PPTXファイル - 東海大学 工学部 電気電子工学科

Report
チーム監督 木村英樹 東海大学工学部電気電子工学科 教授
学生リーダー 鈴木一矢 東海大学工学部動力機械工学科 3年
南アフリカ共和国にて開催される世界最長
約5000kmの距離を誇るソーラーカーレース。
2008年に第1回大会がはじまり、その後2年
ごとに開催され、2012年は第3回大会となる。
東海大学は第1回大会より参戦し、過去に2
連覇を達成。
FIA(国際自動車連盟)公認の「代替エネル
ギーカップ・ソーラーカーラリー部門」に位置
づけられた国際大会。
3カ国から14チームが参戦。オランダチーム
は直前にクラッシュして不参加。
11日間で10区間を走行(5日目はオフデー)
8時から18時までが競技時間。総走行距離
が最も長いソーラーカーが優勝。総走行距
離が同じ場合は総走行時間が短い方が上
位。
チームリーダー
チーム監督
鈴木 一矢 (工学部動力機械工学科3年)
木村 英樹 (工学部電気電子工学科教授)
参戦メンバー
・宮沢 聡太(工学研究科電気電子システム専攻2年)
・伊藤 樹 (工学研究科航空宇宙学専攻1年)
・瀧
淳一(動力機械工学科4年)
・関川 陽 (電気電子工学科4年)
・アルカティブ・アブドゥラハマン(工学部応用化学4年)
・カマル・イマド(情報理工学部情報科学科4年)
・アルモワッライ・アナス(工学部電気電子工学科4年)
・添田 幸伸(工学部光画像工学科3年)
・並木 琢磨(工学部動力機械工学科3年)
・鹿島 隆寛(工学部機械工学科2年)
・橋本 真希(工学部原子力学科2年)
・山田 萌子(工学部機械工学科2年)
・大久保 亮佑(工学部動力機械工学科2年)
・遠藤 直樹(工学部動力機械工学科2年)
・坂井 達哉(工学部動力機械工学科2年)
・大塚 隆司(工学部動力機械工学科2年)
・横内 宏紀(工学部電気電子工学科1年)
・榊原 聖也(工学部電気電子工学科1年)
チームアドバイザー
・福田 紘大(航空宇宙学科教授)
特別アドバイザー
・三瀬 剛
(芦屋大学職員)
チームコーディネーター
・佐藤多嘉雄 (チャレンジセンター推進室)
サウジアラビア留学生3名、女子学生2名を含む学生19名+教職員4名
計 23名
Length
4980 mm
Max. Speed
160 km/h (Solar + Battery)
Width
1590 mm
Ave. Speed
90 km/h (Solar Power Only)
Height
1010 mm
Drive
Direct Drive
Weight
136kg
Brake
Track
1250 mm
Front: Hydraulic Disk
Rear: Hydraulic Disk & Regen.
Wheel Base
2050 mm
住宅屋根用にも使用されているパナソニックHIT太陽電池6m2を
搭載。シリコン太陽電池で世界トップレベルとなる22%の変換効
率を達成。高温でも出力が落ちにくい。定格出力1.32kW。
ノートPCなどに使用されている高容量・軽量・安全性
を兼ね備えたパナソニック製リチウムイオン電池
NCR18650Aを450本=21kg分を搭載。15並列30直列に
することで、太陽電池出力の3時間45分に相当する
5kWhのエネルギーを蓄える。
ミツバ製ブラシレスDCダイレクトドライブモーターに日本ケミコン製鉄
系アモルファスコア・アルミ電解コンデンサ、 ジェイテクト製セラミック
ボールベアリングを組み合わせることで変換効率97%を達成。南ア大
会向けに晴天用、曇天用、登坂用の3種類の特性を持ったもった
モーターを準備。
ボディにはBoeing 787などに使用されている、
軽くて強い東レ製炭素繊維「トレカ」を使用。童
夢カーボンマジックによるボディ成形。
車両重量136kgと通常の乗用車と比べて1/10
の超軽量の車体重量。
ミシュランがソーラーカーレースのために開発し
たラジアルタイヤは、乗用車の数分の一の転が
り抵抗係数を実現。
2010年大会では何度かパンクを経験したが、
2011年に耐久性が改善され、それ以降は2012
年大会も含め、一度もパンクすることなく安定し
た走行をみせた。
Toyota South Africa Motorsより、Yaris Hybrid、Prius、Fortunerなどのサポートカー
が提供され、ソーラーカーレースを支援。
天候や標高を考慮したエネルギーマネージメント
気象条件や高低差に応じて戦略をたて、ソーラーカー走行速度を決定。
・Inmarsat BGAN(日本デジコム提供)を用いた衛星画像などの入手
・気象センサ(風速、風向、気圧、温度、湿度など)の活用
ソーラーカーの安全確保
対向車や追い越し、追い抜き車両からのソーラー
カーを守るため、視認性の高いパトライト警光灯を
サポートカーに装備
コンテナ輸送ができない
CO2消火器やケミカル製
品などをRSコンポーネン
ツが提供
Pos.
Team
Time
1
2
Tokai University
1:59
North West University
2:06
3
Kenjiro Shinozuka
2:22
4
University of Johannesburg
2:14
5
Nelson Mandela Metropolitan University
2:47
6
University of Kwazulu Natal
2:52
7
Tshwane University of Technology
4:00
開催期間:2012年9月18日~9月28日
Days
Date
Day 1 - Pretoria to Vryburg
Day 2 - Vryburg to Upington
Day 3 - Upington to Springbok
Day 4 - Springbok to Cape Town
Offday in Cape Town
Day 6 - Cape Town to Oudtshoorn
Day 7 - Oudtshoorn to East London
Day 8 - East London to Bloemfontein
Day 9 - Bloemfontein to
Pietermaritzburg
Day 10 - Pietermaritzburg to Secunda
Day 11 - Secunda to Pretoria
9/18
9/19
9/20
9/21
9/22
9/23
9/24
9/25
Distance
(k
m)
429
389
361
540
410
658
556
9/26
568
9/27
9/28
492
229
Pos. Team Name
Car Name
Running Running
Battery
Solar Brand
Distance Time
Brand
1
Tokai University Tokai
4,632.0km 71:13
Solar Car Team Challenger
Panasonic
Panasonic
2
Shinozuka Solar
Shino 1
Car Team
4,632.0km 89:55
TOSHIBA
IBRIDA
CELL
3
University of
Kwazulu Natal
Apalis
Gochermann
1,930.9km 99:50
Panasonic
(SunPower)
4
North West
University
NWU1
1,087.2km 90:47
Unknown
Unknown
1位と2位は18h 42minの大差
→距離換算では960km相当(東海大がフィニッシュした時点で960km後方)
Shinozuka Solar
Car Team
Shino 1
University of Kwazulu Natal
APALIS
North West University
NWU1
■ 南アフリカ共和国などの大学チームとの交流や、地元メディアの報道でレース
を知った人たちが沿道に集まって声援を受けるなど、地理的には遠く離れた日本と
南アフリカの距離を近づけることができたのではないか。
■ 3000kmのオーストラリア大会に加え、4632kmの南アフリカ大会を走破するこ
とで、ソーラーカーおよび搭載パーツの性能や耐久性を実証。今回の南ア大会3連
覇とオーストラリア大会2連覇で国際大会5連覇を達成。
■ すべての構成要素が高いレベルで仕上がり、他チームと比べて弱点が見当た
らないことが最大の強み。
■ HIT太陽電池、リチウムイオン電池、炭素繊維ボディ、DDモーター、MPPT、衛
星画像、テレメトリなどを統合したシステムにより、太陽光発電で得たエネルギーで、
自動車が走行する可能性を見いだした。
やる気になれば太陽光発電で持続可能な社会を構築できることを世界に示した。
■ 実用性を考慮した4輪ソーラーカーを2013年までに開発し、World Solar
Challenge 2013 (Australia)への出場を目指す。
パナソニック株式会社 HIT太陽電池・リチウムイオン電池など
東レ株式会社 炭素繊維トレカなど
株式会社童夢カーボンマジック CFRPボディ成形など
トヨタ自動車株式会社 サポートカーなど
日本ケミコン株式会社 アモルファスコア・コンデンサ
日本ミシュラン株式会社 ラジアルタイヤ 株式会社ミツバ DDモーター
アールエスコンポーネンツ株式会社 電子部品・ケミカル 石塚工業株式会社
金属切
削加工
駐日サウジアラビア王国大使館文化部 株式会社三協 コンテナ輸送
株式会社ジェイテクト セラミック軸受け 株式会社ソーアップ ボディカバー
株式会社ソフトウェアクレイドル 流体解析ソフト 株式会社日本デジコム
信機
株式会社パトライト 警光灯 日野自動車株式会社 輸送トラック
ベクター・ジャパン株式会社 統合測定ツール 有限会社三島木電子
ヤマハ発動機株式会社 流体解析・車体設計
MPPT
衛星通
東海大学木村研究室SSC2012 Libraly
(本日のパワーポイントデータや過去の資料へのリンクなど)
http://www.ei.u-tokai.ac.jp/kimura/sasc2012.html
Sasol Solar Challenge大会WEBサイト(レギュレーションなど)
http://www.solarchallenge.org.za/
他にも写真やHD動画などの素材をご用意できますので、お問い合わせください。

similar documents