Regulatory scienceにおける ゼブラフィッシュ利用の現況と展望

Report
2014/2/27
Regulatory scienceにおける
ゼブラフィッシュ利用の現況と展望
アステラスリサーチテクノロジー㈱
畑 佳代子
1
2014/2/27
“ゼブラフィッシュを用いた試験のGLP適合の現況”
 ゼブラフィッシュの研究利用頻度: この10年間(2003~
2013年)では、12,000報の研究論文に利用されている。
 特に、ゼブラフィッシュ胚は各種の毒性試験に利用/応用さ
れており、その試験品質は、既にGLP適合のレベルに達し
ている。
 従って、regulatory study の要件とされる高質なSOPも既に
利用されていると考える。
“These assays have been developed to perform with a high degree of
sensitivity and specificity, and can also be conducted under GLP testing
regulations.”(2013年、米国国家毒性プログラムの会合資料より)
2
“ゼブラフィッシュを用いた試験データ
の新薬承認申請等への利用実績 ”
 ゼブラフィッシュの、実験動物としての有用性や応用の成
果については膨大な数の論文が存在する。
 欧米製薬企業では大量飼育しており、毒性/薬効のスク
リーニングに威力を発揮している。
 一方、INDs(新薬臨床試験開始申請)及びNDAs(新薬承
認申請)に用いられた形跡は見いだせなかった。
 海外の医薬品開発業務受託機関(CRO)のスタッフにヒア
リングしたが、今のところ、regulatoryベースの試験を行っ
たという情報は得られなかった。
 但し、スペインCROのBiobideではGLP準拠のゼブラ
フィッシュ試験実施を受託している。
3
“ 申請用毒性試験におけるゼブラフィッシュ
の代替動物としての利用 ”
 ICH(日米欧医薬品規制調和国際会議)の定める毒性試験
ガイドラインでは、ゼブラフィッシュの価値が最も明確な生
殖毒性試験においても代替動物としては許容されていな
い。
 但し、“Validation of alternative methods(代替法の検証)”
が精力的に進められている現況から、近い将来にはゼブラ
フィッシュの利用が認められる可能性は大きいと考える。
4
まとめ
“ Regulatory scienceにおける
ゼブラフィッシュ利用の現況と展望 ”
 欧米製薬企業ではゼブラフィッシュの毒性/薬効スクリーニ
ング利用の価値が確立され、既に創薬実績に結び付いて
いる。また、動物福祉的には、(哺乳)動物使用数の削減
に大きく貢献している。
 一方、新薬開発申請の観点、特に各種毒性試験では既存
の哺乳類の代替動物としては認められておらず、その試験
データが申請目的で提出された実績は見いだせなかった。
 現在、毒性試験でのvalidationが進められていることから、
近い将来にはゼブラフィッシュでの試験データが先ずは
「参考資料」として規制当局に受け入れられるようになると
予想される。
5

similar documents