企業物価指数

Report

モノの動き
輸出
輸出物価指数
輸入
生産
企業
CGPI
輸入物価指数
卸売
CGPI
小売
消費者
CPI
企業
商品
家計
企業物価指数
(CGPI)
消費者物価指数
サービス 企業向けサービス (CPI)
価格指数
(CSPI)

ラスパイレス指数
 PQ
PQ

t
0
0
0
PQ


Q
t
0
0
 Q0
  Pt 
 Q
0





パーシェ指数
 P Q   P Q   P  Q 


P
Q
Q
Q


 
t
t
t
t
t
t
0

t
t
t
0が基準時、tが比較時。基準時の価格指数を1とする。

実質値=基準年次の価格で比較年次を評価したもの
P Q
0
t
価格指数=名目値/実質値
P
Q
/
P
Q
t t 0 t
ラスパイレス指数
パーシェ指数
長所
加法整合性。
基準年の金額ウ
エートがわかれば計 数量=名目/価格
算できる。
がどの分類でも成り立
つ
短所
上方バイアス
下方バイアス
P01
PQ


PQ
1
0
0
0
, P12
PQ



 PQ
2
1
1
1
P0t  P01
・ P12・  ・
Pt 1t
パソコン価格
=a+ b クロック周波数
+c ハードディスク容量
+d 画面の大きさ
+e ダミー(T2のとき1、それ以外はゼロ)
+f ダミー(T3のとき1、それ以外はゼロ)


消費者が生活するのに必要な財・サービスの価格を
調査する。

サービス価格が約半分を占める。サービス価格は人
件費が主なので、財価格よりも上がりやすい。

サービス価格が入っている分、企業物価指数よりも上
昇しやすい。
財
総
合
サ
農 水 畜 産 物工 業 製 品
生鮮商品
ー
ビ
ス
公
共一
般
サ ー ビサ ー ビ
ス
ス
ウエイト 10000
4931
689
611
3579 5069
1200
3869
588
447
78
74
357 141
43
98
品目数



国内企業物価指数
輸出物価指数
輸入物価指数
資本財
需要段階別・用途別
素原材料→中間財→最終財
•
耐久消費財
消費財
非耐久消費財

企業間のサービス取引の価格

一般サービス、不動産、リース・レンタルの比重が大
きい。

デフレーター=名目値/実質値

消費者物価指数 ≒ 消費デフレーター

企業物価指数 ≒ 設備投資デフレーター

CGPI < GDPデフレーター < CPI





需要と供給の変動(需給ギャップ)
国内物価は、輸入品の数量、価格に影響を受ける
輸入物価は国際商品市況、為替レートに左右される
お金の量(マネーサプライ) モノとお金の比
消費者物価指数は、公共料金にも左右される
需要曲線
供給曲線
価
格
数量
需要曲線
供給曲線
価
格
需給ギャップ
数量
需要曲線
供給曲線
価
格
数量

ディマンド・プル・インフレ
需要の増加で物価が上昇する
→需要動向の見極めが重要

コスト・プッシュ・インフレ
製商品を生産する際の費用(コスト)が増える
賃金、輸入価格
ユニットレーバーコスト=人件費/生産量
=雇用者報酬/実質GD
P

GDPギャップ=実際のGDP-潜在GDP

稼働率指数(経済産業省)

製商品・サービス需給判断D.I.(日銀短観)

生産・営業用設備判断D.I.
雇用人員判断D.I.(日銀短観)

similar documents