DECIGO衛星システム検討にむけて

Report
DECIGO衛星システム検討にむけ
て
ISAS/JAXA
高島 健
要求項目の整理
 2020年代後半での実現を考えたときに、「1000k
m」という要求は、“サイエンス”からみて必要十分です
か?
 同様に、感度の要求もサイエンス対象に対して必要十
分ですか?
など
 例えば、、、
 サイエンスターゲット項目毎の要求性能一覧
 サイエンスロードマップ上でのDECIGOで実現できるサイ
エンスの位置づけ
 現状のDECIGO要求は、最低限なのか?ノミナルなのか?
DECIGO実現に向けて
実証しなければいけない技術
 ドラッグフリー技術
:
DPFで先行実証
:
Pre-DECIGO?すでにあ
 マイクロスラスター
 制御技術
 衛星間相対姿勢制御
る?
 1000km先のミラーとの相対位置あわせ
 相対位置制御
 恒温制御
 計測の雑音源とならない熱安定方法(現在の想定
は?)
 その他、、、
DECIGO(DPF?)実現に向けて
計測しておかなければいけない項
目
 感度に影響する雑音は何か?
 DPFで詳細に検討されているが、本当に十分か?
 SWIMでの取得データで想定外のものは無いか?あるい
は、その原因はわかっているか?
 太陽電池パドル、長い支柱、衛星構体の熱ひずみ等に伴う
微少振動
 微少振動の伝達関数を“ゼロ”にできるか?
など、、
 DPFで事前データが取得できるように考えられている
か?あるいは、DPFの目的に対してさらに検討・実証計
測をする必要は無いか?
SWIMでの衛星環境
DPF以前に環境計測をさらに行う必要はないか?
システム検討にむけて
軌道要求・設計
 3機のS/C間距離を1000kmに保つ
 絶対値としてどの程度に抑え込まなければならない
か?
 どの位の観測期間を想定するか?(3年?5年?)
 L1を想定している?
システム検討にむけて
通信要求
 発生データ量
 ダウンリンクデータ量
 サイエンス要求に対して十分ですか?
 軌道設計に依存
 S-BandかX-Bandか
 オムニアンテナかHGAポインティングアンテナか
 指向駆動アンテナ→ノイズ源として問題ないか?
 制御のために衛星間通信は必要ありませんか?
 衛星間相対制御方式に依存
など
システム検討にむけて
ドラッグフリー・姿勢制御技術
 原則、DPFで機能・性能を確立してDECIGOに適用
する。
 ラウンチロック機構
 マイクロスラスター
 ハウジングフレーム
 レーザー導入部分の影響の評価は、DPFで可能?無視で
きるぐらいか?
 1000km離れた衛星間相対制御に関する検討と実証
 オイセッツ等で技術としては存在する?
DPFでのハウジング検討状況
システム検討にむけて
打上手段
 3機まとめて打ち上げる
 DPFをベースに推進系を追加
500-600kg/衛星ぐらい?
 例えば、3機縦積とすると、、、
2.5-3 ton
 標準H2A202+4S 約2000mmΦx1800mm以下程度
 投入軌道依存
 ロケットに持って行ってもらう
 衛星が軌道に入る
輸送方法の状況はかわるであろうから、
要求の整理から
システム検討にむけて
冗長の考え方
 レーザー源
 3機のレーザー源の一つでも壊れると、Mission Fail?
 レーザー源の長期安定性、長寿命に問題ないか?
 光源の複数化の実現は、簡単か?単なる重量だけの
問題ですむか?
 S/C
 マイクロスラスターの想定動作回数はどの程度か?
連続動作・間欠動作?耐久性確認はDPFで実施可能?
スケジュール(ロードマップ)
検討体制
 今回の発表は悪い例、、、、
 思いつきの指摘だけでなく、体系的に問題点等をま
とめていき、DPFでの検証に反映させていく必要あり
 指摘事項をまとめて管理し、DPF検討メンバーと調
整する人は少なくとも必要(DPFメンバーが兼ねる
のが現実的?)
 難しい挑戦的な観測なので、興味を示してくれる
人はたくさんいるはず。うまく取り込んでいける
体制作りを考えていきましょう

similar documents