ダウンロード - 【JHCA】日本ヘアカラ―協会

Report
2013 JHCA
日本ヘアカラー協会 2013年度活動政策
2013/5月
はじめに
協会の活動は17期に渡り活動主旨である「ヘアカラー文化に貢献する」こ
と、又活動内容である「広いネットワークによって情報や技術ノウハウを吸収
し、イベントを通じて個々のサロンがそれぞれの技術をぶつけ合い、お互いの
長所を素直に認め、それぞれのサロンに持ち帰りサロンワークの営業ベース
にのせること」を進めてまいりました。その力は日本にヘアカラーを確実に定
着させる大きな原動力になっていると思います。
これも歴代の委員長が、毎年日本のマーケット市場の変化を読み取り、活
動テーマを掲げ「日本のヘアカラー」を牽引してこられた成果であると考えま
す。2013年度も協会としてこの思いを更に増幅させる為に「今、何を取り組
む べ き か 」 を 考 え 業 界 の 内 外 の 動 向 を 見 渡 し 活 動 の
テーマをまとめました。
1
動向と課題
《市場の課題》
市場が大人社会へと移行、成熟した大人の女性に対する対応力の必要性
ここ数年協会の活動でホームカラーとの差別化は出来ているように感じられます。それは、各メーカーのヘアカラー
出荷額を2010年、2011年度を比較しますとサロンカラー1.4%増、ホームカラー1.7%減と徐々にサロンカラーが成長
をしていることが裏づけられます。しかし意識調査では、40代を機に「ヘアカラーをいつも美容室で行う」比率が5年
前に比較すると5.2ポイント減少しております。ヘアカラー市場1,330億ありながらサロンカラー463億、ホームカラー
870億とホームカラーの優位は依然続いております。
マーケットのボリュームゾーンである団塊ジュニア層が、40代にさしかかり「美」への価値変化を見
逃さず、ヘアカラーでこの世代を魅了する旬なファッション性、対応力を身につけ「キラキラした素
敵なヘアデザイン」をサロンカラーで提供できれば新たなチャンスが訪れます。
522億円
《2010年》
《2011年》
(総ヘアカラー市場1,374億)
(総ヘアカラー市場1,330億)
454億円
サロンカラー
920億円
ホームカラー
463億円
870億円
サロンカラー
ホームカラー
2
《業界の課題》
5年、10年先の美容従事者の減少の食い止め
昨今、職業の人気ランキングで美容師は、カリスマブーム時代(当時5位以内)と比べ明らかに順
位が下降しております。当然のことながら美容に従事する就業数も人口の減少と正比例して減少
しております。その上年間所得においても未だに低所得者層(年収270万以下)に位置付けられ、
若者が将来夢を描きづらい職業となっております。その起因は、若者の安定志向にもあると考え
られますが、美容の職業程自分の気持ち次第で、自分の能力を開発することで可能性が大きく
広がる職業であることをヘアカラーの技術を習得していく中で感じれるようにして行きたいと考え
ます。
若者が、将来確実に社会性を持ち、誇れる職業として確立することが重要役割
3
《協会活動の課題》
全国各地の取り組み内容や活動の軸づくり
ヘアカラーの充実こそがサロンの魅力づくりであり、今までもそしてこれからもサロン経営に
とって輝きと、収益をもたらす力であると信じております。しかし、最近協会に参加しながら
活動が衰えてしまう会員の方から「社員が育たず離職してしまい」どうしても活動の継続が
できないという声を耳にします。目指すものと、実際の現場で起きていることの相違を感じま
した。我々が信じるヘアカラーをより会員のサロン、お客様にとって充実したものにしていき
たいと考えます。ヘアカラリストの継続的な育成
多岐に渡る3つの課題と向き合うことが、2013年度活動テーマ
全ての課題において「へアカラリストの成長」無くして為し得
ないと考えます。
4
『ヘアカラリストの育成』に主眼を置く
ヘアカラリストの育成が進みマーケットのボリュームゾーンである団塊ジュニア世代。この世代を魅了する旬な
ファッション性、ヘアカラーの対応力が向上できれば 40代の「美容室でヘアカラーをしたい」という意識も高ま
り需要に繋がります。 そうなれば、この世代のみならず共感する世代も併せてサロンカラーへ引き込むことが
できると考えます。
富士経済参照
2002年度(ピーク)
2011年度
34:66
35:65
1514億
1330億
522億円
992億円
サロンカラー
ホームカラー
463億円
870億円
サロンカラー
ホームカラー
将来像
50:50
665億円
665億円
サロンカラー
ホームカラー
ヘアカラー市場の割合を変化させることで、サロンカラーの市場は
463億から665億となり202億の市場が広がります。
ここ13年で2002年がピーク。サロンカラー522億の実績があり市場としても可能性を秘められている。
5
2013年度 テーマ
美しいヘアカラーで人生を楽しむ
BEAUTIFUL
HAIR COLOR LIFE
団塊ジュニア世代は高い美意識を持つ世代でもあります。それが故今までの様に年齢を重ねることにアンチ(抵抗)するのではなく、
自分自身の年齢を重ねることで起きる素材(髪、肌、BODY)の変化を敏感に感じ、変化する素材を受け入れ、新たな自分を見つけ
出していこうとする前向きな考え方が台頭してくると思います。この前向きな「美」の考えは、同世代の女性だけにとどまらず、高い
美意識を持つ全ての世代の女性に伝わり「美しさ」に対する価値観を大きく変化させていくのではないかと考えます。その価値観へ
「ファッション性の高い旬なヘアカラーデザイン」で応えることが「美しいヘアカラーで人生を楽しむ」ことになります。
へアカラリスト育成(対応力の向上)
表面的な対応ではなく、しっかりとしたセンスと教養(知識や技術に裏付けられた力)
6
2013年度活動案
1. ヘアカラー検定
2. 教育制度構築
3. ヘアカラー診断力向上
それぞれが自らの技術をぶつけ合うところは大切にし残し、基本
の技術についてレベルスケール同様、公平性を保ち誠実にヘアカ
ラー技術、ヘアカラー知識のレベルを計れるものにしていきたいと
考えます。
ヘアカラーの向上をレベルで計れる基準(共通言語)を作り出すこ
とは、我々協会がヘアカラーにおいて確かなる秩序をもたらすこと
となります。
ヘアカラーのレベルを計れる基準(共通言語)で繋
がれば継続して受講する深みも出来あがるのではな
いかと思います。
また、協会のセミナーに統一された共通言語(技術、
知識レベルの段階)が存在することは、セミナーを
受講する会員にとっても自信となります。
今のデザインを“素材”と考え、そこから新たなデザインを生み出
すことも、美しいヘアカラーデザインを継続してお届けしていくこ
とも、ヘアカラー診断力(髪の素材を見極める力、薬剤コントロー
ル力)が必要となります。
2013年度はこの3つの活動を具体的に実現することで
設立趣旨である「ヘアカラー文化に貢献できる」初年度としていきます
7
2013年度活動案(ロードマップ)
検定試験
活動イベント
教育制度
検定制度記者会見 2013/3/7
各ブロック役員会での説明会
各ブロック役員会での説明会
地区プレゼンテーション
ビューティフルヘアカラーライフ
(ヘアカラー診断力の向上)
各ブロック
会員スタッフ向けでの説明会
各ブロック会員スタッフ向けセミナー
検定セミナー講師
育成・認定
(現トレーニングリーダー対象)
第一回 2013/7 /29.30
第二回 2013/10/
ヘアカラーカンファレンス2013
東京ドームシティ
2013/11/19
シングルスター(SS)検定
2013/2/
ダブルスター(DS)検定
2014/2/
シングルスター検定セミナー
2日間 計6時間
ヘアカラーライブコンテスト2014
ダブルスター検定セミナー
2日間 計6時間
2014/4/15
8
ヘアカラー検定の種類
ヘアカラリスト★★★★★ ファイブスター(FVS)
ヘアカラリスト★★★★
ヘアカラリスト★★★
フォースター (FOS)
トリプルスター(TS)
ヘアカラリスト★★
ダブルスター (DS)
へアカラリスト★
シングルスター(SS)
へアカラリスト
ディプロマ
9
受験のステップ
シングルスター(SS)セミナーの受講
シングルスター(SS)検定の受験
合 格
不合格
ダブルスター(DS)セミナーの受講
合格
ダブルスター(DS)検定の受験
合 格
不合格
トリプルスター(TS)セミナーの受講
トリプルスター(TS)検定の受験
10
検定セミナーの講師認定
検定セミナー講師
育成説明会・認定
受験対象者
現トレーニングリーダー
11
ブロック活動イベント
1. 検定制度、教育制度のブロック役員、会員向け説明会(委員長、執行部参加)
2. 2013年度地区プレゼンテーションの開催(8月~10月)
1部:ビューティフル・ヘアカラーライフ(ヘアカラー診断力の向上)
会員スタッフ300名以上
2部:会員スタッフ向け検定制度、教育制度の説明会(執行部+トップカラリスト派遣)
300
3. 検定セミナー講師の認定(各ブロック2名×2回)
検定セミナー説明会、講師認定 2013/
検定セミナー説明会、講師認定 2013/
7/29
10/
東京開催
東京開催
4. 検定セミナーの募集及び実施(各ブロック)
シングルスター 10月~1月 2回計6時間
ダブルスター 10月~1月 2回計6時間
※セミナー講師は検定セミナー講師認定を受けたへアカラリストが行う。
5. 検定受験者の募集
東京、大阪、名古屋、広島、福岡で実施する予定。
12
活動イベント
《ヘアカラーカンファレンス2013》
今年度のテーマである『ビュテイフル・ヘアカラーライフ』をカンファレンス(協議・・会場参加者と演者が2WAYの
やり取りをすること)によってテーマの浸透を図りたい。
《構成案初案》
1.
imaii、kakimoto arms
・・・・日本のヘアカラーの起源となる両サロンによる
「ヘアカラーの素晴らしさ」の伝承
2.
メーカーステージ
3.
カンファレンス
・・・・共にヘアカラーの発展を考える協賛メーカーと協会を代表する
執行部サロンとのコラボレーション・・テーマに沿ったプレゼン
(ブロック代表サロンも参加予定)
・・・・協賛メーカーのカラー開発研究者と参加者の協議
1クール
2クール
ナビゲーション 中村氏(imaii)
ナビゲーション 高原氏(kakimoto arms)
《ヘアカラーライブコンテスト2014/ヘアカラー大賞2014》
ヘアカラーライブコンテストは例年通り、代々木第二体育館(予定)で開催。
13
2013年度年間スケジュール
実施場所
3月
18
7
総
会
検
定
制
度
発
表
検
定
制
度
記
者
会
見
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
1
5
ブ(
ブ
ロロ
ッッ
クク
会
検議
定参
加
・
教会
員
育対
説象
明)
会
各ブロック
検
定(
セ現
ト
ミレ
ナー
ーニ
ン
講グ
リ
師ー
育ダ
ー
成対
象
・
認)
定
検
定(
セ現
ト
ミレ
ナー
ーニ
ン
講グ
リ
師ー
育ダ
ー
成対
象
・
認)
定
(認
執
行定
部校
説
各明
ブ会
ロス
ッタ
クー
長ト
)
東京
全
国
1
5
ヶ
所
S
S
・
D
S
セ
ミ
ナ
ー
各ブロック
東京
地
区
プ(
レ会
員
ゼス
タ+
ンッ
テフ
対
ー象
)
シ
ョ
ン
各ブロック
検
定
内
容
説
明
会
(
執
行
部
ト
ッ
プ
カ
ラ
リ
ス
ト
)
+
実施場所
1月
2月
3月
4月
10.11
19
活
動
イ
ベ
ン
ト
12月
29.30
+
検
定
・
教
育
制
度
2月
ヘ
ア
カ
ラ
ー
カ
ン
フ
ァ
レ
ン
ス
東京
全
国
5
ヶ
所
S
S
・
D
S
検
定
全国5会場
14.15
総
会
ヘ
ア
カ
ラ
ー
コ
ン
テ
ス
ト
全
国
大
会
東京
14

similar documents