HP × VMware********* *********************

Report
仮想デスクトップ製品 VMware View
クライアントPC環境の「当たり前」を
変える仮想デスクトップ
2011/10/1
ヴイエムウェア株式会社
Ver.2.0
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
当PPTご使用の目的
当PPTは、下記に公開されている [わかる View 紹介動画]
『クライアントPC環境の「当たり前」を変える仮想デスクトップ』
で使用しているPPTとなります。
動画でViewと仮想デスクトップのメリット・訴求ポイントをご理解
いただき、そのままお客様への初回提案に活用下さい。
2
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
そもそもITシステムとは…
システム
クライアント
サーバー・ストレージ等
デスクトップ・ノートパソコン等
3
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
デスクトップ環境の現在
ITの課題
セキュリティ対策





情報漏洩のリスク回避
コンプライアンス準拠
ITガバナンスの強化
ユーザーのニーズ

必要な時にいつでもどこでも
使えるPC

新しいワークスタイルへの
迅速な対応
コスト削減





運用管理
O/S、アプリのパッチ
マスターイメージの展開
PC購入費用
ヘルプデスク

デスクトップの資産管理

新しいイニシアチブへの
取り組み
コントロール




使い慣れた環境の継続利用



在宅勤務
フリーアドレス
モバイル利用
ユーザ個々のカスタマイズ
既存アプリの継続利用
PCメンテナンスからの解放
自由
4
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
これは当たり前でしょうか?
目的
今まで
これから
コスト削減
ベンダーとの
値引き交渉
もっと
TCO削減!!
調達・展開
HW納期
リアクティブ
もっと
短く!!
必要以上に!
もっと
自由に!!
セキュリティ
5
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップの実現レベル
ITのコントロール
ユーザーの自由度
の両方を実現する
サーバーと併せた
1歩進んだ
ITシステムの実現
サーバーの可用性
調達・展開
6
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
ユーザーのデスクトップアクセスイメージ
画面イメージだけを転送し
データはデータセンター側で保護
Datacenter
Office
7
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップイメージ
ESX
View Agent
Security Server
社外からのSSLアクセス
仮想マシンを提供(ハイパーバイザー)
仮想デスクトップを提供
Connection Server
仮想デスクトップへの
接続を管理
ThinApp
アプリケーシ
ョン仮想化
vCenter
View Client
ユーザーアクセス
のエンドポイント
vSphere 4プラットホーム
の資源を管理
Active Directory
ドメイン認証との連携を提供
8
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップ事例:バイタルネット様
東北地域の医療基盤を支える医薬品卸企業様で、ビジネスのベースとなる業務用PC
端末の老朽化、データ量の増大に伴い、深刻なレスポンスの低下、障害発生の増加
などの課題に直面し、業務に支障をきたしはじめていた。
1.レスポンスタイムの向上
2.障害対応の迅速化
3.運用管理の効率化
4.内部統制の強化
5.コスト削減
端末
起動時間
1/5
社内
リソース
高速通信
障害率
低減
可用性
集中
管理
情報漏洩
リスク
低減
40%
ディスク
カット
低
消費電力
9
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップが実現すること
実現できること
ユーザーの自由度
運用管理の効率化
レスポンスの向上
可用性の向上
コスト削減
クリアすべきポイント
ユ
ー
ザ
ー
の
利
便
性
統
合
率
移
行
プ
ロ
セ
ス
10
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップが実現する
「ユーザーの自由度」
11
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
物理デバイスに縛られないデスクトップ環境
デスク
会議室
自宅
モバイル
どの端末からも自分のデスクトップにアクセス
物理PCと同じ使い勝手
動画再生、マルチモニター、USB デバイス等
12
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
どのデバイスからでもアクセス可能
アクセス端末
仮想デスクトップ環境
シンクライアント
デスクトップ/ノートPC
モバイルデバイス
13
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
ユーザーの自由度の懸念と解決策
外回りの営業は
どうしたら・・・
既存の物理デバイスが
まだあるんだが・・・
どうしても仮想化できないものもあるし、
移行を一気にするわけではない
モバイル・インターネットがないと
仕事ができないのか?
なんとなく遅そう・・・
ユーザーの生産性を下げるわけにはいかない
ほぼ全てを対象とするデスクトップ環境の実現
14
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
既存デバイスの管理
仮想化できない環境および移行期間中の管理も保証
アクセス端末
仮想デスクトップ環境
シンクライアント
物理デバイス
デスクトップ/ノートPC
モバイルデバイス
ブレードPC
ターミナル
PC
サーバー Workstation
15
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
モバイル利用の利便性向上~ローカルデスクトップ~
• マルチメディア動画のパフォーマンスおよび、CADなどのWorkstation用途
などの仮想デスクトップ化除外の恐れ
• 常時接続が前提となるため利用環境は限定される。また、接続状態にあった
としても、ネットワークの状態(遅延)によりユーザレスポンスが大きく左
右される。
オンライン
オフライン
RDP
サーバの仮想環境でVMを実行
RDPで画面転送
 IT 部門のメリット
▪
オンライン、オフラインデスクトップの統合管理
▪
View のセキュリティ ポリシーの拡張
▪
データ保護用に暗号化されたディスクイメージ
コピー
ローカルPCの仮想環境でVMを実行
画面転送無し
 エンド ユーザーのメリット
▪ ネットワークなしでデスクトップにアクセス
▪ アプリケーションの使用感向上
▪ オンラインVMとの同期による定期Backup
16
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
PCoIP を使用した VMware View 環境

デスクトップ配信用に設計された
プロトコル

UDPによるリッチコンテンツ配信

LAN または WAN 向けの設計

動的なネットワーク調整

End-to-End のソフトウェア実装

グラフィックを多用するアプリケーション
向けにはハードウェア アクセラレーション
(オプション)

AES128ビットによる暗号化

マルチモニター
仮想化するにあたり、
障害となるポイントを削減
17
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップ環境におけるユーザーの自由度
 今までと変わらないユーザーエクスペリエンス
 いつでもどこからでもどんなデバイスからでもアクセス
 整えられたモバイル用途環境
 仮想・物理の統合アクセス環境
「今まで」のユーザーの自由をキープしながら
「さらに」自由度を与える環境の実現
18
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップが実現する
「運用管理の効率化」
19
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
一般的な物理PCの配布プロセス
PC配布プロセス
PC調達
(1カ月)
マスターイメージから
展開(2h)
ネットワーク設定
最新パッチの適応
(1h)
ユーザーへ配布
管理台帳へ登録
自動化が難しいため、随時手作業が発生
台数が増えれば相当な工数に
20
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップの配布プロセス
仮想デスクトップ配布プロセス
リソース割り当て 作成済みテンプレートから
(数分)
展開
ユーザーへ割り当て
管理コンソールへ
自動登録
PC配布プロセス
PC調達
(1カ月)
マスターイメージから
展開(2h)
ネットワーク設定
最新パッチの適応
(1h)
ユーザーへ配布
管理台帳へ登録
21
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップ全体像:デスクトッププール
営業ユーザープール
Windows7
1CPU / 2GB RAM
割り当てられた
ユーザー
SIDの再発行からホスト名の設定、
ドメイン登録まで全て自動化
営業
新しいユーザー用に
デスクトップを用意
仮想デスクトップ
構成済み仮想マシンの
テンプレート
パワーユーザープール
Windows7
2CPU / 4GB RAM
プールサイズに合わせて自動的に
マスターテンプレートから仮想デスクトップを生成
ユーザー専用の
デスクトップを用意
開発者
不要になった
デスクトップを再利用
vCenterにより
仮想マシン管理
利用するユーザー数に応じて
事前に準備しておく仮想デスクトップをプロビジョニング
コールセンタープール
WindowsXP
1CPU / 1GB RAM
ログオフ後には
常にリフレッシュ
コールセンター
空いているデスクトップを
割り当て
22
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
一般的なPCの管理業務
PC管理プロセス
監視
パッチ配布
アプリケーション配布 障害対応
PC廃棄
リモート監視ではなかなか行き届かない
パッチ管理とアプリケーション配布
障害発生でユーザーの生産性は低下
23
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップの管理業務の改善
再構成
vCenter
View Manager
ThinApp
新しいクライアントの用意
再ログイン
仮想デスクトップ
管理プロセス
監視
パッチ配布
アプリケーション配布
障害対応
リソースの
再利用
PC管理プロセス
監視
パッチ配布
アプリケーション配布 障害対応
PC廃棄
24
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
イメージ展開の効率化
フルクローン方式
リンククローン方式
差分
データ
マスター
親VM
専用ディスク
ディスク容量の削減
共有ディスク
※要View Composerサービス
25
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
View によるパッチ管理とアプリ配布を簡素化
マスターの
付け替え
ユーザーデータ
SP1
SP1
SP2
New
Master
SP1
SP2
 プールのマスターテンプレートを更新することでプール内の仮想
デスクトップは全て新しいイメージに更新可能
 パッチの配布、アプリの配布を効率化し、コンプライアンス強化
26
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
Windows7移行に伴うPCの課題
課題
1 アプリの延命
主な問題
解決
・旧アプリの新規OS対応
・保守切れHWで動かすリスク
2
配信方法
・PCイメージのつくり方
・アプリの効率的配信手法
3
アプリ競合
・バージョン間競合
・アプリ間競合
VMware
ThinApp
27
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
ThinApp アプリケーションの仮想化
OSの仮想化
アプリケーションの仮想化
(VMware ThinApp)
(VMware Player / VMware Workstation)
アプリ
アプリ
ゲストOS
アプリ
アプリ
仮想アプリパッケージ
(EXE)
ゲストOS
アプリ
仮想マシン
仮想アプリパッケージ
(EXE)
アプリ
アプリ
仮想マシン
ThinApp VOS
ThinApp VOS
仮想化ソフトウェア
ホストOS(Windows)
CPU
メモリ
HD
ホストOS(Windows)
NW
CPU
メモリ
HD
NW
ThinApp Virtual OS
仮想アプリケーションの実行環境。
ThinApp VOSと、アプリケーションを構成する
EXE、DLL、INI等のファイルやRegistry情報、
などをひとつのEXEファイル内に格納。
28
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
IE6問題への対処
 ThinAppを使うと、IE6を単一EXEに簡単にパッケージ化し
て、Windows 7 上で動かすことができます。
 異なるバージョン(IE8とIE6)を同居して稼動でき
ます。
アプリケーション
改修費の削減
29
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
いろいろな配布パターンが可能です
仮想化
配置
展開・実行
ThinApp Setup Capture
VMware View
管理者
ユーザ
ファイルサーバ
外部記憶メディア
EXE
MSI
仮想アプリケーションの
パッケージング
仮想アプリケーション(EXE)をクリックすると、
インストールされているかのように、
アプリケーションが起動します。
ターミナルサーバ
MSI
既存配信システム(SCCM等)
30
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップ環境における運用管理の効率化
 自動化されたPC配布プロセス
 日々の運用オペレーションの大幅な削減
 OS老朽化に対するアプリケーション仮想化という選択肢
当たり前だと思われていたプロセスの
革新的な変化を起こすことが可能
31
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップが実現する
「レスポンスの向上」
32
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
Thin Clientの耐障害性
 PCで壊れやすいパーツは
HDD
ファン
 Thin Clientはこれらを搭載せず、
障害ポイントをできるだけ削減して
いるだけでなく、省電力性も同時に
実現している。
33
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
Thin Client側の障害は再ログインで解決
障害時でもユーザーの生産性を損なうことはない
34
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
社内リソースの高速通信
物
理
環
境
Office
仮
想
環
境
Office
DataCenter
File Server
ファイルの
やりとりが発生
DataCenter
File Server
画面情報のみ
転送
データセンター内の
高速LANでのやりとり
35
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップが実現する
「可用性の向上」
36
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
ホスト障害はVMware HAで自動フェイルオーバー
ホスト障害時も自動復旧
ゲストOSハング状態も検知し、自動再起動
物理環境ではありえなかった
クライアントの可用性を提供
37
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
サーバー統合で培った高信頼性・可用性機能が利用可能

可用性向上
 計画的ダウンタイムを低減(vMotion)
 サーバ障害を検知し、仮想PCを自動的に健全
なサーバに移動(HA)
Resource Pool
VMware ESX
VMware ESX
VMware ESX

DRSによるリソース最適化
 ホスト毎のリソース利用状況をモニタリングし、
自動的にロードバランシング
VMware VMotion/DRS
 各仮想デスクトップのパフォーマンスを最大化

Resource Pool
VMware ESX
VMware ESX
VMware ESX
効率的な設備増強
 必要な時に必要な資源を増強
 システム要件に応じた柔軟な構成を実現
VMware HA
デスクトップの可用性を向上
38
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップが実現する
「コスト削減」
39
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
高い統合率がコスト削減に見合う仮想化を導く
 集約度とそれらを支えるテクノロジー
• 集約によるデータセンターコストの削減
• 運用管理の効率化によるオペレーションコストの削減
• HW調達といった物理的に時間がかかっていたものからの解放
40
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
サーバの仮想化技術をデスクトップへ
スケーラビリティ: 大規模なデスクトップ環境に対応
▪ 1 ポッドあたり最大 10,000 台の仮想マシン
高いパフォーマンス
▪ デスクトップのワークロードのための最適化
▪ メモリ スワップの軽減によるパフォーマンスの向上
最高レベルの集約度
▪ デスクトップ仮想マシンの集約度の向上(1:60)
▪ ストレージ容量の削減(リンククローン)
▪ メモリの節約(メモリの透過的共有)
セキュリティ
• ウイルス対策の軽減
41
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
一括導入(200台を仮想デスクトップ化)
 累計コストの推移
• 投資対効果を測る指標
• 物理環境で実現した場合に比べ、
2年目の時点でコストメリットを
得ることが可能
 年度別コストの推移
• 各年度ごとに掛かる費用の算出
• 物理環境で実現した場合に比べ、
2年目の時点で年度別コストを削
減することが可能
42
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
算出イメージ:一括導入(200台を仮想デスクトップ化)
43
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
ウィルス対策の軽減:vShield Endpoint
 仮想化上でのウィルス対策
• 従来のアンチウィルスソフトは仮想
化環境には最適化されていない。
• リソースの共有が前提の仮想化環境
では、各マシンでアンチウィルス処
理が同時に走るとリソースが逼迫
SVM
AV
OS
Hardened
 vShield Endpoint
• アンチウィルス処理をハイパーバイ
VM
VM
VM
APP
APP
APP
OS
OS
OS
Kernel
Kernel
Kernel
BIOS
BIOS
BIOS
Introspection
VMware vSphere
ザーを利用して、セキュリティVMに
オフローディング
• セキュリティソフトウェアベンダー
と連携して、仮想化環境におけるウ
ィルス対策を提供
44
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップへの
移行プロセス
45
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
移行に向けて考えておくべきこと
小規模環境の
準備
エクスペリエンス
検証・体感
本番導入
2010年4月
2010年9月
 最もインパクトがあるのは、ユーザーエクスペリエンス
• バイタルネット様は事前に小規模環境においてテストを実施
• その結果、問題ないとのことで本格導入へ進んでいくことができた
 PCのライフサイクル
• HW・OSの保守切れによる検討では、体感できないままになってしまう
• バイタルネット様の事例では、半年位をかけて導入を完了
46
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
仮想デスクトップは、当たり前だったデスクトップ環境を変えます!
両立が難しかった
IT部門のコントロールとユーザーの自由を実現
仮想デスクトップは
コスト・運用管理・自由・可用性を実現
vSphereとViewを利用した
サーバーとデスクトップ共通インフラ構築
管理者側だけでなく
ユーザー側の利用負荷を下げる
47
© 2011 VMware Inc. All rights reserved
vSphere 提案時のお問合せ
48
48
[email protected]
Confidential

similar documents