沖縄県における平均寿命低下の諸要因

Report
千葉大学法経学部経済学科
稲葉ゼミナール
08A2024B 大城康史
第1章:平均寿命総論(定義、日本全体の傾向)
第2章:沖縄県の平均寿命
第3章:原因の検証(健康的要因)
第4章:原因の検証(社会的要因)
第5章:これからの食と平均寿命
・平均余命・平均寿命の定義
・日本全体の平均寿命の推移
90.00
・他国との比較
84.60
85.00
80.48
81.90
82.85
78.76
80.00
76.89
75.00
73.35
74.78
85.52 86.00
75.92 76.38
77.72
78.56 79.06
71.73
男70.00
女
年
50
年
55
昭和
60
2
7
12
平成
17
21
順位
・平成7年と平成12年の
間に順位が大きく低下
・他府県の上位県は安
定して順位を維持
・平均寿命自体は伸びて
いる
S55
S60
H2
H7
H12
H17
沖縄
沖縄
長野
長野
長野
長野
1
福井
福井
福井
滋賀
2 神奈川 長野
長野
福井
岐阜
熊本
奈良 神奈川
3
東京
香川 神奈川 沖縄
熊本
福井
4
香川
東京
沖縄
静岡 神奈川 東京
5
福井 神奈川 静岡 神奈川 滋賀
静岡
6
岡山
岐阜
新潟
岐阜
京都
京都
7
京都
静岡
千葉
石川
静岡
石川
8
岐阜
愛知
京都
富山
岐阜
奈良
9
京都
石川
奈良
埼玉
熊本
10 静岡
:
:
25
:
沖縄
26
沖縄
順位 S55
・調査以来首位をキープ
S60
H2
H7
H12
H17
1
沖縄
沖縄
沖縄
沖縄
沖縄
沖縄
2
岡山
島根
島根
熊本
福井
島根
熊本
長野
岡山
新潟
静岡
山口
高知
島根
長野
富山
岡山
静岡
山梨
広島
長野
熊本
島根
岡山
富山
山梨
新潟
熊本
岡山
長野
石川
富山
鳥取
新潟
山梨
宮崎
石川
広島
3
4
5
6
7
8
9
10
香川
熊本
静岡
静岡
神奈川 岡山
広島
香川
東京 神奈川
鳥取
山口
長野
長野
愛媛
鳥取
男性
昭和55年
昭和60年
平成2年
平成7年
平成12年
平成17年
全国との差
0.95
1.39
0.63
0.52
-0.07
-0.15
上位4県との差
0.08
0.65
-0.255
-0.31
-0.885
-0.968
女性
昭和55年
昭和60年
平成2年
平成7年
平成12年
平成17年
全国との差
2.71
2.95
2.4
1.86
1.39
1.13
2位との差
1.94
2.1
1.38
0.69
0.62
0.31
2~5位との差
2.072
2.263
1.633
1.037
0.685
0.360
【男性】
・昭和55年頃から女性ほど他府県と大きな差があるとは言い難い。
・平成12年以降全国平均にも届いていない。
【女性】
・常に辛くも首位を保っているが、全国との差も大分詰まってきている。
・2位との差が年々縮まっている。
順位
0歳
20歳
40歳
65歳
全国 78.79 全国 59.31
全国
40.08
全国
1
長野 79.84 長野 60.33
長野
41.18
沖縄 19.16 沖縄 12.22
2
滋賀
滋賀
40.77
長野
19.13
東京 11.73
福井
40.7
熊本
18.82
長野
4
福井 79.47 福井 59.98 神奈川 40.66 東京
18.72
山梨 11.61
5
東京 79.36 静岡 59.84
18.68
熊本 11.56
79.6
滋賀
60.1
3 神奈川 79.52 神奈川 60.03
:
20
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
奈良
40.62
:
:
山梨
18.33
75歳
全国
11.27
11.7
沖縄 40.22
:
25 沖縄 78.64 :
26
沖縄 59.18
平成17年都道府県別生命表の概況より
・高齢世代は依然として1位キープ
・若年中年世代(0歳、20歳、40歳)の順位が低い
・特に若者世代(0歳、20歳)は全国平均を下回る
・この傾向は平成12年にも同様であった
・食生活の変化~ファーストフードの参入~
(A&W、ケンタッキー、マクドナルド、Jefなど)
・多量飲酒による影響
(アルコール性肝疾患、肝硬変、糖尿病、心疾患)
この要因は、男女両方共に当てはま
る。多量飲酒による平均寿命に与え
る影響も女性も意外に高い。ここに男
女間の大きな違いはあまり見うけら
れない。
順位
都道府県
総数
人口当り
偏差値
1
沖縄
110
7.96
85.31
2
東京
914
7.45
81.31
3
神奈川
449
5.17
62.81
4
埼玉
348
4.96
61.14
5
千葉
293
4.85
60.31
6
岐阜
97
4.61
58.33
・男女問わずどの年代も
アルコール性肝疾患の
割合が高い
・高齢世代は比較的数
値は全国平均に近い
・男性の40代は3人に1
人以上という高い割合
・女性の40代は全国平
均より3倍以上高い
【↑男性】アルコール性肝疾患(疑い含む)の割合【↓女性】
【表】 平均寿命上位県とその所得の全国順位
・歴史的要因
(アメリカ軍
統治下時代)
・地理的要因
(亜熱帯気候,
島しょ性)
・低所得問題
(自殺率の高さ)
平成7年
平成12年
平成17年
順
位
寿命
所得順位
寿命
所得順位
寿命
所得順位
1
長野
21
長野
13
長野
22
2
福井
24
福井
21
滋賀
4
3
熊本
43
奈良
25
神奈川
5
4
沖縄
47
熊本
40
福井
15
5
静岡
9
神奈川
5
東京
1
6
神奈川
4
滋賀
4
静岡
3
7
岐阜
19
京都
20
京都
20
8
石川
20
静岡
3
石川
16
9
富山
7
岐阜
19
奈良
24
10
奈良
23
埼玉
9
熊本
37
・食生活の改善
たんぱく食品、野菜類、藻類などの取得
・生活習慣
早寝早起き、生き甲斐、趣味など
・県民所得の向上
観光産業の発展など
沖縄県の平均寿命の伸びの鈍化について様々な
データを用いながら検討してきた。そこから男性だけ
ではなく女性の平均寿命に関しても危機的状況であ
ることがわかった。そこでこれからは、男女問わず、1
人ひとりが日々の食生活、生活習慣を改めること。そ
して行政が低所得問題の改善に取り組むことが必要
である。ただ単に生命を長らえるというのではなく、沖
縄の先人たちが築いた、健康で生きがいのあるクオリ
ティ・オブ・ライフを可能な限り豊かに長生きすることを
実現していかなければならない。

similar documents