pptx版(アニメーション有り)

Report
mibe 修士論文
題目変更前報告スライド
現在のタイトル
NFCを用いた登山者通過記録システム
Tracking system for Climbers using NFC
1
中間発表時点での大筋
• 中間発表スライド(リンク)
• 登山者がいつどこにいたかを知りたい
– 電波での通信に依存しにくい環境
– 設備を置くにもコスト(金銭,手間)がかかる
• NFCと情報のリレーを用いることで,安価にそ
れを実現する
2
要求と提案する手段
• 要求:登山者がどこにいるかを知りたい
– 主な用途は救助
– 現状の手法 (アナログ) (デジタル)
– 今の不満点:精度が粗い(山の内外ぐらい)or維持費が高い
• 手段:登山者の通過記録を収集するシステム
– 通過記録:いつ,どこを通過したかの記録
– 複数の場所でデータを取りたい
D
C
平成23年度の遭難者データ(全国)
参考リンク:平成23年中における山岳遭難の概況
遭難者数:2,204人
内死者,行方不明者:275人
E
F
B
A
3
登山特有の通信に関する問題点
• 通常なら,携帯電話用のアプリケーションを用いることで解
決する(GPSロガー等)
• 登山中は通信する際に通常以上の電力消費が発生し,かつ
充電の手段が限られている
– そもそも通信ができない場合も多い
• 本研究では,消費電力の少ないNFCを利用する
携帯電話の通信手段
通信手段
消費電力
遠距離通信
インター
ネット
電話回線
×
Wi-Fi
×
Bluetooth
△
NFC
○
4
「ゲート」を用いた解決策と要件
• 登山道に「ゲート」を複数設置して通過記録を得る
– 省電力なNFCで携帯電話と通信する
インターネット
– 有線で外部に通過記録を発信する
– 機材としては駅の改札が近い
• ゲートを設置する際の問題点
– ハードやインフラの設置,維持コスト
• 市街地に設置するより割高になってしまう
– 天候,動物による故障リスク
• 要件
×(共通)導入,維持コストが少ない
○(登山者)電力消費が少ない
×(山)壊れにくいorリカバリーしやすい
登山道に配置した
ゲートから通過記録を
発信する
5
低コストな「サブゲート」の提案
• 中間点のゲートを別な装置「サブゲート」に置き換える
– NFCリーダ/ライタではなくNFCタグとして使う
• 携帯電話がNFCリーダ/ライタとして振舞う
インターネット
– 電源や通信のインフラを持たない
– ハードとしても安価(400円未満)
実際のNFCタグ
数十バイト~数キロバイトの容量があり
NFCリーダ/ライタで読み書きできる
• サブゲートの使い方
登山道に配置した
ゲートとサブゲート
– 通過した登山者のIDを蓄積する
– 後から来た別の登山者に蓄積したIDを複製して渡す
6
インター
ネット
ゲート
登山者α,βの
サブゲート通過記録
※ pptx版のみ動きます
サブゲートの役割
• 通過記録のリレー
登山者β
– サブゲートに自分の通過記録を残す
– 自分or他人がその記録をゲートまで運ぶ
– ゲートからインターネットに送信する
登山者α
登山者αの
サブゲート通過記録
<登山者αの現在地>
サブゲートと
頂上にあるゲートの
間にいるらしい
サブゲート
登山者αの
登山者βの
サブゲート通過記録
サブゲート通過記録
7
中間発表でもらったコメント
• アイディアは面白いけど,登山にこだわる必要性を
感じない
– 市街地でのスタンプラリー等も範囲に入るのでは?
• 登山ならもっといい方法があるのでは?
– 他の解決法との比較考察が甘い
– 記録し忘れのリスクに触れていない
– 記録ポイントが通行のボトルネックになりそう
• NFCの固有IDを公開することへの抵抗
– 実装で対処できる
8
ストーリー変更に関する相談
• 自分のモチベーションの変化
– 実装してNFC自体も楽しくなってきた
– 登山がフォーカス外にならなければOK,に
• ターゲットの変更について
– スタンプラリーではだめ(通信できない,が大事)
• 消費電力のニーズは共通だが弱い
– 勝てそうなシナリオにできるかが不安
• 戦う相手が変わる
• 「通信環境が悪い環境」という範囲にする
– 山以外にも砂漠とか原発とか
9
変更案
• 中間発表時
– NFCを用いた登山者通過記録システム
• Tracking system for Climbers using NFC
• 登山オンリーにしない場合の案
– NFCを用いた通過情報記録システム
• Tracking system using NFC
– 通過情報を記録するためのDTNの構築
• (英語検討中)
10
実装,執筆に関する進捗
• 実装: 設計のやり直しが発生した為遅れ気味
– AndroidにおけるNFC開発環境の変化
• OSのバージョンアップによるAPIの変更
– 仮綴じの都合上,途中で作業を執筆にシフトする
• 執筆: 章構成を検討中
– 「通信しにくい環境」という括りなら既存研究も多
いが,章構成を再検討する必要がある
11
Android上でのNFC実装
• NDEFを用いた実装が主流
– 過去にはFeliCa等NFCの下位規格で実装していた
– 今回はNDEF(NFC Data Exchange Format)を使う
• NFC共通のデータフォーマットという認識でいいはず
• 長所と短所
– 長所: タグのハード規格を意識せず利用しやすい
– 短所: 物理的なブロックを意識して実装できない
• 論理ブロック「NDEFメッセージ」での実装になる
• メッセージ単位での上書きはできる
12
予定している章構成
• 序論
• 背景と問題点
• 設計
– 各アプリの関係など
– 条件設定(通信環境等)
– 現行手段とその問題点
• 実装
• GPSロガー形式
• スタンプラリー形式
• 衛星携帯などその他
• 評価
– 要件定義(評価と連携)
• 提案
– サブゲートの話はここ
– DTN的な話はここ
– Androidの開発事情
– ちゃんと作れたか?
– 数式チックなもの(確率)
– 展開力(手間+金銭)
• 結論
• 謝辞
13
今後のスケジュール
12/1以前
12/8 12/15
12/22
1/1
1/11
1/31
実装: ゲート
実装: 携帯アプリ
実験・評価
執筆: 章構成
執筆: 第一稿
執筆: 第二稿
発表資料
学事&mauiイベント
※1 題目変更締切(最終)
12/12/14
※2 maui論文レビュー
12/12/17
※3 論文提出締切
13/1/11
※4 maui発表レビュー
13/1/16 or 18
※5 最終試験(発表)
13/1/31, 2/1
14

similar documents