Subaru Advisory Committee report

Report
Subaru Advisory Committee
Report
すばる小委員長 吉田道利
SAC Chair: Michitoshi Yoshida
2014/1/21
Subaru UM 2013
1
SAC members (2012/7 – 2014/6)
• Chair Michitoshi YOSHIDA
• Co-Chair Wako AOKI
• Internal members
Tomonori USUDA, Naruhisa TAKATO, Fumitaka NAKAMURA,
Nagayoshi Ohashi
• External members
Masayuki AKIYAMA, Fumihide IWAMURO, Masahiro TAKADA,
Misato FUKAGAWA, Kentaro MOTOHARA, Koichi KATAZA,
Kazuhiro SHIMASAKU, Motohide TAMURA
• Observers (TAC chair)
Nobunari KASHIKAWA (2012/7-2013/6)
Takuya YAMASHITA (2013/7 - )
• Ex-officio (Subaru director)
Nobuo ARIMOTO
2014/1/21
Subaru UM 2013
2
所長報告
すばる運用
UM,シンポジウム 光赤外専門委
等
員会、SAC内部
SAC5 ・日韓WSにつ ・HSCフィルター・ポリシー ・すばるUM報
2013 いて
の付記事項について
告
1/23 ・Keck20周年 ・HSC戦略枠の審査につ ・Subaru-Euclid
式典への所 いて
ワークショップ
長の参加
・HSC公開について
報告
→S13B公開の可否は ・GLAO検討会
2/5に観測所判断
開催について
国際協力
その他
・Euclidから
の共同提案
について→
「サイエンス
白書」を作
成する
SAC6 ・HSCケーブル ・HSCのS13Bの公開につ ・北京で開かれ
・マウナケア ・日本学
2013 巻き取り事故 いて→公開しない
たTAP UMの
望遠鏡群の 術会議
2/20 について
・HSC戦略枠審査につい 参加報告
装置WSに 報告
て→サイエンス審査は ・ソウルで開か
ついて
3/28、体制審査は4/23 れた銀河進化
研究会報告
SAC7 ・TUE 不具合 ・HSC進捗について
・すばる冬の学
・LAMOSTと
2013 について
・PFSレビューについて
校の韓国開催
の連携につ
3/19 ・Keck20周年
について
いて
式典参加
SAC8 ・TUE不具合 ・HSCデータの取り扱い
・TAC改選に ・HSC-Euclid
2013 の復旧予定 ・HSC戦略枠・体制作りヒ
ついて
サイエンス
4/23 について
アリング&審査→5年で
白書につい
・キュー観測検 300夜の採択。データの
て
討状況
取り扱いについて再提
案を要求
2014/1/21
3
・PFSレビューについて Subaru UM 2013
所長報告
すばる運用
UM,シンポジウム 光赤外専門委
等
員会、SAC内部
SAC9 ・MK所長会議 ・HSC運用プラン
2013
報告
・FMOS戦略枠FastSound
5/21 ・CFHT-UM参 の中間審査報告
加報告
・HSC戦略枠のデータリ
・キューモード リース計画について
検討進捗状
況
SAC10 ・ハワイ観測 ・HSC狭帯域フィルターの
2013
所新体制
受入れポリシーについて
6/18 ・望遠鏡近況 ・Geminiとの時間交換につ
報告
いて
・所内シンポ
ジウムにつ
いて
国際協力
その他
・TAC改選準 ・Euclid-HSC
備
連携提案:
HSC PIを交
えて議論
・今後の国際
協力を進め
るための枠
組み作り
・ユーザーズ
ミーティング
でGeminiセッ
ションを設け
る件について
・GLAOサイエ
ンスWS報告
SAC11 ・ドーム停電 ・HSCの公開計画について ・すばるの学
2013 ・オーストラリ ・HSCのフィルター受け入 校の韓国開
7/16
アからの連 れポリシーの改訂につい 催について
携提案
て
・2013年度す
・EACOA報告 ・PFSの資金につき、NFS ばるユーザー
・NASAからの の科研費に応募する件に ズミーティン
協力依頼に ついて
グについて→
ついて
・SEEDSデータ保護期間Subaru日程を確定
2014/1/21
UM 2013
・S13B:TAC ・Euclidから
報告
の連携提案
・TAC改選に について→
ついて
「前向きに
検討するが
時間を要す
る」と台長に
答申
4
所長報告
すばる運用
UM,シンポジウム 光赤外専門委
等
員会、SAC内部
国際協力
その他
SAC12 ・サポートアス ・キュー観測準備状況に ・ユーザーズ
2013
トロマーの改 ついて
ミーティングの
9/4
編について ・HSCの狭帯域フィル
世話人選出
・HSC運用に ターの使用に関するUH ・すばるの学校
関するIfA所 からの要望について
@韓国の準備
長との面談 ・HSC運用プランについ 状況
について
て
・PPO構想に ・PFSの観測時間のアメ
ついて
リカへの提供について
・Euclidからの
連携提案に
ついて→海
外の大型計
画やスペー
ス計画との
関わりを議
論するワーク
ショップ開催
SAC13 ・S-Camフィ ・SEEDSプロジェクトから ・UMの準備状
2013
ルター交換 の時間補填要望につい 況について
10/22 機構の故障 て
・すばるの学校
・所長のVLT
@韓国の準備
訪問
状況
・「2020年代の
銀河サーベイ
とすばる望遠
鏡」ワーク
ショップ開催
(2014/1/11)
・PPO構想に ・SAC17
ついて質疑 を京都
・中国、韓国 大学で
からのすば 開催す
るの共同運 る
用に関する
打診につい
て
2014/1/21
Subaru UM 2013
5
所長報告
すばる運用
UM,シンポジウ 光赤外専門委
ム等
員会、SAC内部
国際協力
SAC14 ・すばる近況 ・PFS受け入れに伴う装置 ・UMの準備
2013
報告
のデコミッション計画につ 状況
11/26 ・New
いて
・2020年代の
Horizonsへ ・共同利用観測者の受入 銀河サーベ
の協力要請 れルールについて
イとすばる
について ・HSCエンジニアリング
ワークショッ
データの公開方針
プについて
その他
・2015年
にPASJ
ですば
る特集
号を出
す
SAC15 ・第5回すば ・HSCエンジニアリング
・UMの議論 ・S14A:TAC ・New Horizons
2013
る国際研究 データの公開方針
セッションで 報告
への協力要請
12/24 集会報告 ・PFSプロジェクトの進捗状 の議題につ
について
・共同利用
況(ゲスト:菅井、村山)
いて
・東アジア天文
ルールの一 ・SEEDSプロジェクトからの ・第6回すば
台構想につい
部改訂
観測所時間補填について る国際研究
て
・共同利用観測者受入れ 集会につい
ルールの改訂について
て
・海外望遠鏡との時間交
換枠拡大と、外国人プロ
ポーザルの受入れ制限
について
2014/1/21
Subaru UM 2013
6
Subaru Strategic Program
• FMOS SSP: FastSound project interim review
 OK to continuation of the project
• HSC SSP refereeing
– Proposal: “Wide-field imaging with Hyper Suprime-Cam:
Cosmology and Galaxy Evolution” PI: Satoshi Miyazaki
– Science review (3/28 by TAC)  OK
– Organization review (4/23 by SAC)OK
– Final review (4/23 by SAC)
 Acctepted. 300 nights @ 5 years (including weather factor)
– Start from S14A
• Request from SEEDS project (HiCIAO SSP)
– Additional 30 nights
← telescope troubles, weather condition, and new science themes
– Accepted only 2 nights lost by telescope troubles.
2014/1/21
Subaru UM 2013
7
Constraint on time allocation of SSP
• Total nights : up to 300 nights per 1 SSP
• Duration: up to 5 years per 1 SSP
• SSP nights per year: up to 60 nights in total
– Up to 25% of the machine time per semester
2014/1/21
Subaru UM 2013
8
Discussed items on open use,
operation, etc. (except for SSP)
• HSC open use timeline
• HSC filter acceptance policy
– Defined the procedure of acceptance of narrow-band
filters
• Status of Progress of PFS project
• Instrument decommission
– Possibility of decommission of FMOS in 2015 for smooth
installation of PFS
• Time-exchange with Gemini
• Queue-mode observation
• Open use observer acceptance policy
2014/1/21
Subaru UM 2013
9
Expected nights to be allocated to SSP
HSC (expected)
35
30
25
SEEDS
SEEDS
FastSound
20
PFS (expected)
FastSound
15
HSC-SSP
PFS-SSP
FMOS-GTO
HSC-GTO
10
LGAO-GTO
PFS-GTO
5
0
2014/1/21
Subaru UM 2013
10
Total nights of all SSPs
140
120
Open use nights
100
80
All-SSP
60
SSP nights
All-GTO
OpenUse
40
20
Euclid?
0
2014/1/21
Subaru UM 2013
11
Fraction of SSP nights in open-use nights
(except for UH nights)
SSP/All
40%
35%
30%
25%
20%
SSP/All
15%
PFS start
10%
5%
0%
2014/1/21
Subaru UM 2013
12
International relations
• Euclid-HSC collaboration proposed by Euclid team
– Should consider this item with relationship with other big
projects: WFIRST, LSST
 “Collaboration of Subaru and big galaxy survey projects
in 2020s” workshop (Jan. 11 2014)
• GLAO Science Workshop
– In Hokkaido, June 12-14 2013
• Cooperation with east Asian countries
• East Asian Observatory concept and Pan Pacific
Observatory concept
• Subaru data analysis school in Korea
2014/1/21
Subaru UM 2013
13
Discussion items in this year
• How to collaborate with the next generation
big projects including Euclid, WFIRST and LSST
using Subaru
• Extension of time-exchange program
• International cooperation on Subaru
operation (EAO, MKO, and PPO)
2014/1/21
Subaru UM 2013
14

similar documents