滅
した種もいる。人類
は?
ダーウィンの著書 1859年
「種の起源」 進化論
パスツールの実験 1862年
「生物は生物からしか生まれない」
生物の系統発生学的位置
病原体
高等生物: 動物界、植物界、菌界
真性細菌
古細菌
Procaryote
原核生物
寄
生
虫
Eucaryote
真核生物
ウイルスはエネルギー生産、蛋白合成に係わる酵素系を欠如しており、この図には含まれない
動物界
菌界
植物界
消
化
吸
収
光
合
成
分類学に基づいて動物界と植
物界に大別したのはリンネ
(1707 - 1778)であったが、ヘッ
ケルが原生生物界を加えた系
統発生図を描き(3界説) 、ホイ
タッカー(1920 - 1980)は原生生
物界にモネラ界を、植物界に菌
界を付け加えて「5界説」を唱え
た(1959)。
真核生物、多細胞
原生生物界 真核生物、単細胞
モネラ界
生物の分類
原核生物、単細胞
生物の系統発生図
微生物の菌類・細菌類
などが中心。生産者や
消費者の遺体や排出物
の有機物を無機物に分
解し、もとの環境に返
す。
菌界
太陽
一次消費者を食べる生物
肉食動物
二次消費者
動物界
分解者
一次消費者
植物界
生産者を直接食べる生物
草食動物
生産者
大地・大気・水
エネルギー(生態)ピラミッド
自分で栄養素を作る
光合成植物
肉眼
光学顕微鏡
電子顕微鏡
1031年 ベルリン工
科大学のクノールと
ルスカが開発
X線解析
新技術の開発!
濾過性病原体
"contagium vivum fluidum"
= soluble living germ
科学と宗教は
車の両輪
世界観
仏教
仏陀釈迦牟尼の教え
キリスト教
イエスの教え
自然科学
宗教
生物学、医学、農学、工学、・・・
社会科学
イスラム教
科学
マホメットの教え
法学、経済学、・・・
人文科学
現実によって動く心の世界の解明と導き
歴史、心理学、文学、・・・
2000年変わらぬ世界
現実にある事象の解析と解決方法の提示
日進月歩の世界
生命観

похожие документы