本態性高血圧症

Report
薬理学PBL
本態性高血圧症の治療薬について
生田由佳子、古賀明日香、為定由佳理、番匠里紗
本態性高血圧症
高血圧症とは収縮期血圧が140mmHg以上、または拡
張期血圧が90mmHg以上に保たれた状態。この状態が
続くと動脈硬化を起こし、脳血管障害、冠動脈疾患
のリスクが高まる。自覚症状が少ない。
なかでも本態性高血圧症とは遺伝的もしくは環
境的因子が強く原因を特定できないものをいう。こ
れは高血圧症の約95%を占める。
高血圧治療の指針
生活習慣の改善
●減量(肥満解消) ●食塩制限
●規則的な運動
●節酒
●禁煙
効果不十
分な場合
ライフスタイルの修正を継続
初期選択薬;カルシウム拮抗薬、利尿薬、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、
アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、α遮断薬、β遮断薬
効果不十
分な場合
増量または多剤に変更または第二薬、第三薬追加
高血圧治療薬の降圧作用部位
中枢性交感神経抑制薬
-
血管拡張薬
☆ACE阻害薬
☆AT1受容体遮断薬
☆Ca拮抗薬
☆α1受容体遮断薬
脳
交感神経興奮
+
+収縮
β1受容体
-
β受容体遮断薬
拡張
+
収縮
心臓
-
平滑筋Ca2+チャネル
AT1受容体 α受容体
+
レニン→AGⅠ→AGⅡ
→アルドステロン
+
腎臓
-
Na+貯留
利尿薬
Na+排泄
+
末梢血管
降圧薬治療①
合併症のない若年、中年者の場合
• ノルバスク錠(カルシウム拮抗薬)
• ディオバン錠(ARB:アンジオテンシンⅡ受容
体拮抗薬)
• ナトリックス錠(利尿薬)
• テノーミン錠(β遮断薬)
ノルバスク錠
(アムロジピンamlodipine、ジヒドロピリジン系DHP)
・作用:Ca拮抗薬。
心筋や平滑筋の細胞膜に
存在する膜電位依存型
L型Ca2+チャネルに結合し、
その機能を阻害。
末梢動脈血管の平滑筋を
弛緩させ、血管抵抗を下げる。
・ゆっくりと持続的に作用する。
・安全性が高い。
ノルバスク錠(アムロジピン
amlodipine、ジヒドロピリジン系DHP)
• 副作用:重篤なものは殆どない。急速な降圧
作用による交感神経系の賦活作用。ほてり、
めまい、ふらつきなど。但し、緩除に降圧作用
を発現させるアムロジピンは上記の副作用は
出にくい)
• 禁忌:妊婦、妊娠している可能性のある婦
人、過敏症
ディオバン錠(バルサルタンvalsartan)
• 作用:選択的AT1受容体ブロッカー(ARB)。AT1受容体を阻
害することでAGⅡを阻害し、血管拡張を引き起こす。ACE阻
害薬に比べより直接的な効果があり、またキニンの蓄積によ
る空咳が起こらない。
ディオバン錠(バルサルタンvalsartan)
• 副作用:だるさ、めまい、頭痛、稀に高カリウ
ム血症など。
• 禁忌:妊婦、妊娠している可能性のある婦
人、過敏症、両側腎動脈狭窄
ナトリックス錠(インダパミドindapamide)
• 作用:持続型非サイアザイド系降圧剤(非サイアザ
イド系利尿薬)。遠位尿細管のNaイオン、Clイオン
共輸送体を阻害し、Naイオンの再吸収を抑制しNa
イオン、水の排泄を増加させる。またKイオン、Clイ
オンの排泄も促進させる。サイアザイド系に近い利
尿薬であり、作用機序もほぼ同じであるが、低カリ
ウム血症の副作用が少ないとされる。
• 利尿薬投与時には、レニン・アンギオテンシン・アル
ドステロン系(RAA系)が活性化しているので、RAA
系阻害薬との併用が有用である 。
サイアザイド系利尿薬
• 遠位尿細管近位部でのNa+/Cl-共輸送体を阻害→Na+再吸収
抑制
(Na+/Cl-共輸送体は、ループ利尿薬に感受性がない)
• RAA系が活性化している状態では、多くのNa+が遠位尿細管
に到達し、K+との交換を刺激→遠位尿細管においてK+の排
泄を増加する
• ループ利尿薬との相違点
①作用時間が長い
②作用点が違う
③低濃度で利尿効果が高い(low-ceiling)
④腎不全時に、より反応性が弱い
ナトリックス錠(インダパミドindapamide)
• 適応:インダパミドは高血圧のみに適用がある(ほかのサイ
アザイド系またはサイアザイド類似利尿薬は、浮腫にも適応
がある)
• 副作用:低ナトリウム血症、低カリウム血症、皮膚粘膜眼症
候群、めまいなど
• 禁忌:腎不全、過敏症、痛風、高尿酸、血症体液中のカリウ
ム減少、体液中のナトリウム減少など
テノーミン錠(アテノロールatenolol)
• 作用:心臓選択性β遮断薬。
β1選択的β遮断薬である。内因性カテコールアミンによりβ受
容体刺激を阻害することで、心臓の収縮力低下、心拍数低
下により、心拍出量低下がおこり、収縮期血圧が下がる。降
圧作用を発揮する。また、腎臓におけるレニンの遊離も阻害
する。また労作性狭心症にも有効とされている。ISA(内因性
の交感神経刺激作用)が少なく、心拍出量の低下が継続し
て降圧効果を示す。
• 非選択的β遮断薬に比して喘息患者に対してより安全であ
る。また、非選択的β遮断薬と異なり、insulin使用時の低血
糖を増強しない 。
テノーミン錠(アテノロールatenolol)
• 副作用:起立性低血圧、呼吸困難、異型狭心症、気
管支喘息、末梢循環障害、低血糖が生じた場合の
徴候(頻脈など)をマスク(β1選択性のものはまし)
• 禁忌:褐色細胞腫、過敏症、気管支喘息や慢性閉
塞性肺疾患を合併する患者、急性心不全の患者
本態性高血圧症
②心不全を合併する場合
ラシックス錠 アルダクトンA錠
レニベース錠 ディオバン錠
ノルバスク錠
ラシックス錠(フロセミド)
• 一般名:フロセミド(ループ利尿薬)
• 作用機序
ヘンレのループでNa,K,Cl共輸送の再吸収
抑制し、血中Na,K,Cl濃度を下げる
(循環血液量が低下することにより、血圧が
低下し、前負荷も減少する)
ラシックス錠(フロセミド)
• 禁忌
痛風、高尿酸血症、体液中のナトリウム・カリ
ウムが明らかに減少している人など
• 副作用
低カリウム血症、聴覚障害、ショック症状、
発熱、不整脈
アルダクトンA錠(スピロノラクトン)
• 一般名:スピロノラクトン(K保持性利尿薬)
• 作用機序
アルドステロン受容体拮抗作用により、集合管の
Naと水の排泄を促進、K排泄を抑制
(血中Naは下がり、Kは上がる)
アルダクトンA錠(スピロノラクトン)
• 禁忌
痛風、高尿酸血症、高カリウム血症
• 副作用
高カリウム血症、女性化乳房、急性腎不全
レニベース錠(エナラプリルマレイン酸塩)
• 一般名:エナラプリルマレイン酸塩( ACE阻害薬)
• 作用機序
ACE阻害により、AngⅡの産生が阻害され、血管収
縮を抑制する。そして、血圧が低下し、後負荷も減
少する
ブラジキニン分解を抑制することにより、ブラジキニ
ンによる血管拡張作用が起こり、血圧低下し、後負
荷も減少する
レニベース錠(エナラプリルマレイン酸塩)
• 禁忌
妊娠、高カリウム血症、血管浮腫
• 副作用
急性腎不全、高カリウム血症、空咳(ブラジキニン蓄積によ
るもの)
ディオバン錠(バルサルタン)
• 一般名:バルサルタン( AngⅡ受容体拮抗薬)
• 作用機序
AngⅡ産生阻害により、血管収縮を抑制し、血圧が低下
し、後負荷も減少する
• 禁忌
妊娠、高カリウム血症
• 副作用
血管浮腫、腎不全、高カリウム血症
ノルバスク錠(バルサルタン)
• 一般名:アムロジピンベシル酸塩( Ca拮抗薬(DHP系))
• 作用機序
細胞内Ca濃度が下がることにより、
①血管平滑筋が弛緩し、血圧低下し、後負荷が減
少
②心筋収縮力が低下する
• 禁忌
妊娠、房室ブロック
• 副作用
肝機能障害、黄疸
③糖尿病を合併する場合
糖尿病
糖尿病
• インスリンの量と作用の不足によっておこる糖質代謝異常.
• 高血糖、糖尿、多飲、多尿、ケトーシス、アシドーシスなどの症
状を示す.
Ⅰ型糖尿病
• 膵β細胞の破壊のため血中インスリンが絶対的に欠乏.
• 自己免疫による膵島障害が主因で、発症は若年者に多い.
• インスリン投与が有効.
Ⅱ型糖尿病
• インスリン分泌低下(グルコース刺激に対する分泌障害)とイン
スリン抵抗性(全身組織のインスリン感受性が低下)が主因
• 治療には経口血糖下降薬が用いられる
糖尿病合併高血圧 ガイドライン
• 糖尿病合併高血圧の降圧
目標は130/80mmHg未満
とする。
• 糖尿病合併高血圧患者に
おける降圧薬選択に際して
は、糖・脂質代謝への影響
と合併症予防効果の両面
より,ACE阻害薬、ARBが第
一選択薬として推奨され、
血圧管理にCa拮抗薬、少
量のサイアザイド系利尿薬
が併用される。
日本高血圧学会高血圧治療GL作成委員会ガイドライン
注意の必要な降圧薬
• 利尿薬
• K+欠乏のためインスリンの分泌が低下
• 末梢での糖の代謝が低下
→耐糖能が悪くなる
• β遮断薬
• 低血糖から回復する際のβ2受容体を介したグリコーゲン
分解を抑制
• 低血糖の症状である頻脈の発現がβ1受容体遮断でマス
クされ、重症化をまねくおそれ
どのような降圧薬が適切か
• ACE阻害薬
– タナトリル錠
• アンギオテンシン受容体拮抗薬
– プロプレス錠
• 長時間持続型Caチャネル拮抗薬
– ヒポカカプセル、ムノバール錠
• α1受容体遮断薬
– カルデナリン錠
タナトリル錠(塩酸イミダプリル)
• ACE阻害薬
• AngⅠからAngⅡへの変換酵素(ACE)を阻害
• 糖尿病合併高血圧における第一選択薬
• 糸球体高血圧を軽減するため、糖尿病性腎症の進
展を遅らせる。
糖尿病性腎症ではAngⅡがAT1受容体に作用し、輸出再
動脈を収縮させ、糸球体高血圧の状態である。ACE阻害
薬はこの作用を阻害し、輸出細動脈を拡張させて糸球体
高血圧を軽減する。
タナトリル錠(塩酸イミダプリル)
• 副作用
空咳、血管浮腫、発疹、腎機能低下、高カリウム血症
• 禁忌
•
•
•
•
両側性腎動脈狭窄のある患者
ACE阻害剤で血管神経性浮腫の既往歴がある者
妊婦および妊娠の可能性のあるとき
コレステロール吸着療法(LDLアフェレーシス)を受け
ている人
• AN69膜を用いた透析
プロプレス錠(カンデサルタン
シレキセチル)
• アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬
• AT1受容体を阻害することでAngⅡを阻害
• 糖尿病合併高血圧における第一選択薬
• ACE阻害薬と類似点が多い。しかし、キニンの蓄積
作用がないので咳の副作用は少ない。
• 糸球体高血圧を軽減するため、糖尿病性腎症の進
展を遅らせる。
プロプレス錠(カンデサルタン
シレキセチル)
• 副作用
• 血管浮腫、発疹、腎機能低下、高カリウム血症、肝機能
障害、横紋筋融解症
• ACE阻害薬にみられるキニンの蓄積作用がないので咳
の副作用は少ない。
• 禁忌
• 本剤過敏症既往歴がある者
• 妊婦または妊娠している可能性がある者
ヒポカカプセル(バルニジピン)
ムノバール錠(フェロジピン)
• 長時間持続型Ca拮抗薬
末梢動脈血管の平滑筋を弛緩させ、血管抵抗を下げ
る。ゆっくりと持続的に作用する。
• 血糖、尿酸、脂質などに影響せず、年齢を問わ
ず広く用いることができる。合併症の多い高齢
の人に適している。
• 主としてCYP3A4で代謝されるので、薬物相互
作用に注意。
ヒポカカプセル(バルニジピン)
ムノバール錠(フェロジピン)
• 副作用
頭痛、赤ら顔、動悸、歯肉肥厚、浮腫、心伝達障害、
熱感、除脈など
• 禁忌
妊婦またはその可能性がある者
• 併用注意
CYP3A4を阻害するマクロライド系抗生物質、アゾール系抗
真菌薬、グレープフルーツジュース、フェニトイン、リファンピ
シン、シメチジン、HIVプロテアーゼ阻害剤、ジゴキシン
カルデナリン錠(メシル酸ドキサゾシン)
• α1受容体遮断薬
末梢血管平滑筋のα1受容体を選択的に遮断すること
により、末梢血管を拡張させて全末梢血管抵抗を減
少させ、血圧を下げる。
• 脂質や糖の代謝にもよい影響を与えるため、糖代
謝や脂質代謝異常のある場合に適している。
• 副作用
起立性低血圧、失神、意識消失、不整脈、脳血管障害
• 禁忌
• 本剤過敏症の患者

similar documents