1 - 東京海洋大学

Report
氏名
河野 博 KOHNO, Hiroshi コウノ ヒロシ
所属・役職
海洋科学部 海洋環境学科 海洋生物学講座 ・ 教授
研究分野
魚類学 形態学 仔稚魚学 環境教育 東京湾 東南アジア 魚類群集 骨格形成
機能発育 個体発生 系統発生 江戸前の海 初期生活史
(キーワード)
研究1:東京湾内湾は魚類にどのような場を提供しているのか?
「死の海」と呼ばれた東京湾の内湾も、近年ではかなり汚染状況が改善
されてきました。その実態を調べるために、内湾の各地で地曳網や稚魚ネット
調査を行い、
① ここ数十年の魚類相がどのように変化してきたのか、
② また魚類が内湾をどのように利用しているのか、
といったことについて,研究をしています。
さらに、主要な魚種については、骨格系の発達や
マハゼ(加納氏撮影)
胃内容物の調査から、湾内での移動の実態や
餌生物の変化などを明らかにしています。
マアジ(長岩氏撮影)
マコガレイ(星野氏撮影)
こうした研究によって「東京湾をいかに守るのか」といった提言や「具体的に保全するべき場所や
環境」について、基礎的な情報を提供することができます.
研究2:東南アジアの仔稚魚研究
東南アジアの仔稚魚については,現在二つの研究を
行っています:
① ナマズの仲間であるパンガシウス属(Pangasius)
の仔稚魚の発生、および
② カンボジアのメコン川支流の氾濫原の仔稚魚相です。
①の研究では、仔稚魚の外部形態を観察・記載し、さらに
骨格の形成を調べています。こうした研究によって、
本属の仔稚魚を同定することができ、資源学的な貢献
をするとともに、効率の良い仔稚魚の飼育をするための基礎的な情報を提供することができます。
(ふ化後5日)
(ふ化後9日)
メコンオオナマズ(ふ化後3日)
②の研究の「氾濫原」というのは、雨期に水に浸かる広大な場所のことで、乾期には干上がって、畑や水田
として利用されています。この氾濫原は、魚類の産卵の場として、あるいは成育の場としてよく知られてい
ます。しかし、実際に、どのような種類のどのような大きさの魚類が利用しているのかは、あまり知られてい
ません。
私たちは、カンボジアのメコン河の支流の氾濫原で、魚類、とくに仔稚魚の採集を周年にわたって行い、同
定をし、計測をすることで、氾濫原がいかに重要かを明らかにしています。
この研究によって、氾濫原の重要性を認識するとともに、魚類の資源管理や養殖にとっても、氾濫原を保
全することの必要性を訴えています。
研究3:魚類の個体発生と系統発生
魚類の個体発生(主に骨格形成)と系統発生の関係は、コイやナマズの
仲間(骨鰾類)を用いて行なっています。とくに、脊椎骨の前方の3個
あるいは4個が変形して、聴覚の補助器官として働いている「ウエバー
器官」の発生については、かなり詳細に比較しています。それらの比較
によって、系統類縁関係を明らかにしようとしています。
さらに、魚類の尾びれを
支える骨格の発達を詳細
に比較し、系統類縁関係を
明らかにする研究もおこな
っています。
(オイカワ)
(グッピーの尾骨の発達)
教育
学部の教育として、魚類学Ⅰ・Ⅱを中心に、海洋生物学入門、水圏環境リテラシー、臨海生物学実習など
を、また大学院では魚類生理生態学や魚類系統分類学などの講義をおこなっています。
卒論生は毎年3名が、また博士前期課程は4~5名、後期課程は3~4名が在籍しています。
社会貢献活動
2006年から東京海洋大学江戸前ESD協議会を立ち上げ、江戸前の持続的な
利用に関して地域の住民の方々と協働で考えようという活動をしています。
子ども向けには、「チリメンモンスターを探せ」や「葛西臨海たんけん隊」など、
大人向けには、サイエンスカフェや毎月1回×4か月や6か月といった本格的な
講座(江戸前マイスター講座、しながわ塾、みなと塾)などを開催しています。
学生の
みなさんへ
私の研究は「魚類学」を中心としておこなっています。知識としても生物学が中心ですが、必要な
知識はそれだけではありません。例えば、英語の論文を読むためには英語が必要ですし、解析
をおこなうためには統計学や数学が必要です。さらに論文を書いたり発表したりするとなると、英
語に加えて日本語による表現能力も必要です。
フィールドにも出ますので、ある程度の体力まで求められます。
こうした基礎的な知識や体力は、中学校や高校でしっかりと身につけてください。
企業・法人
のみなさん
へ
私の研究は、すぐに商品化できたり利益を生むものではありません。しかし、環境保全や種の多
様性、あるいは私たちが心豊かな生活を営むための、一つの基礎的な情報を提供するものと考
えております。
また、卒業生は「魚類の研究」を通して、協調性を養うとともに、問題へのアプローチとその解決
への方策(自己解決能力)を備えているものと確信しております。
卒業論文や学位論文の作成では、何度も議論をし、何度も書き直すことで、表現力も豊かに
なっていますし、素直に他人の声に耳を傾ける姿勢も身につけています。
産学・地域連携推進機構の研究者総覧DBは下のとおりです:
<http://olcr.kaiyodai.ac.jp/db/profile.php?yomi=KOHNO,%20Hiroshi>
HP等
魚類学研究室のHPです <http://www2.kaiyodai.ac.jp/~hirokun/>

similar documents