スライド

Report
10851298
松村直哉
 紙・板紙(ダンボール)の生産量は世界3位
 国内の需要は飽和状態
 原材料(パルプ)の高騰
 震災の影響で、工場が被災し特別損失を計上

海外への生産拠点の拡大
→主に東南アジアへの工場新設

紙(古紙)の再生利用の促進
→原材料の価格高騰の影響から
経済との
関わり
リスク
管理
環境
マーケティ
ング
環境
経営
社会的
責任
環境会計
法律

ポーター仮説
「厳格(適切)な環境規制はイノベーションの誘因とな
り、 結果として、自国産業の競争力を増強しうる」

K.ピーティ
「グリーンマーケティングは顧客や社会の要求を、利益を
上げると同時に接続可能な方法で、予測し、満足させる
ことに責任を持つマネジメントのプロセスである」
※グリーンマーケティング
通常のマーケティング要素を拡張して、環境問題
を内包したマーケティングの考え方
しかし、両者の意見には、環境規制を課しすぎると企
業のコスト増加をもたらし、企業競争力低下するの
ではないかという意見も・・・
製品の品質向上を
もたらすような
イノベーションが発生
近年はポーター仮説の問題点を
踏まえつつ、環境経営を成功へ導く
研究が進められる

紙のグリーン購入
古紙を利用した紙を選ぶことで、社会全体の古紙利
用が進み環境への負荷を減らすことができる。

紙をリサイクルすることで循環型社会を推進
環境経営の面を考慮しても、
古紙の再生利用は重要

植林活動の実施

グリーン購入への積極的参加

古紙利用の推進


古紙回収は民間企業(DSD)が主体となって、EU全
体の古紙回収システムを確立し、運営に取り組んで
いる。
また、包装容器業者もEU内各国で独自に活動してお
り、DSDと連携して、業務を遂行している。
• 古紙回収は民間企業が主体となって行なっている。
• この運営方法により、イギリスがリサイクル先進国で
あるドイツの古紙輸出量を上回ったという実績もある。
イギリス・ドイツの古紙輸出推移
(千トン)
5,000
古紙回収システム
の改善の影響と中
国の古紙輸入量
の増加が後押しし
て、イギリスの古
紙輸出量が急増。
4,500
4,000
3,500
3,000
2,500
2,000
1,500
1,000
500
0
1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 (年)
イギリス
ドイツ
中国の板紙生産量・古紙輸入量
千万トン
6000
5000
4000
生産量
3000
古紙輸入量
2000
1000
0
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010 年
古紙回収率は30%に留まっているが、古紙
を利用した板紙生産量は年々上昇している。

日本製紙メーカー各社は、植林活動など目に見える
活動は十分に環境経営に匹敵する活動を行なってい
る。
しかし、古紙回収に関しては自治体及び古紙回収機関
に頼りすぎている面も・・・
そこで、製紙メーカーの新たなる古紙回収システムを
提案する
家庭
商店街
オフィス街
駅
町内会・学校
地方自治体
新聞販売店
古紙問屋
製紙メーカー
デパート、スーパー
印刷・製本工場
出版社、新聞社
ダンボール工場
紙器工場
 古紙を利用することでコストの削減。
 新興国への古紙輸出をビジネス化。
 海外に進出する際環境への配慮は強みになる。
 今後は機能紙などの特殊な紙が増えてくるため、
メーカーの回収が重要事項となる。
ご清聴ありがとうございました
販売者
ユーザー
回収
センター
製品
メーカー
保守業者
自家再生機
リサイクル
センター
部品
メーカー
製品再生
センター
部品再生
センター
シュレッダー
業者
材料
メーカー
材料再生
業者
家庭
商店街
オフィス街
駅
町内会・学校
地方自治体
新聞販売店
古紙問屋
製紙メーカー
デパート、スーパー
印刷・製本工場
出版社、新聞社
ダンボール工場
紙器工場

similar documents