Slide 1 - Center for Global Health Affairs

Report
U.S.A/JAPAN JOINT FORUM 2013
日米ヘルスケア最新事情
Lee Pickler, DBA
社会医療研究所
社会医療研究所所長岡田玲一郎先生の
長年に渡る指導の元で継続してきたいくつかの
プログラムをご紹介します。
これらのプログラムは岡田先生のご尽力によって
大きく発展し、質と参加者の満足度を上げて
きました。
岡田先生、いつもありがとうございます!
プログラムに関わってきた人達
•
•
•
•
•
岡田玲一郎先生
馬場武彦先生
島田永和先生
新田栄一氏
山本雅子氏(通訳)他
と共に米国側のコーディネートを私リー・ピクラーが
担当してきました。
プログラム内容
・北米医療視察
医療従事者、病院経営者対象
米国の医療現場を見学し、現状やベストプラクティスを学ぶ
・日米ジョイントフォーラム
過去大阪、東京、福岡で開催
米国の専門家が医療最新情報を提供
・研修医プログラム
研修医を日本から米国に派遣
北米医療視察
受け入れ機関(過去実績)
•
•
•
•
•
•
•
アクロン総合メディカルセンター
ウェスタンリザーブ メゾニックコミュニティ
ルネサンス ケアセンター
ウェスタンリザーブ ホスピス
メダイナ郡立ホスピス
スチュワート ケアリングプレイス
オハイオ州メトロヘルス リハビリセンター
• 大学病院
– レインボー小児病院
•
•
•
•
•
エドウィンショー・リハビリセンター
整形外科サービス病院
EMH 地域ヘルスシステム
リージェンシー病院 (バーバートン)
リージェンシー病院(イースト)
•
•
•
•
•
•
•
訪問看護協会
メトロ ヘルスシステム
スンマ ヘルスシステム
ウォルター&ハーバーフィールド法律事務所
キンドレッド病院
セントビンセント慈善病院
セントジョン メディカルセンター
北米医療視察の内容(過去実績)
• ロボットを使った手術
• 長期ケア、ケアの継続性
• ホスピスサービス
• ホスピスサービスセンターの環境に優しい効
率的なデザイン
• 癌患者へのサポート
• リハビリテーション
脳・脊髄損傷プログラムなど
(理学療法、作業療法、言語療法)
• 小児病院内ツアー
• 整形外科サービス及びリハビリ
• 病院経営に関する講義
• ERから心筋梗塞患者の流れ
• 長期急性期病院(LTAC)
特徴や背景など
• 熱傷ケア
• 医療制度における病院経営戦略
• 弁護士から見た病院人事
• 都市部での急性期病院(救急サービス)
• 郊外急性期病院と他病院との連携
日米ジョイントフォーラムで扱った話題
(過去実績)於大阪、東京、福岡
•
•
•
•
•
長期急性期病院
質の高いケアとは
病院人事(弁護士の視点から)
急性期病院と急性期後ケアの連携
リハビリテーション
•
•
•
•
M&A戦略
長期急性期病院
高齢者ケア
急性期熱傷管理など
研修医プログラム
過去参加施設
• 馬場記念病院
• 戸畑共立病院
• 錦海リハビリテーション病院
• 幸朋苑
など
• 過去受け入れ施設
– エリリアメディカルセンターDonald Sheldon, MD, CEO
– アクロン総合メディカルセンターPaul Lacat, MD, Lisa
Leiby, Admin. Asst.
– スンマヘルスシステムJoseph Zarconi, MD、Ms Angela
Veppert, Admin. Asst.
– メトロヘルスシステムGary Clark, MD
– エドウィンショー・リハビリセンターMichael Delahonty, MD (昨年
退職), Hayek, D.O., Marci Stalvey, RN, Rebekah
Ranostay, Admin. Asst.
• 過去の研修内容:
– 内科
– 内分泌学
– 家庭医学
– 呼吸器学
– 神経外科
– 言語リハビリ
– 理学療法
•
•
•
•
•
整形外科
血液学
腫瘍学
精神科
胃腸内科
今後の展望
• 今後の可能性:
– 質を維持しながらこの3プログラムを継続していく
– グローバルパートナー(例えば欧州)を探し米国
以外での研修の機会を模索する
– 医学面での最先端の知識を共有する機会を広げ
る
– 医療経営面でのベストプラクティスの知識を共有
する機会を広げる

similar documents