3.主要な方針・政策 ・アフリカ連合(AU)の「アフリカ開発のための新

Report
SADC(南部アフリカ開発共同体)とは
1. 概要
• 30年以上の歴史を持つ地域機構として、域内の平和・安全保障、政
治、開発と貧困削減分野の協力を通じて地域経済統合を目指す
• 加盟国:タンザニア、ザンビア* 、ボツワナ、モザンビーク、アンゴラ 、
ジンバブエ* 、レソト、スワジランド* 、マラウイ* 、ナミビア、南ア、モー
リシャス* 、コンゴ(民) * 、マダガスカル(資格停止中) * 、セイシェル*
(* COMESAとの重複加盟国)
2.
•
•
•
機能
事務局: ハボロネ(ボツワナ)
事務局長: トマス・サロマオ(元モザンビーク計画・財務大臣、運輸・通信大臣)
主な機関: 首脳会合(サミット)、政治・防衛・安保保障協力機関(通
称オーガン)、閣僚級会合、セクター別閣僚級会合、常設委員会(次
官級)、国別委員会、SADC裁判所、事務局など
• サミット議長国(輪番制): モザンビーク(2012年)マラウイ(2013年)
3.主要な方針・政策
・アフリカ連合(AU)の「アフリカ開発のための新パートナーシップ
(NEPAD)」を踏まえた地域指標戦略開発計画(RISDP)を作成。優先分
野とプロジェクトを明確にする。2012年8月、インフラ開発に特化した地
域インフラ開発マスタープラン(RIDMP)を発表。
・2012年、オーガンの戦略的指針計画Ⅱ(SIPOⅡ)を発表。域内の国防
や平和維持のためのプロジェクトをより具体的にする。
4.課題
• 加盟国の多様性と開発状況の違い(地域統合の課題)
 域内ジャイアント・南アとの関係
 地域の安定(ジンバブエ、マダガスカル、コンゴ(民)等)
•
•
•
•
RISDPの限界(加盟国の実施意欲と実施能力がカギ)
加盟国の負担金(年間経常予算約半分がドナー拠出金)
加盟国が重複する地域機構(COMESA、ECA)との連携強化
野心的な経済統合のスケジュール
SADC⇒我が国に対する期待
 2008年自由貿易圏発足
広域回廊、ICT、電力、河川・
 2010年関税同盟(遅延)
水資源、観光促進など
 2015年共同市場
 2018年統一通貨
平成25年4月
在ボツワナ日本国大使館
 地域の特徴
• 人口約2億8千万人(南ア5,060万人)*
• GDP(購買力平価)9,196億ドル(豪州と同等)*
• 豊富な天然・地下資源
• 最大貿易相手は、EU(輸出約26.3%、輸入約31.8%)**
• 対SADC外国直接投資の高い伸び(対サブサハラ・アフリカFDIの約30%***
がSADC地域、特に南ア、モザンビーク、ザンビア)、南アの支配的経済力
 アフリカ地域内の関係
• アフリカ連合(AU)が掲げるアフリカ地域統合における重要な役割
• SADC・EAC・COMESA 3地域FTA Tripartite に向け準備中
(2008年に第1回Tripartite Summit が開催)
 ドナー国・機関との関係
• 国際協力パートナー(ICP)の形成、国際諮問会議(閣僚級)、コアグ
ループ(大使級)、及び実務レベルでの各種テーマ別会合設置により
援助協調を促進
• 主要ドナー:EU、アフリカ開銀、国連機関、GIZ、USAIDなど
• 各国・地域(北欧諸国、EU、米、印、伯、豪など)との経済協力協定
 我が国との関係
• 1995年度より拠出金支出
• 1996年から2003年まで、事務局に専門家派遣
• 2004年、2009年、日・SADCハイレベル政策対話実施
• 2009年、2010年、JOGMECセミナー開催
• 2008年、TICAD IV横浜行動計画における広域インフラ整備協力
• 2011年、事務局に専門家派遣再開
• 2012年3月、日・SADCインフラ投資セミナーの開催
• 2012年4月、経済協力に関する覚書(MoU)締結
• 2013年6月、SADCインフラ投資セミナーの開催予定
(TICADⅤ/JICAサイドイベント)
出所: *2011年統計/WDI 2012、**2000-09年の平均/IMFDOTS 2011
***2011年統計/ANCTAD・WIR 2012

similar documents